車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車の買い替えを考えている方の中には、買い替えの適切な時期やタイミングが分からずに悩んでいる方も多いでしょう。特に何も考えずに車を購入してしまい、後悔につながってしまう場合もあります。

 

「もう少し早ければ、あるいは遅ければもっとお得に買い替えることができたのに」と後悔しない方法はあるのでしょうか。

 

この記事では、車買い替え時に出来る後悔しないための対策や、車買い替え時に後悔したら改善できる方法について解説します。

 

※目次※

1.車の買い替えで後悔した!乗り続ける方が良い?

2.車の買い替えで後悔しないためのチェックポイント!

3.車の買い替えで後悔しやすいケース6選

4.車の買い替えで後悔した時にできる対処法

5.車の買い替えは後悔しないためにタイミングも選ぼう!

6.車の買い替えで後悔しないために確認しておきたいポイント

7.後悔しない車の買い替えはネクステージを活用しよう!

8.まとめ

 

■POINT

・車の買い替えで後悔したら、まずは乗り続けるか買い替えるか検討しよう。

・車を買い替えをするなら、後悔しやすいケースや買い替えに適したタイミングを押さえよう。

・車の買い替えは、中古車探しから買取までまとめて行えるネクステージの利用がおすすめ。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えで後悔した!乗り続ける方が良い?

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

せっかく車を買い替えたのに、思っていたような性能ではなかったり、ボディカラーに飽きてしまったりして後悔することがあります。この場合は、今の車に乗り続けるか、再び買い替えるかの2択になるでしょう。

 

ここでは、車の買い替えで後悔した際に「乗り続ける」「買い替えをする」それぞれの場合におけるメリット・デメリットを解説します。

 

車に乗り続けるメリット・デメリット

今の車に乗り続ける場合の利点は、維持費やメンテナンス費用のみで済むことが挙げられます。仮にローンを組んでいたとしても、新たにローンを組むよりも早い完済が可能です。

 

ただし、乗り続けることで愛車の価値が低下していく点にも注意しましょう。特に10年以上乗り続けると部品の交換も増え、修理費用が高額になります。そのため、買取価格が付くうちに売るという選択肢も持っておくと良いでしょう。

 

また、ガソリン車は新規登録から13年経過、ディーゼル車は11年経過すると増税となる点や先進技術の恩恵が受けられない点もデメリットと言えます。

 

車買い替えのメリット・デメリット

車を買い替えをするメリットは、修理代金を抑えられることです。長期間保有している場合に比べて、短期間で車の買い替えを行う場合のほうが故障の頻度も低いと言えます。

 

しかし、車の買い替えでは、「車両代金」「法定費用」「諸費用」といった初期費用がかかる点がネックです。特に、3年以内の買い替えなら車検を更新することなく、高く売れますが、ローン状況なども含めた総合的な判断が大切と言えます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えで後悔しないためのチェックポイント!

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車買い替え時に後悔しないための対策としては、様々なアプローチがあります。まず事前に、車の使用用途や利用期間を確認したり、維持費を払えるかどうかを想定しておく必要があります。

 

それから欲しいと思った車を素直に購入したり、トラブルを減らすために信頼できるお店を利用するなど、車の購入前〜購入まで様々な対策を講じることができます。

 

使用用途を確認する

まず車の買い替え時に確認すべきことは、「どのように車を使用するか」ということです。車を購入する理由は人それぞれ違います。「通勤で使いたい」という方もいれば、「買い物や旅行に使いたい」という方もいるでしょう。

 

車は、使用用途によって向いている車両があります。例えば旅行に使うために車を購入するとすれば、大容量のワンボックスやミニバンなどが向いており、逆に軽自動車はあまり向いていないと言えます。このように使用用途を確認しておくことは重要でしょう。

 

維持費を支払い続けられるか確認する

車買い替え時の後悔で多いのが、「車の維持費が生活を圧迫している」というものです。車は税金や整備費がかかるため、当初想定していたよりも生活が苦しくなってしまうことがあります。

 

車を購入すると同時に、その購入費用や維持費の目安を確認しておき、自身の生活に合った金額感かどうかを見定めるようにしましょう。詳細な分析が難しいという方は、「無理なく所有できるかどうか」を基準に選択してください。

 

利用期間を確認する

「自分がその車にどれくらいの期間乗車するのか」を考えておくことも重要です。例えば「1年間だけ通勤に車を使う」というケースを想定すると、車を購入するよりも、レンタカーやカーリースなどの方がコストを抑えることができるか能性があります。

 

他にも「旅行の時だけ車を使用するが、旅行の頻度はそんなに多くない」のであれば、先程と同様、レンタカーなどのサービスで足りるかもしれません。車を購入する前に、利用期間の目安を確認しておき、コストパフォーマンスを良い方を選択するようにしましょう。

 

自分が気に入った1台を購入する

車は生活の一部になり、非常に長い時間を共にすることになります。コストパフォーマンスや機能を重視することも良いのですが、「自分が気に入った車を購入する」のが何よりも大事です。

 

例えば「見た目が好きではないが、比較的安く、機能も悪くない」という理由で妥協した結果、後悔するというケースがあります。欲しいと感じる好みの車両を探し出すためにも、品揃えの豊富なお店を見てみると良いでしょう。

 

信頼できる販売店を利用する

車は「購入すればそれで終わり」というわけにはいきません。数年後に車検を受ける必要がありますし、車自体に不調が生じることもあります。例えば「あまり信頼していないお店で車を購入し、車の故障や傷が発覚したものの、アフターケアが何もなかった」というケースもあります。

 

購入時や購入後のトラブルを防ぎ、安心・安全なカーライフを送るためにも、信頼できるお店を利用するようにしましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えで後悔しやすいケース6選

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車買い替え時に後悔しやすいケースに共通するのが、「事前にしっかりと計画を立てていない」という点です。安さや人気で車を選んでしまった場合や、デザインだけで車を選んでしまった場合などに後悔しやすい傾向があります。

 

ここではそうした車の購入を後悔しやすいケースから、車の買い替えで多い後悔の事例6つを取り上げて解説するので参考にしてみてください。

 

安さや人気で車を選んでしまった場合

車買い替え時に後悔しやすいケースとして、「お買い得車」などの言葉に乗せられ、安さや人気で車を選んでしまうパターンが挙げられます。例えばカーディーラーでは、決算月や新春初売りなどで、車を安売りするキャンペーンをしばしば行います。

 

しかしこうしたお買い得車は、低グレードであることが多く、「実際にはあまりお買い得ではない」こともあります。「これが安いと話題だから」「これが人気だから」と飛びつくのではなく、自分本来の価値基準を持っておくことが重要です。

 

車両のデザインだけで選んでしまった場合

現在はSUVが世界的トレンドになっており、そうした車両に魅力を感じる方も多いでしょう。しかし車両の魅力だけで選んでしまい、「SUVでは大人数を乗せられない」「軽自動車で足りる」という不満を抱えてしまうこともあります。

 

また車両のデザインはとても重要ですが、デザインだけで購入を決めてしまうのも危険です。デザイン的に気に入ったものを購入したが、自分が必要としている機能が付いていなければ、最終的にフラストレーションを抱えることになります。

 

購入費用の負担をローンで分散した場合

「購入費用が一括で用意できないからローンを利用する」という方は多くなっています。実際、短期的には預金の減少を抑えられるため、預貯金が少なければローンを利用するメリットも大きいのです。

 

しかしローンには必ず金利が発生するため、費用の総額は一括購入よりも大きくなります。またローンは定期的に返済をしなければならないので、月々の支払いの負担が家計を圧迫することも考えられるでしょう。ローンを組む場合はシミュレーションを行うことが大切です。

 

自分のライフスタイルに合わない車を買った場合

今後のライフスタイルが変化することを考えずに、現在の用途に合わせて購入することで後悔するケースもあります。子供が大きくなるにつれて車内が狭く感じたり、大人数で乗れる車を買っても、すぐに夫婦でしか乗らなくなることもあるでしょう。

 

車を購入する前に、何年間乗る車なのかイメージしてみるのがおすすめです。仮に5年間乗るのであれば、その時まで飽きずに乗れるのか、性能が衰えないかといった視点で選ぶようにしてみてください。

 

購入時に売却することを考えていなかった場合

車の売却価格を考えずに購入したために、車を手放す時に後悔してしまうというケースもあります。車の再販価格(リセールバリュー)が高い車のタイプの一例は下記の通りです。

 

・ミニバン

・SUV

・セダン

 

また、上記のタイプでなくても、買取価格が大幅に下がるフルモデルチェンジ前に売るのも手でしょう。将来の買い替え費用を軽くしたいなら、リセールバリューの高い車も含めて、幅広い選択肢を持つのがおすすめです。

 

環境性能や自分の運転技量に見合わない車を選んだ場合

ガソリン代が想定よりも高くなることがあり、車の燃費性能を気にしなかったことを後悔する場合もあるでしょう。軽自動車や普通自動車でもコンパクトカーのように、燃費性能に優れている車を選択肢に入れておくことが大切です。

 

また、車の運転に慣れていないのに、車庫入れや車庫出し、細い道の走行に不向きな車を購入してしまうケースもあります。車選びは性能や外観だけでなく、自分の運転技量に見合ったものであるかも十分に考慮しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えで後悔したときにできる対処法

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車買い替え時に後悔した場合、早めに動き出すことによって、その状況を改善できる可能性があります。

 

例えばアフターパーツを調べることによって、現在の不満が解消できるかどうかを見極めることができます。また車を購入してから1年未満であれば買取額が高くつくので、再び車の買い替えを行うことができます。

 

オプション追加の有無で対応できるか調べる

新しく購入した車で後悔した場合、その車のどこに後悔したのかを分析してみましょう。基本的に購入の後悔は「乗っている時の不便」から生じることが多く、新しくパーツを取り付けたり、逆に後から取り外しのできるオプションを外すことで改善することができます。

 

普段の使い勝手が悪い場合は、アフターパーツで補えないかどうかを調べてみましょう。また車の機能に不満がある場合は、機能を改善できるパーツがないかを確認してみることも大事です。

 

再度買い替えることも検討する

買い替え後すぐに不満が発生した場合は、もう一度買い換えることを検討してみても良いでしょう。新車を購入した場合、買い替えしてから1年未満であれば、かなり高い買取金額を期待することができます。車は乗れば乗るほど、時間が経てば経つほど価値が下がっていくものなので、できるだけ早めに査定を済ませておきましょう。

 

すぐに買い替えを行うことで、負担を最小限に抑えたまま、新しい車を手に入れることができます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えは後悔しないためにタイミングも選ぼう!

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車業界の事業によって、お得になる買い替えの時期があります。またイベントや業界・メーカーの動きなどに注目して買い替えるタイミングもあり、これらの節目を活用することで賢い購入を行うことが可能です。

ここでは「決算期」「車検前」など代表的なものをはじめ、車の買い替えに適したタイミングを解説していきます。

 

決算期

自動車販売業界において、年度末決算期が行われる3月と、飯決算期が行われる9月の2つが「もっとも忙しい時期」になります。そして車が安くなる時期でもあるため、一般的に「車は決算期に買うとお得」とされています。

 

なぜ決算期に車が安くなるかというと、各販売店では売り上げ目標が設定されており、目標を達成するための最後の追い込みが発生するからです。特に年度末は積極的な販売を行うので、結果的に車を安く購入することができるようになります。

 

ライフスタイルが変わった時

プライベートで車を使用する場合は、家族構成やライフスタイルが大きく関わってきます。夫婦2人で2シートのスポーツカーに乗っている場合、子供ができるとチャイルドシートや荷物を多く積むことのできる車が必要です。

 

あまり運転に慣れていない場合は、軽自動車やコンパクトカーなど小回りが利きやすい車が向いているでしょう。また通勤用として車が必要なら、維持費の安い車を選ぶのも選択肢の一つです。

 

モデルチェンジされる前

よりお得に安全な車への買い替えを希望する場合は、モデルチェンジされる前の車に買い替えることもおすすめです。

 

モデルチェンジ前で、しかもモデルチェンジに関する情報がすでに出回っている場合、多くの販売店は、モデルチェンジ前の車種の価格を大幅に下げる傾向にあります。モデルを気にしなければ、よりお得な価格で中古車を購入可能です。

 

モデルチェンジ前の車は、安全面でもおすすめできます。新モデルの車は、よくリコールがかかったり、不具合による修理が発生したりすることも少なくありません。モデルチェンジ前の車なら、故障原因について十分な検証が済まされており、微細な箇所の点検がされていることも多くなっているでしょう。

 

そのため故障のリスクが新モデルよりも少なく、より安全に使用できます。

 

年式が10年落ちになる前

新車として登録してから10年が経過すると、その車の価値は急減してしまいます。10年間使用した車は消耗が進み、故障なども多くなってしまうためです。買い換えを検討している方は、10年落ちになる前に売却してしまうことをおすすめします。

 

さらに、10年経過した車は故障や不具合が起こりやすくなっていくので、維持費がかさんでしまうことも考えられるでしょう。13年経過すると、重量税や自動車税が増額してしまうというため、車をお得に買い替えるのであれば10年落ちになる前がおすすめです。

 

走行距離が10万kmを超える前

前述した「10年落ち」というのは一つの買い替えの目安になりますが、経過年数だけでなく、「走行距離10万km」というのも目安となります。経過年数が同じでも、人によって使用頻度や距離が異なるため、消耗度合や故障のしやすさは変わってくるからです。

 

10年経っていない車でも、走行距離が非常に長い場合は安価な売却になる可能性が高いので、走行距離も併せて確認しておきましょう。

 

車検を受ける前

高額なお金もかかるので、できれば車検前に買い替えたいという方も多いのではないでしょうか。今の車に高額な費用をかける前に買い替えた方が車検代の節約になります。

 

ただし、車検のタイミングの直前に車を売りに出すと、買い取り価格が安くなるケースもあるため注意が必要です。車検が残っているうちに買い替えることで、買取価格が車検切れ状態よりも高くなり、お得に買い替えることができるでしょう。

 

車に不具合が出た時

大切に乗ってきた車でも、空調の故障、オイル漏れなど、不具合が出ることもあるでしょう。

 

不具合が出ても修理に出せばまた乗れると思い、修理に出してみたら、予想よりも高額な修理費を請求されたという経験がある方も多いのではないでしょうか。高額な修理費用がかさむくらいなら、買い替えた方が得な場合があります。

 

不具合があるまま乗り続ければ思わぬ事故につながる恐れがあるため、安全面から考えても、買い替えのタイミングだと言えるのです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えで後悔しないために確認しておきたいポイント

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車の買い替えは一度経験していても、前回から間隔が空いてしまい、手続きの流れを忘れている方もいるでしょう。車の買い替えをいざ行おうとすると、「ナンバーが引き継げるのか」「各種保険の手続きがどうなるのか」という疑問が浮かびます。これら2点は大切な手続きですので、流れや注意点を把握しておいてください。

 

車のナンバーの引き継ぎ

どれだけナンバーに強い思い入れがあっても、今乗っている車のナンバープレートは引き継ぎができないので、必ず返還しましょう。

 

ただし、買い替えた車のナンバーを自由に決めたいなら、希望ナンバーの申し込みをしてください。普通自動車なら「希望ナンバー予約センター」、軽自動車なら「軽希望ナンバー予約センター」から手続き可能です。希望できる番号にはある程度のルールがあるので、希望したいナンバーがある方は調べてみましょう。

 

車の保険の手続き

車を買い替える場合は、保険の切り替えについても確認しましょう。自動車購入時の保険手続きの違いは、下記の通りです。

 

・自賠責保険(強制加入の保険)

販売店が新規加入から解約まで一括して行ってくれる

 

・自動車保険(任意)、自動車共済

車両入替の手続きを自ら行う必要がある

 

他にも、中古車購入時は「名義変更が問題なくされているか」「自賠責保険の未経過分が還付されているのか」も確認しておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

後悔しない車の買い替えはネクステージを活用しよう!

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車選びは時間がかかりますし、実際に車を選び終わった後も、様々な手続きが発生します。車は時が経つにつれて価値が下がっていくので、車買い替え時は早めの行動を心がけるようにしましょう。

 

経験豊富なネクステージでは、高価買取を行っており、顧客満足度3冠を達成した実績を持っています。買い替えに関する悩みは、ネクステージまでお気軽にご相談ください。

 

早めの行動を心掛けよう

おすすめの時期を狙っても、その月を納車日にしなければ損をしてしまうケースもあります。契約してから実際に納車となるまでは、いろいろな交渉や手続きが必要ですので、買い替えを行いたい時期が決まったら早めに動き出しましょう。

 

購入する店舗が決まってから、契約から納車までは1か月が目安となります。とくに年度末や繁忙期に差しかかる場合は、早めの買い替え手続きを心掛けることが重要です。

 

例えば3月を納車日に設定した場合、1月には販売店の見学を行い、2月の上旬には店舗を決定しておきましょう。その後、査定や契約手続きを2月中旬~下旬にかけて行い、1か月後の3月中旬~下旬に納車という流れがスムーズです。

 

ネクステージなら全国にある店舗から希望の1台が見つかる

中古車販売のネクステージは、全国に店舗展開しており、豊富な品揃えが特徴。様々なグレード・年式の車をご用意しておりますので、お客様こだわりの1台をお選びいただけます。

 

またネクステージは買取も行なっており、「中間マージンが一切発生しない」「圧倒的な販売力」などの理由で、高価買取を実施しております。買取実績も公開しており、買取が初めてという方でも安心してご利用いただけます。ぜひお近くの店舗までご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

車の買い替えは、選び方を間違うと後悔が発生しやすい傾向にあります。しかし自身の努力や心掛けによって、後悔するケースを未然に防ぎ、後から対応できることも覚えておいてください。

 

車の買い替えをしたいと思った場合は、早めに動き出すことが大切です。中古車販売のネクステージでは、高価買取を行なっているだけでなく、豊富な車種から買い替えできます。全国展開しているので、買い替え費用の総額を抑えたい方は、ぜひ一度最寄りの店舗までお越しください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の買い替えで後悔しないためにできることは?対処法やポイントもご紹介

気になる車種をチェック

 

ページトップへ