修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

修復歴ありの中古車は買うべきではない、と考えるのが一般的です。最近では、中古車であっても高額査定をしてくれることも少なくありません。高額査定されているということは「修復歴ありの車を買っても大丈夫」といえるのでしょうか。

 

反対に車を売る際も修復歴がある車は大幅に減額されると思っている人も多いでしょう。修復歴がバレなければ大丈夫と思って人もいるかもしれません。

 

本記事では、修復歴ありの中古車を買うのは「あり」か「なし」なのかを解説し、修復歴ありの車を買うメリットやリスクなどを紹介します。また修復歴や事故歴がある車を売るときの注意点なども解説するので参考にしてください。

 

※目次※

1.修復歴車と事故車の違いって?

2.【修復歴ありの車を買ってみた】あり?なし?

3.【修復歴ありの車を買ってみた】メリットとリスクって?

4.【修復歴ありの車を買ってみた】購入前にチェックしたいポイント

5.【修復歴車を売ってみた】事故歴に告知義務はある?

6.【修復歴の車を売ってみた】買取の際の注意点って?

7.修復歴車にはリスクがつきもの!中古車購入はネクステージへ

8.まとめ

 

■POINT
 

・「修復歴あり=事故車」ではなく、事故などによって骨格に損傷が発生し骨格部分を修復や交換している車のこと

・修復歴ありの中古車は安く買える可能性はあるが買取の査定では安くなるケースが多い

・修復歴ありを選ぶ理由が安いことなら価格以上に良質な車を購入できるネクステージへ

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

修復歴車と事故車の違いって?

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

「修復歴車」と「事故車」、同じような印象がありますが、2つの意味は異なります。中古車を探していると「修復歴あり」など表示されていることがありますが、それにはどのような意味があるのでしょうか。ここでは、「修復歴車」と「事故車」それぞれどのような状態なのかを解説し、その違いを紹介しましょう。

 

修復歴車とは

修復歴車とは「骨格に損傷がある車」のことです。具体的には、以下のような部位を修復・交換した車を「修復歴車」と日本自動車査定協会では定義づけしています。

 

1.フレーム

2.フロントクロスメンバー

3.フロントインサイドパネル

4.ピラー

5.ダッシュパネル

6.ルーフパネル

7.ルームフロアパネル

8.トランクフロアパネル

9.ラジエターコアサポート

 

1~8は骨格に損傷がある、または修復されているものが該当します(ねじ止め部分を除く)。9については、交換されていて、隣接部分にへこみや曲がりがあるものが修復歴車として扱われます。

 

事故車とは

事故車とは、その名の通り「事故で損傷した車」ですが、修復歴車と異なる点は「車の骨格には損傷がない」ことです。事故を起こしている車全般が「事故車」に該当します。その中で、骨格部分を修復や交換している車が「修復歴車」ということです。

 

例えば「ドアをぶつけて凹ませて交換した」「バンパーを当てられて交換した」などは「修復歴車」には該当しません。車の骨格部分は乗車している人を守るための重要なパーツなので、修復歴車と事故車の違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

【修復歴ありの車を買ってみた】あり?なし?

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

中古車を探していると気になるのが「修復歴あり」の車です。お気に入りの中古車を見つけても「修復歴あり」になっていると見送る場合も多いでしょう。ただ、修復歴があっても「あり」と判断する基準を決めておけば中古車選びに幅を持たせることもできます。ここでは、修復歴ありの中古車を「あり」と判断する際の参考材料を紹介しましょう。

 

事故の程度によってはあり 

修復歴ありの中古車でも相場よりも安く、よほど大きな事故でなければ「あり」かもしれません。昨今では自動車の修正技術が高く、おおむね元の性能を取り戻すことができます。修理内容の詳細が明確で、直進性などに異常が見られず正常に走行できる状態の中古車なら問題ありません。

 

ただ、悪質な業者によっては修理がいい加減な状態で販売している中古車もあります。値段だけで判断せずに、信頼できる販売業者なのかの見極めも重要です。

 

修理内容に納得するならあり

中古車といっても安い買い物ではありません。買ってから後悔することだけは避けたいところです。修復歴ありの車は、大前提としてきちんと修正されているかをしっかりと確認し、納得できれば「あり」といえるでしょう。

 

例えば、実車をリフトアップしてもらい自分の目で確認することもおすすめします、しかし、素人目では判断できないのが現実です。販売業者に具体的な説明してもらい、その内容に納得できるなら「あり」と判断しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

【修復歴ありの車を買ってみた】メリットとリスクって?

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

修復歴ありの車でも事故や修理内容によっては「あり」と紹介しましたが、いざ購入となると不安を感じるものです。修復歴ありの車の購入にはメリットもありますが、当然リスクとなることもあります。ここでは、修復歴ありの中古車を購入するメリットとリスクそれぞれを紹介しましょう。

 

修復歴ありの車を購入するメリット

修復歴ありの車を購入するメリットは、修復歴がない車と比較すると価格が安い傾向があることです。修復歴ありの車は大丈夫なのかと不安を感じる人は多く、修復歴ありの中古車の購入を見送る人も少なくありません。

 

そのため、修復歴がある中古車は不人気になり売れづらくなるため、販売業者は売れるように価格を安くするのです。価格は車によりますが、同車種でも、かなりお得な価格で手に入れられる可能性があります。

 

修復歴ありの車を購入するリスク

安い価格で手に入れられるメリットはありますが、修復歴ありの車はリスクが多いことを理解しましょう。修復歴ありの車は見た目や走行は問題なく修正されていても、完全に修復されているとは限りません。買ったタイミングでは大丈夫でも、修復部分が影響して走行に不具合が出る可能性もあります。

 

そのため「いつ故障するのかわからない」と、不安を感じながら運転するという心情的な影響を受けるリスクもあるのです。また、購入時は安く済みますが売るときは高く売れません。新しい車を買う際には、下取りや買取でも修復歴ありの車として査定されるのでデメリットといえるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

【修復歴ありの車を買ってみた】購入前にチェックしたいポイント

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

修復歴ありの車を購入するなら、どのような項目を確認すべきなのでしょうか。確認するポイントを抑えておけば、修復歴ありの車を安心してお得に購入できる可能性があります。修復歴ありの車を選ぶ際の以下6つチェックポイントは以下の通りです。

 

・タイヤのクリアランス

・まっすぐ走行できるか

・電動系装備を確認

・定期点検記録を確認

・内容のヤレや実用系装備を確認

・販売店の口コミを確認

 

それぞれについて簡単に紹介します。

 

タイヤのクリアランス

タイヤとホイールハウスの前後のクリアランスに異常がないことをチェックしましょう。上下の隙間のズレはバネの劣化によって変わることはあります。しかし、前後のクリアランスは劣化によって狂うことはありません。何らかの異常がありズレたものと考えられます。前後のクリアランスがズレている場合は、走行に悪影響を与えるので注意しましょう。

 

まっすぐ走行できるか

車を選ぶときは試乗して、まっすぐ走行できるかをしっかりと確認しましょう。走行中にステアリングが左右にとられるなどする車には注意が必要です。業者の中にはフロントサスペンションの取り付け部分のフレームを修復しなかったり、フロアの歪みをそのままにしたりし、ステアリングのタイロッド調整だけでごまかしているケースもあります。

 

電動系装備を確認

電動系の装備もしっかりと確認しましょう。例えば、サンルーフやスライドドアなど、開閉操作や動きが正しくスムーズに行われることを確認します。

 

定期点検記録を確認

点検記録の確認も忘れずに行いましょう。点検記録簿では、今までどのような点検やメンテナンスが行われたのか確認することができます。記録簿を確認し、定期的に点検整備を受けてきた車は安心できる車だと判断できるでしょう。

 

内容のヤレや実用系装備

実用系の装備の確認も重要です。実際に車内を確認しシートやハンドル、ドアパネルなどのヤレ具合を見てみましょう。シートアレンジをはじめとした実用系装備の状態も要チェックです。

 

販売店の口コミを確認

購入を検討している販売店の口コミ評判や体験談といった、利用者の声も参考になります。

 

中古車を買う側が購入前にチェックしたいポイントをすべて確認できればいいのですが、車についてあまり詳しくない人は販売業者の説明を参考にするしかありません。

 

しかし、中には悪徳な業者もいる可能性があります。修復歴ありの車を「なし」としたり、完全に修復したと偽ったりなど、車の素人である利用者を騙して購入させることもあるかもしれません。

 

購入した中古車に何か問題が起きていれば、利用者からの悪い情報がネットに出ているものです。また、修復歴についての詳細が載せられている、大手の中古車情報サイトも参考になります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

【修復歴車を売ってみた】事故歴に告知義務はある?

修復歴ありの車を売るときに気になるのは、事故歴に告知義務があるのか、ということではないでしょうか。前述したように、修復歴がある車は安く買えるメリットはありますが、高くうることができないデメリットがあります。

 

そのため、できれば事故歴などは伏せておきたいと考えるものです。車を売るときの売買契約には「瑕疵担保責任」があります。これは、事故車であることを隠して売却すれば、売主側が責任を取る必要があると法律上で定められていることです。事故車と告知せずに売却した場合、減額請求やキャンセル、損害賠償請求の可能性があるので注意しましょう。

【修復歴の車を売ってみた】買取の際の注意点って?

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

車は事故歴や修復歴があっても売却可能です。しかし、査定額を大きく下げられてしまうケースも少なくありません。査定額を少しでも高くするためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。ここでは、事故歴や修復歴がある車を買取に出すときの注意点を紹介します。

 

修復歴は必ず伝える

前述したように修復歴がある車を査定に出すときは、事故歴などを告知する義務があります。中古車の査定は緻密に行われるため、小さな修復歴でも隠し通せるものではありません。黙っていても後々にバレて「瑕疵担保責任」を問われてしまう可能性があります。

 

トラブルになるだけでなく、交渉が決裂になったり、最悪の場合は裁判沙汰になったりするケースもあるので、修復歴は隠さずに必ず伝えるようにしましょう。

 

査定に影響する点を確認する

事故歴があるからといって、すべてが修復歴ありになるわけではありません、修復歴ありとは「車の骨格を修復もしくは交換した車」と定義づけされています。骨格部分を修理・交換していなければ、事故車であっても「修復歴あり」として扱われないのです。

 

ただ、骨格部分が修復されていない修復歴なしの車でも、肝心な査定に影響する点はしっかりと確認しておきましょう。例えば、車に大きなキズやへこみがある場合は減額されることもあります。何が査定額に影響するのかを事前に把握しておくことは大切です。

 

売却のための修理はNG

例えば、不具合があり査定額が10万円以上ダウンするからといって、そのためにわざわざ費用をかけて修理するのは損をしてしまう可能性があります。

 

確かに査定に影響するキズやへこみなどを修復しておけば、査定のダウン提示は免れるかもしれません。しかし、修復にかけた費用以上の査定額が提示されるとは限らないのです。

 

修理した車に乗り続けるのであれば、修理する意味はあります。ただ、査定に出す予定があるなら、費用をかけず査定に出した方が損をすることはないでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

修復歴車にはリスクがつきもの!中古車購入はネクステージへ

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

修復歴ありの車について、チェックポイントを知っていても素人ではなかなか判断ができるものではありません。復歴ありを選ぶ理由が値段の安さなら、適正価格で中古車を販売するネクステージで解決できるかもしれません。

 

ここでは、ネクステージではどうして適正価格で安く車を購入できるのか、そのポイントを紹介します。

 

価格以上に良質な車が購入可能!

ネクステージでは、価格以上に良質な車を購入することができます。ネクステージは毎日他社の価格を徹底調査することで、市場価格を把握しているのが強みです。適正価格を把握した上で価格を設定できるため、良質な車をどこにも負けないプライスで提供できます。ネクステージには、365日いつでもお買い得にできる環境が整っているのです。

 

安心のカーライフが送れる保証サービス

ネクステージでは、お客様に安心・安全なカーライフをお過ごしいただけるよう、各種保証・メンテナンスサービスが充実しています。例えば保証サービスが充実していない販売店で保証ありの車を購入したとしましょう。いくら車を安く手に入れられても、故障のたびに費用がかかっていては意味がありません。ネクステージでは無料保証はもちろん、お客様の環境に合ったさまざまな保証を用意しています。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まとめ

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

修復歴ありの車を買うことには安いというメリットがありますが、リスクやデメリットのほうが多いと理解しておきましょう。例えば、走行に不具合が出る可能性、いつ故障するかわからないという不安、買取の査定が安くなる可能性などさまざまなです。

 

ただ、修復歴ありの車は安い傾向があるので、価格に惹かれる場合もあるでしょう。安さが理由なら、日々市場価格を把握し365日お得な価格で提供できるネクステージへ、ぜひご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

■愛車の価値を知りたい方、まずはご相談ください。ネクステージの「クルマ愛情買取」

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

 

修復歴ありの車を買ってみたらどうなる?購入判断のポイントやリスクを解説!

無料の査定を申し込む
ページトップへ