車検費用は安いって本当?車検費用の相場を比較してみました

クルマ車検ガイド

車検費用は安いって本当?車検費用の相場を比較してみました

車を所持していれば、新車なら2年、それ以降は3年ごとに車検を受けることになります。より安全に走行するために車検は必要不可欠ですが、その費用についてネックと感じている人もいるのではないでしょうか。車検に対して“高い”とイメージしている人なら、少しでも安く抑える方法を探っているかもしれません。そこで本記事では、車検費用を安くする方法を探っていきながら、それぞれの方法で具体的にどれくらいになるのかをご紹介していきます。

 

■POINT

 

 

・車検はディーラーだけでなく、クルマ販売店、ガソリンスタンドなどでもできる

・クルマ販売店の車検なら安く車検を行うことができる

・車検は場合によっては5万円近くも金額に差がある!

 

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

車検の費用・相場を徹底比較

【ディーラー】

 

 

軽自動車

小型車

中型車

大型車

 

法定費用

自動車重量税

6,600円

16,400円

24,600円

32,800円

自賠責保険料

25,070円

25,830円

25,830円

25,830円

印紙代

1,100円

1,200円

1,200円

1,200円

 

点検費用

 

車検料

35,000円

40,000円

40,000円

45,000円

45,000円

50,000円

50,000円

55,000円

 

支払合計

67,770円

72,770円

83,430円

88,430円

96,630円

101,630円

109,830円

114,830円

 

【車販売店】

 

 

軽自動車

小型車

中型車

大型車

 

法定費用

自動車重量税

6,600円

16,400円

24,600円

32,800円

自賠責保険料

25,070円

25,830円

25,830円

25,830円

印紙代

1,100円

1,200円

1,200円

12,00円

 

点検費用

車検料

10,000円

25,000円

10,000円

27,000円

10,000円

29,000円

10,000円

31,000円

 

支払合計

42,770円

57,770円

53,430円

70,430円

61,630円

80,630円

69,830円

90,830円

 

【ガソリンスタンド】

 

 

軽自動車

小型車

中型車

大型車

 

法定費用

自動車重量税

6,600円

16,400円

24,600円

32,800円

自賠責保険料

25,070円

25,830円

25,830円

25,830円

印紙代

1,100円

1,200円

1,200円

12,00円

 

点検費用

車検料

20,000円

25,000円

25,000円

30,000円

35,000円

40,000円

40,000円

45,000円

支払合計

21,100円

26,100円

76,630円

81,630円

86,630円

91,630円

83,430円

88,430円

 

【整備工場】

 

 

軽自動車

小型車

中型車

大型車

 

法定費用

自動車重量税

6,600円

16,400円

24,600円

32,800円

自賠責保険料

25,070円

25,830円

25,830円

25,830円

印紙代

1,100円

1,200円

1,200円

12,00円

 

点検費用

 

車検料

30,000円

35,000円

35,000円

40,000円

40,000円

45,000円

45,000円

50,000円

 

支払合計

31,100円

36,100円

86,630円

91,630円

83,430円

88,430円

96,630円

101,630円

 

 

車検はどの業者でやるのがお得なの?各業者のメリット、デメリットを紹介

車検はディーラー以外にも、中古車販売店やカー用品店、ガソリンスタンドなどでも受けることができます。そして、業者によって車検費用が変わってくるだけでなく、それぞれにメリット・デメリットがあることも覚えておかなければいけません。今後の参考にするためにも、業者ごとに違うメリット・デメリットをご紹介します。

 

ディーラー車検

いつも車検はディーラーに依頼しているという人もいるのではないでしょうか。トヨタや日産、ホンダなど、全国にはメーカーごとにディーラーの店舗があり、何といっても安心できることが一番のメリットです。普段からディーラーを利用している人であれば、車検のタイミングで店舗や担当者からハガキやDM、電話などが入ります。そのため、スムーズに車検の手続きができるのもディーラーの良さといえるかもしれません。また、純正パーツを使用したり、ディーラーならではサービスも受けられたりします。ただし、他の車検業者と比べて費用が割高になる傾向があり、車検費用を少しでも抑えたいと考えている人には不向きかもしれません。

 

クルマ販売店(カー用品店)の車検

全国でチェーン展開しているところであれば、比較的料金も安く、質の高い点検整備が受けられます。たとえば、ネクステージなら各運輸支局の許可を持つ自社の指定工場を完備し、国家資格を持った専任のスタッフが、確かな品質の整備・点検をしています。また、車検と合わせて、傷やへこみといった修理や消耗品の交換など、車検以外の希望にも柔軟に対応するなど、お客さまのカーライフをトータルサポートしていることが強みです。もちろん、車検の見積もりは無料で、インターネットから24時間いつでも予約可能です。少しでも長く乗っていただけるように、一台一台丁寧に点検を行い、車の状態に合わせた最適な車検プランを提案しています。

 

ガソリンスタンドの車検

以前のガソリンスタンドは給油のみを目的としていましたが、最近では国家整備士を配置するところも増えてきました。そのため、車検や点検整備などを行っているところも少なくありません。いつも通っているガソリンスタンドで給油したついでに、車検の見積もり→予約→車検→引き取りといった流れのように、手軽に車検を受けられるのが一番のメリットです。ただし、すべてのガソリンスタンドが敷地内に指定整備工場を設けているわけではありません。また、ガソリンスタンドのメインは給油であることからも、整備士の作業レベルにバラツキがあったり、店舗の設備も充実しているとはいえなかったりと、整備の質は期待しない方が良さそうです。

 

整備工場の車検

皆さんが住んでいる街にも整備工場の看板を掲げているところがあるのではないでしょうか。小さなお店だと入りにくいなどといったデメリットがあるかもしれませんが、一般的にはディーラーよりも費用が安く済む場合がほとんどです。また、整備工場にも「認定工場」と「指定工場」の2つに分けられます。認定工場とは、地方運輸局長の認定を受けた工場のことで、時間はかかるものの、費用は安いのが特徴です。指定工場とは、一定の基準を満たしている工場のことで、費用は高くなるものの、安心できるといったメリットがあります。また、指定工場は検査ラインを持っているため、1時間以内など、素早い車検を売りにしているところも少なくありません。

 

「法定費用」+「車検基本料」「基本料金」を覚えておこう

車検でかかってくる費用は、大きく分けて「法定費用」「車検基本料金」「その他費用」の3つです。法定費用は車種に応じて金額が決まっており、どの業者で車検を受けても費用は分かりません。一方の車検基本料金は点検整備によって劣化した部品の交換や、オイルなどの交換が必要になれば費用は上がります。これに付帯するサービス料金が含まれる場合もあります。そのため、車検を依頼する業者によって費用が大きく変わってくることは覚えておきましょう。

 

「法定費用」は業者に関係なく一律で必要な金額

国や保険会社に支払うための法定費用は、自動車重量税・自賠責保険料・印紙代で構成されており、どこの業者で車検を受けても料金は変わりません。では、具体的にどれくらいの料金を支払わなければいけないのでしょうか。それぞれに費用について、普通自動車と軽自動車に分けていきながらご紹介します。

 

自動車重量税

新規登録または車検時に、車検証の有効期限分をまとめて支払うのが自動車重量税です。普通自動車は車両重量が0.5トンごとに税額が変わり、軽自動車は車両重量に関わらず定額です。また、新規登録から13年以上で税額が上がり、18年以上の経過でさらに税額が上がる仕組みとなっています。また、環境に優しいエコカーは、平成31年4月30日までに新車登録を行った場合にのみ、優遇措置を受けることが可能です。

 

具体的な税額については以下の通りです。

 

【普通自動車】

車両重量

エコカー減税適用

エコカー減税適用なし

免税

50%減

エコカー

右以外

13年以上

18年以上

0.5t以下

0円

2,500円

5,000円

8,200円

11,400円

12,600円

~1t

0円

5,000円

10,000円

16,400円

22,800円

25,200円

~1.5t

0円

7,500円

15,000円

24,600円

34,200円

37,800円

~2t

0円

10,000円

20,000円

32,800円

45,600円

50,400円

~2.5t

0円

12,500円

25,000円

41,000円

57,000円

63,000円

~3t

0円

15,000円

30,000円

49,200円

68,400円

75,600円

 

【軽自動車】

車両重量

エコカー減税適用

エコカー減税適用なし

免税

50%減

エコカー

右以外

13年以上

18年以上

2年自家用

0円

2,500円

5,000円

6,600円

8,200円

8,800円

2年事業用

0円

2,500円

5,000円

5,200円

5,400円

5,600円

 

 

自賠責保険料

自動車の保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類に分けられます。自賠責保険は交通事故被害者救済を目的としており、すべての自動車に加入が義務付けられています。自賠責保険に加入していない車を公道で走行させた場合「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」に処されるうえ、免許停止処分となります。損害保険会社や代理店などで加入し、保険料はどの保険会社で入っても変わりません。ただし、車種と保険期間の長さによって、保険料に違いが出てきます。

 

 

37ヶ月

36ヶ月

25ヶ月

24ヶ月

普通自動車

36,780円

35,950円

26,680円

25,830円

軽自動車

35,610円

34,820円

25,880円

25,070円

 

印紙代

法定費用は、国や保険会社に支払うための費用です。一般的に国に対して手数料や税金を支払う場合、印紙が使われます。車検時に支払わなければいけない印紙代とは、審査・車検適合証発行にかかる手数料のことです。印紙と証紙代は、指定工場であれば印紙代のみの一律1,100円、認定工場の場合は4・5ナンバー車が印紙400円と証紙1,300円の合計1,700円、普通車の3ナンバー車は印紙400円と証紙1,400円の合計1,800円、軽自動車は1,400円と、どこで車検を受けるのかによっても変わってきます。

 

「車検基本料」「基本料金」は業者によって異なる!

少しでも車検費用を安く抑えたいと考えている人も少なくないでしょう。法定費用はどの業者で受けても料金は同じですが、車検基本料金や基本料金によって車検費用が大きく変わってきます。では、これらの費用には具体的にどのようなものが含まれているのでしょうか。大きく分けて3つの費用について、それぞれ詳しくご紹介します。

 

手数料

車検時の手数料には「検査手数料」や「納車手数料」が含まれることもあります。検査手数料とはユーザーに変わって車検をする人件費や書類作成費のことです。ディーラーなら10,800円が目安で、カー用品店などでは12,800円に24ヶ月点検、検査ライン使用料、事務手数料などが含まれていることもあります。納車手数料とは、販売店から整備工場まで移動させるための費用や、車内のクリーニング費用などを指しています。5,000円~15,000円程度が相場です。

 

整備料金

安心して車を運転し続けるためには、定期的な点検は欠かせません。そのために、法定24ヶ月点検が存在します。車検の目的は安全面や環境面などが保安基準に適しているかどうかを確認するものです。一方の法定24ヶ月点検は、車の故障を未然に防ぐための定期的な点検を目的としています。相場は車種によっても異なりますが、ディーラーなら4万円~10万円程度、民間整備工場なら2.5万円~8万円が一般的な相場となっています。

 

その他

一般的に車検にかかる日数の目安は1日~2日程度です。とは言っても、仕事などの都合から車のない生活は困るという人も少なくないでしょう。そのため、業者によっては代車サービスを行っています。また、整備工場などに自分の車を持ち込んだ帰りの移動手段に困っている人もいるかもしれません。そんなときは、自宅まで車を引き取りに来てくれるサービスを行っているところもあります。いずれの場合も、業者によって料金が変わってくるため、事前に確認しておいてください。

 

 

車検費用を安くする方法ってあるの?

車検に対して“高い”とイメージを持っている人も少なくありません。車検の目的は安全面や環境面などが保安基準に適しているかどうかを確認するものです。とは言っても、車検のために支払う費用を最小限に抑えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。車検費用を安くするための3つの方法についてご紹介します。

 

最初から費用で業者を選ぶ

一般的には自動車ディーラーを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、買取専門店やカー用品店、ガソリンスタンドなどにも依頼することが可能です。そして、車検費用は業者によって大きく変わってきます。詳しくは後述しますが、車検費用には「法定費用」「車検基本料」「基本料金」の3つに分けられます。国や保険会社に支払うための法定費用は、どこの業者で受けても料金は同じです。しかし、車検代行費用や書類作成費用な度が含まれる「車検基本料」や「基本料金」については、業者が自由に料金を設定することができます。少しでも費用を安く抑えたいと考えているのであれば、複数の業者に見積もり依頼をして比較をしてみてください。

 

ユーザー車検を行う

通常、車検とは業者に持ち込んで行うことがほとんどです。一方ので、ユーザー車検とは車の持ち主本人が行うことを指しています。一般的に車検は専門の知識がなければできないと考えられていますが、ユーザー車検なら検査項目に従っていくだけで車検をすることができます。点検のやり方が分からなければ場所にもよりますが、誰かに聞ける状態にあるため安心です。そして、業者とは違って人件費がかからない分、費用を抑えることができます。また、メンテナンス知識も増えるため、上手く活用すれば車の寿命を延ばすこともできるでしょう。ただし、トラブルが発生することもあることからも、可能なら業者への依頼をおすすめします。

 

確認項目を減らすように業者に依頼する

車検時には詳細の整備項目が記載されている見積もりを提示してもらってください。整備項目には「車検を通すために必要なもの」と「車の安全性に関わるもの」の2つに分けられます。しかし、ユーザーにとって不要な項目も入っているかもしれません。たとえば、エアコンのフィルター交換などは、外しても車検に通すことができます。このように、整備項目を確認して必要がないと思ったものを外していけば、車検費用も安くなるでしょう。ただし、車検はタイヤやオイル交換の時期など、車の安全性に関わることを見てもらうための大切な機会です。費用を安く抑えるために整備項目を減らしたがために、車の寿命が削られていることも考えなければいけません。

 

まとめ

車検費用には「法定費用」「車検基本料」「基本料金」の3つに分けられます。法定費用はどの業者でも料金は同じですが、それ以外の費用で大きく変わってきます。また、車検を受ける業者によっても費用は異なり、場合によっては5万円近く差が出ることも少なくありません。車検費用を少しでも抑えたいのであれば、車販売店などに依頼することをおすすめします。どの業者が安く行えるのか、そのメリット・デメリットを理解したうえで、決めていきましょう。

 

 

■車検費用を抑えたいけど、整備はしっかりしておきたい…という人におすすめ!ネクステージの安心格安車検!

簡単ネット予約はこちら!