車のローンは借り換えたほうが得?メリットデメリットと金利の目安を紹介

クルマ購入ガイド

車のローンは借り換えたほうが得?メリットデメリットと金利の目安を紹介

ローンは、手持ちの現金がなくても車を購入できる便利なシステムです。返済途中でローンの借り換えも可能なので、うまく活用すればトータルの返済額を減らせるかもしれません。しかし、車のローンを借り換えした際のメリットやデメリットが分からず、借り換えに不安をもっている方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車のローンは借り換えたほうが得なのか、メリットやデメリットと金利の目安もあわせて紹介していきます。しっかり把握すれば、よりお得な返済プランが立てられるでしょう。ぜひチェックしてみましょう。

 

※目次※

1.車のローンの借り換えを行うメリット

2.車のローンの借り換えを行うデメリット

3.ローンの借り換えで損しないために必要な行動

4.借り換え審査の流れ

5.車のローンの借り換えに必要な書類

6.車のローンの借り換えで審査が通らない原因

7.車のローンに関する相談はネクステージにおまかせ!

8.まとめ

 

■POINT

 

 

・車のローンの借り換えをすると、金利を下げられる可能性がある。金利が下がれば、トータルでの支払い額も下がるのでお得

・車のローンを借り換えるには、審査を受けなければならない。遅延歴や借入件数が多い、返済時の負担が大きいなどの要素があると、審査に通りにくいので注意

・車のローンで悩みがあったら「お客様ファースト宣言」で信頼できるネクステージに相談しよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンの借り換えを行うメリット

車のローンは、一度契約すると借り換えできないと思っている方もいるかもしれません。しかし、実際にはローンの借り換えは可能です。借り換えると、ユーザーにとって大きなメリットを得られることもあります。

 

借り換えが初めての場合、手間に感じることもあるかもしれませんが、一度は借り換えを検討してみることをおすすめします。車のローンの借り換えを行うメリットを具体的に見ていきましょう。

 

返済プランの見直しが可能

第一のメリットは、返済プランの見直しができることです。ローンは、各社で金利が異なります。ローンを借り換えた場合、金利が変わることで月々の返済額も変わることがポイントです。プランの見直しをすれば、今までの返済額と借り換え後を比べてどれだけ金額が変わるのか、比較できるようになります。

 

現状のローンよりも借り換えたほうがお得になる場合は、借り換えを検討してみましょう。ローンの借り換えは、返済プランを見直すよい機会といえます。

 

ローンの金利を下げられる可能性がある

第二のメリットは、現状のローンよりも金利が下がる可能性があることです。ローンの借り換えを行うことの、最も大きなメリットといえるでしょう。

 

ディーラーでローンを組むと金利は5%前後ですが、銀行のカーローンであれば、最も低い金利で2%前後のものもあります。金利5%から2%のローンに借り換えた場合、単純に計算しても支払う利息が半分以下になり、お得になるといえます。

 

トータルで支払う返済額が減少するだけでなく、金利が下がれば月々の返済額を抑えられるため、生活にも余裕がうまれるでしょう。

 

車のローンの借り換えを行うデメリット

ローンの借り換えによって金利が下がれば、支払う総額が少なく済むというメリットはありますが、少なからずデメリットも存在します。借り換えによって生じる主なデメリットは、「手数料がかかる」「手続きが面倒」の2つです。事前に把握しておけば負担を軽減できる可能性があるので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

手数料がかかる

ローンを借り換える際には一括返済が必要となり、手数料が発生します。ローンの借り換えは、現在のローン会社から新たなローン会社へと変更する作業です。

 

借り換えが成立すると、現在契約しているローン会社の残債を新たに契約するローン会社が肩代わりしてくれます。新たに契約する会社が、現在契約している会社に一括返済するかたちとなるため、その際の手数料がかかります。

 

一括返済にかかる手数料は、大手の銀行で5,000円ほど、信用金庫や地方銀行で1,000円~3,000円が一般的です。ただし借り換えで金利が下がれば、手数料を支払ったとしてもお得になることが多いため、大きなデメリットとはいえません。

 

手続きが面倒

借り換えをする場合、手続きが面倒というデメリットもあります。新しい会社とローン契約を結ぶため、書類を提出したり窓口に出向いたりしなくてはいけません。

 

さらに、新しく審査を受ける必要があります。会社によっては、書類を提出してから審査が完了するまで1週間程度を要することもあります。特に銀行のカーローンは審査が厳しく、すぐには結果がでません。多忙な方であると、借り換えに大きな手間を感じてしまうこともあるでしょう。

 

どのような手続きが必要なのか事前に把握して、スムーズに済ませることが大切です。

 

ローンの借り換えで損しないために必要な行動

ローンの借り換えは、金利が下がれば支払い利息が少なくなるためお得になります。しかし、誤った方法で契約や運用をしてしまうと、損をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

重要なポイントは、「ローンの金利の把握」「しっかりとした返済プラン」「早めのローン返済」の3つです。それぞれについて詳しくご説明します。

 

ローンの金利を把握すること

ローンを借り換える際の最も大事なポイントとして、金利をしっかりと把握することが挙げられます。

 

高い金利から低い金利のローンへと借り換えることで、最終的に支払う金額が少なくなり、結果的に得をします。もしも現在の金利よりも高い金利のローンへと借り換えてしまうと、支払う金額の合計額が増加して損をしてしまいます。

 

金融機関別の金利相場は以下のとおりです。どこに借り換えるかを決める参考にしてください。

  • ・ディーラー…5%前後
  • ・メガバンク…2%~5%
  • ・地方銀行…2%~6%
  • ・信用金庫…2%~4%

 

ディーラーローンの金利相場が最も高い傾向にあります。よりお得な金利のローンに借り換えるなら、銀行系のローンに借り換えるのがおすすめです。

 

返済プランをしっかりと立てること

返済プランを立てる際は、何度も見直す必要がないように十分検討することが重要です。たとえば、ローンの借り換えで金利が下がったとしても、以前より返済期間が短くなれば月々の返済額が増えることも予想できます。トータルの支払額は減っても、月々の支払額が増えて生活を圧迫してしまうかもしれません。

 

繰り上げ返済をした場合、どのくらいの返済額になるのかを確認しておくことも大事です。念入りに返済プランを立てて、よりお得になるように借り換えましょう。

 

できる限り早めにローンを返済すること

できる限り早めにローンを完済できるようにすれば、最終的な返済額を少なくできます。以前のローンよりも借入期間が短くなると月々の返済額は高くなりますが、支払う金利の総額は減るため、トータルの支払額も少なく済むことがあります。

 

また、早くにローンから解放されるというメリットもあります。ローン完済後は生活にも余裕が生まれるほか、新しい車の購入を検討することもできるでしょう。借入期間を短くしても生活に支障がないという方は、なるべく早めにローンを返済できるように設定するとお得です。

 

借り換え審査の流れ

最初に契約したローンのときと同様に、借り換えにおいても審査があります。ローンの借り換えをしたいと考えていても、まずは審査に合格しなくてはいけません。

 

借り換え審査の流れは「審査申し込み」「仮審査と本審査の通過」「ローン会社からの融資」「ローンの返済」の4段階です。それぞれを詳しく解説しますので、流れをしっかりと把握しておきましょう。

 

審査申し込み

まずは、融資を受けるための審査に申し込みます。窓口で直接申し込めるほか、最近ではインターネット上で申し込みができる会社もあります。インターネット申し込みをすると通常よりも金利を優遇してくれることがあるので、審査を受けようとしている会社のホームページをチェックしてみましょう。

 

申し込む際は、通常のローン審査と同様に「氏名」「住所」「職業」「年収」などを申告します。借り換えの場合、それらに加えて「現在契約しているローンの残額」の申告も必要です。契約中のローン会社にあらかじめ確認しておきましょう。

 

仮審査と本審査の通過

ローンの審査には、「仮審査」と「本審査」の2つがあります。仮審査は、主にユーザーの「返済能力」を審査します。本審査では、「完済時の年齢」「健康状態」「年収」「勤続年数」などさまざまな要素が審査対象です。

 

審査にかかる日数は、仮審査で3日ほど、本審査で2日ほどです。公務員であったり大企業に勤めていたりすると、審査がスピーディーに終わることもあります。しかし、基本的には合計で5日間ほどかかるので、余裕をもって審査を受けましょう。

 

ローン会社からの融資

仮審査と本審査の両方を通過したら、ローン会社から融資を受けられます。融資を受けられるようになったら、契約中のローン会社に一括返済の申し入れを行いましょう。

 

契約中のローン会社に連絡して一括返済をしたい旨を伝えれば、残額や振込先などの情報を教えてくれます。その情報を新しく契約するローン会社に伝えることで、一括返済をしてくれるという流れです。一括返済が完了したら、「所有権の解除」を忘れずに申告しましょう。

 

ローンの返済

元々契約していたローン会社への一括返済が完了すると、借り換えは完了となります。借り換えが完了したら、新しいローン会社に月々の返済をしていきます。

 

新しいローン会社への返済で注意すべき点は、引き落とし日です。以前契約していたローン会社と指定日が異なる可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

 

車のローンの借り換えに必要な書類

ローンの審査を受ける際や、審査通過後に正式契約する際に必要な書類はたくさんあります。ローンの借り換え時に必要な書類を以下にまとめましたので、あらかじめ用意しておきましょう。

  • ・本人が確認できる書類のコピー(免許証やパスポートなど)
  • ・保険証
  • ・車検証のコピー
  • ・勤続年数が分かる書類のコピー(保険証、勤務先が記載されている年金定期便など)
  • ・現在契約中のローンの返済状況が分かる書類(返済用口座の通帳のコピー)
  • ・現在契約中のローンの返済予定表、全額繰り上げ返済試算表など
  • ・所得を証明する書類(源泉徴収、確定申告書、住民税決定通知書など)
  • ・銀行の届け印

 

車のローンの借り換えで審査が通らない原因

車のローンの借り換えを申請しても、審査に通らないこともありえます。特に銀行のカーローンの審査は厳しいといわれます。

 

審査に通らない主な理由として考えられるのが、「遅延歴が多い」「借入件数が多い」「返済時の負担が大きい」の3つです。内容を把握しておき、少しでも有利な状況で審査を受けられるようにしましょう。

 

遅延歴が多いこと

過去に返済の遅延歴が多い場合、審査に不利となります。クレジットカードや住宅ローンなどが指定日までに返済できていないと、「個人信用情報機関」に遅延情報が記載されてしまいます。

 

個人信用情報機関に集積された情報は、金融機関の審査の際に使われます。遅延の情報が記載されていた場合は「返済能力が著しく低い」という評価となり、審査に合格するのは難しいと考えましょう。日ごろから、決められた期日に返済することが重要です。

 

借入件数が多いこと

借入件数が多い場合も「返済能力が低い」と見なされてしまいます。借入件数が多ければ多いほど、審査に通りにくくなるので注意しましょう。

 

借入件数が多いということは、それだけほかのことにお金を使用していることになります。ほかのことにお金が使われてしまうと、「ローンの返済が滞ってしまうのでは」という懸念が生まれるため、審査には不利な状況です。

 

十分な収入がある上で、ほかの借り入れが1件や2件程度であれば審査に大きな影響はありません。しかし、3件以上となると審査が不利な状況になりやすいので、2件までにとどめておくようにしましょう。

 

返済時の負担が大きいこと

ローンの返済額が大きくユーザーの負担が大きいと、審査に通りにくくなります。ローン会社側が最も懸念するのが、「確実に返済が可能かどうか」ということです。ユーザーへの負担が大きいと、場合によっては返済できずに滞ってしまうことも考えられます。

 

返済額と比較して十分な収入がないと判断されると、審査には通りにくいと考えましょう。ある程度現在のローン会社で返済を続け、借入額を減らしてから借り換えを検討するのもひとつの方法です。

 

車のローンに関する相談はネクステージにおまかせ!

車のローンに関して悩みごとがあったら、信頼のおける業者へ相談をしましょう。ネクステージでは「お客様ファースト宣言」を掲げており、お客様の不安や不満を取り除くことに全力を注いでいます。

 

車のローンについても多くの知識があり、お客様に最適な解決策を導きだせるのが強みです。全国に130店舗以上を展開しているため、お近くのネクステージでお気軽にご相談いただけます。お支払いプランなどでお悩みの方も、ぜひ信頼のネクステージにお問い合わせください。

 

まとめ

車のローンの借り換えを行った場合、返済プランを見直したり金利を下げられたりするのが大きなメリットです。総支払額を少なくでき、結果的にお得になることが多いでしょう。

 

しかし、審査に必ず合格できるとは限りません。遅延歴や借入件数、収入と借入額のバランスによっては審査に通らないこともあります。事前にしっかりと対策をとっておきましょう。

 

分からないことがある場合は、専門業者に相談することも解決への近道です。ローンに関する悩みごとがありましたら、ぜひネクステージにご相談ください。車のプロとして、誠心誠意対応します。

気になる車種をチェック