外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

ジャガーやボルボなど外国産の車は魅力に溢れています。日本の国産車は世界的に評価が高いですが、それでも外車にしかない走りの力強さやスケールの大きさに心奪われてしまう人は後を絶ちません。

 

新車で買うのは手が届かないという方も、中古車であれば憧れの外車を購入できる可能性がぐっと高まります。中古車を買う時の注意点が分からない、どこが判断基準になるか分からないという方はぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1.中古の外車を購入するルートは2種類ある

2.外車を中古で購入する際の注意点は?

3.外車を中古で購入する際の流れと選び方

4.外車を中古車で購入するメリット

5.価格を抑えて中古の外車を購入するポイント

6.中古の外車購入におすすめの人気車種は?

7.中古の外車は正規輸入車ディーラー運営のネクステージへ!

8.まとめ

 

■POINT

・中古の外車の購入ルートには認定中古車と中古輸入車の大きく分けて2種類が存在する。

・外車は国産車と比べて故障する割合が高いと言われているため、保証内容をしっかりと確認することが大切。

・年式と走行距離の確認、人気カラーは避けるなどポイントを抑えれば同じ車種でも比較的安く購入することができる。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古の外車を購入するルートは2種類ある

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

中古の外車を購入したいと思っても、まずどこに行くことが1番効率が良いか分からないこともあるでしょう。国産車であれば各メーカーのディーラーを訪れば良いですが、近所に中古の外車を取り扱っているディーラーがないケースもあり得ます。

 

中古の外車を購入するルートは認定中古車と中古輸入車の2つがあり、それぞれ独自の特徴を持っています。

 

認定中古車

中古の外車を購入する1つ目の方法は認定中古車を探すことです。認定中古車はディーラーによって点検や整備がされている車を指します。個人間の売買とは違い、販売店が責任を持って点検しているため故障率も低いことが特徴です。

 

中古車販売店では購入後の保証も付いています。これらの要素から認定中古車は故障しにくく、故障してしまったとしても保証をしっかり受けられることから安心度は高いと言えるでしょう。

 

中古輸入車

認定中古車は安心できる面が多くありますが、費用もかかってしまいます。その点、ディーラーを通さずに外車を直接購入する方法をとる中古輸入車は、コストをできるだけ抑えたいという人に向いている1つの選択肢となるでしょう。

 

中古輸入車の購入方法は、中古外車のオークションが分かりやすい例と言えるでしょう。掘り出し物が思ったよりも安い値段で買えるかもしれない反面、現車の状態を確認することが難しいのも特徴です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

外車を中古で購入する際の注意点は?

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

中古の外車が欲しい、もしくはどんな車種があるか見てみたいと思った場合、近隣の店舗に足を運ぶことになります。外車と言っても様々な車種がありそれぞれグレードも値段も違うため、判断に苦渋してしまうこともあるでしょう。

 

中古車ディーラーに寄った時は以下のような注意点に目を向けてみてください。それぞれの項目をチェックすることでよりお得な買い物が可能になります。

 

信頼できる店舗選び

中古車を購入す際に大切なのは、何といっても信頼できる店舗選びです。中古車は外車、国産車問わずディーラーで点検や整備がされています。どんなに元の状態が良い中古車でも経年劣化は免れず、的確なメンテナンスが必要です。

 

しかし、メンテナンスが不十分なディーラーでは購入後にも車のトラブルに見舞われかねません。信頼できるディーラーを見つけることができれば、状態のよい車に出会える確率も高くなります。

 

信頼できるディーラーと出会うことができれば下取りや購入、買った車のアフターサービスなど末永く良好な関係を築くことができるでしょう。

 

保証をしっかり確認

中古の外車を購入する際は信頼できる店舗とともに、保証内容が充実しているかどうかも確認しておくことをおすすめします。購入後の保証内容、保証期間は必ず確認しましょう。

 

外車は特に国産車に比べて故障する機会が多く、中古車では更にその可能性は高まってしまいます。購入後に故障したときに満足のいくアフターサポートを受けられるかどうか、事前に確認しておくことで余計なトラブルを避けることができるでしょう。

 

車の仕様に注意

外車は日本車とは仕様が違うことも多くあります。日本のブランドが作った車でも、国内向けと国外向けで仕様が異なるのは珍しいことではありません。それぞれの車は各国の交通状況に合わせて設計されています。こういった仕様の違いが外車の魅力とも言えるでしょう。

 

しかし輸入車の場合、日本の車とは勝手が違うことも考えられます。広大な道路を走ることを前提に作られていることが多く、日本ならではの住宅街の細道などに適さない走行性能の場合もあることを理解しておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

外車を中古で購入する際の流れと選び方

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

外車の購入方法にどのような種類があるかをご確認いただいた次に、購入手順も見てみましょう。中古の外車を購入するときは以下のようなフローチャートに沿って進めていくことになります。

 

難しい作業はありませんが、日本車とは勝手が違うことも多いため事前に準備しておいて損はありません。特にお金の問題は直接車の維持にも関わってきます。

 

維持費も踏まえて予算を考える

中古の外車を購入検討する際、最初に考えるべきは予算です。この予算の中には車両の購入費用はもちろん、維持費も含まれてきます。ガソリン代、駐車場代、保険代などを踏まえてトータルで予算を組むことが理想です。

 

年間の維持費に関してですが、これは国産車に軍配が上がると言わざるを得ません。日本の交通環境に配慮して作られているため、自然な結果とも言えるでしょう。外車の場合は燃費や車検代など、国産車に比べて維持費が高くなってしまう傾向にあります。

 

現在国産車に乗っている方は、外車に乗り換えた時にどれくらい維持費が変わるかシミュレーションしてみましょう。

 

車種を選ぶ

車種を選ぶ際にも気にしておきたいポイントがいくつかあります。まずは車の使用目的や、よく乗るシーンを想定しておきましょう。街乗りが多いのか、家族全員を乗せての遠出が多いのかで必要な車は変わってきます。外車は左ハンドルもあるため座席の確認も大切です。

 

外車と一口に言ってもバリエーションがあり、絞り込むのは難しいかもしれません。そのような時は人気の車種を尋ねてみるのもよい方法です。人気の車種には固定層を取り込む魅力や安全性があると考えられるため、理由も含めて1つのバロメータとなります。

 

必要書類を準備する

目当ての車が決まったら、購入に向けて必要書類を準備します。普通自動車に必要な書類は印鑑証明書、実印、車検証、自賠責保険証、委任状、自動車保管場所証明(車庫証明書)です。

 

印鑑証明書や実印のように自分で用意できるものもあれば、車検証や自賠責保険証のように購入時のお店が手続きを行い用意してくれる場合もあります。そのため、自分で準備するものと準備してもらうものをあらかじめ確認しておきましょう。

 

書類の用意や手続きは時間や労力がかかる物なので、販売店に手続きをお願いすることも視野に入れて代行費用を確認することもおすすめです。このような手続きを踏んで登録が終われば晴れて購入完了です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

外車を中古車で購入するメリット

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

これまでに外車を購入したことがない、あるいは「興味はあるけど次も国産車かな」と考えている方もいるでしょう。確かに日本のメーカーが世に出している車は全世界的に見ても優れた評価を受けています。

 

国産車ほど宣伝される機会はないため、外車の魅力は国産車に比べて知れる機会が少ないと言えるでしょう。外車にも魅力は数多く存在します。

 

高スペックな車種が多数

外車には高スペックな車が多数存在しています。もちろん国産高級車のラインアップも素晴らしいものです。しかし、パワーの観点からすると外車にはより光るものがあると言えるでしょう。

 

外車は国産車に比べてパワフルであることが特徴の1つです。海外の法定速度が日本よりも速いことから、パワーのある車が求められることが理由として挙げられます。外車ならではの力のある走りは魅力の1つと言えるでしょう。

 

外車は高速道路での走行や長距離のドライブにも向いています。車を単なる移動手段として使う人でなく、走る感覚を楽しみたいという方には外車はおすすめです。

 

目立つデザイン

外車はデザインセンスも日本のメーカーとは大きく違います。外車を見ると国産車とは一味違うエクステリアであることに気付いた人も多いことでしょう。

 

ベンツのように日本でも人気のある高級車は特に外車独特の雰囲気を持っています。国や車種によってそのデザインは様々であり、多種多様なインテリアエクステリアを堪能することが可能です。

 

「車にはかっこよさを求めたい」という方には外車はよい選択肢となるでしょう。外車と一言で言ってもアメリカ車にイギリス車、ドイツ車など様々で一緒くたに語ることはできず個々の魅力を携えています。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

価格を抑えて中古の外車を購入するポイント

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

車は家に次ぐ買い物とも言えるため、手続きの複雑さも去ることながら金銭面での負担も大きくのしかかってきます。

 

中古車は新車よりも控えめの価格で購入することができますが、外車となると思った通りの値段やグレードにならないことも出てくるでしょう。ここでは少しでも価格を抑えて中古外車を購入するポイントを紹介します。

 

年式や走行距離を確認する

年式と走行距離はその車の状態を知る上で大切なファクターです。年式が古すぎるもの、走行距離が行き過ぎていると感じられるものは避けた方が良いことはもちろんです。どちらも安めの価格設定の原因と言えるでしょう。

 

しかしもう1つポイントがあり、中古車でも年式の割に走行距離が短い車も比較的安く手に入れられます。走行距離が短い車はパーツの消耗も少なく、価格を考えるとお得な買い物と言えるでしょう。

 

人気な車種や色を避ける

人気のある車種は中古になっても値段が思ったように下がらず、高止まりの傾向があります。特定の車種のみを欲しいと考えている場合は別ですが、こだわらない場合人気の車種から目を逸らせてみることもおすすめです。

 

性能的には同等でも、人気の面で価格が安く設定されている車を見つけられる可能性があります。同じことがボディカラーにも言え、人気のカラーとそうでないカラーとでは価格差が生じることも珍しくありません。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古の外車購入におすすめの人気車種は?

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

中古外車と言っても様々な種類が見られます。従来は「外車と言えばセダン」と言われていましたが、現在ではクロスオーバーやSUVの人気が高まっており、これは中古車市場も同様です。

 

使用用途に合わせて以前よりも更にマッチした車が選べるようになりました。これから4種類の人気の外車を見ていきましょう。どの車も国内、国外問わず高い人気を誇っている車種です。

 

ボルボ XC60

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

ボルボと言えば安全性で、現在も大きな比重を置いています。IntelliSafe・IntelliSafe Surround・運転支援機能を軸に、ドライバーのみでなく歩行者やサイクリストもその対象です。

 

XC60には6車種が用意されており、特別仕様車が1車種あります。XC60 B5 AWD MomentumとD4、Inscription、R-Designはハイブリッド搭載車です。

 

さらに、XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD inscription ExpressionとInscriptionにはプラグインハイブリッドが搭載されています。

 

特別仕様車のXC60 T8 Polestar Engineeredもプラグインハイブリッドです。新車価格は639万円から949万円、特別仕様車は1,024万円と高級車に恥じない値段をしています。中古市場では、2015~2016年式のXC60 D4 SEがネクステージで約250万円です。

(2021年4月時点の情報です)

(参考:『XC60(ボルボ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

MINI クロスオーバー

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

MINI クロスオーバーは現行5車種構成です。エンジンから見てみましょう。COOPER D・D ALL4・SD ALL4にはディーゼルエンジンが、COOPER S E ALL4にはプラグインハイブリッドが、JOHN COOPER WORKSにはガソリンエンジンが搭載されています。

 

MINI クロスオーバーの魅力は街乗りから山道まで、期待に応える走行性能です。さらにオプションのALL4はパワーをフロントとリアに配分することで、高いコントロール性能を発揮します。

 

また、最大1,390Lのラゲッジスペースを提供している点も見逃せません。新車価格は430万円から609万円です。ネクステージでは2016年式のクーパーDで約180万円から200万円となっています。

(2021年4月時点の情報です)

(参考:『クーパー(MINI)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

メルセデス・ベンツ Bクラス

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

Bクラスには1,331ccターボチャージャー付きDOHC直4ハイオクガソリンエンジン車(B180)と1,949ccディーゼルエンジン車(B200d)が用意されています。

 

躍動感あふれる伸びやかなエクステリアと、ゆとりの開放的なインテリアが、乗る方の気分を昂らせるでしょう。安全性能にもSクラスと同等の技術が施されており、世界最高水準の安全性能が乗員を守ります。

 

ラゲージルームは455Lから1,540Lの範囲で変化し、その大きな積載空間は特筆ものです。新車価格はB180で422万円、B200dで452万円と発表されています。ネクステージでの中古価格は2017年式で約170万円から190万円です。

(2021年4月時点の情報です)

(参考:『ベンツBクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ジープ ラングラー

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

ジープ ラングラーは2ドアのSPORT、4ドアのUNLIMITED SPORT・SAHARA・RUBICONの構成です。現行車は堅牢性と走破性に加え、エアロダイナミクスを取り入れました。その結果静粛性を実現しています。

 

2ドアのSPORTは初代のWillysの血統を色濃く受け継いだモデルです。LEDヘッドライト、Apple Car Play/Android Autoなど、多彩なテクノロジーも搭載されています。こちらの価格は518万円です。

 

オフロード性能ならUNLIMITED RUBICONでしょう。最上級機種に見あった満足を与えます。新車価格は638万円ですが、中古車はネクステージの2016~2017年式で約350万円です。

(2021年4月時点の情報です)

(参考:『ジープ ラングラー(クライスラー)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古の外車は正規輸入車ディーラー運営のネクステージへ!

中古の外車購入には国産車と違う面も多く見られます。車の性能や価格はもちろん、故障の頻度なども気になる点でしょう。ネクステージではご希望に合うよう、多数の店舗に中古外車を用意しています。

 

ネクステージでは、正規輸入車の新車ディーラー事業も行っています。豊富な品揃えだけでなく、メンテナンスやアフターサポート面にも配慮し満足できる車選びを目指しています。修復歴車などのようなリスクの高い車を排除し、お客様のカーライフに寄り添えるよう努力しておりますので気軽にご相談ください。

 

PR200万円以下のオシャレな輸入車

まとめ

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

中古外車の購入には認定中古車と中古輸入車の2つのルートがあり、多くのケースは認定中古車を購入するのがおすすめです。信頼できる店舗を見つけ、予算をふまえた上で納得のいく決断をすることが良い外車購入の心得と言えるでしょう。

 

ボルボやMINI、ベンツなど外車の中には誰でも名前を聞いたことがあるような人気の車種が数多くあります。国産車だけでなく、外車の魅力もぜひネクステージの店舗を訪れてご確認ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

外車を中古で購入する際の注意点は?選び方のポイントやおすすめ車種も紹介

気になる車種をチェック

 

ページトップへ