車の購入が初めての人は何からすればいい? 車の選び方から購入の流れまでのすべてを網羅!

クルマ購入ガイド

車の購入が初めての人は何からすればいい? 車の選び方から購入の流れまでのすべてを網羅!

初めて車を購入する場合、どのように車を選べば良いのか分からないという人は多いでしょう。またいざ車を決定したとしても、契約や納車など、初めてでは何かと戸惑うこともあります。そこで今回は、車の選び方や納車までの流れなどを詳しく解説していきます。

 

加えて、車を少しでもオトクに購入するコツや、購入後にかかる維持費についてもご紹介します。初めて車を購入する予定の人は、ぜひチェックしてみてください。

 

※目次※

1.初めての車を購入する前に行うこと

2.初めての車を購入(納車)するまでの流れ

3.初めての車をオトクに購入するコツ

4.初めて購入した車を維持するための費用(維持費)

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・初めて車を購入する前には、予算や用途を考え、候補の車を絞り込む。販売店では実車を試乗させてもらうのが良い

・車を少しでもオトクに購入するためには、値下げ交渉が有利な時期がおすすめ。販売店選びにもこだわると良い

・車は本体価格以外にもさまざまな維持費が発生するため、事前確認は欠かせない

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

初めての車を購入する前に行うこと

まずは、初めて購入する車の選び方について解説します。これは初回に限らないことですが、車はただ闇雲に人気のあるものを選べばいいというわけではありません。自分の予算や用途に合わせ、適切な車を検討・購入した方が、後々後悔することもなくなります。

 

購入予算を決める

車の値段は非常に幅広いため、まずは購入予算を決めましょう。経済的に購入可能な範囲を決めることで、その後の選択がスムーズになりやすいからです。

 

購入予算は、あなたの収入や貯金、ライフスタイルによって決定してください。自動車ローンを使用する場合は、支払いの回数や金利も考えましょう。月々の収入の中から、車にどのくらいの費用が払えるのかを慎重に検討してください。詳しくは後述しますが、車は購入費用以外にさまざまな維持費も発生するため、それらも含めて計算する必要があります。

 

車の用途を明確にする

購入後どのような目的で使用するのかによって、選択する車が変わってきます。たとえば、日々の通勤や通学などに頻用する場合は、維持費が安い軽自動車がおすすめですし、家族が多く大人数での移動がある場合であれば、ミニバンやワンボックスが適切でしょう。

 

週末のレジャーやアウトドアに使用したい場合は、荷物をたくさん載せることができるSUVやステーションワゴンが人気です。また、運転そのものが好きでドライブを堪能したいのであれば、スポーツカーという選択肢もあります。

 

このように、あらかじめ購入用途を明確にしておけば、あなたにぴったりの車を見つけやすくなるのです。家族構成やライフスタイルに合わせて考えてみましょう。

 

新車にするか中古車にするかを決める

新車と中古車には、それぞれメリットもデメリットがあります。

 

新車の場合は、新品ならではの「機能性」という魅力があります。すべてのパーツが新品なので劣化の心配もなく快適に運転できますし、外観・内装共にキレイです。自分好みにさまざまなオプションを付けることもできるので、こだわりを反映したい人にも人気があります。

 

一方で、新車は高額になりやすいですし、過去の車はあまり出回っていないことから選択肢も少なめ、というデメリットがあります。

 

中古車は古いタイプも多く市場に出回っているため、車種やメーカーの選択肢が豊富です。値段も安く抑えやすいため、節約しながら車を手に入れたい人に向いているでしょう。ただし、あくまで中古品なので機能性が劣る面ことはありますし、外観・内装にダメージが出ている場合もあります。

 

また新車のようなエコカー減税が適用されないことが多いため、節税効果が低いというデメリットもあります。このように、新車と中古車それぞれの特徴を把握した上で、自分に適切な方を選ぶようにしましょう。

 

メーカーと車種を選ぶ

メーカーや車種は、予算や用途に合わせて、あなたのニーズにより適したものを選ぶと良いでしょう。

 

たとえば、国産メーカーで高い知名度がある「トヨタ」。販売台数は世界一で、コンパクトカーから高級車まで幅広いラインナップが特長です。「プリウス」や「アクア」は、ハイブリッドカーに興味がある人に向いているでしょう。

 

同じく国産メーカーの「日産」は、家族向けの車種が多く展開されています。ミニバンタイプの「セレナ」や、SUV「エクストレイル」は、子どもがいる家庭の週末レジャーにもぴったりでしょう。

 

車の運転が好きで高級車を求めている人であれば、ドイツの「メルセデス・ベンツ」という選択肢もあります。最高級の「Sクラス」をはじめとして「Aクラス」、SUVの「GLA」など広く知られています。

 

このように、メーカーと車種は選択肢が豊富で、初めての人は迷ってしまうことも多いでしょう。その場合は、いくつかのメーカーと車種を候補に上げて、詳しい条件を比較したり、実際に試乗したりして絞り込んでいくのがおすすめです。

 

初めての車を購入(納車)するまでの流れ

初めて車を購入する場合、どのような流れで契約や納車が進んでいくのか分からず、不安になってしまう人も多いかと思います。そこで今回は、実際に車を選ぶ段階から納車までの具体的な流れをご紹介します。

 

販売店で実車を見る(試乗する)

欲しい車が決まったら、ディーラーや中古車業者に出向いて実車を見るようにしましょう。事前情報だけで判断せず、必ず実物をチェックすることをおすすめします。可能な限り試乗をして、実際の乗り心地を確認するようにしてください。

 

また、試乗は事前予約をした方が確実です。飛び込みで試乗できる店舗もありますが、混雑状況によっては受け付けてもらえないこともあるからです。加えて、希望している車の試乗車が店頭に置かれていない可能性もあります。

 

中古車は、車検期間が残っていない場合も試乗できないので、前もって店舗に確認してもらいましょう。

 

契約~納車に向けた準備

試乗が終わって購入する車を決定したら、次は契約に移ります。この際、まずは見積もりを出してもらうようにしましょう。予算内におさまる金額であれば、支払い方法の確認や、ローンの準備をおこなってください。契約の際には、車両本体の費用に加えて初期費用も用意します。

 

車両本体以外にかかる費用は、購入する車の状態によって異なりますが、自動車取得税、自賠責保険費用、自動車重量税、登録手数料、車検費用、整備費用です。

 

加えて、納車までに車庫証明の準備も必要です。車庫証明とは、購入した車の保管場所を証明する書類で、普通車を所有する人は全員用意しなければならない書類です。使用する駐車場の立地や寸法を記入した書類を管轄の警察署に提出してください。2~3日で車庫証明を発行してもらえます。

 

納車

契約から納車までの期間は、大体1カ月から1カ月半程度です。発売されたばかりの人気車種だと何カ月も待つことがあるため、在庫は前もって確認しておきましょう。

 

納車後は、業者によってさまざまなサポートがあります。定期点検や整備、各種補償についても事前に確認しておきましょう。

 

初めての車をオトクに購入するコツ

初めて車を購入する際は、意外と費用がかさんでしまいます。これは、勝手がわからないために何をどうすれば節約できるのかを把握できていないためです。そこで今回は、オトクな車の購入方法をご紹介します。

 

値下げ交渉に有利な時期に購入する

同じメーカーや車種であっても、時期によって値下げされやすくなる場合があります。それは、その車の売れ行きがあまり良くないときです。業者側は売上を少しでも伸ばすために、購入意思がある相手に対してはいつもより大幅な値下げをおこなう場合もあります。

 

1年間で特に値下げ交渉が有利に進みやすいのは、4月から5月にかけてといわれています。もっとも車が売れるタイミングが、3月から4月にかけての新生活シーズンなので、顧客がぐっと減ってしまうためでしょう。

 

また、モデルチェンジ直後も値下げ交渉はしやすい傾向にあります。ユーザーの関心が新型に集まるため、旧型の需要が下がって、値引きしてもらいやすくなるのです。このように、初めて車を購入する場合は、値下げ交渉が少しでも有利になるタイミングを有効活用すると良いでしょう。

 

ユーザー目線の販売店を探す

車を購入するところは、ユーザー目線でアプローチしてくれる販売店が良いでしょう。ただ高い車を売りつけようとするのではなく、顧客ニーズに応じた車を案内したり、保証やアフターケアの案内も徹底してくれたりするところがおすすめです。ユーザーにとってより良い買い物ができるよう、オトクな車を紹介してくれる可能性が高いからです。

 

また、コミュニケーション能力の優れたスタッフがいる販売店もおすすめです。初めての車購入の場合、良き相談相手になってくれますし、オトクな車種や買い方を紹介してくれることもあるからです。

 

サポートがしっかりした販売店を選ぶ

納車後のサポート体制は、販売店によって大きく異なります。サポートがしっかりしている販売店を選んだ方が、その後のメンテナンスや修理もスムーズにおこないやすいでしょう。各種保証が充実しているところであれば、万が一に備えることも可能です。

 

新車はもちろんですが、中古車の場合は更にサポート体制を重視しましょう。中古品を選ぶ分、メンテナンスや補償について一層気を配る必要があるからです。

 

売却時のことを考えて車種を選ぶ

車を購入するときは、売却をすることも考えて車種選びをするのがおすすめです。買い替えにでも廃車でも、少しでも高く買い取ってもらいやすい車種を選ぶと、後々経済的なメリットも大きくなります。

 

人気のあるメーカーをチェックするのはもちろん、モデルチェンジ直後の新しいタイプも良いでしょう。多少値段は張りますが、売却時まで市場価値が下落しにくくなるため、査定額も上がりやすくなります。最終的には、次の車を購入する資金を増やすことにつながります。

 

初めて購入した車を維持するための費用(維持費)

車にかかる費用は、購入時の本体価格や初期費用だけではありません。日々乗り続けていくためには、さまざまな維持費が発生するのです。その具体的な内訳について、項目別に解説しておきます。

 

日常の運転にかかる費用

日常的に車を運転する場合、主にガソリン代、駐車場代、有料道路・高速道路料金がかかります。

 

ガソリン代なくして車を走らせることはできません。通勤や通学で毎日車を使用したり、走行距離が長かったりすると、ガソリン代はかなりの金額に及ぶこともあります。車種やガソリン価格にもよりますが、軽自動車の1カ月あたりのガソリン代は平均3,600円です。コンパクトカーであれば4,500円、SUVであれば8,000円ほどと言われています。

 

車を置いておくための駐車場代も欠かせません。自宅の敷地内に駐車場があれば良いですが、月極の駐車スペースを別途レンタルする人もいます。1カ月あたりの駐車場代は平均8,000円ほどですが、土地代の高い都心部などは更に高額になることもあります。

 

遠出をすることが多ければ、有料道路や高速道路代もかかります。レジャーや通勤など、使用道路や距離によって金額は大きく変わってきます。このように、日常的に車を運転するだけでも、まとまった維持費がかかることがわかります。

 

税金

車にはさまざまな税金が課されています。車を購入したときには、自動車取得税、自動車税、自動車重量税がかかります。

 

自動車取得税とは、50万円以上の車を購入した場合に発生します。税率は3%から5%です。自動車税は、走行の有無に関わらず納税義務があります。具体的な金額は車種によって変わりますが、1年間で3万円~10万円ほどです。

 

自動車重量税は、車の重さに課せられる税金です。0.5トン刻みで金額が変動し、1年間で平均10,000~20,000円ほどです。また自動車税と自動車重量税の場合は、エコカー減税が適用されます。条件がそろえば、税額の一部や全額が免除されることになります。

 

保険料

車の購入時、特にまとまった金額になりやすいのが保険料です。車の保険は、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)と任意保険があります。

 

自賠責保険は、別名「強制保険」とも言われ、車の購入時に全員が加入することになります。車種によって金額は異なりますが、1カ月あたり平均1,000円ほどとなっています。

 

任意保険は、自賠責保険でカバーしきれないトラブルの補償をしてくれます。車種はもちろん、補償の範囲やドライバーの年齢や事故歴によっても金額が異なるため、自分に合った保険を選ぶようにしましょう。

 

メンテナンス費用

車を安全に運転するためには、こまめなメンテナンスが必要になります。定期的な検査の費用はもちろん、検査結果によっては修理代やパーツ交換代が発生することもあるでしょう。具体的な金額は、業者や車の状態、交換するパーツによって大きく異なります。

 

そして購入時は発生しませんが、車を運転する以上2年ごとに車検代も必要です。車が公道を走行する上で、問題のない保安基準に達しているかどうかを検査しなければならないのです。こちらも値段は業者や車の状態で変わりますが、通常5万円から10万円ほどかかります。

 

ローンの金利

自動車ローンを組んで車を購入する場合、ローン金利も維持費のひとつです。具体的な金額は借り入れをしたローン先の規定によって異なりますが、月々総額の数パーセントを返済するのが一般的です。

 

自動車ローンを選ぶ際は、少しでも金利が低いところを選ぶようにすると節約しやすくなります。具体的な返済額をシミュレーションした上で、経済的な負担が大きくなりすぎないローンを契約しましょう。

 

まとめ

今回の記事では、初めて車を購入する場合にすべきことや、車の選び方について解説しました。

 

車を購入する際には、事前に予算や用途を念頭に入れた上で、慎重にメーカーや車種を選びましょう。その際、少しでもオトクに購入できるようコツを学んでおくのがおすすめです。そして車の本体価格だけではなく、税金や保険料をはじめとしたさまざまな維持費についても確認しておいてください。

 

ネクステージではサポート体制も充実させており、良質な車をご提供できるよう日々努力しています。初めてのカーライフを充実したものにできるよう、スタッフ一同全力でサポートいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。

気になる車種をチェックする