400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

車は人生において大きな買い物の一つです。そのため、自分にとって心がときめく車を選びたいという方が多いのではないでしょうか。しかし、欲しい車が予算内でなければ、毎月の支払いに苦しむことになりかねません。

 

車を選ぶ際には、年収を一つの指標とする方も多いでしょう。そこでこの記事では、400万円の車を購入するための年収の目安から、ローンで購入する際の審査基準やローンの種類など、車の購入方法について詳しく解説します。

 

※目次※

1.400万円の車を無理なく購入できる年収の目安

2.400万円クラスの人気車種3選

3.400万円の車も変わらないローンの審査基準

4.400万円の車を購入する際に検討したいローンの種類

5.同じ400万円の車でも差がつくポイント

6.人気車種も400万円の予算で選択肢が豊富なネクステージへ!

7.まとめ

 

■POINT

・400万円の車をローンで無理なく購入するには年収800万円程度が目安。

・自動車ローンを組む際は、審査基準や支払い期間などを参考に検討する。

・400万円の予算で安心して中古車を購入するなら保証や在庫が充実したネクステージがおすすめ。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

車の購入には、本体価格だけでなく諸費用がかかります。また、一括で購入するのではなくローンで支払いをする場合はローンの金利もかかるため、注意しなければなりません。

 

年収を参考にしながら車を購入するには、初期費用としてかかる金額だけではなく、継続的にかかる維持費についても心に留めておきましょう。

 

400万円の自動車ローンを組むなら年収800万円程度

車を購入するための予算は、「ローンを組んで返済をする場合は年収の半分程度」が目安とされています。これは、いずれの金融機関でもローンの借入上限が年収の半分と設定している場合が多いためです。年収比の半分以上でのローン設定では、審査に通らない可能性が非常に高くなります。

 

なかには、上場企業勤務や公務員のように職種によっては上限を上げてもらえる可能性もありますが、審査内容が厳しいためあまり現実的ではありません。そのため、400万円の車が欲しい場合、年収が800万円程度あれば無理なくローンを利用できるでしょう。

 

車両本体価格のほかに初期費用も考慮しよう

前述したように、車を購入する際には本体価格だけでなく初期費用がかかることを考慮する必要があります。初期費用の内訳は「法定費用」と呼ばれる法律によって課税が定められている費用と、車を購入する販売店やディーラーなどが代行サービス分などを定めている「諸費用」の2つです。以下で、各費用の例を挙げてみましょう。

 

法定費用

・消費税

・自動車税

・環境性能割

・自動車重量税

・自賠責保険料

・自動車リサイクル料

 

諸費用

・登録料

・納車費用

・車庫証明費用

・検査登録手続き費用

・クリーニング費用

 

維持費も視野に入れて無理のない返済プランを立てよう

車を購入したあとは、維持費がかかることも忘れてはいけません。車の購入時にかかる費用だけ考えていると、その後の維持費で生活が圧迫されてしまうこともあります。

 

車種によってかかる維持費も異なるため、維持費にどの程度コストを割けるかによって車種を決定するのも良いでしょう。基本的には、大型車種よりも排気量や重量が少ない軽自動車のほうが、維持費が安い傾向にあります。

 

なお、維持費は大きく分けて「税金」「保険料」「メンテナンス費」の3つです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

400万円クラスの人気車種3選

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

ここからは、新車価格が400万円クラスの人気車種を3つご紹介します。予算に見合った車種選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

以下に掲載している中古車価格は、2022年4月現在のネクステージにおいて取り扱いのある車両相場です。詳細は、ネクステージのホームページにてご確認いただけます。

 

トヨタ:アルファード

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

アルファードは、トヨタ自動車が販売している大型クラスのミニバンです。役所や企業の社用車などに採用されることもあり、トヨタのミニバンの中では高級グレードに位置する車種でもあります。

 

内装の高級感や広々としたエクステリア、居住性の高さや高出力エンジンの搭載など魅力が豊富で、日本をはじめアジア圏で特に大きな人気を獲得しています。

 

メーカー希望小売価格は359万7,000円(税込)~775万2,000円(税込)となっており、ネクステージによる中古車相場は79万9,000円(税込)~774万7,000円(税込)となっています。(2022年4月11日現在の情報です)

(参考:ネクステージのトヨタ アルファードの詳細はこちら

 

PRアルファードの中古車

 

スバル:レヴォーグ

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

レヴォーグは、スバルが販売しているステーションワゴンです。平成初期から販売されているロングセラーステーションワゴンであるレガシィの意匠を継ぐ製品として、2014年に初代がリリースされました。

 

2020年のフルモデルチェンジを果たした2代目レヴォーグには、ステレオカメラを搭載した運転支援システムである「アイサイトX」を採用し、渋滞時のハンズフリー走行やウインカー操作で自動車線変更を行う機能など画期的な機能が搭載されています。

 

メーカー希望小売価格は310万2,000円(税込)~477万4,000円(税込)、ネクステージによる中古車相場は114万9,000円(税込)~444万9,000円(税込)となっています。

(参考:ネクステージのスバル レヴォーグの詳細はこちら

 

マツダ:CX-8

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

CX-8は、マツダが販売している大型クロスオーバーSUVです。「SKYACTIV TECHNOLOGY」という、マツダ独自のテクノロジーを採用したクロスオーバーSUVの最上位モデルとして、開発されました。

 

2017年の発売当初において国内向け製品としては初の3列シートを採用しており、6人~7人がゆとりを持って乗車できる、ミニバンのような居住性を実現しています。シートアレンジも多彩で、キャプテンシート車またはベンチシート車の2列目シートをフルフラットに倒すことも可能です。

 

メーカー希望小売価格は299万4,200円(税込)~483万4,500円(税込)、ネクステージによる中古車相場は224万9,000円(税込)~448万9,000円(税込)となっています。

(参考:ネクステージのマツダ CX-8の情報はこちら

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

400万円の車も変わらないローンの審査基準

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

自動車ローンの審査基準は、基本的に金額によって変わるものではなく、利用する自動車ローンのプランや企業によって異なります。

 

「あそこは審査が通りやすい」「あそこは通りにくい」といった意見が聞かれることもありますが、基本的には年収・職業・勤続年数・過去の信用情報といった要素で決定されるのが一般的です。では、具体的に審査基準はどのように設定されているのかを見てみましょう。

 

年収

年収に占めるローンの年間返済額の割合を、審査基準として定めていることが一般的です。これを「返済比率」と呼び、おおむね年収に対して25%~35%程度までとなっています。

 

つまり、年収が800万円あったとしても12回払いを選択した場合、年間返済額は400万円で年間の返済比率は50%となり、審査に通らない可能性が高いでしょう。この場合、24回払いを選択すると年間返済額は200万円となり、返済比率は25%となるため基準値に収まります。

 

また、審査基準としてではなく申し込みの段階で年収の下限を設定している自動車ローンもあります。この場合、「前年度の年収が200万円以上」といったように申し込みの段階から明確に示されているため確認しておきましょう。

 

雇用形態

年収だけではなく、安定した雇用形態であるかどうかという視点も、自動車ローンの審査基準にとって重要な要素となります。一般的にパートやアルバイト・派遣社員・フリーランスといった職種よりも、企業の正社員や公務員といった職業に属しているほうが、安定した収入が得られると判断されるためです。

 

ただし、パートやアルバイトだからと言って、必ずしも審査には通らないというわけではありません。「支払い能力があるのか」という部分で総合的に判断するなかで、一つの指標とされているということを覚えておきましょう。

 

勤続年数

いくら正社員で働いているとはいえ、勤続1年目の新入社員や転職したばかりという方は、審査が通りにくい可能性があります。自動車ローンは、数百万円単位で金額が組まれることも珍しくないため、返済期間が長期に及ぶことが予想されるからです。

 

申し込みや契約を始める段階で安定した職業であったとしても、長期的にそれが保障されないと判断されてしまった場合は、審査に落ちてしまうことも考えられます。

 

信用情報

信用情報とは、過去に金融事故を起こしていないかといった情報です。信用情報は、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)といった機関が管理しています。

 

例えば、クレジットカードの返済が滞っていたり、自己破産の経験があったりすると審査が通りにくくなるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

400万円の車を購入する際に検討したいローンの種類

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

自動車ローンと言っても、貸付を行う機関や返済方法などによって種類は異なります。主な自動車ローンの種類は、「金融機関系ローン」「ディーラーローン」「残価設定型クレジット」の3つに分けられます。

 

ここで、それぞれの特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

金融機関系ローン

金融機関系ローンは、銀行や信用金庫をはじめとした、金融機関が提供している自動車ローンを指します。比較的金利が低く設定されている傾向にある一方で、審査基準が厳しく時間もかかることが特徴です。

 

金融機関によってはWebサイトからのアクセスで完結できることもありますが、基本的に車を購入したその場でローンを組むということは難しいでしょう。しかし、借り入れられる金額が高く設定されていることに加え、ローンを完済するまでの間も車の所有権がローン支払い者に設定されているため、車のカスタムや借り換えなどが可能です。

 

ディーラーローン

ディーラーなどでローンを組む際には、ディーラーローンを利用する方も多いでしょう。購入と同時にそのままローンの契約ができるため、時間や手間がかからない点が大きなメリットです。

 

また、ローンの審査条件も金融機関と比較すると通りやすく、購入する車を担保とするためローンを利用しやすいことも挙げられます。ただし、金利は高く設定される傾向にあり、最終的な支払い金額は銀行ローンなどを上回ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

残価設定型クレジットとは?

残価設定型クレジットは、ディーラー系列店で行われるローンの一種です。しかし、先に紹介した通常のディーラーローンとは仕組みが大きく異なります。

 

あらかじめ残価とよばれる車の下取り料金を設定したうえで、契約期間中は残価を差し引いた額のみ支払うため、月々の支払いが安く済むことがメリットです。契約期間が終わったら、残価を支払ってそのまま車を買い取ったり、販売店へ返却したりと自由に選べます。

 

そのため、比較的「短期間でさまざまな車に乗り換えてみたい」と考えている方にとっては便利な返済方法です。一方で、月間や年間での走行距離があらかじめ設定されており、その走行距離を超過したり車体に傷をつけたりしてしまうと、追加の支払いが発生することがあるため注意しましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

同じ400万円の車でも差がつくポイント

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

同じ車種を購入したとしても、自動車ローンの種類や契約条件によって最終的な支払い金額に差が生じることがあります。

 

では、よりコストを抑えながら自動車ローンの支払いを完済させるにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

 

金融機関系ローンなら低金利が狙える

先ほども少し触れましたが、金利の面だけで言うとディーラーローンよりも銀行などの金融機関が提供している自動車ローンをおすすめします。ディーラーローンでは8%以上の金利を設定しているケースも珍しくありませんが、金融機関系のローンは4%程度と比較的低金利で申し込みが可能です。

 

また、住宅ローンを同じ金融機関で契約している場合や、給与の受け取り・公共料金の支払いなどをまとめている場合などは、さらに金利を下げてもらえるキャンペーンを実施している機関もあります。

 

固定金利と変動金利を使い分ける

金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類があり、契約する自動車ローンによって異なるため注意が必要です。

 

固定金利は、ローンを完済するまで金利割合が変わりません。景気などによって変動することもないため最後まで安定した返済が可能です。しかし、市場全体が低金利でも同じ金額を支払い続けなければならないため、もともとの金利の割合が変動金利よりも高めに設定されています。

 

一方、変動金利は、その名の通り金利が変動するシステムです。半年ごとに見直されることが多く、景気によって見直しが行われます。

 

なるべく返済期間を短く設定する

400万円という金額は決して安い買い物ではありません。そのため、「無理なく返済するために」と、ローンの返済期間を長く設定してしまうこともあるでしょう。返済期間が長いと金利が加算されるため、結果的に総返済額が大きく膨れ上がってしまうことになりかねません。

 

特に変動金利を採用している自動車ローンについては、先の景気や金利価格の上昇・下降のめどを立てづらいため、返済期間の短い契約に利用することをおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

人気車種も400万円の予算で選択肢が豊富なネクステージへ!

「自動車ローンの審査を通過できるか不安」「いっそのことカーリースでお得に乗りこなしたほうが良いのでは……」と悩んでいる方は、中古車の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ネクステージでは、車種別に専任のバイヤーを配置しており、売れ筋モデルを厳選して取りそろえています。また、徹底的な事前調査によってトラブルの多い車種や修復歴ありの車は販売されていないため、中古車でも安心のクオリティで購入可能です。

 

また、車両状態やメンテナンスの経過を完全開示しており、購入後に後悔する心配もありません。契約時と納車時にそれぞれ車両状態をチェックし、納得した上で車を引き取りできます。

 

PR350~400万円の中古車

まとめ

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

ミドルクラスからハイクラスの車を購入する際には、自動車ローンを検討する方も多いでしょう。しかし、自動車ローンの仕組みをきちんと理解しないまま契約してしまうと、後々結果的に多く支払いをしてしまって損をすることになりかねません。

 

欲しい車の新車価格が高い場合は、中古車も検討してみましょう。ネクステージは契約から引き渡しまでのサポートが充実しています。ネクステージで、お気に入りの車を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

400万円の車を無理なく購入できる年収の目安は?お得に利用する方法も紹介

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ