10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

小回りが利き運転しやすい軽自動車は昔から人気の高い車種です。近年は様々なニーズに対応するモデルが増えたこともあり、時代と共に新しい車へと乗り換えられています。

 

そうして軽自動車は中古車市場に出回っていきますが、軽自動車には10万キロを超えた場合は下取りで良い査定額が出ないという話があるのも確かです。

 

今回は10万キロを超えた軽自動車が下取りできるのかなどの詳細を含め、少しでも高く車を売れる方法を徹底解説します。

 

※目次※

1.軽自動車でも走行距離が10万キロを超えでも下取りできる?

2.10万キロを超えた軽自動車は下取りより買取がおすすめ

3.下取りをやめる以外も!10万キロ超えの軽自動車を高く売るための秘訣

4.10万キロ超えでも下取り評価が付く可能性がある軽自動車は?

5.ネクステージの簡単査定で愛車の詳しい下取り価格を調べよう!

6.まとめ

 

■POINT

・走行距離が10万キロを超えた軽自動車が売れるのかどうかを徹底解説

・下取り以外に高額で売るための方法を解説

・走行距離に関わらず高値が付きやすい軽自動車を紹介

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

軽自動車でも走行距離が10万キロを超えても下取りできる?

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

軽自動車の走行距離が10万キロを超えたとしても下取りはできます。しかし、多くの下取り査定ではあまり期待できる金額を提示してもらえないことが現状です。

 

そのため、総走行距離が10万キロを超えた場合にはどのように売れば良いのか下記で解説します。ポイントを押さえることで長年の愛車であった軽自動車もより良い方法で販売することも可能です。

 

下取り価格は付きにくい

下取りと買取と明確に異なり、下取りは「新たにその店舗で車を購入する」ことが大前提です。純粋な売却に比べ購入における付加価値という意味合いが強くなるため売却価格が低くなります。

 

新車購入時は価格についての交渉などが行われますが、その交渉分を下取り価格として反映させるイメージです。

 

この点だけを見ると下取りにメリットを感じにくくなるかもしれませんが、購入手続きと売却手続きの両方が一貫して行えるメリットがあります。時間を節約したい、メーカーにこだわりがあるなど、いくつかの条件をお持ちの場合は下取りが向いているでしょう。

 

買取なら売れる可能性がある

中古車販売店などに車を買い取ってもらう買取は、下取りと比較して高値で売却ができる可能性があります。理由としては、買取では車の状態によってプラス査定になるポイントが多くあるからです。また、買取は新たな車の購入を前提としておらず、あくまでも車を売ることだけを目的としています。ここも大きな違いと言えるでしょう。

 

買取の場合、その車の純粋な価値を価格に反映させます。持ち込まれた時の状態や人気オプションの有無など、その後中古車市場での需要なども重要視されるため、個体ごとの売却価格に変動があることも特徴です。

 

そして、低年式のものや傷があるものなど、所有者から見て価値がないだろうと思うものであっても買取であれば価値がつきます。

 

業者によって判断基準が異なる面があるため高く売りたい場合は多少の手間を要しますが、高額売却を望む場合や少しでも価値をつけて売却したいという場合は買取が向いているでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

10万キロを超えた軽自動車は下取りより買取がおすすめ

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

10万キロを超えた軽自動車の場合は、下取りよりも買取を利用することをおすすめします。そのためには、10万キロを超えた場合でもどのような条件であれば売れやすいのかを知っておかなくてはなりません。

 

ここからは、長年の愛車でも高値で売れるようにするための条件をお伝えするので、是非参考にしてください。

 

海外で人気な可能性がある

日本では値段が付かない車であっても、海外で同じ評価がされないことがあります。日本と海外では交通事情が違うこともあり、日本では過走行車と見なされたとしても海外ではそのように捉えられません。また、多少の修復歴を気にしないという特徴もあります。

 

特に海外で高値で取引される軽自動車の例として商業車が挙げられますが、これは、大切に扱われていること、パーツの入手に困らないなど、日本車の品質や世界的な認知の高さも理由と言えるでしょう。

 

日本国内では引け目を感じる低年式・過走行車であっても、海外からは異なった評価がされているため、海外にセールスマーケットを待つ買取業者では十分に価値のある車となります。

 

修理用の部品としての価値が見込める

国内外問わずカスタム用や修理部品としての価値があるということから、高値で買取が期待できる軽自動車の車種として、SUVやスポーツカーが挙げられます。

 

上記の車種の場合は総走行距離が10万キロを超えていたとしても価値が落ちにくく、事故車であっても高値がつくことも珍しくありません。軽自動車であっても車種によっては高価買取は見込めるため、古いから・たくさん走っているからといって諦めてしまわないようにしましょう。

 

再販性が高い車種ならなお良い

高値で扱われる軽自動車の基準としては、再販性の高さも重要な要素となります。趣向性の高い希少車や滅多に見ることのない絶版車、人気車種であれば軽自動車も普通自動車と同様です。

 

しかし、車の状態によっては値が付かないこともあります。走行に問題がある、車内が汚れている場合は該当するものであっても期待を下回ることもあるため、日頃のメンテナンスも評価点になることを覚えておきましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

下取りをやめる以外も!10万キロ超えの軽自動車を高く売るための秘訣

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

走行距離が10万キロを超えた軽自動車であっても、ケースによっては十分な価値があります。しかし、自分の車がどこまで価値のある車なのか分からないと思う方も多いでしょう。

 

下取りはその性質上高値が期待できませんが、ポイントを押さえておくことで査定額を上げることは可能です。

 

メンテナンスの記録は取っておく

軽自動車の下取り価格は、車両の走行距離や内外装の劣化や汚れなどだけから判断されるわけではありません。これまでの点検記録や法定点検の点検記録簿など、メンテナンスノートの有無によって価格が変動する場合もあります。

 

点検記録簿とは、車検の時に発行される点検内容が記された記録です。一般的に車検証などが収められているファイルに同封されています。使用しない書類だからといって捨ててしまわないようにしましょう。

 

点検記録簿や車検証は、多くの場合ダッシュボードのグローブボックスに収められています。

 

車を清潔にしておく

車の価値を高めるには車を清潔に保つことも欠かせない条件です。一般的には外装よりも内装が重視されますが、洗車は定期的に行っておきましょう。外装の劣化や塗装の剥がれに関しては、売却前であれば高額な費用をかけてまでの対処は不要です。

 

車内の汚れや臭いに関してはできる限りの対処がおすすめです。喫煙をしている、車内で飲食をするなどの生活臭は消臭剤などで対処をしましょう。また、喫煙者の場合はエアコンフィルターにも影響を及ぼしている可能性があるため、そちらのチェックも忘れずに行います。

 

他にはシートについたシミなども取り除く、掃除機をかけるなど、大切に扱ってきたことをアピールできる状態で売却に臨みましょう。

 

売るタイミングを狙う

中古車を売るタイミングを図ることも高値売却を狙う場合は必要です。1年の中で高値で売れるタイミングとしては、1~3月と9~10月だと言われています。理由としては、これらの時期が決算期と半期決算期にあたるためです。急いでいるなどの理由がないのであれば、この期間を狙ってもいいでしょう。

 

また、フルモデルチェンジ前までの売却もおすすめです。自動車はフルモデルチェンジが行われるにつれ歴代が上がっていくため、古いモデルほど価値が下がる傾向にあります。

 

そのため、比較的新しいモデルであってもフルモデルチェンジ前の売却を検討してみてください。

 

また、軽自動車税・重量税の未経過分も含めた評価も一般的であるため、次の車検までどのくらいあるのかなども把握しておくことをおすすめします。

 

売りたい車種を得意とする業者を見極める

車の下取りを行う際には、必ず売却予定の車を得意とするディーラーや下取り業者であるのかを見極めるようにしましょう。その理由は、業者によって得意とする車が異なるため下取り価格が大きく変わる可能性があるからです。

 

そのために、購入予定の車を明確にした上で交渉に挑みましょう。下取りは買取と違い需要の部分が重視されるため、売る側と買う側のニーズが合致することで金額への反映が期待できます。

 

純正パーツやオプション装備で評価アップを狙う

下取りの査定額を上げるためには純正パーツやオプション装備の有無も重要です。安全装備や特殊カラー、電動スライドドア、サンルーフ、レザーシートなどのオプションパーツが残っていれば、プラス査定が期待できます。

 

カーナビやドライブレコーダーなどをサードパーティーに変えている、カスタムを施した車の場合は、取り外してしまう、または純正パーツに戻しておきましょう。これは、ディーラーに下取りを依頼する場合は特に気をつけておきたい部分です。

 

一括査定で複数社の見積を競わせる

下取り以外の方法として、買取業者による一括査定を活用することも高値で車を売る上では良い選択です。車の査定を一社だけではなく複数に会社に依頼することで、他社と比較して見積もることができます。

 

1社で満足行く価格が提示されなかったとしても、他社の価格が高ければそちらに買取を依頼することも可能です。

 

一括査定のデメリットとしては、多数の会社から営業連絡が来てしまうことで手間と時間がかかる可能性が挙げられます。コスト面では有利になったとしても、時間をかけたくない場合には不向きな方法です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

10万キロ超えでも下取り評価が付く可能性がある軽自動車は?

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

軽自動車は10年落ち10万キロが寿命だと言われているものの、方法によっては高額で中古車として取引されるばあいもあることをご紹介しました。

 

では、実際にどのような車が下取りで評価されやすいのでしょうか。ここからは、特に高値の付きやすい車をピックアップして紹介します。下取り価格は幅があるため、おおよそのイメージとして買取価格をご参考ください。

 

スズキ エブリィワゴン

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

スズキ・エブリィワゴンは、軽自動車の中でも高値で下取りされる一台です。迫力のある見た目が特徴的なワゴンの中で、エブリィワゴンは可愛らしい見た目が特徴となっています。そして、軽自動車の特徴である小回りの良さは、初心者が安心して乗りやすい運転性能です。

 

中古車市場動向としては、エブリィワゴンらしい色見であるガーデニングアクアメタリック、ムーンライトバイオレットパールメタリックなどのカラーバリエーションが査定にプラスになる傾向にあります。買取価格は約30万円~140万円、販売されている中古車相場は50万~170万円程となっています。

(2021年5月時点での情報です)

(参考:『エブリィワゴン(スズキ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

スズキ ジムニー

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

スズキ・ジムニーは、4WDらしさのあるアウトドアなフォルムが印象的で、パワフルな走行性を取り柄としています。

 

中古車市場動向としては「ランドベンチャー」「クロスアドベンチャー」「ワイルドウイング」の特別仕様車3台が高額で取引される傾向にあり人気です。また、買取価格は約30万円~130万円、販売されている中古車相場は70万~250万円程が相場となっています。

(2021年5月時点での情報です)

(参考:『ジムニー(スズキ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

PRジムニーの中古車

 

ホンダ N-BOX

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

ホンダ・N-BOXは、使い勝手が良いトールワゴンです。荷物を多く積みやすく、予防安全性能を始めとした高水準の安全装備を備えているので、家族が安心して使いやすい車になっています。

 

ホンダ・N-BOXは軽自動車の中でも使いやすい車として性別を問わずどんな年代でも人気です。長年軽自動車販売台数トップを誇るモデルであるため、中古車市場でも需要が高くなっています。買取価格は約25万円~140万円、販売されている中古車相場は45万~190万円程となっています。

(2021年5月時点での情報です)

(参考:『N-BOX(ホンダ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

ネクステージの簡単査定で愛車の詳しい下取り価格を調べよう!

ネクステージのネット査定であれば、インターネットを通して時間もかからず簡単に査定を行うことができます。また、知識・経験ともに豊富なスタッフが車の価値をしっかりと見極めるため、たとえ10万キロを超えた車であっても安心してご依頼ください。

 

ネクステージの無料査定はインターネットより常時お申し込みいただけます。1分足らずで入力でき、実車査定の前に概算価格が分かるため時間の少ない方にもおすすめです。愛車を手放す際は是非ネクステージへご相談ください。

まとめ

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

走行距離が10万キロを超えた軽自動車は売りずらいと言われています。しかし、中古車は限定車や絶版車、純正パーツの有無などによって値段が変動することは珍しくありません。そのため、使用年数や走行距離を考えても売れそうにないとあきらめる前に、まずはプロに尋ねてみましょう。

 

過走行であったとしても、ネクステージでは大切な愛車の価値を適正な価格でご案内します。また、新たにご購入の車についてもしっかりとサポートいたしますので、売却をお考えの際はネクステージまでお問い合わせください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

10万キロを超えた軽自動車でも下取りできる?少しでも高く売る方法を徹底解説

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ