修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

中古車の中には修復歴のある車が販売されています。修復歴あり、と見ただけで「買わないほうがよいのではないか」「どの程度修復されたのか分からない」と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、修復歴のある中古車の購入を検討している方に向けて、修復歴車を購入するリスクや修復場所の見極め方を解説します。最後まで読んでいただければ、候補となる中古車が絞られるでしょう。

 

※目次※

1.修復歴がある車とはどういう状態?

2.修復歴車と事故車の違い

3.修復歴ありの中古車に乗るリスク

4.修復歴ありの中古車を選ぶメリット

5.修復歴ありの中古車を買うのはあり?

6.修復歴がある中古車の見分け方

7.修復歴ありの中古車には死亡事故車はある?

8.修復歴ありの中古車を避ける方法

9.車売却時に修復歴を隠してもバレる?

10.修復歴のある車を売却する際の注意点

11.修復歴車にはリスクがつきもの!中古車購入はネクステージへ

12.まとめ

 

■POINT

・修復歴のある中古車は、事故などで損傷した骨格部分を修復や交換をした車のこと。

・修復歴車は修復歴なしの車よりも安価で購入できる反面、大きなリスクを抱えているため注意しよう。

・修復歴のない車を探すなら高品質な中古車を取りそろえるネクステージへお任せ。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴がある車とはどういう状態?

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

「修復歴車」と「事故車」、同じような印象がありますが、2つの意味は異なります。中古車を探していると「修復歴あり」など表示されていることがありますが、それにはどのような意味があるのでしょうか。ここでは、「修復歴車」と「事故車」それぞれどのような状態なのかを解説し、その違いを紹介しましょう。

 

修復歴車とは

修復歴車とは「骨格に損傷がある車」のことです。具体的には、以下のような部位を修復・交換した車を「修復歴車」と日本自動車査定協会では定義づけしています。

 

(1) フレーム

(2) フロントクロスメンバー

(3) フロントインサイドパネル

(4) ピラー

(5) ダッシュパネル

(6) ルーフパネル

(7) ルームフロアパネル

(8) トランクフロアパネル

(9) ラジエターコアサポート

 

(1)~(8)は骨格に損傷がある、または修復されているものが該当します(ねじ止め部分を除く)。(9)については、交換されていて、隣接部分にへこみや曲がりがあるものが修復歴車の扱いです。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴車と事故車の違い

事故車とは、その名の通り「事故で損傷した車」ですが、修復歴車と異なる点は「車の骨格には損傷がない」ことです。事故を起こしている車全般が「事故車」に該当します。その中で、骨格部分を修復や交換している車が「修復歴車」ということです。

 

例えば「ドアをぶつけてへこませて交換した」「バンパーを当てられて交換した」などは「修復歴車」には該当しません。車の骨格部分は乗車している人を守るための重要なパーツなので、修復歴車と事故車の違いをしっかりと理解しておきましょう。

修復歴ありの中古車に乗るリスク

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

事故を起こした車も、損傷部位の修復や交換ができますが、中古車として乗るにはリスクがあります。このリスクを知らずに中古車を購入し、安全面や走行面で問題が生じるケースも少なくありません。中古車選びを後悔しないためにも、参考にしてください。

 

安全性能が低下している可能性がある

車のフレームは、乗員を守る骨格の役目を果たしています。万が一の事故の際には、外部からの衝撃をフレーム全体に分散させる構造です。事故による衝撃は、フレーム全体に伝わり、強度を低下させます。強度低下を起こす理由は、フレームの素材である金属が変形するためです。

 

無事故車と比べて事故を起こした修復歴車は、フレーム衝撃吸収能力が低下していると考えられます。

 

走行性能に支障がでる可能性がある

車の骨格であるフレームが変形を起こしていた場合、ハンドルが揺れたり、左右どちらかに偏ったりしてしまうことがあります。車の挙動が乱れ、真っすぐに走行ができないため、事故につながりかねません。

 

実際に走ってみなければ分からないことでもあるため、修復歴車の購入を考えている方はこのような可能性があることにも注意しましょう。

 

売却時の査定額が安くなる可能性がある

修復歴車は、修復歴のない車と比べてお得に購入できるメリットがあります。しかし、お得な金額で購入できる分、売却する際の評価も高くありません。

 

中古車を購入後、将来的に買い替えを考える方もいるでしょう。修復歴車の査定を依頼しても、買取ってもらえないケースもあります。修復歴車のリスクは、買取業者もよく理解しているため、売却まで考えている方は注意しましょう。

 

中には大きな事故で修復歴のついた中古車もある

修復歴があることが分かったとしても、事故の大小までは把握できません。事故の大小にかかわらず、修復部位によって修復歴が判断されます。

 

大破してフレームがゆがんでしまった場合も、フロントクロスメンバーのみを修理した場合も同じ「修復歴車」です。修復歴車の中には、大きな事故を起こした車も含まれていることを忘れないようにしましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴ありの中古車を選ぶメリット

修復歴ありの車を購入するメリットは、修復歴がない車と比較して価格が安い傾向にあることです。修復歴ありの車は大丈夫なのかと不安を感じる人は多く、修復歴ありの中古車の購入を見送る人も少なくありません。

 

そのため、修復歴がある中古車は不人気になり売れづらくなるため、販売業者は売れるように価格を安くせざるを得ません。車にもよりますが、同車種でも、かなりお得な価格で手に入れられる可能性があります。

修復歴ありの中古車を買うのはあり?

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

中古車を探していると気になるのが「修復歴あり」の車です。お気に入りの中古車を見つけても「修復歴あり」になっていると見送る場合も多いのではないでしょうか。ただし、修復歴があっても良しとする基準を決めておけば、中古車選びに幅を持たせることも可能です。ここでは、修復歴ありの中古車を「あり」と判断する際の参考材料を紹介します。

 

事故の程度によってはあり 

修復歴ありの中古車でも相場よりも安く、よほど大きな事故でなければ「あり」かもしれません。昨今では自動車の修正技術が高く、おおむね元の性能を取り戻せます。修復内容の詳細が明確で、直進性などに異常が見られず正常に走行できる状態の中古車であれば問題ありません。

 

ただし、満足な修理をせずに販売している悪質な業者もいます。値段だけで判断せずに、信頼できる販売業者なのかの見極めも重要です。

 

修理内容に納得するならあり

中古車といっても安い買い物ではありません。買ってから後悔することだけは避けたいところです。修復歴ありの車は、大前提としてきちんと修正されているかをしっかりと確認し、納得できれば「あり」といえるでしょう。

 

例えば、実車をリフトアップしてもらい、自分の目で確認することもひとつです。しかし、素人目では判断が難しいため販売業者に具体的な説明をしてもらい、その内容に納得できるなら「あり」と判断しましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴がある中古車の見分け方

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

前述したように、修復歴のある中古車はリスクが多く、購入を避けたいと思う方もいるのではないでしょうか。事故歴や修復歴のある中古車を見分けるポイントがあります。自分の目で中古車を見極めたい方は、ここから紹介する9つのポイントを押さえておきましょう。

 

パーツの隙間が均一かどうか

各パーツ間の隙間をチェックしましょう。例えば、フロント側はボンネットとフェンダーの間、リア側はトランクとテールランプ間の隙間です。

 

修復歴がある場合、これらの隙間を観察すると左右で差があったり、一部が広がったりしていることがあります。

 

あらゆるパーツ間の隙間を見て、均一か、違和感がないかをチェックしましょう。

 

ボディの色に違いがないか

ドアやトランク、フェンダーなどが、ボディーと同色かチェックしましょう。塗装が必要な修復を行っている場合、ボディーカラーと違いが生じていることがあります。

 

その理由のひとつは、ボディーカラーの色あせです。車の塗装は、製造から時間の経過とともに色あせていきます。色あせてしまったボディーカラーに合わせて塗料を調合するのは非常に困難です。そのことから、再塗装した部分との差が生じやすい傾向にあります。

 

また、片側のドアのみを塗装し直している場合もあるため、左右のドア同士でもチェックを行うとより安心です。

 

各接合部のボルトに違いがないか

車はあらゆるパーツがボルトで接合されています。例えば、ボンネットやトランク、ドアです。

 

事故を起こした車は、修復作業のためにボンネットやトランク、ドアを外すことがあります。その際、接合のために使われているボルト類も外さなくてはなりません。

 

そのため各接合部に使われているボルトを観察し、塗装の剝がれや色違いがある場合には、事故車や修復歴車である可能性が高いと判断できます。

 

ホイールに傷がないか

足回りのチェックも欠かせません。ホイールやタイヤに傷がないかチェックしましょう。万が一傷が付いていた場合は、事故を起こしている可能性があります。

 

小さな擦り傷ではなく、大きな傷が付いている場合には、事故の衝撃でホイールにゆがみが発生しているかもしれません。ホイールにゆがみが発生している場合、真っすぐ走行することが困難なケースもあります。ホイールに傷がある場合には注意しましょう。

 

トランク内が錆びていないか

外観のチェックが終わったら、室内をチェックしましょう。室内で注目したい場所は、トランクルームです。

 

過去に水没したことがある車の場合、トランクルームに「さび」が発生しているケースがあります。バックドアを開けたら、トランクルームのシートを外してチェックしましょう。

 

トランクルームのフロア下には、スペアタイヤやジャッキなどの工具が積まれている車もあります。その場合、車載工具に隠れた「さび」もチェックできると安心です。

 

タイヤ前後の隙間に差がないか

タイヤとホイールハウスの、前後のクリアランスに異常がないことをチェックしましょう。上下の隙間のズレはバネの劣化によって変わることがあります。

 

しかし、前後のクリアランスは劣化によって狂うことはありません。何らかの異常がありズレたものと考えられます。前後のクリアランスがズレている場合は、走行に悪影響を与えるので注意しましょう。

 

試乗してまっすぐ走れるか

車を選ぶときは試乗して、真っすぐ走行できるかをしっかりと確認しましょう。走行中にステアリングが左右に取られるなどする車には注意が必要です。業者の中には、フロントサスペンションの取り付け部分のフレームを修復しなかったり、フロアのゆがみをそのままにしたりし、ステアリングのタイロッド調整だけでごまかしているケースもあります。

 

査定表を確認する

修復歴は、中古車を見る以外にも書類で判断する方法もあります。分かりやすい書類として挙げられるのは、中古車の査定表です。

 

査定表には、車の外観や室内などの腐食や傷の状態が記録されています。中古車を査定できる資格者が作成する書類です。

 

修復歴がある場合には「R」の文字が査定表内に記載されています。中古車を現地で見る際には、査定表のチェックも行うと安心です。査定表の提示を拒む中古車販売店もあるかもしれません。その場合には、査定表を提示してくれる信頼のおける販売店を探すと、購入後のトラブルも防げます。

 

記録簿を確認する

記録簿のチェックも忘れずに行いましょう。車には、点検整備記録簿(分解整備記録簿)があります。

 

点検整備記録簿(分解整備記録簿)とは、12か月点検や24か月点検(車検)時に必ず作成される書類です。この記録簿には、修理や交換の内容が記載されます。

 

点検に関係のない修理が行われていた場合、過去に事故を起こしている可能性もあるため、中古車を見る際には記録簿も確認しましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴ありの中古車には死亡事故車はある?

修復歴ありの中古車の中には、死亡事故を起こした車も含まれていることがあります。しかし、中古車を見ただけでは死亡事故の有無を判断できません。

 

前述したように、修復歴の有無はフレームなど骨格に関わる部位の修復や交換を行っているかを判断するものです。「修復歴がある=死亡事故車」と断定はできません。

 

死亡事故車は避けたいと思う方もいるでしょう。そのような場合は、修復歴のある中古車は避けることをおすすめします。

修復歴ありの中古車を避ける方法

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

修復歴のある中古車は、メリット以上の大きなリスクやデメリットを抱えています。そのため「修復歴のある中古車を購入するのは避けたい」と考えた方もいるのではないでしょうか。ここからは、事故歴や修復歴のない車を購入する方法を解説します。

 

中古車購入後、安心してカーライフを過ごすための参考にしてください。

 

修復歴を公開している販売店で購入する

修復歴の有無を公開している販売店で中古車を探しましょう。修復歴の有無を公開していない販売店の場合、修復歴や事故歴の実態を隠している可能性もあります。

 

修復歴の有無が確認できる販売店を見つけたら「修復歴のない車を探している」といった旨を伝えましょう。あらかじめ中古車販売店のスタッフに伝えておくと、スムーズな中古車探しができます。

 

修復歴車を販売していない店舗で購入する

修復歴を公開している販売店よりも、さらに安心して購入できる方法があります。それは、修復歴車を販売していない店舗です。「修復歴車がない」といった前提で中古車を探せるため、不安を抱える必要もありません。

 

インターネットで中古車を探す際にも、修復歴について明確に記載されている販売店でチェックしましょう。

 

ネクステージで取り扱っている中古車は、全て事故歴や修復歴がありません。車に詳しくない方や、車選びに自信のない方でも安心して選んでいただけます。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車売却時に修復歴を隠してもバレる?

修復歴ありの車を売るときに気になるのは、事故歴に告知義務があるのか、ということではないでしょうか。前述したように、修復歴がある車は安く買えるメリットはありますが、高く売却できないデメリットがあります。

 

そのため、できることなら事故歴などは伏せておきたいと考える人もいるかもしれません。車を売るときの売買契約には「契約不適合責任」という、以前は瑕疵(かし)担保責任と呼ばれていた売主に対する責任の規定があります。

 

これは、事故車であることを隠して売却した場合、売主側が責任を取らなければならないという民法の制度です。事故車と告知せずに売却した場合、減額請求やキャンセル、損害賠償請求に発展する可能性もあるため注意しましょう。

修復歴のある車を売却する際の注意点

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

車は事故歴や修復歴があっても売却可能です。しかし、査定額を大きく下げられてしまうケースも少なくありません。査定額を少しでも高くするためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。ここでは、事故歴や修復歴がある車を買取に出すときの注意点を紹介します。

 

査定に影響する点を確認する

事故歴があるからといって、全てが修復歴ありになるわけではありません。修復歴ありとは「車の骨格を修復もしくは交換した車」と定義づけされています。骨格部分を修理・交換していなければ、事故車であっても「修復歴あり」として扱われることはありません。

 

ただし、骨格部分が修復されていない修復歴なしの車でも、肝心な査定に影響する点はしっかりと確認しておきましょう。例えば、車に大きなキズやへこみがある場合は減額されることもあります。何が査定額に影響するのかを事前に把握しておくことが大切です。

 

売却のための修理はNG

例えば、不具合があり査定額が10万円以上ダウンするからといって、そのためにわざわざ費用をかけて修理するのは損をしてしまう可能性があります。

 

査定に影響するキズやへこみなどを修復しておけば、査定のダウン提示は免れることもあるでしょう。しかし、修復にかけた費用以上の査定額が提示されるとは限りません。

 

修理した車に乗り続けるのであれば、修理する意味はあります。そうではなく、査定に出す予定がある場合は費用をかけず査定に出したほうが無難といえるでしょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴車にはリスクがつきもの!中古車購入はネクステージへ

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

修復歴ありの車について、チェックポイントを知っていても簡単に判断できないこともあるでしょう。修復歴ありを選ぶ理由が値段の安さなら、適正価格で中古車を販売するネクステージで解決できるかもしれません。

 

ここでは、ネクステージではなぜ適正価格で安く車を購入できるのか、そのポイントを紹介します。

 

低品質の車は販売しません!

ネクステージで販売している中古車には、修復歴車や水没車は含まれていません。その理由は、購入後のトラブルを防ぐためです。お客様にも、せっかく購入しても不満が多い車だったと思ってほしくはありません。

 

中古車の仕入れを行う際には、第三者機関による鑑定や有資格スタッフによるチェックを行います。粗悪な中古車は徹底的に排除しているため、安心してお選びください。

 

価格以上の優良車を購入できる

ネクステージでは、価格以上に良質な車を購入できます。ネクステージは毎日他社の価格を徹底調査することで、市場価格を把握しているのが強みです。適正価格を把握したうえで価格を設定できるため、良質な車をどこにも負けないプライスで提供ができます。そのため、ネクステージは、365日いつでもお買い得に購入が可能です。

 

安心のカーライフが送れる保証サービス

ネクステージでは、お客様に安心・安全なカーライフをお過ごしいただけるよう、各種保証・メンテナンスサービスが充実しています。

 

例えば、保証サービスが充実していない販売店で保証ありの車を購入したとしましょう。いくら車を安く手に入れられても、故障の度に費用がかかっていては意味がありません。ネクステージでは無料保証はもちろん、お客様の環境に合ったさまざまな保証を用意しています。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

まとめ

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

修復歴ありの車を買うことには安いというメリットがありますが、リスクやデメリットのほうが多いと理解しておきましょう。中古車に修復歴があるかどうか、見分け方もありますが、慣れていなければ見落としてしまう可能性もあります。

 

中古車の購入後も安心して運転をしたい方は、修復歴車を取り扱わないネクステージがおすすめです。車に付いている小さな傷ひとつも、契約前・納車時に隠さず説明します。修復歴がなくとも、お得な車を提供するネクステージへ気軽にご相談ください。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

修復歴ありの中古車はリスクがある?修復歴車の見分け方と避ける方法

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ