中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

アウトランダーは三菱から販売される歴史の長いSUVです。現在3代目のアウトランダーが販売されていて、2代目アウトランダーからPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが存在し、世の中に広まるきっかけとなりました。

 

PHEVの新車は高価でハードルが高く感じられるかもしれませんが、型落ちモデルのPHEVだと手ごろな価格で購入できます。ここではアウトランダーの歴史とPHEVをおすすめする理由を紹介します。

 

※目次※

1.中古SUVのPHEV探しならアウトランダーがおすすめ!

2.中古のアウトランダーを買うならどの年式がおすすめ?

3.2代目アウトランダーは2015年にデザイン変更が行われている

4.2018年のマイナーチェンジではさらに性能が高まっている

5.ネクステージでPHEVの中古車を探してみよう

6.まとめ

 

■POINT

・2021年にフルモデルチェンジを行ったアウトランダーは、型落ちになった2代目が狙い目

・2代目アウトランダーのビッグマイナーチェンジで見た目や安全性能が大きく向上。おすすめはビッグマイナーチェンジ後のモデル

・新車では高額だったPHEVも中古なら100万円台から購入可能

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ネクステージでPHEVの中古車を探してみよう

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

最近国内でもPHEVが多く販売されるようになりました。EVやPHEVは自動車税の減税や補助金の対象になるので、維持費を抑えられるというメリットがあります。またPHEVについてはガソリン給油と給電の両方でエネルギーを補充できるので、遠出先で電欠の心配もありません。

 

そのようなメリットがたくさんあるPHEVですが、新車で購入しようとするとやはり高額ですのでPHEVを検討している場合は中古車の購入がおすすめです。

 

SUVのPHEVは少ない

アウトランダーを含めてもSUVのPHEV車はごくわずかしか存在しません。外国車ではBMWに2モデルとボルボのみです。国産車となると、RAV4とエクスリプロスが存在しますが、現状どちらも市場にほぼ出ていません。

 

このようにSUVのライバルPHEV車が少ないことから、アウトランダーの中古は一層注目を集めています。

 

旧モデルがある

2021年2月にアウトランダーはフルモデルチェンジし、新型モデルになりました。北米で先に販売され、2021年秋に日本で販売が開始されています。三菱自動車の技術を集約し、新型クロスオーバーSUVとして高い操縦性と走破性を追求しています。

 

新型モデルが新しく販売されたため、型落ちモデルの中古相場がさらに下がるきっかけとなりました。できるだけ安く手に入れたい場合は、アウトランダーの型落ちモデルを検討してはいかがでしょうか。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

中古のアウトランダーを買うならどの年式がおすすめ?

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

PHEVにかかわらずアウトランダーの購入を考えている場合、3世代の中でどの年式を選べば良いか迷うこともあるのではないでしょうか。アウトランダーは20年以上の歴史を持っているため、その分選択肢も広がります。

 

ここではアウトランダーの歴史と、コストパフォーマンスに優れたおすすめの年代を紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

 

2001年の登場から進化を続けている

2021年に発売された現行モデルですが、アウトランダーが三菱から初めて発売されたのは今から22年前の2001年です。しかし発売当初の名称はアウトランダーではなく「エアトレック」という名前でした。その後2005年に名称がアウトランダーとなり、現在まで多くの人に親しまれています。

 

そして2012年にアウトランダーは初めてのフルモデルチェンジが行われ、2代目モデルが登場しました。この2代目モデルの特徴はなんと言ってもPHEVモデルの存在です。これが世の中にPHEVの存在を広めるきっかけとなりました。

 

狙い目は価格が下がる2代目モデル

歴史の長いアウトランダーですが、一番の狙い目は2012年から2021年に販売されていた2代目モデルです。現行モデルが3代目に当たるので、旧型の2代目は中古相場が落ちやすくなります。

 

しかし2代目モデルは2021年まで発売されていたため、型落ちと言っても比較的新しい年式のモデルを手に入れることができます。ネクステージで2023年3月現在、取り扱っている2代目アウトランダーは159万9,000円から362万2,000円と、200万円を下回る車も多くあります。

(参考:『アウトランダーPHEV(三菱)の中古車一覧|中古車の【ネクステージ】』

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

2代目アウトランダーは2015年にデザイン変更が行われている

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

発売から現在まで2回のフルモデルチェンジが施されていますが、2015年に2代目モデルのビックマイナーチェンジが行われました。

 

同じ2代目モデルでもこのビックマイナーチェンジによってデザインが大きく変わるので、2代目モデルの購入を検討している場合は要チェックです。ここではビックマイナーチェンジで変わった点を解説します。

 

内外装が一新

エクステリアから見ると、まずフロントグリルに「ダイナミックシールド」を採用しました。ダイナミックシールドは三菱が開発した新フロントデザインコンセプトで、その名の通りダイナミックで力強い印象を感じられます。さらにヘッドライトとテールランプがLED化したことで先進的な見た目になりました。

 

インテリアはグレードごとに異なりますが、それぞれ充実度がアップしています。グレード共通でステアリングホイールが4本スポークタイプデザインに新しく変わりました。表皮には、手にフィットしやすいスムースレザーが使用されています。その他、漆箱のようなセンターコンソール、一部で標準装備となっている本革シートなどから高級感のあるデザインとなりました。

 

操作安定性と静粛性の強化

サスペンション取り付け部の剛性アップやリヤのショックアブソーバーのシリンダー大径化により、走行における操作安定性がアップしました。

 

さらに30点以上吸音材や遮音材などの改良が施されたことで、エンジン音やノイズを大幅に遮断できるようになっています。スムーズな操作と安定した走りに加え静粛性も手に入れたことで、より快適な走りを実感できる車に変わりました。

 

燃費と航続距離の向上

EV制御の最適化やモーターの見直しにより発進時や市街地での加速性能が向上しました。結果として前期に比べて燃費、航続距離ともにアップしています。グレードごとに異なるので以下の表を参照してください。

 

G Premium Package

その他のグレード

燃費(JC08モード)

20.0km/L

20.2km/L

航続距離

60.2km

60.8km

※slide →

 

安全性能と快適装備の向上

中期 アウトランダーPHEVは安全性能と快適装備も向上しました。まず安全装備では「誤発進抑制機能」がメーカーオプションとして装備可能です。真上視点から周囲を確認できる「マルチアラウンドモニター」は標準装備に設定されました。

 

一方の快適装備には「運転席パワーシート」や「ステアリングヒーター」最上級グレード限定で最大1500Wの家電を使える「100V AC電源」も標準装備となっています。ただし、ベースグレードのMだけはこれらの装備の大半が対象外となっているため注意してください。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

2018年のマイナーチェンジではさらに性能が高まっている

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

2015年のビッグマイナーチェンジで見た目や安全性能が大きく変わった2代目アウトランダーですが、2018年のマイナーチェンジでも変わった点があります。それは搭載エンジンです。

 

搭載エンジンが変わったことで走行性能も向上しているので、走行性能を重視する場合は参考にしてみてください。

 

エンジンが拡大

後期型の大きな変更点がエンジン排気量です。これまでは2.0Lでしたが2.4Lエンジンに拡大されました。カタログ燃費(JC08モード)は18.6km/Lと下がっていますが、実燃費は少し向上しています。これは排気量が上がったことで熱効率、発電効率がアップしたためです。

 

EV領域を拡大

後期型アウトランダーPHEVのバッテリーに目を宛てると、容量が15%アップ、出力は10%アップしています。これにより航続距離が65kmに伸びた上に、EV走行による加速性能も向上しました。

 

装備の充実化

2018年にヘッドライトがハイビームも含めてフルLEDに変更、ルーフスポイラーの装着など、機能的にも見た目にもアップデートされています。フロントグリルも引き締まったデザインに一新されました。

 

インテリアも同様で、フロントシートのホールド性アップ、後席用にエアコン吹き出し口の追加など、快適な室内空間が構築されました。このように内外装ともに充実した装備となっています。

 

S-AWCの改良

三菱が誇る車両運動統合制御システム「S-AWC」に改良が施されました。従来の「NORMAL」と「LOCK」といった2つのモードに加え、ワイディングロードでの加速に適した「SPORT」冬道に適した「SNOW」という合計4つのモードで構成されています。

 

これまで冬道の走行もLOCKが担っていましたが、これらが細分化されたことでLOCKはオフロードに適した走行に集約されました。適材適所でより最適な走行モードを選択できるようになっています。

 

PR三菱のSUVラインアップ

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Gプレミアムパッケージの中古車画像

Gプレミアムパッケージ

誤発進抑制装置 コーナーセンサー ロックフォードサウンド 純正ナビ 全周囲カメラ レーダークルーズ ETC ドラレコ AC100V電源 茶革シート シートヒーター パワーシート LEDヘッド

199.9 万円

アウトランダー

NEW
アウトランダー Gの中古車画像

4WD 7人乗り 禁煙車 純正HDDナビ バックカメラ ロックフォードサウンドシステム ETC HIDヘッドライト 革巻きステアリング ステアリングスイッチ パドルシフト オートエアコン フォグライト

49.9 万円

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Pの中古車画像

4WD 7人乗り 9インチディスプレイ BOSEサウンド eアシスト 全周囲カメラ 黒革シート レーダークルーズ ドライブレコーダー シートヒーター パワーバックドア メモリー付きパワーシート

514.9 万円

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Gナビパッケージの中古車画像

Gナビパッケージ

4WD 禁煙車・Eアシスト・メーカーナビ・マルチアラウンドモニター・パワーバックドア・AC100V電源・ETC・LEDヘッド・オートライト・純正18インチアルミ・リモートコントロール・スマートキー

229.9 万円

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Pの中古車画像

禁煙車 9型ナビ フルセグ 全周囲カメラ BOSEサウンド 衝突軽減 レーダークルーズ レーンアシスト オートマチックハイビーム クリアランスソナー 電動リアゲート シートヒーター LEDヘッド

474.9 万円

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Gリミテッドエディションの中古車画像

Gリミテッドエディション

4WD ALPINEフローティングナビ 三菱e-assist レーダークルーズコントロール AC1500W シートヒーター LEDヘッドライト パワーシート ステアリングヒーター ETC バックカメラ

189.9 万円

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Gプラスパッケージの中古車画像

Gプラスパッケージ

禁煙車 eーアシスト 純正ナビ 全周囲カメラ ETC Bluetooth パワーバックドア ハーフレザーシート LEDヘッド ブラインドスポットモニター ステアリングヒーター シートヒーター

250.0 万円

アウトランダーPHEV

NEW
アウトランダーPHEV Gナビパッケージの中古車画像

Gナビパッケージ

禁煙車 Eアシスト メーカーナビ マルチアラウンドモニター パワーバックドア AC100V電源 ETC LEDヘッド オートライト 純正18インチアルミ リモートコントロール スマートキー

209.9 万円

もっと見る >

※価格は支払総額

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

ネクステージでPHEVの中古車を探してみよう

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

アウトランダーをはじめとするPHEVをお探しの方は、ネクステージの中古車をチェックしてみてはいかがでしょうか。まだ流通が少ないPHEVですが、ネクステージでは多数取り扱っています。

 

お好みの条件に合わせて絞り込むことも可能ですのでぜひご利用ください。

 

気になる車種を全国の在庫から探せる

PHEVの流用は日々増えつつありますが、ガソリン車やハイブリッド車と比べるとまだまだ在庫数は少ないです。しかしPHEVはガソリン車とEVのメリットを兼ね備えた良さがあるのでおすすめです。

 

ネクステージは3万台を超える豊富な在庫数なため、流通の少ないPHEVでも希望の条件にあった一台に出会える可能性が広がります。

 

長期保証でカーライフのサポートが受けられる

ネクステージではお客様に合わせたさまざまな保証プランをご用意しています。10年の長期保証プランも用意しているので、長く乗り続けたい人は任意保険と保証プランを上手に活用することもできるでしょう。

 

無料保証もあり、最寄りにネクステージの店舗が無い場合も保証対応が受けられます。遠方へのお出掛け時の急なトラブルに備えながらカーライフを楽しみましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

まとめ

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

今回はアウトランダーやPHEVについてご紹介してきました。アウトランダーは長い歴史の中でいち早くPHEVモデルを取り入れた三菱の代表車種です。そして走行性能や安全性能も高く、ファミリーカーとしての要望にも応えてくれます。

 

アウトランダーやPHEVをお探しの場合はネクステージのWebサイトから条件を絞り込み検索ください。気になる一台が見つかった場合、詳細ページからお問合せいただくとスムーズです。

 

 

・ライタープロフィール

兵頭 倫果(ひょうどう りんか)

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

大学時代は工学部で電気の分野を専攻し、電気自動車やソーラーカーの製作に励む。大会への出場あり。大学卒業後は国産自動車メーカーに技術者として入社。後に退職し、現在はフリーランスで、「若者にも響かせる」をモットーにYouTubeやライティング活動を行っている。1998年生まれの24歳。

 

良質車、毎日続々入荷中!誰よりも早くチェック!

中古SUVのPHEV探しのおすすめはアウトランダー!歴代モデルの特徴とは

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ