30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

中古車は新車に比べてリーズナブルな価格で購入できるのがメリットです。中古車販売店に行くと30万円前後で販売している車もあることから、新車に比べて格安で買える車は購入しても大丈夫なのかと気になった方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、30万円前後で購入できる中古車の特徴を紹介します。実際に車を購入するときにチェックしたいポイントや具体的な車種についても解説するので、車を選ぶときはぜひご参考ください。

 

30万円前後で販売されている車はどうなのか、購入しても後悔しないのかと不安に感じている方は、事前にチェックすることで懸念を解消できるでしょう。

 

※目次※

1.30万円で購入できる中古車ってどうなの?

2.30万円で購入できる中古車を選択肢に入れるケース

3.30万円の中古車を購入するときのチェックポイント

4.30万円以下で購入できる中古車おすすめ7選

5.予算30万円で中古車を購入するならネクステージへ

6.まとめ

 

■POINT

・30万円前後で購入できる中古車は多くさまざまな車種からニーズに応じて選べるが、低年式車や多走行車が多い傾向にある

・故障やトラブルのリスクが高い車が多いため、保障が充実している中古車販売店で購入するのがおすすめ

・購入時には車両価格以外に諸経費が発生する。選択肢の多いネクステージで理想の一台を探そう!

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

30万円で購入できる中古車ってどうなの?

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

中古車販売店で30万円前後の車を発見し、「このような車ってどうなのだろうか」「きちんと動くのだろうか」と不安に感じている方も多いでしょう。30万円前後の安い中古車を購入するときは、特徴を正しく押さえておくことが大切です。

 

そこで、ここでは30万円以下の中古車にはどのような特徴があるのかを解説します。特徴を正しく理解しておけば、自分にとって購入しても問題ない車なのか判断できるでしょう。

 

30万円以下の中古車は多い

中古車市場において、車両価格が30万円以下で販売されている車は多数存在します。車種もさまざまありますが、主に以下のような車が選択肢に入るでしょう。

 

・軽自動車

・コンパクトカー

・ミニバン

・ステーションワゴン

 

高級車などこの価格帯で購入するのが難しい車も存在しますが、一般的な車であれば30万円前後の予算でも選択肢は豊富です。好みの車を安く購入したいと考えている方は、一度中古車情報をチェックしてみてもよいでしょう。

 

8年~10年落ち前後の車が多い

30万円前後で販売されている車は、6年落ち~15年落ちと比較的古い車が多くなっています。その中でも8年落ち~10年落ちがボリュームゾーンなので、低年式車を購入することになる可能性が高いでしょう。

 

低年式車は高年式車と比べて故障などのトラブルリスクが高く、購入するときは注意深く選ぶことが大切です。具体的な選び方については後述するので、ぜひ併せて参考にすることをおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

30万円で購入できる中古車を選択肢に入れるケース

車を選ぶときに、30万円前後で購入できる中古車が選択肢に入る理由には以下のようなものがあります。

 

・予算が30万円+諸経費程度しか用意できない

・一時的に車が必要で、すぐに手放す予定がある

・生活するために車を必要とするものの、車そのものにあまり興味がない

・数年程度で乗り換える予定がある

 

上記のような理由があるなら、長期利用に適した高価格帯の中古車よりも30万円前後で購入できる安い中古車がおすすめです。車を購入する目的や車に対する興味や関心に併せてどのようなものを購入するか選ぶとよいでしょう。

30万円の中古車を購入するときのチェックポイント

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

30万円前後の安い中古車を購入するときは、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。中古車のコンディションは多種多様で、なかには購入後に修理費がかさむ車もあるため、購入後のメンテナンスにかかる費用までを踏まえて検討するとよいでしょう。

 

そこで、購入してから後悔しないために覚えておきたい車を選ぶときのコツを7つ紹介します。自分のニーズにマッチした車を選ぶためにも、車選びを始める前に一通り確認するのがおすすめです。

 

修復歴の有無

安い中古車には「修復歴車」と呼ばれるものが混ざっていることがあります。修復歴車の定義は「自動車のフレーム部分に損傷を受けているもの、または交換したもの」です。

 

衝突事故でピラーが曲がったり、ルーフパネルが破損したりしたものなどが修復歴車に該当します。修復歴車は購入後に不具合が発生する可能性が高いことを考えると、避けた方がよいといえるでしょう。

 

年式や走行距離

年式や走行距離も中古車価格を大きく左右する要素です。安価な車は低年式車かつ多走行車が多くなります。そのため、購入後の故障やトラブルのリスクが高くなる点に配慮した車選びを行うことがおすすめです。

 

価格とリスクのバランスを考えると、8,000km/年~1万km/年を目安に考えるのがおすすめです。8年落ちであれば8万km前後、10年落ちであれば10万km前後走行しているものを選ぶとよいでしょう。

 

これまでの整備状況

30万円前後の車を選ぶとなると、低年式車や多走行車を選ばざるを得なくなるケースがあります。予算の都合上そのような車を購入しなければならないなら、これまでの整備状況をチェックしましょう。

 

自動車には定期点検整備記録簿が備え付けられています。ここにはこれまでに行った整備のログが残っているため、細かくチェックしてきちんとメンテナンスが行われているか確認しておくことがおすすめです。

 

車両のコンディション

中古車販売店に行って購入したい車に試乗する際は、以下のポイントをチェックすると車のコンディションが分かります。

 

・エンジンから異常な音や振動が発生していないか

・ステアリングに異常がないか

・ボディに破損がないか

・ブレーキの動作に問題がないか

 

他にもタイヤやエンジンオイル、ブレーキパッドの状況もチェックしておくと乗り出し時にメンテナンスを行うべきかの判断がしやすくなります。ただし、これらは消耗品なので、いずれは交換することも考慮するとよいでしょう。

 

販売店の保証内容

中古車販売店もさまざまな保証を提供しているため、購入予定の車でどのような保証が受けられるかをチェックすることも意識しておきたいポイントです。手厚い保証を提供している販売店で購入すれば、万が一購入後に不具合が発生しても対応してもらえます。

 

保証内容は販売店によって大きく異なるため、事前に一通りチェックしておきましょう。有料保証を提供している販売店の場合は、コストと内容を照らし合わせて加入するか判断します。

 

支払総額がいくらになるか

車を購入するときには、車両本体の代金以外にも諸経費としていくらかの支払いが発生します。主に以下の費用が発生しがちなので、予算には余裕を持っておくとよいでしょう。

 

・車検費用(車検が切れている場合)

・整備費用

・自動車重量税

・自動車税種別割

・リサイクル料金

 

購入したい車の諸経費がどの程度になるか知りたい場合は、実際に販売している店舗に問い合わせて確認しましょう。支払総額が掲載されている中古車サイトであれば、記載されている価格をチェックすることで調べられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

30万円以下で購入できる中古車おすすめ7選

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

車両本体価格の予算30万円と諸経費で車を購入しようと考えているなら、具体的にどのような車が購入できるのか気になるのではないでしょうか。ここでは、車両価格30万円前後で購入できる車のうち、特におすすめの7車種をピックアップしました。

 

軽自動車・コンパクトカー・ミニバンなどのように、さまざまなボディタイプの車があるため、自分のニーズを満たしてくれる1台を選びましょう。

 

スズキ アルト

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

HYBRID X

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

3,395mm × 1,475mm × 1,525mm

ボディタイプ

ハッチバック(軽自動車)

エンジンタイプ

水冷4サイクル直列3気筒

排気量

0.657L

中古車価格

10万円~193万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

「アルト」はハッチバック型の軽自動車で、10万円台から購入できるので安い中古車を探している方に向いています。

 

ターボエンジン搭載モデルも存在するため、高速道路を走るユーザーや山間部で乗る機会が多いユーザーは、パワーに優れるそちらを選ぶとよいでしょう。中古車の流通量も多く、選択肢が広いのもメリットです。

(参考:『アルト(スズキ)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

マツダ MAZDA2

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

15S PROACTIVE

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

4,065mm × 1,695mm × 1,525mm

ボディタイプ

ハッチバック

エンジンタイプ

水冷直列4気筒DOHC16バルブ

排気量

1.496L

中古車価格

25万円~162万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

「MAZDA 2」は2019年まではデミオという車名で販売されていた車で、比較的安価に購入できるハッチバック型のコンパクトカーです。最小回転半径が4.9mと小回りが効くのが特徴で、狭い道でも走りやすい車を探している方に向いています。

 

MAZDA 2は人気が高く中古車市場に出回っている台数も多いため、比較的選びやすいでしょう。

(参考:『MAZDA2(マツダ)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

ダイハツ ミライース

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

G ”SA III"

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

3,395mm × 1,475mm × 1,510mm

ボディタイプ

ハッチバック(軽自動車)

エンジンタイプ

水冷直列3気筒12バルブDOHC

排気量

0.658L

中古車価格

20万円~100万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

「ミライース」はハッチバック型の軽自動車で、全高が1,510mmと低めに設計されているのが特徴です。軽自動車に多いハイトワゴンタイプの車とは異なり、横風に強く安定性が高いのがメリットといえます。

 

20万円~30万円で購入できる車も多いため、安価に車を購入したいならぜひチェックしてみましょう。

(参考:『ミライース(ダイハツ)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

ダイハツ タント

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

Xターボ

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

3,395mm × 1,475mm × 1,755mm

ボディタイプ

スーパーハイトワゴン(軽自動車)

エンジンタイプ

水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置

排気量

0.658L

中古車価格

15万円~195万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

安価に購入できるスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車を探している方には、「タント」がおすすめです。車高が高い分積載性に優れており、荷物を積む機会が多い方にも向いています。

 

一方で横風の影響を受けやすく、高速道路や沿岸部などの風が強いエリアを走行する機会が多い方は注意したほうがよいでしょう。急勾配がある道路を走る機会があるなら、より走行性能に優れたターボエンジン搭載車を選びましょう。

(参考:『タント(ダイハツ)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

日産 マーチ

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

HR15DE

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

3,725mm × 1,660mm × 1,525mm

ボディタイプ

ハッチバック

エンジンタイプ

水冷直列4気筒DOHC

排気量

1.498L

中古車価格

12万円~110万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

「マーチ」は日産が製造・販売するハッチバック型のコンパクトカーで、積載性より運転しやすさを重視する方に向いています。最小回転半径は4.5mとなっており、狭い道を走行するときや駐車するときにスムーズに操作できます。

 

中古車価格も10万円台からと安価で、予算が限られている方やセカンドカーを探している方におすすめです。

(参考:『マーチ(日産)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

日産 セレナ

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

20S

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

4,685mm × 1,695mm × 1,865mm

ボディタイプ

ミニバン

エンジンタイプ

DOHC筒内直接燃料噴射直列4気筒

排気量

1.997L

中古車価格

25万円~380万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

「セレナ」は7人乗りと8人乗りがラインアップされているミニバンです。中古車価格は25万円からとなっており、30万円前後の予算でミニバンを購入したいと考えている方にとっては見逃せません。

 

車内空間が広く、旅行やアウトドアで荷物を積む機会が多い方でも快適に利用できます。普段使いから旅行まで幅広く対応できる車を探している方に最適な1台です。

(参考:『セレナ(日産)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

ホンダ フィット

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

グレード

BASIC

車体サイズ

(全長 × 全幅 × 全高)

3,995mm × 1,695mm × 1,515mm

ボディタイプ

ハッチバック

エンジンタイプ

水冷直列4気筒

排気量

1.317L

中古車価格

15万円~230万円

※slide →

(2022年6月時点)

 

ハッチバック型コンパクトカーの中でも人気が高い車のひとつが、「フィット」です。ホンダが開発した「センタータンクレイアウト」を採用することで車内空間を広く確保しており、積載性に優れています。

 

道路事情などの理由でコンパクトカーを検討しているものの、居住性や積載性を重視したい方はフィットを検討してもよいでしょう。

(参考:『フィット(ホンダ)の中古車一覧 - ネクステージ』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

予算30万円で中古車を購入するならネクステージへ

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

予算30万円で中古車を購入したいなら、選択肢が狭まるため多くの車をラインアップしている中古車販売店を選ぶと好みの車種が見つかりやすくなります。そのため、全国展開をしていて幅広い地域から取り寄せができる店舗を利用することがおすすめです。

 

信頼できる中古車販売店が分からず悩んでいる方は、全国展開していて店舗が多く、在庫が豊富なネクステージをぜひご利用ください。ネクステージではコンディションがよい車を多数そろえてお待ちしています。

 

修復歴車や水没車の取り扱いなし!

安価な中古車を探していると、修復歴車(フレームに損傷を受けた経歴がある車)や水没車に遭遇することがあります。修復歴車や水没車は、修理が不十分であるなどの理由で購入後にトラブルが発生しがちなのがデメリットです。

 

ネクステージでは、購入後に予期せぬトラブルが発生するリスクが高い傾向にある修復歴車や水没車を一切販売していません。登録済未使用車などの一部の車を除いて第三者機関による品質鑑定も実施しており、純粋な車両選びを楽しみながらご購入いただけます。

 

予算30万円で可能な限りコンディションがよい車を購入したいと考えているなら、ぜひネクステージをご利用ください。

 

豊富な在庫数!全国店舗から取り寄せ可能

ネクステージでは全国各地に店舗を構えており、広大な店舗ネットワークを生かして多種多様な車を取りそろえています。軽自動車やミニバン、ハッチバックなど、安価に購入できる車も多種多様です。

 

気になる車が遠方にある場合でも、取り寄せサービスを利用すれば近くの店舗で試乗してから購入するか判断できます。購入する車を吟味したいとお考えの方に最適なサービスなので、ぜひこちらもご利用ください。

 

充実した保証で購入後も安心

ネクステージでは、販売した中古車に対して手厚い保証を標準付帯しています。エンジンやトランスミッション、ステアリング、ブレーキ、サスペンションなど、走行に関わる多くの部位が保証対象になっているため、購入後の万が一に備やすいサービスです。

 

30万円前後で購入できる車は低年式車が多く故障リスクが高いため、標準で手厚い保証を受けられるのは大きなメリットといえるでしょう。なお、保証期間は国産車で3か月または走行距離3,000kmまで、輸入車で1か月です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

車は高価な製品なので、30万円程度で購入できる車を発見しても品質はどうなのか心配になりがちです。この価格帯で販売されている車には低年式車や多走行車が多く、なかには故障リスクが高い車も存在します。

 

30万円前後の予算で車を購入しようと考えているなら、保証が充実していて購入後の不安を軽減できる中古車販売店を選ぶのがおすすめです。

 

ネクステージでは車両価格30万円前後の車を多数販売しており、充実の保証サービスもご用意しています。これから中古車を購入しようと考えている方は、ぜひネクステージをご利用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

30万円で購入できる中古車ってどうなの?選び方のコツやおすすめの車種

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ