自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

自動車税種別割は車を所有していれば、支払わなければならない税金です。特にこれから車を購入される方にとっては、どのような税金なのか曖昧な方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、自動車税種別割がどのような税金なのか、支払い方法や節税する方法を紹介します。最後まで読んでいただければ、自動車税種別割について理解できるでしょう。

 

※目次※

1.自動車税種別割の概要を解説

2.自動車税種別割は2022年時点でいくら課される?

3.自動車税種別割の納付にはクレジットカードやペイジーも活用できる

4.自動車税種別割は安くなることもある!

5.自動車税種別割で知っておきたいポイント

6.自動車税種別割が安い低年式車探しはネクステージがおすすめ

7.まとめ

 

■POINT

・自動車税種別割は1年に1度、4月1日時点の車の所有者に納税義務が発生する。

・年数が経過すると自動車税種別割の税額が上がる。安く済ませたいなら高年式の車がおすすめ。

・高年式の車を探すならネクステージへお任せ。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割の概要を解説

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

車にはさまざまな税金がかかり、それぞれ納税するタイミングや税額が異なります。車に課されるさまざまな税金がある中で、自動車税種別割はどのような税金なのかを理解しましょう。自動車税種別割の概要を簡単に紹介します。

 

自動車に関係する税金のひとつ

車には自動車税種別割の他、自動車重量税・自動車税環境性能割・消費税・揮発油税・軽油引取税が課されます。

 

自動車重量税は、車の重量に応じて課される税金です。重量が大きくなるほど、税額が上がります。新規登録時、車検時に支払わなくてはなりません。

 

自動車税環境性能割は、従来の自動車取得税から変わった税金です。環境性能の高さによって税率が変わります。

 

消費税は、新車・中古車問わず車の購入時に必要な税金です。車以外にかかる税率と変わりません。揮発油税・軽油引取税は、日々給油する燃料代に含まれている税金です。

 

毎年支払い義務が発生する

自動車税種別割は、1年に1度支払い義務が発生します。納税義務者は、4月1日時点での車の所有者です。

 

納税通知書は、普通乗用車が都道府県から、軽自動車が市区町村から発行・送付されます。発行場所が異なる理由は、納税先が違うためです。普通乗用車の自動車税種別割は、都道府県に納税する地方税に該当します。軽自動車の自動車税種別割は、市区町村に納税する地方税です。

 

自動車税種別割が未納だと車検を受けられない

支払い義務があるにもかかわらず、自動車税種別割の納税を怠ると車検を受けられません。車検時には、自動車税種別割を納付したことが分かる「納税証明書」が必要です。車検を行うディーラーや整備工場では、納税証明書の有無で滞納がないか確認します。

 

地域によっては納税確認を電子的に行っている地域もあり、車検時の納税証明書の提示が不要です。ただし、軽自動車の納税確認は電子化されていないため、納税証明書を提示しなくてはなりません。

 

排気量・登録年月によって税額が変わる

自動車税種別割には、大きく分けて普通乗用車用と軽自動車用があります。普通乗用車用は、排気量によって税額が細かく分けられているのが特徴です。軽自動車は排気量の大小による税額の差がありません。

 

普通乗用車・軽自動車ともに、税額が見直された時期があります。車を購入する際には、新規登録もしくは新規検査を受けた時期をチェックしましょう。ここからは、普通乗用車と軽自動車の具体的な税額を紹介します。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割は2022年時点でいくら課される?

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

ここからは、具体的な自動車税種別割の税額を紹介します。普通乗用車・軽自動車それぞれで異なる時期に税額が変更されました。中古車など数年前の車を購入する際には、税額が異なる場合もあるため、登録された時期をチェックしましょう。

 

自家用普通乗用車

以下は自家用普通乗用車の自動車税種別割です。

排気量

2019年9月30日以前に新車登録された車

2019年10月1日以降に新車登録された車

1,000cc以下

2万9,500円

2万5,000円

1,001cc~1,500cc

3万4,500円

3万500円

1,501cc~2,000cc

3万9,500円

3万6,000円

2,001cc~2,500cc

4万5,000円

4万3,500円

2,501cc~3,000cc

5万1,000円

5万円

3,001cc~3,500cc

5万8,000円

5万7,000円

3,501cc~4,000cc

6万6,500円

6万5,500円

4,001cc~4,500cc

7万6,500円

7万5,500円

4,501cc~6,000cc

8万8,000円

8万7,000円

6,001cc~

11万1,000円

11万円

※slide →

(2022年7月現在)

(参考:『2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります|総務省』

 

自家用軽自動車

以下は自家用軽自動車の自動車税種別割です。排気量によって細かく分けられている普通乗用車とは違い、軽自動車の税額は一律に決められています。普通乗用車に適用された2019年の税率変更は、軽自動車には適用されていません。

区分

標準税率

2015年3月31日までに新規検査を受けた車

2015年4月1日以降に新規検査を受けた車

四輪以上

7,200円

1万800円

※slide →

(2022年7月現在)

(参考:『平成28年度から軽自動車税の税率が変わります|総務省』

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割の納付にはクレジットカードやペイジーも活用できる

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

ここからは、自動車税種別割の支払い方法にどのような種類があるのかを紹介します。現金を持ち歩かず、クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレスの生活を送っている方もいるかもしれません。どの支払方法が自分に合っているのかチェックしましょう。

 

自動車税種別割の支払い方法

以下は普通乗用車の自動車税種別割の支払い方法をまとめた表です。内容は地域によって異なるため、お住まいの都道府県のホームページを確認しましょう。

支払い方法

内容

現金(コンビニ・金融機関・税事務所)

全国に展開しているコンビニであれば、納付書の専用バーコードを使って24時間いつでも支払えます。

クレジットカード

スマートフォンやパソコンからインターネットを使った手続きです。決済手数料がかかります。コンビニや金融機関での利用はできません。

Pay-easy(ペイジー)

インターネットバンキングやモバイルバンキング、ATMから支払える方法です。

スマートフォン決済

決済アプリにある請求書支払いサービスを利用します。

モバイルレジ

モバイルレジアプリを利用した納税方法です。

eLTAX(エルタックス)

パソコンを利用した電子納税です。2023年4月からスタートが予定されています。

※slide →

 

軽自動車税種別割の支払い方法

以下は軽自動車税種別割の支払い方法をまとめた表です。ただし、内容は地域によって異なるため、お住まいの市区町村のホームページを確認しましょう。

支払い方法

内容

現金(コンビニ・金融機関・税事務所)

全国に展開しているコンビニであれば、24時間いつでも支払えます。

クレジットカード

スマートフォンやパソコンからインターネットを使った手続きです。決済手数料がかかります。コンビニや金融機関での利用はできません。

Pay-easy(ペイジー)

インターネットバンキングやモバイルバンキング、ATMから支払える方法です。

スマートフォン決済

PayPayやLINE Payを利用します。納税証明書は発行されません。

モバイルレジ

モバイルレジアプリを利用した納税方法です。

eLTAX(エルタックス)

パソコンを利用した電子納税です。2023年4月からスタートが予定されています。

※slide →

 

支払い期限を過ぎてしまった場合は?

自動車税種別割は、納税通知書に記載されている決められた日までに支払わなければなりません。通常の期限は5月31日です。

 

期限までに支払いを忘れてしまうこともあるかもしれません。期限を過ぎると督促状が届くようになります。地域によっては、最初の督促状から延滞金が加算されている場合もあるため、注意しましょう。督促状を放置し続けると、最終的には財産差し押さえに発展します。

 

支払い期限を過ぎると、コンビニでは支払いができません。支払い方法も面倒になるため、忘れずに納税しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割は安くなることもある!

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

車を所有している限り毎年納税しなくてはならず、負担に感じる方も多いのではないでしょうか。自動車税種別割は、安くなる場合があります。これから車の購入を考えている方は、ここで紹介する内容を参考に車選びをすると節税が可能です。

 

自動車税種別割の減税対象車がある

環境性能に優れた車を対象とした、自動車税種別割の負担を軽減させる制度「グリーン化特例」があります。新車登録を行った翌年度分が対象です。普通乗用車と軽自動車では、対象車が異なります。以下は、グリーン化特例の軽減対象車と軽減率の表です。

対象車

軽減率

普通乗用車

電気自動車

燃料電池自動車

天然ガス自動車

プラグインハイブリッド自動車

約75%

軽自動車

電気自動車

天然ガス自動車

※slide →

 

購入時期によっては節税ができる

普通乗用車・軽自動車ともに、購入するタイミングによっては自動車税種別割を節税可能です。

 

普通乗用車を年度途中で購入した場合、購入の翌月から本年度3月分までの月割り額を支払います。例えば、年間2万9,500円の自動車税種別割の車を12月に購入した場合、残りの3か月分(7,300円)を支払わなければなりません。購入した翌月分から対象となるため、節税したいのであれば、月末よりも月初がおすすめです。

 

軽自動車には、普通乗用車のような月割り制度はありません。年度途中で軽自動車を購入した場合でも本年度分の納税義務はなく、翌年度分から課税されます。軽自動車の自動車税種別割を節税したいのであれば、4月2日以降、できる限り早い時期に購入するのがおすすめです。

 

自治体によって独自の課税軽減制度がある

東京都では、ZEV(ゼブ)導入促進税制と呼ばれる、自動車税種別割の独自の免除制度を行っています。

 

対象車は、国が定める制度と同様の電気自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリッド自動車です。国の制度では、これらの車を初期登録した翌年度に約75%軽減されます。

 

一方で東京都独自のZEV制度では、初期登録時の月割り分と翌年度から5年度分の自動車税種別割が免除されるため、対象車を持つ方にとってはうれしい制度でしょう。

 

障害者手帳を交付されている方向けの制度

障害者手帳や療育手帳が交付されている方は、自動車税種別割の減免制度の対象です。障害の等級や内容、運転者によって減免額が異なります。

 

自動車税種別割の減免限度額は最大4万5,000円です。排気量2,500cc以下の車を選べば、自動車税種別割は全額免除されます。グリーン化特例の対象車は、限度額が異なるため、注意しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割で知っておきたいポイント

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

大切な愛車に長く乗られる方もいることでしょう。長く所有していると気付かないうちに税額が変わっていることがあるかもしれません。車を所有するなら知っておきたい自動車税種別割のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

自動車税種別割は長く乗るほど負担が増える

自動車税種別割の税額は、いつまでも同じではありません。長い期間所有するほど、自動車税種別割が高くなる仕組みです。

 

新車登録からディーゼル車は11年、ガソリン車・LPG車は13年が経過すると、約15%税額が上乗せされます。軽自動車は、約20%です。いずれも、ハイブリッド車や電気自動車は対象から外れています。

 

売却や譲渡する際は手続きを忘れずにしよう

車の乗り換えなどを理由に、廃車にしたり譲渡をしたりする方もいるでしょう。廃車をするのであれば抹消登録、売却や譲渡などの場合には、名義変更をする必要があります。これらの手続きを行わなければ、次の4月1日を迎えた時点で納税義務が再び発生するためです。

 

普通車は、抹消登録や名義変更をした時点から未経過分が還付されます。軽自動車には還付制度がありません。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割が安い高年式車探しはネクステージがおすすめ

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

新車登録から長い年数が経過した低年式よりも、自動車税種別割の安い高年式車を探しましょう。高年式の中古車を探す際には、豊富な選択肢から選べるネクステージがおすすめです。ここでは、ネクステージで中古車を探すおすすめの理由を紹介します。

 

希望の1台が見つかりやすい

ネクステージは他のどの中古車販売店にも負けない、販売ネットワークと在庫数が強みです。

 

希望する車が近隣店舗にない場合でも諦める必要はありません。ネクステージは日本全国に販売店を展開しており、気になる車は取り寄せが可能です。3万台の中古車情報を掲載しています。さまざまなジャンルの車から条件に合った車選びができるでしょう。

 

アフターサポートも万全

ネクステージは、お客様へ中古車を販売して終わりではありません。購入後も安心して乗っていただくために、アフターサポートを充実させています。

 

対象車の年式や走行距離を問わない無料保証をはじめ、よりサポート内容が充実した有料保証も付帯可能です。

 

自動車税種別割が安く済む高年式車を長く乗ろうと考えている方もいらっしゃるでしょう。そのような方に向けた、長期保証(10年)も用意しているため安心です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

自動車税種別割は、4月1日時点の所有者へ課される税金です。滞納など、支払い義務を怠っていると、車検を受けられません。排気量が多いほど高い税額を納める必要があります。

 

自動車税種別割を安く抑えるには、高年式車の購入がおすすめです。高年式の中古車を探す際には、ネクステージをご利用ください。ネクステージでは、全国の販売店から最寄りの販売店への取り寄せも可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車税種別割はどのような税金?支払い方法や安くなるケースについて解説!

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ