ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ダイハツは、軽自動車を中心に販売する自動車メーカーです。海外事業を展開する中でミニバンも販売していますが、日本国内でもミニバンの販売予定はあるのでしょうか。

 

この記事では、ダイハツが販売するミニバンの特徴やスペックを紹介します。ミニバンを探している方、ダイハツの人気車種を探している方に向けた情報もあるため、車探しの参考になるでしょう。

 

※目次※

1.ダイハツのコンパクトミニバンとは?

2.日本国内でダイハツのミニバンは販売されている?

3.ダイハツで人気の高いモデル5選

4.7人乗りできるおすすめのミニバン5選

5.まとめ

 

■POINT

・ダイハツは、ミニバン「シグラ」をインドネシアで販売している

・シグラはMT仕様のミニバン!国内ミニバンにはない魅力があるものの日本国内での販売予定はない

・ミニバンを探すのであれば、トヨタやホンダ、日産がおすすめ!

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ダイハツのコンパクトミニバンとは?

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ダイハツは、さまざまな軽自動車を販売する国内自動車メーカーですが、海外でも事業展開をしています。海外で販売する車のひとつがコンパクトミニバンの「シグラ」です。日本では聞きなじみのない車名ですが、どのような車なのでしょうか。

 

ここでは、シグラの特徴を紹介します。

 

インドネシア国際オートショーで登場した「シグラ」

ダイハツは国内のみならず、インドネシアでも事業展開をしています。インドネシアで生産される車のひとつが「シグラ」です。同じくインドネシアで生産する「アイラ」と共通のプラットフォームを採用し、高い燃費性能とリーズナブルな価格を実現しています。

 

2016年8月に初代モデルが誕生し、2022年7月にはマイナーチェンジが行われました。マイナーチェンジモデルは、トレンドに合わせてスポーティーさを増しています。

 

2023年8月に行われたインドネシア国際オートショー2023では、マイナーチェンジ後のシルバーモデルが展示され、注目を集めました。

 

新型コンパクトミニバン「シグラ」のスペック

シグラはグレードによるボディサイズの差はありませんが、パワートレインが異なります。以下は、グレードごとのスペックです。

グレード

D

(MT)

M

(MT)

X

(MT)

X

R

(MT)

R

(AT)

排気量(L)

1.0

1.2

シリンダー数

3気筒

4気筒

最大出力(PS)

67

88

最大トルク

(kgm)

9.1

11.0

ボディサイズ

(mm)

全長4,110×全幅1,655×高さ1,600

車両重量(kg)

920

935

965

985

965

990

最小回転半径

(m)

4.5

乗車定員(人)

7

※slide →

 

新型コンパクトミニバン「シグラ」の価格

インドネシアでの新車価格は、1億3,800万ルピア~1億8,160万ルピアです。日本円ヘは、約131万7,000円~173万3,000円に換算されます。

 

新車価格は、最も安いグレードが排気量1.0LのD(MT仕様)、最も高いグレードが排気量1.2LのR DLX(AT)です。300万円以上するミニバンも多い日本と比べると、価格は安く設定されています。

(2024年3月時点の情報です)

 

シグラの日本登場予定は?

シグラは、2016年8月の誕生から2022年5月までに、25万台を超える販売台数を記録するほどの人気車種です。

 

コンパクトサイズながら乗車定員は7人、スポーティーなエクステリアデザインなど国産ミニバンとは違った魅力を持ちますが、残念ながら日本国内での販売予定はありません。

 

特にMTを搭載した車は日本でも希少な存在です。日本国内でもMTモデルのシグラに高い人気が集まり、販売を望む声もあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

日本国内でダイハツのミニバンは販売されている?

2024年3月時点でダイハツにミニバンのラインアップはなく、軽自動車を中心に販売しています。ダイハツが日本国内でミニバンを販売しないのは、軽自動車を販売するメーカーのイメージが強いためです。

 

ホンダのように軽自動車と普通車の生産・販売を両立させる方法もあります。しかし、ホンダはユーザーが軽自動車へと流れたことで、普通車を購入するユーザーが減りました。

 

このように、全タイプの車を扱うのは困難といえます。ダイハツは、日本国内でミニバンを販売しても売れないという懸念もあり、日本に最適な軽自動車の販売を続けていると考えられます。

ダイハツで人気の高いモデル5選

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ダイハツは軽自動車を製造・販売するイメージがある方もいるでしょう。しかし、軽自動車だけでなく乗用車も販売しています。

 

軽自動車は維持費が安いなどのメリットがある一方で、4人までしか乗れません。ファミリーカーとして使いたい方は、普通車も視野にいれましょう。ここでは、ダイハツの人気車種を5つ紹介します。

 

タント

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

タントは、ミラクルオープンドアを採用した利便性の高い軽自動車です。

 

センターピラーをドアに内蔵したことで、フロントドアとスライドドアを開いた際に大きな開口部を実現しています。親子が並んで乗車できるほど広く、大きな荷物もスライドドア側から積載が可能です。

 

一部グレードを除き、運転席・助手席にはシートヒーターが備わっています。座面と背面がヒーターで温められ、冬場の運転を快適にする便利な機能です。

(参考:『タント(ダイハツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ムーヴキャンバス

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ムーヴキャンバスは、シックなモノトーンカラー、かわいらしさを感じる2トーンカラーと異なるスタイリングが展開されています。選ぶスタイリングによってドアトリム、インパネ、シートカラーも変わり、他のユーザーと差別化したい方にもおすすめです。

 

単に収納スペースを確保するのではなく、女性の声を参考にレイアウトするなど収納力の高さにもこだわっています。

(参考:『ムーヴキャンバス(ダイハツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ミライース

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ミライースは、新車価格100万円以下で購入可能なグレードがある軽自動車です。価格は低いものの、燃費性能や安全性能などは高い水準にあります。燃費(WLTCモード)は23.2km/L~25.0km/Lと駆動方式による差はあるものの、グレード間での差はありません。

 

安全性能面では、衝突回避支援システム「スマートアシストIII」が搭載されています(グレード別)。車・歩行者との衝突回避、ペダル踏み間違いによる誤発進などを防ぐ機能です。

(参考:『ミライース(ダイハツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

タフト

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

タフトは、タフさを感じさせるSUVデザインが特徴の軽自動車です。ルーフには「スカイフィールトップ」と呼ばれるガラスルーフが採用され、圧倒的な開放感と、これまでとは違った景色が見えるドライブを楽しめます。

 

軽自動車のため排気量は660ccですが、アプローチアングル27度・ディパーチャーアングル58度を確保する他、高い最低地上高などにより悪路走破性も高いことから、未舗装路でも力強い走行が可能です。

(参考:『タフト(ダイハツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ロッキー

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ロッキーは、5ナンバーサイズのコンパクトボディながら、SUVらしい力強く存在感のあるエクステリアデザインが特徴です。リアシートに人が座った状態でも最大449Lの荷室容量を確保が可能で、さまざまなライフスタイルに対応します。

 

前後シートの間隔が900mmあることに加え、頭上にもゆとりある空間を持たせることで、リアシートに大人が座っても快適なドライブが可能です。

(参考:『ロッキー(ダイハツ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

7人乗りできるおすすめのミニバン5選

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ミニバンは、大人数で旅行する場合や大きな荷物を積む場合に役立ちます。国内ではダイハツからミニバンの販売はありませんが、他のメーカーからはさまざまなミニバンが販売されています。ここでは、7人乗りが可能なミニバンを5車種紹介します。

 

トヨタ シエンタ

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

シエンタは、トヨタが販売する最小サイズのミニバンです。コンパクトサイズながらも室内高さを1,300mm確保したことで、子どもが立ったままでも着替えられる広さがあります。

 

フロントシートはウォークスルータイプのため、運転席からセカンドシートにアクセスするために外へ出る必要がありません。

 

安全機能として、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載しています。ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、一般道路から高速道路まで幅広い走行シーンでドライバーのサポートが可能です。

(参考:『シエンタ(トヨタ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

トヨタ ヴォクシー

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ヴォクシーは、シエンタにはないITS Conenct、フロントクロストラフィックアラートを採用し、安全性能を高めたミニバンです。

 

ITS Conenctは、車同士もしくは車と道路の通信により安全運転をサポートします。フロントクロストラフィックアラートは、交差点進入時など死角にいる車を検知して注意喚起する機能です。

 

ハイブリッドモデルには新型ハイブリッドシステムを採用し、シームレスな加速と高い燃費性能を両立させています。

(参考:『ヴォクシー(トヨタ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ホンダ フリード

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

フリードは、乗車定員7人のグレードでも5ナンバーサイズに収まるコンパクトミニバンです。

 

最小回転半径も5.2mと小さく、駐車時の切り返しや狭い道の運転時に取り回しやすさを感じられるでしょう。タイヤの切れ角もモニタリングできることから、運転が苦手な方も安心です。

 

サードシートの片方を跳ね上げると、ベビーカーを立てた状態で載せられます。低床設計かつ荷室開口幅が大きく、重い荷物もスムーズに載せ降ろしできるのが魅力です。

(参考:『フリード(ホンダ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

ホンダ ステップワゴン

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

ステップワゴンは、セカンドシートとサードシートをフラットにすることで長尺物を載せられるだけでなく、車中泊としても利用が可能です。

 

サードシートは厚みのあるクッションで仕立てられ、座面位置を高くして乗り心地を高めています。サードシートの肩口にあるストラップを引くと床下へ格納され、素早く荷室を拡大できるのが特徴です。

 

ハイブリッドモデルには、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」が備わっています。日常生活の多くをモーター走行することで、燃費性能向上に貢献するハイブリッドシステムです。

(参考:『ステップワゴン(ホンダ)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

日産 セレナ

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

セレナは、ミニバントップクラスの室内長さと幅を持つ車です。セカンドシートには、最大640mmのロングスライド機構が備わっており、子どもが着替えられるほどの広いスペースを簡単に確保できます。

 

狭くなりがちなサードシートにもスライド機構が設けられている他、スライドドアの開閉もサードシートから操作できるのも魅力です。

 

バックドアは、通常の開閉とは別にバックドアの上部のみを開閉できる「ハーフバックドア機能」を採用しています。狭い駐車場など後方の障害物と距離が近いシーンでも、車を動かすことなく荷室にアクセス可能です。

(参考:『セレナ(日産)の中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

まとめ

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

インドネシアでは、ダイハツのコンパクトミニバン「シグラ」が販売されています。現地で人気を得ているものの、日本国内での販売は予定されていません。

 

日本国内で人気のあるダイハツ車種は、SUVタイプのタフトやロッキー、燃費性能にも優れたミライースやタントなどの軽自動車です。

 

ミニバンを探しているのであれば、トヨタ ヴォクシー、ホンダ ステップワゴンなどをおすすめします。同じ乗車定員でも、燃費性能や利便性、走行性能、積載性が異なるため、自分のライフスタイルに合ったミニバンを探しましょう。

 

PR人気のミニバンを一気見

ヴォクシー

NEW
ヴォクシー ZS 煌Ⅱの中古車画像

ZS 煌II

禁煙車 両側パワースライドドア ナビ フリップダウンモニター バックカメラ LEDヘッド LEDフォグ ETC トヨタセーフティセンス スマートキー リアエアコン レーンキープ 純正16インチAW

274.9 万円

アルファード

NEW
アルファード 2.5S Cパッケージの中古車画像

2.5S Cパッケージ

サンルーフ フリップダウンモニター 禁煙車 両側電動スライドドア バックカメラ Bluetooth再生 レーダークルーズコントロール 純正ディスプレイオーディオ シートベンチレーション ETC

559.9 万円

ヴェルファイア

NEW
ヴェルファイア 2.5Z Aエディションの中古車画像

2.5Z Aエディション

純正10インチナビ フリップダウンモニター 禁煙車 両側パワースライドドア レーダークルーズコントロール トヨタセーフティーセンス 禁煙車 バックカメラ ドライブレコーダー Bluetooth接続

397.9 万円

アルファード

NEW
アルファード 2.5S Cパッケージの中古車画像

2.5S Cパッケージ

大型サンルーフ 後席モニター 衝突軽減装置 両側電動スライド 純正9型ディスプレイオーディオ レーダークルーズ リアカメラ ETC ドラレコ デジタルインナーミラー 電動リアゲート 3眼LEDヘッド

579.7 万円

ヴェルファイア

NEW
ヴェルファイア 2.5Z Gエディションの中古車画像

2.5Z Gエディション

禁煙車 フリップダウンモニター 純正10型ナビ 両側電動スライドドア レーダークルーズコントロール バックカメラ Bluetooth再生 ETC ステアリングヒーター パワーシート LEDヘッド

383.4 万円

セレナ

NEW
セレナ ハイウェイスター Vセレクション+セーフティⅡ S-ハイブリッドの中古車画像

ハイウェイスター Vセレクション+セーフティII

純正ナビ 衝突軽減装置 後席モニター アラウンドビューモニター ETC 両側パワスラ オートエアコン リヤオートエアコン クルコン スマートキー アイドリングストップ オートライト

114.9 万円

セレナ

NEW
セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージの中古車画像

ハイウェイスター S-ハイブリッド アドバンスドセーフティP

純正8インチナビ アラウンドビューモニター 両側電動スライドドア エマージェンシーブレーキ クルーズコントロール ETC装備 ドライブレコーダー装備 LEDヘッドライト 16インチアルミホイール

116.7 万円

セレナ

NEW
セレナ ハイウェイスター S-ハイブリッド Vセレクションの中古車画像

ハイウェイスター S-ハイブリッド Vセレクション

フリップダウン 純正8型ナビ クルコン 両側電動スライドドア 禁煙 バックカメラ フルセグ Bluetooth ETC HIDヘッド コーナーセンサー オートライト オートエアコン

99.9 万円

もっと見る >

※価格は支払総額

 

▼ライタープロフィール

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

畠山達也

自動車Webライター

自動車免許のほか、一級自動車整備士、フォークリフト運転免許などを保有するライター。自動車メーカーや部品業界に携わった際の知識や経験を活かし、Webメディアを通して「車の楽しさ」を発信している。

 

豊富なラインアップのネクステージ中古車情報をチェック!

いかがでしたか。今回の記事が中古車購入を検討しているあなたの参考になれば幸いです。

 

ネクステージでは、他店に負けない数多くの中古車をラインアップしていますので、中古車の購入を検討されている方は、ネクステージの公式Webサイト上で最新の在庫状況をチェックしてみてください。また中古車購入に際して、ネクステージ独自の保証もご準備しております。お気軽にお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ダイハツのミニバンが登場する?インドネシアで公開された新型モデル情報

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ