事故車は買取りをしてもらえるのか?査定額の相場も紹介します

クルマ売却ガイド

事故車は買取りをしてもらえるのか?査定額の相場も紹介します

この記事を読んでいる方のなかには、過去に事故を起こしてしまった、あるいは事故車の買取を検討している人がほとんどではないでしょうか。

事故車を買い取ってもらえるのか、不安に思っているかもしれません。そもそも、事故車だと買い取ってもらえないのではないかと考えている人もいるでしょう。

そこで本記事では、事故車の買取を検討している方のために、事故車の定義や買取りの注意点だけでなく、実際にどれくらいの査定額になるのか相場についてもご紹介していきます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

事故車の定義

「事故車」という言葉だけの意味は、「事故を起こした車」と考えて間違いないでしょう。

しかし、中古車業界では事故車の定義は違います。きちんと意味を知ることにより、事故車の買取をスムーズに進めていくことが可能です。

そこで、まずは事故車の定義についてご紹介します。

 

事故車とは?

事故車とは、以下の団体によって定義されています。

 

社団法人自動車公正取引委員会

財団法人日本自動車査定協会

日本中古車自動車販売商工組合連合会

 

これらの団体によって、「車の骨格を損傷させたことにより、損傷した箇所を過去に交換または修復した車」が事故車と定義されています。つまり、事故車とは修復歴のある車であり、事故を起こした車ではありません。

 

また事故車扱いとなる、車の骨格部分は以下の通りです。

1.フレーム

2.フロントクロスメンバー

3.フロントインサイドパネル

4.ピラー

5.ダッシュパネル

6.ルーフパネル

7.ルームフロアパネル

8.トランクフロアパネル

9.ラジエターコアサポート

 

1~8で損傷、または修復が確認できる部分に関しては事故車扱いとなります。ただし、ボルト部分は骨格対象外のため、交換しても事故車として扱われることはありません。

 

9のラジエターコアサポートに関しては、過去に交換されていて、隣接している骨格部分に修復したと確認させれるものが事故車として扱われます。

 

また、修復していても事故車扱いとならない場合があります。ただし、上記の部分に損傷やへこみが確認されれば事故車扱いとなり、修理が完了しているかどうかは関係ありません。

 

事故車(修復歴車)にならない場合

以下の部分は修復しても修復歴車とはなりません。

 

・フロントバンパー

・ロアスカート

・フロントフェンダー

・ボンネット

・リアフェンダー

・トランクリッド

・リアバンパー

・サイドシルパネル

・ドア

 

フレームからボルトで外せるものであれば、交換した形跡があっても修復歴車として扱われることはありません。ただし、ドアのジョイントにボルトを締め直した形跡が確認されれば、ドアの取り外しが行われているはずです。この場合は、慎重な査定が行われるでしょう。

 

また、予期せぬ事態で車が損傷またはへこむことがあります。この場合、理由が明確になっているのであれば事故車として扱われない可能性があります。

 

・横からぶつけられたためにドアのみを交換

・後ろから衝突されたためにリアバンパーのみを交換

・正面衝突したためにライトやバンパーのみを交換

・飛び石が原因でフロントガラスを交換

・屋根から落ちてきた雪の塊により表面が傷つく

 

たとえば、上記のような場合が例として挙げられます。ただし、損傷の度合いによっては事故車扱いされることもあるでしょう。

基本的な考え方としては、車の骨格部分が損傷しているかどうかで結果は違ってきます。不安なことや納得できない部分がある場合は、査定士に詳しい話を聞いてみてください。

 

事故車って買い取ってもらえるの?

事故を起こした車であっても、買い取ってもらうことはできます。

 

ほとんどの大手買取店で、事故車の買取を行っています。基本的に買い取られた事故車は、以下の3つのルートで販売されることになります。

 

・国内のオークションに出品

・部品に解体されて販売

・海外に輸出

 

この中でも近年メジャーとなってきているのが、海外への輸出ルートです。国内では走行距離10万km以上の多走行車は価値が大きく下がると言われていますが、海外では違います。

 

日本の車は性能も良く、海外では人気のある車種ばかりです。事故車のなかには問題なく走行できるものも少なくないため、高額査定できるひとつの要因となっています。

 

ただし、業者によっては買取不可のところもあることだけは覚えておきましょう。

 

ローンが完済していない事故車でも買取をしてもらえる?

ローンが残っている事故車でも買取は可能ですが、ケースによって違ってきます。そもそも、ローンが残っている車は、所有権が自分にない場合がほとんどです。そのため、勝手に車を手放すことができません。しかし、ローンを組んだ残額をすべて返済できれば、所有権の解除が可能です。

 

ローンが残っている状態の事故車で買取が可能なケースは、買取金額がローン残高を超えている場合です。例えば、ローンの残額が100万円で買取金額が120万円だった場合、ローン残高を返済でき所有権の解除が可能となります。一方、ローン残高が100万円で買取金額が90万円だとローン残高に達していないため買取不可となるのです。

 

そのため、事故車でも所有権さえ解除すれば買取は可能ですが、通常の買取金額よりも査定額は下がってしまうでしょう。買取を検討する場合、まずは車の所有者に相談してみましょう。

 

事故車の査定額の相場は?どれくらい影響するの?

事故車でも買取してくれることが分かったところで、次に気になるのは事故車の査定額ではないでしょうか。

まず、共通して認識しておきたいことは、一般的な中古車よりも評価は下がってしまうことです。また、損傷の程度にもよるものの、事故車の状況によっても査定額は変わってきます。

実際にどれくらい影響するのか、事故車の査定額の相場についてご紹介します。

 

過去に事故を起こしたが、すでに修復してある車

すでに修復がしてある事故車の場合、査定額は5~10万円下がると考えておくといいでしょう。

 

もちろん、修理の程度によっては10万円以上のダウンも十分に考えられますが、修理してから数ヶ月以上が経過している状態であれば、走行にも問題がないと判断されるでしょう。

 

また、査定を依頼するときは、具体的にどこを修復したのかを伝える義務があります。もし黙っていて修復歴が見つかった場合は査定額がさらに下がることもあるため注意してください。

 

事故を起こして修復していない車

事故を起こしてどこも修復していない車の場合、査定額は10万円以上ダウンします。

 

修復していなければ、走行に問題がないのかも分かりません。買取業者が部品に解体して販売すれば大丈夫ですが、海外に輸出する場合でも修復する必要があります。

 

基本的に修復費用込みを考えて査定額を算出するため、高額査定は期待しない方が良いでしょう。ただし、修復してからの査定依頼は損をすることの方が多いので、やめておいた方が良いでしょう。

 

キズや凹み、ステッカー痕がある車

ほとんど目立たない傷やへこみ、ステッカー跡であれば、1~3万円の査定額ダウンです。

 

車を運転していれば、どれだけ大切に扱ってきたとしても、小さな傷やへこみ、ステッカー跡は付いてしまいます。中古車であれば許容範囲内のため、査定額が大幅に下がることはありません。

 

ただし、これらの汚れは少なければ少ないほど査定額はアップします。市販で手に入る研磨剤などで修復できる程度の傷や汚れであれば、査定を依頼する前に修復しておきましょう。

 

修復歴のある車はバレる?

ベテラン査定士であれば修復歴の見落としは2%以下と言われています。

 

この数字からも分かるように、中古車の査定は厳密に行われます。チェック項目は決められていますが、修復歴を見落とす可能性は低いと考えた方が良いでしょう。

 

また、修復歴がある車を査定に出すユーザーは、事前に事故車であることを告知する義務が課せられています。これを意図的に無視すると、減額対象になることもあるため注意してください。

 

修復歴の虚偽申告は許されることではなく、査定士も修復歴を見逃すことはありません。

 

修復歴のある車はどうやって判断するの?

車に修復歴があるのかを自分で判断するのは難しいため、ホームページで確認をしましょう。ホームページ上で、「修複歴」と検索すれば、数多くの情報を得ることができます。情報の中には、点検記録簿の確認や取り付けねじ・ボディーの状態などで修復歴を判断することが可能です。

 

また、ホームページの情報から事故車の定義や特徴を覚えておくと良いでしょう。例えば、ドアやフロントガラスなどの外部パーツの交換や修理は修復歴には含まれないなどです。修復歴の有無を理解するだけでも、判断しやすくなるでしょう。

 

とはいえ、修復歴なのかを自分で判断するのは簡単ではありません。自分に判断できない場合は、「日本自動車査定協会」に判定をお願いするのがおすすめです。判定は有料ですが、確実に修復歴の有無を確認できます。お金をかけたくない人は、ディーラーや買取業者の人に聞くのがベストです。

 

事故車(修復歴車)になった場合の保険について

自動車の保険は、業者でも難しいといわれるほど複雑です。そのため、自動車保険の補償について理解しておかなければなりません。保険を理解できれば、修理代を別のことに生かすことも可能になります。非常に重要なのでしっかりと見ていきましょう。

 

修理しなくても保険は降りることがある

何らかの事故にあって自動車保険が適用された場合でも、修理代金は必ずしも修理代にしなくて良いのです。例えば、事故に合って車の保険金が降りた場合、その保険金で新しい車を購入しても問題はありません。

 

そもそも自動車保険は、修理代ではなく事故に対する損害を補償するものです。ただ、認定される基準が修理代なので、間違った知識を持っている人もいます。中には、修理をしないと保険金は支払えないという業者もいますが、保険金を受け取るのは権利にあたり、決めるのは契約者です。

 

損害額は保険会社と修理工場による修理協定で決定します。また、決定した保険金の振込先は担当した修理工場となります。そのため、保険金を別のメーカーや買取業者で購入などに使いたい人は振込先を自分の口座に変更しましょう。

 

保険会社の規約をしっかりと読んでおこう!

保険金の上限や種類はさまざまで、保険会社の規約や契約内容によって大きく変わってきます。例えば、保険金を買換えに利用したい場合、車両保険から支払われる金額に諸費用分は含まれていません。そのため、諸費用は自分で支払うことになります。しかし、自動車保険には、買取時諸費用特約があり、加入していれば諸費用も補償してくれるのです。

 

一方、相手の対物保険ならば、特約なしで諸費用を支払ってもらえます。しかし、諸費用が含まれた見積書が必要です。このように、保険会社の規約によって補償の範囲は複雑でわかりにくい特徴があります。そのため、しっかりと保険会社の規約を読んで内容を理解しておくことが大切です。

 

保険金の受け取り方

保険金は、連絡をすれば振込口座を指定できます。しかし、過失の割合で受け取り方が違うので理解しておきましょう。まず、全く自分に過失がない10:0の場合は、相手側の保険が適応されます。例えば、駐車している車にぶつけられた場合など。このケースだと自分の保険会社は無関係で、相手の保険会社のみに連絡し、自分の口座に振り込めるようにします。

 

続いて、自分と相手の両方に過失があった場合は、自分の車両保険と相手の対物保険が適応さてます。つまり、2社の保険会社に連絡をしなければならないのです。例えば、事故の損害金が120万円で自分6:相手4の過失割合だったとします。この場合、自分の車両保険72万円の補償と相手の対物保険48万円の補償が受けられるのです。

 

自分と相手の2社の損保会社に連絡して、保険金を自分の口座に振り込んでもらいます。しかし、振り込む場合は修理に関わる消費税や経費などを差し引かれるので覚えておきましょう。

自分に落ち度がない事故でも査定額は下がるの?

相手に過失がある事故の場合でも査定額に影響するのでしょうか。

 

自分に落ち度がなくても、車が損傷してしまった事実に変わりありません。しかし、相手の過失による事故で査定額が下がってしまうのは納得することができないでしょう。

 

この場合、日本自動車査定協会が発行する「事故減価額証明書」を提出してください。これは、事故による損傷によってどれだけ評価額が下がったのか算出したものが記載された書類です。

 

また、申請時には、

 

・車(キーも)

・自動車検査証

・自賠責保険証

・整備手帳(保証書)

・取扱い説明書

・修理見積書の写し(コピー)

 

の6点を用意して、日本自動車査定協会に連絡しましょう。

 

事故車を買い取ってもらう際の注意点

修復歴がある車であっても、1円でも高く買い取ってもらいたいと考えている人も少なくないでしょう。

とは言っても、そのことばかり考えていると、思わぬところで落とし穴にはまってしまうかもしれません。ちょっとした知識を持っていることで、大きく損することを避けることができます。

最後に、事故車を買い取ってもらうにあたっての注意点をご紹介します。

 

修復歴を隠すと不利になることがある

修復歴の虚偽申請は、査定額に大きく影響するため、注意が必要です。

 

売却するときに修復歴があることを隠せたとしても、後で事故車であることが判明した場合、予想以上のトラブルにまで発展してしまう可能性が十分にあります。

 

なぜなら、売主には民法で定められている「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」があるからです。これは売買契約後に重大な欠陥が見つかった場合、売主が負うというものです。

 

そのため、減額対象となるだけでなく、裁判にかけられることもあります。

 

修理してから車を売った方がお得?

事故車をすぐに売却するのであれば、修理することは避けてください。

 

もちろん、修復していない車よりも修復した車の方が査定額は上がります。しかし、修復した分の料金が査定額以上になることはほとんどなく、結果的に売主が損することになります。

 

市販の研磨剤などでキレイにできる傷や汚れであれば修復することをおすすめしますが、板金修理に出さないと修復が不可能な損傷の場合はそのまま査定依頼に出しましょう。

 

中古で買った車が事故車である可能性も?

修復歴「あり」の中古車を修復歴「なし」で販売している業者もなかにはいつかもsりえません。

 

また故意的に隠している業者もいるかもしれませんが、なかには修復歴を見落としている可能性もあります。海外では需要が高い事故車ですが、修復歴がある中古車はリスクが少なからずあると思った方が良いでしょう。

 

見分け方のポイントとしては、パーツとパーツの隙間が不自然かどうかです。修復歴がある中古車であればフレームの歪みが影響して、外装パーツが不自然に空いていることがあります。

 

購入時は車両の状態をしっかり開示しているお店を選びましょう。また、疑問に感じることがあれば、すぐに担当者に問い合わせをしてみてください。

 

事故車を買取してもらうのは一括査定の方がいいの?

 

事故車でも買取してもらえるなら、1円でも高い方が良いですよね。しかし、査定方法は、さまざまで迷ってしまう人も多い傾向にあります。一括査定と無料査定のメリットやデメリットを確認して、どんな違いがあるのかをみていきましょう。

 

一括査定のメリット

 

一括査定を利用すれば、1度の入力で複数の買取業者に査定をしてもらえるメリットがあります。同じ車でも、車種や状態によって1台1台査定額が違うのです。事故車も同様で、事故をした部分や業者によって金額は全くことなります。しかし、自分で1社ずつ探すと時間や手間などの労力がかかって面倒ですよね。

 

一方、一括査定を使えば、忙しい人でも手間や時間をかけずに車の買取金額を教えてくれます。また、複数業者の査定結果から車の買取相場を調べることが可能です。1社だけでは、査定金額が本当に高いのか判断するのは難しいでしょう。しかし、データが多く集まることで買取相場の精度を上げることができます。

 

他にも、高額査定に期待できる業者を見つけやすいのも大きなメリットです。査定する業者が少ないと、高額査定をしてくれる業者に出会う確率も下がってしまいます。一括査定をしたからといって、納得できる業者に必ず出会えるわけではありません。しかし、確実に可能性は広がるでしょう。

 

一括査定のデメリット

一括査定のメリットである、複数社に査定依頼をすることはデメリットでもあるのです。一括査定では、買取交渉の電話やメールがそれぞれの業者から殺到します。10社の業者に依頼すれば、電話も最低10回はかかってくるでしょう。また、交渉の話なので数分で終わる会話ではありません。そのため、多数の連絡がストレスになってしまう可能性も頭に入れておきましょう。

 

また、頻繁の交渉が面倒になり、業者の良い値で契約してしまうことにも繋がります。しっかりと自分で考えて業者を選べば良いのですが、業者の言葉に押されて契約してしまうケースも少なくありません。交渉が得意でない人は、一括査定は避けた方が良いでしょう。

 

続いて、一括査定は、買取相場を調べられる一方で、すべてが妥当な金額とは限りません。中には、一括査定した業者すべての買取相場が低いケースもあります。数多くのデータが取れる一括査定のみを鵜呑みにして、自分で調べることを省いてしまうケースあるので注意が必要です。

 

おすすめは無料出張査定

無料出張査定は、好きな時間や場所を指定して業者に査定を依頼できる方法です。出張査定は、直接車を見てくれるので、厳密な査定額を出してくれる特徴があります。一括査定は、写真や文字のみでの査定となりあくまでも目安に過ぎません。正確な査定金額を出してもらうためには、車を直接見てもらう必要があります。

 

最終的に直接見て査定額を決めるのであれば、無料出張査定を利用した方が効率は良いのです。そのため、査定をするなら無料出張査定がおすすめでしょう。

 

事故車買取で起こるトラブル集

 

査定額が思っている以上に低い

事故車は、事故歴のない中古車に比べて査定額が思っている以上に下がってしまいます。高額査定を調べる上で修理歴はそれだけ重要だということです。修理歴があれば、買取業者も買取後に整備の費用や時間が余計にかかってしまい敬遠されがちだからです。

 

しかし、事故車でも査定額をアップさせることもできます。査定依頼時に用意するのは、整備記録簿です。整備記録簿で整備や状態がしっかりできていることを証明できるため査定額を上げることが可能になります。

 

他にも、取り扱い説明書など購入時に受け取った書類は買取時にも必要です。紛失した場合は査定額が下がってしまうので、用意しておきましょう。また、どの車でも共通して純正オプションが重宝されています。そのため、付け替えた純正パーツを保管していれば査定時に持参しましょう。

 

さらに査定額をアップさせたい人は、具体的な内容が記載されている以下のネクステージURLから参照下さい。

https://www.nextage.jp/kaitori/

 

事故車を買い取ってもらうための必要書類がわからない

買取での必要書類は、できるだけはやく揃えておく必要があります。必要書類をしっかりと揃えておけば、買取契約後の手続きがスムーズに進み入金までの時間を短縮できるからです。逆に、必要書類に不備があれば、買取業者から遅延損害金を支払うことになるかもしれません。

 

買取時には、さまざまな必要書類がありますが1つでも揃っていなければ手続きを進めることができないのです。買取業者の中には、規約に書類の不備で揃うのが遅れた場合1週間に付き○○円請求するという項目があるケースも存在します。損害金が1万円を超えることもありトラブルの原因となってしまうのです。

 

トラブルを未然に防ぐためにも、事前に揃える必要書類を理解しておくと良いでしょう。必要書類は、普通自動車と軽自動車で異なるので詳しくは以下のネスクテージのサイトを熟読することをおすすめします。

 

さらに事故車を売却するときの書類について知りたい人はこちら

>>『車売却、購入に必要な書類を紹介します!』

 

どこに連絡すればいいのかわからない

事故車の買取業者をどこに連絡するのかで査定額が決定します。買取を行っている業者は多く存在しますが、業者によっては廃車手数料を設定しているところがあるのです。事故車でもまだ乗れるのであれば、廃車にする必要はありません。そのため、車の状態に応じて業者を決める必要があります。

 

事故を起こした車がもう乗れない状態ならば、廃車専用の買取業者がおすすめです。廃車専用の買取業者だと廃車手数料や解体手数料を無料で受けることが可能となっています。一方、事故車といっても、ボディーに凹みや損傷がある程度なら買取業者の方が査定額は高くなるのです。しかし、多くの買取業者は修理歴があれば5~10万円程度は査定額を下げるでしょう。

 

まだしっかり乗れる事故車なら、高く買い取ってくれるネクステージがおすすめです。ネットの口コミでもネクステージの一番査定額が高かったという話を耳にしています。そのため、買取でどこに連絡すればいいかわからない人はネクステージに相談してみましょう。

 

ネクステージなら事故車でも高額買取!

ネクステージのお店は、北海道、札幌、仙台、東京、千葉、名古屋(愛知)など全国各地に存在します。主な取り扱い店舗がある地方は東海・関東・関西・九州・沖縄・甲信越・北陸・東北・北海道です。

 

ネクステージでは、人によっては車体価格の値段を下げる代わりにオプションや保証で単価を上げる方法をとっているため、事故車であっても高額査定を受けた人は少なくありません。販売力の力が強く、高額買取をしても売ることができるため、事故車でも高額査定を付けられるということです。

 

また、ネクステージは買取だけでなく販売も同時に行なっているので、乗り換えにも便利です。買取と中古車の購入を同時に検討している人は、自分の欲しい車をネクステージで探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

以前だと事故車は買い取ってもらえないというイメージが浸透していましたが、最近では高額査定してくれるところも少なくありません。

一番の注意点としては、修復歴があることを申告しないことです。判明した際に不利になるのはユーザーであり、思わぬトラブルに発展してしまいます。

まずは、自分の愛車がどれくらいの査定額になるのか、無料査定を依頼してみましょう!

 

 

愛車の無料査定なら、ネクステージの「愛情買取」がおススメ!

 

 

無料の査定を申し込む