事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故を起こした車を手放す際、本当に買取価格がつくのだろうかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。事故歴を申告しなかったらどうなるのか、その後事故歴が判明したらペナルティがあるのかなど不安は尽きません。

 

事故車を売却する方法や注意点などがわかれば、どこに車を持っていけば良いのか判断がつきます。そこでこの記事では、どのようにすれば事故車を買い取ってもらえるのかや、その際の注意点について詳しくご紹介します。

 

※目次

1.買取査定で重視される「事故車」の定義

2.事故車も買取してもらえるの?

3.事故車を買取に出すか判断する3つのポイント

4.事故車は買取にどれくらい影響がある?査定額の相場は?

5.自分に落ち度がない事故でも買取査定額は下がるの?

6. 事故車を高く買取してもらうコツ

7.事故車を買取してもらう際の注意点

8.事故車の買取は出張査定がおすすめ

9.事故車の乗り換えはネクステージで検討しよう!

10.まとめ

 

■POINT

 

 ・事故車は中古車販売店や、事故車専門買取業者などに売却しよう!

・売却する際、事故歴は申告することが義務づけられている!正直に申告しないと信用を失い、取引にも影響が出るおそれがある!

・事故車の買取をめぐっては買取価格などでトラブルも頻発!まずは相談してみよう!

ルマ買取サビスのご案内・無料査定申し込み >

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

買取査定で重視される「事故車」の定義

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

「事故車」という言葉だけの意味は、「事故を起こした車」と考えて間違いないでしょう。

 

しかし、中古車業界では事故車の定義は違います。きちんと意味を知ることにより、事故車の買取をスムーズに進めていくことが可能です。

 

そこで、まずは事故車の定義についてご紹介します。

 

事故車とは?

事故車というと「事故を起こした車」と考えられがちですが、買取価格に影響するのは、事故歴ではなく修復歴です。「車の骨格を損傷させたことにより、損傷した箇所を過去に交換または修復した車」が事故車と定義されています。 また事故車扱いとなる、車の骨格部分は以下の通りです。

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

  • 1.フレーム
  • 2.フロントクロスメンバー
  • 3.フロントインサイドパネル
  • 4.ピラー
  • 5.ダッシュパネル
  • 6.ルーフパネル
  • 7.ルームフロアパネル
  • 8.トランクフロアパネル
  • 9.ラジエターコアサポート

 

事故車(修復歴車)にならない場合

以下の部分は修復しても修復歴車とはなりません。

  • ・フロントバンパー
  • ・ロアスカート
  • ・フロントフェンダー
  • ・ボンネット
  • ・リアフェンダー
  • ・トランクリッド
  • ・リアバンパー
  • ・サイドシルパネル
  • ・ドア

 

フレームからボルトで外せるものであれば、交換した形跡があっても修復歴車として扱われることはありません。ただし、ドアのジョイントにボルトを締め直した形跡が確認されれば、ドアの取り外しが行われているはずです。この場合は、慎重な査定が行われるでしょう。

 

また、予期せぬ事態で車が損傷またはへこむことがあります。この場合、理由が明確になっているのであれば事故車として扱われない可能性があります。

  • ・横からぶつけられたためにドアのみを交換
  • ・後ろから衝突されたためにリアバンパーのみを交換
  • ・正面衝突したためにライトやバンパーのみを交換
  • ・飛び石が原因でフロントガラスを交換
  • ・屋根から落ちてきた雪の塊により表面が傷つく

 

たとえば、上記のような場合が例として挙げられます。ただし、損傷の度合いによっては事故車扱いされることもあるでしょう。

 

基本的な考え方としては、車の骨格部分が損傷しているかどうかで結果は違ってきます。不安なことや納得できない部分がある場合は、査定士に詳しい話を聞いてみてください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

事故車も買取してもらえるの?

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故を起こした車であっても、買い取ってもらうことはできます。

 

ほとんどの大手買取店で、事故車の買取を行っています。基本的に買い取られた事故車は、以下の3つのルートで販売されることになります。

  • ・国内のオークションに出品
  • ・部品に解体されて販売
  • ・海外に輸出

 

この中でも近年メジャーとなってきているのが、海外への輸出ルートです。国内では走行距離10万km以上の多走行車は価値が大きく下がると言われていますが、海外では違います。

 

日本の車は性能も良く、海外では人気のある車種ばかりです。事故車のなかには問題なく走行できるものも少なくないため、高額査定できるひとつの要因となっています。

事故車を買取に出すか判断する3つのポイント

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故車を修理してそのまま乗り続けるか、買取に出すかは悩みどころです。以下のようなポイントで判断してみてはいかがでしょうか?

 

車への愛着度合い

車への愛着度合いは、判断するポイントのひとつでしょう。どうしても愛車を手放したくない場合には、修理して乗り続けるという選択肢もあります。思い出が詰まっていたり、稀少価値のある車だったりする場合、簡単に手放す事は難しいでしょう。

 

ただ、修理に出す際には安全に乗れる状態に復元できるかをしっかり確認する必要があります。修理の過程で車へのダメージが予想以上に大きいことがわかり、安全性に心配があるようであれば、無理せず買取に出すことも考えましょう。

 

事故車としてのリスク

もうひとつ重要なポイントは、安全性のリスクです。事故によって、見かけではわからない重大な欠陥を引き起こしている可能性もあります。エンジン系統や駆動系にまで影響が及ぶ事故の場合、車の安全性に懸念が残るでしょう。

 

影響は時間がたってから出ることもあります。事故後、修理してこれまでと変わりなく走っていた車が、突然走らなくなったり、オイル漏れを起こしたりすることも考えられるでしょう。衝撃を受けたのが車のどの部分なのか、どのような問題が今後起きる可能性があるのか、専門の事業者に見て貰う必要があります。

 

修理代や保険金のコスト面

修理代などの経済的コストも無視できません。もし修理することを選んだ場合、まずは修理費用を確認してみましょう。

 

エンジンや駆動系など大がかりな修理をする場合、修理費用が100万円を超えることも珍しくありません。保険が使えるのかどうかも確認する必要があります。その場合、保険料に変動があるのかどうか、変動する場合いくらになるのかも確かめましょう。

 

修理費用や保険料の値上がりなど、想定されるコストをふまえて修理するか買取に出すかを判断する必要があります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

事故車は買取にどれくらい影響がある?査定額の相場は?

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故車でも買取してくれることが分かったところで、次に気になるのは事故車の査定額ではないでしょうか。

 

まず、共通して認識しておきたいことは、一般的な中古車よりも評価は下がってしまうことです。また、損傷の程度にもよるものの、事故車の状況によっても査定額は変わってきます。

しかし事故車でも、放置するよりは下取りに出したほうが収入になりますし、下取りよりも買取の方が高価で買い取ってくれます。

 

そこで実際にどれくらい影響するのか、事故車の査定額の相場についてご紹介します。

 

過去に事故を起こしたが、すでに修復してある車

すでに修復がしてある事故車の場合、査定額は5~10万円下がると考えておくといいでしょう。

 

もちろん、修理の程度によっては10万円以上のダウンも十分に考えられますが、修理してから数ヶ月以上が経過している状態であれば、走行にも問題がないと判断されるでしょう。

 

また、査定を依頼するときは、具体的にどこを修復したのかを伝える義務があります。もし黙っていて修復歴が見つかった場合は査定額がさらに下がることもあるため注意してください。

 

事故を起こして修復していない車

事故を起こしてどこも修復していない車の場合、査定額は10万円以上ダウンします。

 

修復していなければ、走行に問題がないのかも分かりません。買取業者が部品に解体して販売すれば大丈夫ですが、海外に輸出する場合でも修復する必要があります。

 

基本的に修復費用込みを考えて査定額を算出するため、高額査定は期待しない方が良いでしょう。ただし、修復してからの査定依頼は損をすることの方が多いので、やめておいた方が良いでしょう。

 

キズや凹み、ステッカー痕がある車

ほとんど目立たない傷やへこみ、ステッカー跡であれば、1~3万円の査定額ダウンです。

 

車を運転していれば、どれだけ大切に扱ってきたとしても、小さな傷やへこみ、ステッカー跡は付いてしまいます。中古車であれば許容範囲内のため、査定額が大幅に下がることはありません。

 

ただし、これらの汚れは少なければ少ないほど査定額はアップします。市販で手に入る研磨剤などで修復できる程度の傷や汚れであれば、査定を依頼する前に修復しておきましょう。

 

このように事故車は査定額が低くなってしまう要素もありますが、買取であれば高価買取を行ってくれることもあります。そのため、事故車を持っている場合は、とりあえず無料査定に申し込んでみてもいいかもしれません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

自分に落ち度がない事故でも買取査定額は下がるの?

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

相手に過失がある事故の場合でも査定額に影響するのでしょうか。

 

自分に落ち度がなくても、車が損傷してしまった事実に変わりありません。しかし、相手の過失による事故で査定額が下がってしまうのは納得することができないでしょう。

 

この場合、日本自動車査定協会が発行する「事故減価額証明書」を提出してください。これは、事故による損傷によってどれだけ評価額が下がったのか算出したものが記載された書類です。

 

また、申請時には、

  • ・車(キーも)
  • ・自動車検査証
  • ・自賠責保険証
  • ・整備手帳(保証書)
  • ・取扱説明書
  • ・修理見積書の写し(コピー)

 

以上の6点を用意して、日本自動車査定協会に連絡しましょう。

事故車を高く買取してもらうコツ

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故車を買取に出すと、予想以上に低い査定額になることがあります。事故による修理歴がある車はなかなか売れないためです。仕方がない部分はありますが、少しでも高く買い取ってもらうコツもあります。

 

高く買い取ってくれる中古車買取店で売る

どこの中古車買取店に出すかで、買取価格に差が出ることがあります。事故車でも、比較的高い価格で買取に応じてくれる店を探すことは重要です。修理をして安全に走ることができれば、適正な価格がつくことはあります。

 

事故車の場合、買取相場がなく、査定額が適正化判断するのは難しいため複数の店に査定に出して、見積もりを取ることをおすすめします。各店を比較し、高い価格を提示したところに買取に出すのが良いでしょう。

 

事故車専門買取業者や廃車買取専門業者で売る

事故車専門買取業者や廃車専門業者に持っていくのもひとつの方法です。事故車専門買取業者は、事故を起こした車を専門に買い取ってくれる業者です。買い取った車を海外に販売するルートなどを持っているため、比較的高い価格で買取をしています。

 

もうひとつの方法は廃車専門業者です。廃車にする車の部品は、その後再利用することができます。こうした部品を集めているのが廃車買取専門業者です。このため車が廃車同然でも、買取価格がつく仕組みとなっています。

 

買取相場を把握しておく

事故車の買取価格の相場を把握しておくことも大切です。事故を起こした車でも損傷が少ない場合、高い買取金額を期待することができます。

 

多くの業者の査定を受けることで相場を把握することができます。査定が適正に行われていれば、業者間で金額帯が変わることはそこまでありませんが、低めの金額の査定額になることもあるので比較することが大切です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

事故車を買取してもらう際の注意点

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

修復歴がある車であっても、1円でも高く買い取ってもらいたいと考えている人も少なくないでしょう。

 

とは言っても、そのことばかり考えていると、思わぬところで落とし穴にはまってしまうかもしれません。ちょっとした知識を持っていることで、大きく損することを避けることができます。

 

最後に、事故車を買い取ってもらうにあたっての注意点をご紹介します。

 

修復歴を隠すと不利になることがある

修復歴の虚偽申請は、査定額に大きく影響するため、注意が必要です。ベテラン査定士であれば修復歴の見落としは2%以下といわれています。修復歴を見落とす可能性は低いと考えた方が良いでしょう。

 

また、修復歴がある車を査定に出すユーザーは、事前に事故車であることを告知する義務が課せられています。万が一、売却するときに修復歴があることを隠せたとしても、後で事故車であることが判明した場合、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」により予想以上のトラブルにまで発展してしまう可能性あります。

 

修理してから車を売った方がお得?

事故車をすぐに売却するのであれば、修理することは避けてください。

 

もちろん、修復していない車よりも修復した車の方が査定額は上がります。しかし、修復した分の料金が査定額以上になることはほとんどなく、結果的に売主が損することになります。

 

市販の研磨剤などでキレイにできる傷や汚れであれば修復することをおすすめしますが、板金修理に出さないと修復が不可能な損傷の場合はそのまま査定依頼に出しましょう。

 

車の修復歴を調べる方法

車に修復歴に該当するものがあるのかを自分で判断するのは難しいため、インターネットで確認をしましょう。「修複歴」と検索すれば、数多くの情報を得ることができます。 

そして、購入時は車両の状態をしっかり開示しているお店を選びましょう。疑問に感じることがあれば、すぐに担当者に問い合わせをしてみてください。お金をかけたくない人は、ディーラーや買取業者の人に聞くのがベストです。

 

とはいえ、修復歴なのかを自分で判断するのは簡単ではありません。自分に判断できない場合は、「日本自動車査定協会」に判定をお願いするのがおすすめです。判定は有料ですが、確実に修復歴の有無を確認できます。

 

ローンが残っている場合も買取できる?

ローンが残っている事故車でも買取は可能ですが、ケースによって違ってきます。買取の可否は、所有権の状態によって判断されます。

 

例えば、ローンの残額が100万円で買取金額が120万円だった場合は、ローン残高を返済でき所有権の解除が可能となります。一方、ローン残高が100万円で買取金額が90万円だとローン残高に達していません。この場合は、全額返済(所有権解除)できれば売却可能となります。

 

還付金をきちんと計算する

車を買い取ってもらう際、還付金の扱いについて確認することが大切です。車を手放すとき、税金などが還付される場合があります。還付金があるかどうか、確認の必要があるのは以下の3つです。

・自動車税

・自動車重量税

・自賠責保険

 

自動車税は廃車になったときのみ、残っている期間、月割りで還付があります。自動車重量税は、永久抹消登録された場合、月割りでの還付です。自賠責保険は、廃車処分になったとき、月割りで還付されます。正しく還付されるかどうか確かめるようにしましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

事故車の買取は出張査定がおすすめ

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

買取をしてもらうためには、査定をする必要があります。そして、査定方法には、一括査定と出張査定があります。

 

一括査定とは、インターネットなどで情報を入力し、一括で複数の買取業者に対して査定を依頼する方法です。1度の入力で複数の買取業者に査定をしてもらえるのがメリットですが、買取交渉の電話やメールがそれぞれの業者から殺到してしまうというデメリットがあります。交渉が得意でない人は、一括査定は避けた方が良いでしょう。

 

もう一つの査定方法は、出張査定です。出張査定は、好きな時間や場所を指定して業者に査定を依頼する方法です。直接車を見てくれるので、厳密な査定額を出してくれる特徴があります。

 

最終的に直接見て査定額を決めるのであれば、初めから出張査定を利用した方が効率は良いためおすすめでしょう。

事故車の乗り換えはネクステージで検討しよう!

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

ネクステージのお店は、札幌、仙台、東京、千葉、名古屋など全国各地に存在します。主な取り扱い店舗がある地方は東海・関東・関西・九州・沖縄・甲信越・北陸・東北・北海道です。

 

事故車になってしまった場合は状況によってパーツ売りや廃車になってしまうケースもあり、乗り換えのコストを抑えたいと思うケースもあるかと思います。

 

ネクステージでは事故車の買取を行っていないため、購入する時は安心して車選びが行えます。事故車を手放した後の乗り換えでお手頃価格の中古車をお探しの際は、ぜひネクステージをご活用ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

よくある質問

 

Q.事故車を買い取る業者はどこで利益を出しているの?

A.事故を起こした車であっても、骨格部分に大きな問題がなければ、修理して再販可能なケースもあるでしょう。再販が難しいほど著しく状態が悪いときは、解体してパーツ単位で販売したり、鉄くず・スクラップとして売ったりします。国内だけでなく、海外も含めた豊富な販売ルートを有している業者であれば、こうした方法で利益を出すことも可能です。

 

Q.前オーナーによる修復歴を知らずに売却した場合はどうなる?

A.車の前オーナーによる事故歴や修復歴を知らずに売却した場合でも、プロの査定士であれば、査定時にその痕跡を見つけてくれるでしょう。査定額は下がってしまうかもしれませんが、未申告であったことに対して責任を負う必要は基本的にないので、心配する必要はありません。

 

一方、修復歴を伝えずに、その車を販売した販売店に対しては、契約の解除や損害賠償を請求できる可能性はあります。ただし、購入から時間が経っている場合は、購入額を全額補償してもらえないこともあるので注意しましょう。

 

Q.他社で0円査定だった車でも、買取額がつくことはある?

A.一口に車買取店といっても、顧客層や得意とする車種、販売ルートなどはそれぞれ異なります。ある業者で事故車という理由で0円査定となった、あるいは逆に廃車代金を請求されたような場合でも、改めてほかの業者に依頼した結果、値がつくケースもあるでしょう。事故車・修復歴車であっても諦めずに、実績にある買取業者に依頼することをおすすめします。

 

Q.事故車を買い取ってもらう場合は業者に何を伝えればよい?

A.修復歴の定義が明確にあるとはいっても、事故車を売るときにどこまで伝えればよいのか自分では判断できないこともあるでしょう。基本的には、事故や修理の履歴など、知りうる限りの情報は事前にすべて業者に伝えることが重要です。定期点検整備記録簿やメンテナンスノートがあれば提出しましょう。また、聞かれたことには正直に答えるのが基本です。

 

Q.売却後に「修復歴が見つかった」と減額請求されたらどうすればよい?

A.売却後に「修復歴が見つかった」といって再査定を求められるケースもあるようです。自身が事故や修復歴などについて、知りうる情報をすべて正直に伝えていた場合は、まずは詳細を確認して改めて業者と相談しましょう。「悪徳業者かも……」と思ったら、消費者センターなどに相談することも検討します。

 

事故車の売却でトラブルに見舞われないためには、豊富の実績のある、信頼できる買取業者に依頼することが重要です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

まとめ

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

事故を起こした車を手放すとき、まずは複数の買取業者の見積もりを取ると良いでしょう。事故車であることを正直に申告した上で、修理を終えていることや、走行に問題がないことをしっかりと伝えることが重要です。

 

ネクステージでは品質にこだわった車をお手頃価格でご提供できるよう日々努力しております。乗り換えの際にコストを抑えたいと思う場合は、ぜひ一度ネクステージの公式サイトから販売中の車両をご閲覧ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

事故車を高く買取してもらうコツは?査定額の相場や注意点も紹介

無料の査定を申し込む
ページトップへ