車を買い替える場合の仕訳方法!個人と法人で仕訳方法は異なります

クルマ買い替えガイド

車を買い替える場合の仕訳方法!個人と法人で仕訳方法は異なります

これまで乗っていた車の買い替えを行う際、実際に手元に入ってくるお金の仕訳はどのようになるのでしょうか。実は、個人と法人によって仕訳方法は異なります。たとえ同じタイプの車を同じ業者に売却したとしても、仕訳が異なるため帳簿上の処理も変わってきます。

 

そこで今回の記事では、車の買い替えの仕訳方法について、個人と法人別に掘り下げていきます。これから車の買い替えを予定している人は、ぜひチェックしておいてください。

 

※目次※

1.車を買い替える場合の仕訳方法

2.車を買い替える時に利用する勘定科目などの注意点

3.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の買い替えを行う際は、購入と売却の仕訳をそれぞれ書き出し、最終的に合算すると分かりやすい!

・耐用年数や償却率自動車取得税の金額に注意すれば、帳簿上の大きなトラブルは起こさずに済む

・買い替えで使用される勘定科目を理解し、見積書を正しく読み止めるようにしておこう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を買い替える場合の仕訳方法

まずは、車を買い替える場合の仕訳方法について、個人と法人に分けてご紹介します。頭を悩ませることが多い「減価償却費」や「リサイクル預託金」についても解説していきますので、初めて車の買い替えを行う人はしっかりと把握しておきましょう。

 

仕訳の3STEP

一見複雑に感じられる車の仕訳ですが、新しく購入する車の仕訳の書き出し、売却する車の仕訳の書き出し、最後に両方の仕訳を合算することで、簡単に仕分けることができます。「新しく購入する車の仕訳」は、借方として「車両運搬具」「預託金」「支払い手数料」「保険料」「租税公課」です。貸方として「現預金」が挙げられます。

 

「売却する車の仕訳」は、借方として「現預金」、貸方として「車両運搬具」「預託金」「固定資産売却益」などが入っています。2つの車の仕訳を合算することで、最終的な数字を確認できます。「購入する車」と「売却する車」に分類して仕訳をすると、実は分かりやすく把握できるのです。

 

個人が車の買い替えをする時の仕訳方法

まずは個人が車の買い替えをする時の仕訳方法について解説します。

 

個人が車を売却する際には、車という固定資産を「売却した」とはみなされず、「譲渡した」と考えます。そのため、「譲渡所得」という仕訳が求められることになり、「事業主借(貸)」という項目に分類されます。あくまで譲渡なので、事業所得としての帳簿とは損益を別にして処理する必要があります。

 

また、個人が事業として使用していた車を買い替えるのであれば、事業所得との「損益通算」が可能です。これは車の売却によって利益が出た場合、あるいは損失が出てしまった場合に適用されます。

 

ただし、これは売却する車を利用していた期間によって具体的な金額が変動するので気を付けてください。「特別控除は50万円まで」となっている点も留意しておきましょう。

 

そして、個人で生活用と事業用に同じ車を使用している人は、家事使用分を必要経費処理できないことも知っておいてください。事業と家事で使用する割合を計算し、按分計算をおこないましょう。

 

法人が車の買い替えをする時の仕訳方法

続いて、法人が車の買い替えをする際の仕訳について解説します。法人の場合、車を買い取りに出すのは「課税取引」のひとつとみなされます。そのため、税込処理として仕訳するのが一般的です。

 

個人の場合、車の売却はあくまで「固定資産税の譲渡」とみなしていましたが、法人の場合は「固定資産の売却」ととらえます。帳簿上も事業所得に分類し、利益が出たに「固定資産売却益」として処理します。

 

減価償却した金額を記帳する「直接法」と、帳簿上で減価償却を行う「間接法」のどちらを選ぶかによって、借方の合計が変わることも知っておきましょう。事業形態や収益などによって、適切な帳簿方式が変わることはないため、あくまで処理しやすいスタイルを選べば良いだけです。

 

リサイクル預託金の仕訳

リサイクル預託金とは、車を廃棄する際に発生する処分費用のことです。自動車リサイクル法によって、個人・法人問わずすべての車の所有者が支払わなければならないものとなっています。

 

リサイクル預託金の内訳は下記のようになっています。

  • ・シュレッダーダストのリサイクル代
  • ・エアバックのリサイクル代
  • ・フロン類のリサイクル代
  • ・リサイクルシステム運営用の情報管理料
  • ・資金管理料

 

「資産管理料」のみ、課税対象となっているため注意しておきましょう。

 

リサイクル預託金が発生するのは廃車した後となっていますが、買い替え時はその他の費用とまとめて支払います。リサイクル預託金を支払った証明として、「リサイクル券」が発行され、売却時に還付を受けます。そして次の所有者が再びリサイクル預託金を支払い、のちのち廃車手続きを行う人が最終的にリサイクル料を負担する流れになります。

 

車を買い替える時に利用する勘定科目などの注意点

車の買い替えを行う際には、普段あまり縁がない勘定科目を利用することもあるでしょう。帳簿上で不備なく処理ができるよう、買い替えで使用する具体的な勘定科目について解説します。また、買い替え時に把握しておきたい知識もいくつかご紹介します。

 

新車と中古車の仕訳はほぼ同じ

買い替えによる仕訳は、新車と中古車でほとんど変わりません。どちらを選んだとしても、帳簿上の仕訳が複雑化することを心配する必要はないでしょう。

 

新車と中古車で異なるのは、耐用年数や償却率自動車取得税の金額です。新車の場合、国税庁が発表している「法定耐用年数(普通車が6年間、軽自動車が4年間)を用いて計算することができますが、中古車の場合は別途見積もりが必要になります。

 

法定の年数を「全部」経過している場合は「法定耐用年数×20%」、「一部」経過している場合は「(法定耐用年数-経過年数)+ 経過年数×20%」で計算しましょう。

 

中古車の自動車取得税は、「取得価額×税率」として計算します。税率は普通車であれば3%、軽自動車であれば2%です。ただし実際は、各都道府県で取得価格を「課税標準基準額×残価率」で計算しています。この場合の残価率は、総務省の「中古残価率表」を利用して考えましょう。

 

車の買い替えの仕訳で使用する勘定科目

車の買い替えを行う際に使用される勘定科目とその詳細を、改めて確認していきましょう。

  • ・車両運搬具…車本体料、オプション料、付属品料、納車料
  • ・支払手数料…車の名義人変更手数料、車庫証明代行手数料、検査登録代行手数料、資金管理料
  • ・保険料…自賠責保険料、任意保険料
  • ・租税公課…自動車取得税、自動車重量税、自動車税、預かり法定費用。
  • ・支払い利息…各種ローンの金利
  • ・預託金(前払い金)…リサイクル預託金

 

 

車の見積書の内容

車の買い替えを行う際は、必ず見積書(請求明細)をもらうようにしましょう。購入でも売却でも、交渉を有利に進めるためにとても重要なツールとなるからです。そして発行してもらった見積書を正しく読み取って、少しでもオトクに買い替えができるよう工夫してみましょう。

見積書に記載されているおおよその内容は、下記のようになっています。

  • ・車両本体価格
  • ・オプションおよび付属品価格
  • ・法定費用(車庫証明手続き、下取り登録手続き、登録手続きなど)
  • ・保険料(自賠責保険、任意保険など)
  • ・税金(自動車税、自動車重量税、自動車取引税など)
  • ・販売の諸費用
  • ・リサイクル預託金
  • ・代行手数料(車庫証明手続き、登録手続き、納車など)
  • ・ローン金利割賦手数料

 

これらが記載された見積書をチェックする際は、支払総額やオプション金額の内訳をきちんと確認してください。また、手数料の項目も詳細を確認し、不要な分はカットできるよう交渉していきましょう。

 

車両値引きを受けた場合の取り扱い

買い替えの条件によっては、車両値引きを受けることもあるでしょう。値引きを受けていたとしても、帳簿上で特別な計上を行う必要はありません。基本的に、「値引き後の金額」でまとめて計上すれば良いでしょう。値引き前の金額や割引率を把握しておきたい場合は、仕訳の「摘要欄」に記載しておくと分かりやすくておすすめです。

 

ただし、どの項目から値引きされているのか、正しく把握しておくべきでしょう。車両の本体価格から値引きされていることもあれば、各種手数料や経費から値引きされているケースもあります。

 

値引きキャンペーンを利用する場合は、前もってどの項目が対象になっているのか把握した上で手続きを進めた方が良いでしょう。対応項目から実際の金額を控除してください。

 

まとめ

この記事では、車の買い替えをする際の仕訳について解説しました。個人と法人によって仕訳が異なるため、買い替え予定の車の使用目的に応じて、適切な計上を行いましょう。車の買い替えで使われる勘定項目は、前もって確認しておくと、見積書の段階で内容が把握しやすいです。

 

値段や条件の交渉を有利に運ぶためにも、買い替え予定の人は仕訳方法について正しく理解しておく方が良いでしょう。

 

ただし、専門的な内容に不安がある人も多いでしょう。そんなときは、ぜひネクステージにご相談ください。新車から中古車まで幅広く取り扱っていますので、買い取り査定から実際の買い替えまでトータルサポートいたします。

気になる車種をチェックする