車の買い替えは3年が良い?自分が得する買い替えタイミングを知ろう

クルマ買い替えガイド

車の買い替えは3年が良い?自分が得する買い替えタイミングを知ろう

「3年」という歳月は節目の年と言われています。車にとっても、購入してから3年は最初に訪れる節目の年です。早い内での車の買い替えを検討している方にとって、「購入してから3年」という年は、買い替えに適しているのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、車の買い替えは3年が良いのか、またそれぞれで一番得する買い替えタイミングはいつなのかをご紹介していきます。

 

※目次※

1. 3年目は最初に訪れる車の買い替えタイミング

2. 3年で車を買い替える際のデメリット

3. 3年で車を買い替えるなら気をつけたいポイント

4. 3年での車の買い替えには残価設定型クレジットを有効活用

5. 3年が早すぎると思ったらいつ車を買い替える?

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を買い替える際、最も早いタイミングは購入してから3年である

・「新しい車に乗りたい」と感じているならば、購入してから3年後が買い替えるベストタイミング

・3年だけではなく5年、7年、10年というタイミングがあり、それぞれにメリット・デメリットがあるので自分が得するタイミングを把握しておこう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

3年目は最初に訪れる車の買い替えタイミング

3年目は、カーライフの中で最初に訪れる車の買い替えタイミングです。早いスパンで買い替えを検討している人は、3年を経過した後に買い替えをすると損をすることがあります。早い段階から買い替えの是非を検討しましょう。

 

車検前に車を買い替えてしまえる

3年目が最初のタイミングである理由として、車検を行う前に買い替えできることが挙げられます。新車で購入すると、営業用として使用しない限り、車検は3年間有効です。そのため、3年が経過する前に買い替えを行えば、車検費用を払わなくて済みます。

 

車検費用はコンパクトカーで10万円近くですので、その分の費用が浮けば得をします。

 

メンテナンス費用も最小限で済む

3年目だと、メンテナンス費用はほとんど発生しません。特に故障などがなければ、通常の車検時に行われるようなブレーキフルードの交換、クーラント(エンジン冷却水)の交換のみとなるでしょう。

 

現在では車の部品やケミカル類の寿命も延びてきました。クーラントは、通常のものであると2年に1度の交換が推奨されています。しかし、「スーパーロングライフクーラント」だと、初回は16万km走行後または7年経過した後の交換でOKとなります。

 

プラグも、通常のものであると2万km程度で交換ですが、「白金プラグ」だと10万kmほどの寿命となります。このように、3年目はメンテナンス費用がごく僅かで済むことになります。

 

ただし、3年目でもかなりの長距離を走っていたりスポーツ走行をしたりしている場合は、メンテナンス費用が高くなることもあります。それぞれの運転状況にもよりますので、「3年目だからメンテナンス費用が安い」とは限らないので注意が必要です。

 

人気車なら査定にも有利

人気車はリセールバリューが高いことが多く、3年目であればまだまだ高額な査定が期待できます。

 

SUVが流行していればSUVの車種が高く売れるように、その時代の流行によって人気となる車種は変わります。また、中古車市場で需要のある車も高い査定となります。生産が追い付かず市場にあまり出ていない車、知る人ぞ知る名車で中古車市場の需要が高い車などもあります。

 

新車販売台数が多いから人気車ということもいえますが、その他の要因によって需要の多い車も人気車といえます。早めに一度査定に出しておきご自身の車の査定額を知っておくと、買い替えの判断が余裕を持っておこなうことができるでしょう。ただし、年数に関係なく元々の値下がり幅はどの車も大きいので、過度な期待は禁物です。

 

新しい車が気になる人には3年がベストタイミング

新しく発売された車に乗り換えたいという人は、3年というタイミングが一番買い替えにはお得な時期でしょう。

 

先述してきたように、車検費用は3年目に車を買い替えればかかりません。さらに、メンテナンス費用も最小限で済ませることができ、査定額も高めのリセールバリューが期待できます。

 

そのため、既に新しい車が気になっているのであれば、3年で買い替えるのが一番費用の少なく済むタイミングといえます。新しい車が気になり購入したいとお考えの方は、3年を経過しないように早めに行動に移すのがおすすめです。

 

3年で車を買い替える際のデメリット

3年で車を買い替えると、費用が少なくて新しい車に乗り換えられるというメリットがあります。しかし、それと同時にデメリットがあるのも事実です。後悔しないためにも、デメリットを確実に把握した上で買い替えを行うようにしましょう。

 

3年のペースで買い替えると費用がかさむ

最初のデメリットは、3年周期で車を買い替えると費用がかさんでいくということです。確かに、3年経たずに売れば車検費用は発生しませんし、査定も比較的高額で売却できます。しかし、それは買い替えにかかる費用を「最低限に抑えている」だけということを忘れないようにしましょう。

 

当然ですが、新車購入時と売却時の価格が同じになり差額がゼロになることはありません。必ずマイナスになります。トータル的に見れば、長いスパンで買い替えるよりも損をするケースが多くなるでしょう。

 

ローンの見直しが大変になる

新車を購入した際、一括ではなくローンを使った方も多いでしょう。3年という期間だと、ほとんどの人はローンが残っている状態で車を売却することになります。

 

ローンが残っている場合、「下取り額をローンの返済にあてる」、「自分の貯金を切り崩す」、「家族から借金をする」などの処置を講じて返済しなければいけません。返済の目途が立たない場合は、ローンの上乗せや組み直しなども検討する必要があり、処理にとても苦労することになるでしょう。

 

3年で車を買い替えるなら気をつけたいポイント

3年ごとに新しい車に買い替えるのであれば、特に気を付けた方が良いポイントが3点あります。これらをしておかないと買い替え時に損をすることがありますので、しっかりとチェックをしておくようにしましょう。

 

車は大事に乗る

3年で買い替えるのであれば、車を大事に乗ることが特に重要です。3年で買い替えをする際に費用を抑えるポイントは、査定額をどれだけ上げられるかということです。査定額を上げるには人気車種であることも重要ですが、車の状態も重要です。内装の場合シートにシミが付いていたり、パーツに傷が付いていたりすると査定額が減額されます。

 

外装も同様で、傷やへこみがあると大きく減額されます。査定額が下がれば下がるほど買い替えにかかる費用も増大します。車は大事に乗って、不用意に傷やへこみなどを付けないようにしましょう。

 

買い替え予算の目途を付ける

次に気を付けたいポイントは、買い替えをするときの予算の目処を付けておくということです。当然ですが、今乗っている車を売却しただけでは、新しい車を購入する資金としては足りません。低年式で走行距離も多い中古車を購入するなら別ですが、新車の場合は下取り額にプラスして予算を組む必要があります。

 

その下取り額にプラスすべき予算の目処を付けておかないと、新しい車に買い替えをすること自体が不可能となります。買い取り額だけをあてにすることなく、早めに予算の目処を付けると良いでしょう。

 

買い替え前に査定をしておく

最後に気を付けるポイントは、買い替え前にあらかじめ査定に出しておくということです。前項において、買い替え時の予算に目処を付けることが重要である、という解説をしてきました。予算に目処を付けるためには、まず今乗っている車の下取り額を知ることが必要です。

 

買い替えるときに初めて下取り額が判明すると、予想していたよりも価格が低くて予算が立てられないことも考えられます。早めに査定に出して下取り額を判明させ、予算の目処を計画的に立てましょう。

 

3年での車の買い替えには残価設定型クレジットを有効活用

現在では、通常のローンだけでなく「残価設定型クレジット」と呼ばれる購入方法もあります。

 

これは、購入する際に3年から5年後の車の残存価値を決めておき、その残存価値を除いた金額をローン返済するという方法です。購入金額の全額をローンとしないため、通常のローンよりも月々の返済額を少なくすることができます。リースに近い形態といえるでしょう。

 

設定した返済期間が終わったら「車を返却する」、「買い取る」、「ローンを組み直して最後まで返済し、所有権を得る」の3パターンから選ぶことになります。

 

3年で新車に乗り換えたい方は「車を返却する」を選択すれば、新しい車に乗り換えることが可能です。3年周期で乗り換える人にとってはお得になることもありますので、検討してみるのも良いでしょう。

 

3年が早すぎると思ったらいつ車を買い替える?

3年周期で買い替えたい人もいれば、もっと長く乗り続けたいという人もいるでしょう。どちらが正解というものではなく、人によってどのタイミングで買い替えるのが良いのかが変わります。では、3年以外のタイミングで買い替えを行う際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

5年で車を買い替えるメリット・デメリット

最初のメリットは、「5年以内で走行距離が10万km以下であればメーカー保証範囲内で売却できる」ということです。保証範囲内での売却は下取り査定で高くなります。そして、2度目の車検を受けなくて済むので、車検費用を抑えることが可能です。さらに、下取り額の下落幅が大きくなる5年を迎える前に売却することができます。

 

デメリットは、下取り額は3年の時には敵わないということです。下取り額は新車価格の4分の1ほどになることもあるでしょう。さらに過走行車であった場合、下取り額に影響が出る可能性があるので注意しましょう。

 

7年で車を買い替えるメリット・デメリット

メリットとしては、車検を受ける前に売却すれば3回目の車検費用を浮かすことができる点です。7年となると、どこかの部品にガタがきている可能性もあり、整備費や部品代で高額になることもあり得ます。

 

デメリットとしては、リセールバリューが低くなっているという点です。3年、5年と比較すると、査定額に期待するのは厳しいといえます。また、7年となると長距離を走っている車もあり、車にガタがきている可能性もあります。そうなると、査定額をあてにすることはできません。

 

10年で車を買い替えるメリット・デメリット

メリットは、3年や5年で車を買い替えた場合よりもトータル的に見れば費用が安く済んでいる可能性が高いという点です。10年の内にかかった車検費用や整備代よりも、買い替えを繰り返しての費用の方が高くなることが多いです。

 

デメリットは、リセールバリューがないに等しいことです。下取り額はほぼゼロに近いものだと考えておきましょう。買い替えの際の足しにすることはできません。さらに、13年を超えると自動車税が割高になる点も注意が必要です。

 

まとめ

車の買い替えタイミングは、3年、5年、7年など、さまざまなタイミングがあります。どれが一番良いというものではなく、人それぞれの考え方によって「得した」と感じる買い替えタイミングは異なります。ご紹介してきたことを参考にして、ご自身に一番メリットがあるタイミングを知っておきましょう。ネクステージでは販売だけでなく、買取や車検も承っています。お困りの際はぜひご相談ください。

気になる車種をチェックする