銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

車の購入費用の支払いに、銀行のマイカーローンの利用を検討している人も多いのではないでしょうか。現金一括購入という選択肢もありますが、マイカーローンならまとまった現金を手元に残すことができるため急な出費に備えることができます。

 

銀行のマイカーローンをスムーズに利用するためには、手続きの流れや必要な書類について理解しておくことがポイントです。直前になって焦ることがないように、余裕を持って準備を済ませておきましょう。

 

今回は、銀行のマイカーローンを利用する流れや必要書類、審査基準などについて解説します。

 

※目次※

1. 銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?

2. 銀行のマイカーローンの返済の流れは選択で変わる

3. 銀行と他のマイカーローンを利用する流れの違い

4. 銀行のマイカーローン利用時の手続きの流れで使用する書類

5. 銀行のマイカーローンは利用の流れ以外に審査基準も確認しよう

6. 銀行のマイカーローンの返済の流れをシミュレーションしよう

7. よくある質問

8. ネクステージでお気に入りの一台に出会おう!

9.まとめ

 

■POINT

 

・銀行のマイカーローンは「金利タイプ」「返済方式」の選択によって月々の返済金額やトータルの支払い金額が変わる

・マイカーローンは利用の流れや必要書類だけでなく審査基準の確認も大切!ポイントは「返済の有無」

・ローン審査に通りやすい中古車を購入するなら「ネクステージ」がおすすめ!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

車の購入は、安くても週十万円以上の予算を見積もっておく必要があります。車の購入費用にかかる負担を少しでも減らすためには、銀行のマイカーローンの利用がおすすめです。

 

銀行のマイカーローンを利用して車を購入したいと考えている人は、まずは手続きの流れをつかんでおきましょう。

 

見積りをもらいローン利用を伝える

欲しい車が見つかったら、販売店に見積もりを出してもらいましょう。銀行ローンを組むためには、どういった目的で利用するかを証明する確認書類が必要です。新車ディーラーや中古車販売店など業者の種類に関係なく、基本的に車の見積もりはその場で作成してくれます。受け取った見積り額と事前に想定していた予算を照らし合わせてみながら、じっくりと検討してみましょう。

 

車を購入するときの支払い方法は、現金一括もしくは自動車ローンから選ぶことが一般的です。購入が決定すれば、担当者から支払方法について質問があるはずです。銀行ローンでの支払いを希望している場合は、その旨を伝えてください。また、万が一銀行ローンの審査が通らなかった場合でも、販売店が提携する自動車ローンに申込むこともできます。

 

借入金額・頭金の有無を決める

見積もりに対して、どれくらい借り入れを行うのかを決めます。一般的には車両価格の10%~30%程度の頭金を用意する人がほとんどですが、フルローンを組むこともできます。「いくら借りたら返済額はどれくらいになるのか」を計算しながら、検討してみてください。また、ボーナス返済を組み入れるかどうかでも返済年数や返済額は変わってきます。

 

返済額・何年で返済するかを決める

見積りに対して、どれくらい借り入れを行うのかを決めます。一般的には車両価格の10%~30%程度の頭金を用意する人がほとんどですが、フルローンを組むことも可能です。借入額を決めたら何年で返済するのかを決めましょう。返済期間が長くなると利息総額が増え、トータルの返済額も増加するため、「いくら借りたら返済額はどれくらいになるのか」を計算しながら検討してみてください。

 

なお、ローン中に購入した車を売却することは可能ですが、売却金額は一括してローンの返済にあてる必要があります。もし、売却金額がローンの残債額より低い場合は、残りのローンを現金で払うか新たにローンを組み替えましょう。なるべく返済年数は短い方がよいので、ボーナス返済を組み入れるなど、無理のない程度に返済期間を短く設定することをおすすめします。

 

ローンの利用先を決めて仮審査を行う

見積りをもとに借り入れ金額を明確にしたら、ローンの利用先を決めて仮審査の申し込みをします。自動車ローンのサービスを提供している金融機関はいくつもあるので、借入額の上限や金利、ローン返済中は誰に所有権があるのか、審査通過の難易度などを比較して、自分に最も合ったサービスを選ぶことが大切です。

 

なお、複数台の車で迷っており購入する車が決まっていない場合は、高い購入金額で仮審査を行っておきましょう。最終的に借入金額が高くなったとしても再審査を申し込まずに済むので、スムーズに購入手続きを進めることができます。

 

必要書類を揃えて申し込み

仮審査に通ったら、必要な書類を揃えて本審査に申し込みます。本審査で必要な書類は、本人確認書類と使いみちを確認できる書類で、借入金額が多い場合は年収を確認できる書類の提出を求められることが一般的です。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カードなど

使いみちを確認できる書類

  • 自動車の注文書
  • 見積書など

年収を確認できる書類

(※借入金額が多い場合)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 納税証明書など
※slide →

なお、ローンの借り換えをする場合は、使いみちを確認できる書類として自動車ローンの返済予定表や残高証明書を活用することもできます。これらの必要な書類がすべてそろったら、仮審査が通った金融機関にローンの申し込みをしましょう。銀行窓口の営業時間は9時~15時が基本となっていますが、夜間や土日祝でも営業している店舗、インターネットや郵便での受付を行っているところもあるので、一番都合のよい方法を選んでください。

 

本審査・契約を行う

本審査に通過したら、車の販売店と契約を行います。本審査が通ると、銀行が契約者の口座から販売店の口座にお金を振り込んでくれるので、契約者が直接販売店に振込をする必要はありません。契約の際は、必要な書類を販売店に提出して、納車日まで待ちましょう。なお、契約までに購入資金が用意できない場合は、契約が取り消しになることもあるため注意してください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

銀行のマイカーローンの返済の流れは選択で変わる

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

銀行のマイカーローンは、選択する金利タイプや返済方式によって月々の返済金額やトータルの支払い金額に差が生じます。金利タイプや返済方式の仕組みを理解した上で、銀行のマイカーローンを利用しましょう。

 

ここでは、銀行のマイカーローンを組む流れの中で注目したい「金利タイプ」「返済方式」について解説します。

 

金利タイプ

自動車ローンの金利タイプは、変動金利型と固定金利型の2種類あります。変動金利型は経済情勢や金利によって利率が変動するタイプで、固定金利に比べて利率が低く設定されており、不景気になると金利が低くなる点がメリットです。ただし、好景気になると金利が上がるので、金利額が増加する可能性もあります。一方、固定金利型は金利が一定なので、好景気になっても負担する金利額は変わりません。

 

しかし、変動金利型に比べると金利が高く設定されており、不景気で金利相場が下がっても金利は一定なため、負担が軽減されない点がデメリットです。ローンの返済期間が短い場合は変動金利型、長期的にローンの返済をする場合は固定金利型を選ぶのが一般的なので、借り入れ金額や返済期間を考慮してどちらが得をしやすいか検討してみてましょう。

 

返済方式

自動車ローンの返済方式には、元利均等返済と元金均等返済の2種類があります。元利均等返済とは、毎月の返済金額(元本と利息の合計金額)を一定にする方法で、元金均等返済とは、毎月の元金の返済金額を同額にする方法です。元利均等返済は直近の返済を減らすことはできますが、序盤は利息が高いため、一定の返済金額にするために元金の返済金額は少なくなります。

 

一方、元金均等返済は直近の支払い金額は少し多めになりますが、一定の元金を返済できるので、元利均等返済に比べると元金を早く減らすことが可能です。金利は元金に対して働くので、元金を早く減らせる元金均等返済の方がトータルの支払い金額を抑えることができます。したがって、直近の支払いを抑えたい場合は元利均等返済、トータルの支払いを抑えたい場合は元金均等返済を選びましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

銀行と他のマイカーローンを利用する流れの違い

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

車を購入するにあたり利用できる主なローンは、「銀行のマイカーローン」「ディーラーローン」「残価クレジット型ローン」の3つです。それぞれのローンにはメリット・デメリットがあり、選択次第では家計を圧迫してしまう可能性もあります。

 

ここからは、銀行のマイカーローンと他のマイカーローンを利用する流れの違いについて解説します。

 

銀行ローン

銀行ローンは、その名の通り銀行がメインで貸し付けを行います。金利が比較的低いという特徴を持っています。銀行ローンの金利はおおむね4%以下のものが多く、毎月のローン支払い額を抑えることが可能です。また、中には同じ銀行で住宅ローンを利用している場合、車のローン金利がさらに低くなることもあります。

 

金利が低い反面、借入審査が厳しいということも特徴です。3種類の中で最も厳しくなっており、審査機関も長く時間がかかる傾向にあります。時間に余裕を持って依頼を行いましょう。

 

ディーラーローン

ディーラーローンは、ディーラーと取引のある「カードローン会社」が貸し付けを行うローンです。車を購入するディーラーでそのまま手続きできるので、手間がかからないという特徴を持っています。さらに、ローン完済まで「所有者」がディーラーとなるので審査に通りやすく、1時間ほどあれば完了するので非常にスムーズです。

 

手続きが簡単で審査に通りやすい反面、金利は銀行ローンよりも高い傾向です。金利相場はおよそ4%から8%ほどであり、月々のローンが高くなるので、返済計画をしっかりと立てて家計を圧迫しないことが重要です。

 

残価クレジット型ローン

ディーラーが取り扱っており、購入後一定期間後にディーラーが車の買取を設定しているローン形態を指します。一定期間後の車の買取価格を、あらかじめ購入時にマイナスして毎月のローンの支払いを行います。

 

購入金額からマイナスされる額は、新車価格の約30%から50%ほどとされることが多く、そのマイナス分だけ毎月のローン支払いが少なく済みます。また、金利もディーラーローンより低く設定されることが多く、家計への負担が少なくなります。車を長く乗るのではなく、数年で乗り換える方にもおすすめです。

 

デメリットとしては、完全な「マイカー」として乗れないことです。一定期間後の買取額を保証するため、走行距離や車の状況などに決まりがあるため、ノーマル状態からカスタマイズをしたり、多くの距離を走れなかったりします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

銀行のマイカーローン利用時の手続きの流れで使用する書類

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

車を購入するにあたり銀行のマイカーローンを利用する場合、さまざまな書類の提出が必須です。書類の不備があると手続きにかかる手間と時間が増えるため、できるだけ不備がないように準備しておきましょう。

 

銀行のマイカーローンを組む流れで必要となる書類には、「金融機関の普通預金口座」「身分証明書」「年収証明書」「見積書」などがあります。ただし、金融機関によって必要となる書類は異なるため、事前に確認が必要です。

 

金融機関の普通預金口座

金融機関の普通預金口座などを持っていなければ、銀行ローンの申し込みができないわけではありません。しかし、申し込み先の普通預金口座を持っていることで、手続きをスムーズに済ませられることもあります。

 

普通預金口座を持っていない場合、銀行ローンを申し込むと同時に新しい口座を作る必要があります。手続き自体は簡単ですが、通常よりも少し手間に感じてしまいます。また、平日は仕事でお昼休みのときしか銀行に向かえないという人もいるでしょう。

 

普通預金口座を持っていれば、銀行ローンの申し込み手続きにかかる時間が30分~1時間程度で済みます。一方で、新しく普通預金口座を発行する場合は、それ以上の時間がかかることが想定されるため、一度の訪問で銀行ローンの手続きができない可能性もあります。

 

身分証明書

申込者が本人であるかどうかを確認するために、書類に記載されている住所と現住所が同一の身分証明書の提出が求められます。身分証明書は「運転免許証」「運転経歴証明書」「パスポート」「各種健康保険証」「住民基本台帳カード」などです。また、外国人在留者であれば「在留カード」や「特別永住者証明書」などが身分証明書として利用できます。

 

ただし、金融機関によって身分証明書として認められている書類は異なるため、事前にホームページなどで確認しておいてください。また、郵送で受付を行っていれば、両面のコピーをその他必要書類と一緒に送ることになります。インターネットで申し込む場合は、スキャンしたファイルを専用サイトから提出します。

 

年収証明書

銀行ローンの審査では、申込者の収入を確認するため年収証明書を提出が求められます。年収証明書は「源泉徴収票」「納税通知書(所得税・住民税)」「給与明細書(直近3ヶ月以内のもの)」「課税証明書(所得証明書)」などです。

 

また、自営業や自由業の場合は「確定申告書」や「支払調書」などが年収証明書として利用できます。年金受給者であれば「年金証書」や「年金通知書」などを提出してください。

 

身分証明書と同じく、金融機関によって認められている書類は異なるため、事前に各金融機関のホームページなどで確認しておきましょう。

 

見積書

金融機関でサービス提供されているマイカーローンは、借入資金の使用目的が車の購入や免許の取得など、車関連に制限されています。そのため、どのようなことに使用する予定なのかを証明するための資金使途確認書類の提出を求められることがほとんどです。

 

たとえば、車の購入であれば販売店から発行してもらえる見積書や注文書などです。ただし、見積書などを提出した場合は、契約手続きまでに金額が確定した書類を別途で求められることもあります。また、新たな金融機関でローンを組み直したい場合は、「ローン対象車両の車検証」「他社自動車ローンの残高証明書」「他社自動車ローンの返済予定表」などを提出する必要があります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

銀行のマイカーローンは利用の流れ以外に審査基準も確認しよう

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

銀行のマイカーローンを利用する場合は、利用の流れや必要書類だけでなく審査基準の確認も大切です。審査に通るためには、求められるすべての基準をクリアしなければなりません。

 

審査基準は金融機関側で公表しているものではないものの、多くの金融機関が同様の審査基準を設けています。さまざまな観点から審査を行いますが、重要なのは「返済能力の有無」です。

 

ここでは、銀行のマイカーローンの審査基準について、詳しく解説します。

 

収入が一定の職業についているか

収入が一定の職業でないと、審査に通るのは厳しくなります。収入が不安定な職業であった場合、ローン返済が滞ってしまう危険性があるため、金融機関にとっては不安であり、評価が下がってしまいます。

 

上場企業の方や公務員、医師、士業の方ほど評価が高く、次いで上場企業に匹敵する企業などの評価が高くなります。また、パートやアルバイトなどでは基準を満たしておらず、正社員でないと合格することはできません。

 

勤続年数の長さ

勤続年数の長さも、非常に重要な審査対象です。勤続年数が長いほど、安定して収入を得られており、返済能力も安定していると評価されます。

 

反対に、勤続年数が少ない場合、転職を繰り返して収入が不安定なことが考えらえます。また、会社を退職して次の転職先を探している間に収入が途絶えてしまい、返済が滞ってしまう恐れもあります。よって、勤続年数が数年などで少ない場合、審査に合格しない可能性があります。

 

過去に支払トラブルがなかったか

過去に支払いトラブルがあると、審査に合格するのが難しくなります。特に身近なケースが「クレジットカード」の引き落としです。

 

クレジットカードで支払った額の返済日に、指定の口座の金額が不足していると、カード会社より督促があります。督促後は、スピーディに金額を入れておく必要があります。

 

しかし、督促があっても長期間延滞をしてしまったり、何度も同様の督促を受けてしまったりすると「返済能力がない」と判断され、いわゆる「ブラックリスト」に入ることがあります。ブラックリスト入りしてしまうと、ローンの返済が滞ってしまうと判断され、審査に合格するのは難しくなります。

 

虚偽の申請をした

虚偽の申請をした場合、審査に合格するのは不可能と言えます。虚偽の申請が発覚した場合、申請者の信用度が一気になくなります。

 

金融機関は、申請者の返済能力はもちろんのこと、「社会的信用度」が高いかどうかも審査を行っています。公的な書類で虚偽の申請を行うことは、詐欺行為にあたる可能性があり、社会的信用度がないといっても過言ではありません。よって、合格することはありません。

 

クレジットやキャッシングを利用している

キャッシング回数が多いと、金融機関側からすれば返済が滞ることの不安が大きく、審査に落ちやすくなります。

 

また、クレジットカード上限残高が少ない場合も、金融機関側からすると不安が残り、評価が低くなります。上限残高は、ユーザーの信用度に応じて上昇します。クレジットカードを継続的に使用し、支払いに全く遅延がなければ、「信用度が高い」と判断されて上限額が上がっていきます。

 

そのため、上限額が低い場合は信用度も低いと判断される傾向にあります。

 

30代、40代なのにクレジットカードを持っていない

30代、40代でクレジットカードを所有していない場合、信用度が低く判断されてしまいます。

 

クレジットカードは、信用度がないと作ることができません。そのため、比較的経済的に余裕のある30代や40代でクレジットカードを持っていないとなると、金融機関側すると「収入面」と「信用度」の両方に不安が生じ、審査に通らないことが考えられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

銀行のマイカーローンの返済の流れをシミュレーションしよう

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

返済シミュレーションを行うことで、銀行のマイカーローンを利用した場合の返済計画を把握することが可能です。無理のない返済計画を立てるためにも、まずは借入額に合わせて返済の流れをつかんでおきましょう。

 

ここでは、借入額を200万円・300万円・400万円とした場合の返済シミュレーションを紹介します。

 

借入額200万円の場合

借入額が200万円の場合のローンの返済シミュレーションをすると、以下のような結果になりました。金利を1%、3%、5%、返済年数を3年、5年、7年の区分に分けています。返済シミュレーションで出した毎月の返済金額、返済総額、利息を参考に、ローンの内容を決めましょう。

 

(金利1%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

56,416円

2,030,982円

30,982円

5年

34,187円

2,051,245円

51,245円

7年

24,662円

2,071,643円

71,643円

※slide →

(金利3%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

58,162円

2,093,847円

93,847円

5年

35,937円

2,156,240円

156,240円

7年

26,426円

2,219,833円

219,833円

※slide →

(金利5%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

59,941円

2,157,903円

157,903円

5年

37,742円

2,264,545円

264,545円

7年

28,267円

2,374,491円

374,491円

※slide →

 

借入額300万円の場合

借入額が300万円の場合のローンの返済シミュレーションをすると、以下のような結果になりました。金利を1%、3%、5%、返済年数を3年、5年、7年の区分に分けています。返済シミュレーションで出した毎月の返済金額、返済総額、利息を参考に、ローンの内容を決めましょう。

 

(金利1%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

84,624円

3,046,473円

46,473円

5年

51,281円

3,076,870円

76,870円

7年

36,993円

3,107,468円

107,468円

※slide →

(金利3%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

87,243円

3,140,769円

140,769円

5年

53,906円

3,234,360円

234,360円

7年

39,639円

3,329,746円

329,746円

※slide →

(金利5%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

89,912円

3,236,856円

236,856円

5年

56,613円

3,396,820円

396,820円

7年

42,401円

3,561,740円

561,740円

※slide →

 

借入額400万円の場合

借入額が400万円の場合のローンの返済シミュレーションをすると、以下のような結果になりました。金利を1%、3%、5%、返済年数を3年、5年、7年の区分に分けています。返済シミュレーションで出した毎月の返済金額、返済総額、利息を参考に、ローンの内容を決めましょう。

 

(金利1%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

112,832円

4,061,964円

61,964円

5年

68,374円

4,102,495円

102,495円

7年

49,324円

4,143,293円

143,293円

※slide →

(金利3%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

116,324円

4,187,694円

187,694円

5年

71,874円

4,312,485円

312,485円

7年

52,853円

4,439,666円

439,666円

※slide →

(金利5%)

返済年数

毎月の返済金額

返済総額

利息

3年

119,883円

4,315,809円

315,809円

5年

75,484円

4,529,095円

529,095円

7年

56,535円

4,748,989円

748,989円

※slide →

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

よくある質問

 

Q.車の購入手続きも銀行がやってくれるの?

A.銀行は融資をしてくれるだけなので、車の購入にかかる手続きは自分でやる必要があります。複雑な行政手続きは車販売店が代行してくれますが、銀行と車販売店の両方で、書類の準備や手続きをしなければならないので、手間は増えるでしょう。

 

Q.審査が下りたあとに、購入する車を変更できる?

A.銀行のマイカーローンでは、申し込みの際に、車の見積書を提出するのが一般的です。見積書に記載の車の購入に対して融資をするという前提なので、審査通過後に購入する車を変更する場合は、再度ローンの申し込みが必要になるケースがあるでしょう。

 

Q.仮審査後に本審査で落ちる可能性はある?

A.仮審査は、契約者の申告した年齢や年収などの属性情報をもとに行われます。仮審査を通過しても、正式な申込書や書類をもとにした本審査で落ちる可能性はゼロではありません。あとで予定が狂わないように、仮審査段階でなるべく正確な情報を提示しましょう。

 

Q.銀行ローンに落ちても他のローンは申し込める?

A.車の購入を決めたあとで、申し込んでいた銀行ローンの審査に落ちてしまうこともあるでしょう。この場合は、より審査の通りやすい車販売店のローンに申し込むことで、ローンを組める可能性はあります。事前に販売店の担当者と相談しておくとよいでしょう。

 

Q.個人売買でもマイカーローンは使える?

A.マイカーローンは、基本的に業者から車を購入する際にしか契約できないため、個人売買で利用するのは難しいでしょう。どうしてもローンを組みたい場合の選択肢としては、使途を限定しないフリーローンが挙げられます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ネクステージでお気に入りの一台に出会おう!

ネクステージではナビやオーディオなどのオプションも含めてローンの利用が可能です。どの販売店にも負けない品揃えが自慢で、毎日他社の価格調査を行っているため、365日いつでも安くお買い求めいただけます。また、万全な整備を実施しており、修復歴車は取り扱っておりません。お客様が安心して車選びができるように、提供する商品には徹底したこだわりを持っていますので、車の購入を検討している方は、ぜひネクステージをご利用ください。

まとめ

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

現金一括で車を購入する人もいれば、銀行ローンの利用を検討している人もいるでしょう。この場合「いくら借りたら返済額はどれくらいになるのか」を計算しながら、普段の生活に影響が出ない程度の支払い計画を立てることが大切です。

 

また、銀行ローンの申し込みにはさまざまな書類が必要です。金融機関によっても提出書類は異なりますので、各金融機関のホームぺージで事前に確認しておきましょう。また、ネクステージではより簡単に借り入れが可能なオートローンでの購入も可能、もちろん頭金も不要ですので、お気軽にご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

■このクルマ、今いくら?買い替え検討の際は、まず愛車の価値をチェック!

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

銀行のマイカーローンを利用する時の流れとは?審査基準とシミュレーション

気になる車種をチェック
ページトップへ