車のローンに通らない方必見!ローンを利用しないで車を買う方法

クルマ購入ガイド

車のローンに通らない方必見!ローンを利用しないで車を買う方法

「ローンに通らないけれど車が欲しい」「車のローンに通らない場合でも車を持つ方法が知りたい」そのような悩みはないでしょうか。車のローンに通らない場合でも、その原因を避けることで審査に通りやすくなります。どうしてもローン審査が難しいときは、ローンを利用せずに車を購入する方法も検討しましょう。

 

この記事では車のローンに通らない原因や通らない場合の対処法・ローンに頼らずに車を買う方法について解説します。この記事を読めば、ローンの審査に通らない場合でも安心して車を購入することができるでしょう。

 

※目次※

1. 車のローンが通らない理由はなぜ?

2. 車のローンが通らなかったら

3. 車のローン通らないときに相談するなら

4. 車のローンに通らないなら安い中古車を見つけよう

5. 中古車販売店ならローンに頼らない方法で提案してくれる!

6. まとめ

 

■POINT

 

 

・車のローン審査に落ちる原因を解決しよう!ブラックリストなどの原因を解消すれば審査に通りやすくなる

・ローンに通らない場合は借入額を見直そう!車の買取やカーリースの利用を検討することで解決する可能性もある

・中古車販売店の利用も検討しよう!ローンに頼らない支払い方法を提案してくれることもある

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンが通らない理由はなぜ?

車のローンに通らなかったときは、「ブラックリストに名前が載っている」「収入に問題がある」などいくつか理由が考えられます。何が原因なのか把握しておけば、原因を改善することで審査に通る可能性も出てくるでしょう。ここでは車のローンが通らない理由はなぜなのか、その理由や対処法を解説します。

 

ブラックリストに登録されている可能性がある

車のローンに通らない理由のひとつが、ブラックリストに登録されていることです。ブラックリストとは、信用情報機関に登録された支払いに関する事故情報を指します。ブラックリストは俗称で、公式な名称ではありません。

 

事故情報には、クレジットカード支払いの遅延・自己破産・任意整理などの情報が含まれます。一般的に5年~10年の間保存されますが、いつリセットされるのかは明らかにされていません。ブラックリストに載ってしまった方がローンに通りたい場合は、事故情報が消える可能性のある5年以上の期間を空けてからローンの申し込みをしましょう。

 

ほかのローンを利用している

車のローンに通らない原因として考えられるのが、ほかのローンを利用している場合です。信用情報機関には、ほかのローンの借入状況が記録されています。別のローンを利用している最中は、審査に通りにくい状態です。

 

そのような場合は、繰上げ返済により既存ローンの残額を減らしたり、車を変えてローンの総額を減らしたりすることでローンの審査に通る可能性が上がるでしょう。

 

収入と借入額が見合っていないから

収入と借入額が見合っていないことも、ローンに通らない原因のひとつです。収入や他者からの借り入れ情報、事故情報に加えてその人の属性についても審査されます。その人の属性とは年齢や職業・勤務先・勤続年数・家族構成などです。

 

金融機関は、その人の属性をもとに年収と月々の支払いとのバランスを重点的に審査します。そのため収入と借入額が見合っていないと判断された場合は、審査に通過できません。

 

審査書類を偽装している

車のローンの審査書類に偽りがある場合は、審査に落ちる可能性が高くなります。たとえば「すでに退職している会社を勤務先として記載する」「年収を実際よりも高く記載する」「虚偽の職業を記載する」などの行為が該当します。

 

審査書類の偽造が発覚すれば、かなり高い確率で審査に落ちてしまうでしょう。勤務先への在籍確認などによって、虚偽の記載内容はばれるものです。審査に不安があるような状態であっても、正直な情報を申告するのがおすすめです。

 

年齢がいきすぎている

車のローン審査に落ちる原因に、年齢が関わっている場合もあります。ローン会社にもよりますが、年齢制限の上限は65歳~70歳です。ローンを組むということは数年かけて返済が必要です。しかし大概の方は60歳で定年を迎えるため、働いていたときよりも収入が少なくなります。ローンは返済力がないと借入はできません。

 

また、高齢になると健康を害するリスクが高くなります。返済者が倒れてしまうと金融機関にとって損失になることも、年齢制限を設定している理由です。年齢制限が心配な方は、事前にローン会社に確認しておきましょう。確実にローンを組みたい場合は、65歳になる前に車を購入することをおすすめします。

 

車のローンが通らなかったら

車のローンの審査に通らなかった場合、原因となるものを取り除くことで審査に通る可能性が上がります。しかし原因によっては、それ自体を解消することが難しいでしょう。ローンの借入額を下げることは、どのような原因であっても効果的です。ここでは車のローンに通らなかった場合の対策について解説します。

 

中古車に狙いを絞ること

車のローンの審査に通らない場合は、中古車に狙いを絞ることがおすすめです。新車と比べ支払う総額が少なくなります。借入総額が少なくなれば、その分だけ審査に通りやすくなるでしょう。特に収入に問題がある場合は効果的です。

 

車の代金は、ローンだけではなくクレジットカードでも支払えます。クレジットカードの場合は審査の必要がないため、スムーズに支払いができるでしょう。支払い方法も一括払い・リボ払い・分割払いの中から、自分に合った方法を選べます。支払い負担を調整できるのもメリットです。

 

ただし、クレジットカードの利用限度額によっては、利用できない場合もあります。車の場合は高額な買い物になるため、上限を超えてしまう可能性は十分あるでしょう。あらかじめ利用限度額を確認しておくことをおすすめします。

 

カーリースも視野に入れて検討する

車のローン審査に通らない場合は、カーリースも視野に入れましょう。カーリースとは、リース会社から車を借りる方法です。毎月の利用料金を支払えば、マイカーと似た感覚で利用できます。

 

カーリースの場合もローンと同様に審査がありますが、審査のハードルはローンよりも下がります。カーリースの審査の場合、重視されるのは年収の高さよりも「安定した収入が毎月入ってくるか」「勤続年数が長いか」などです。そのため、車のローン審査が通らなかった場合でも、リースの審査であれば通る可能性はあるでしょう。

 

他人名義で購入する

自分でローンを組めない場合は、他人名義で車を購入する方法もあります。購入者と使用者が同じである必要はありません。家族や配偶者など、他人の名義でローンを組んで購入することも可能です。

 

ただし名義を貸す人にとっては、リスクの高い方法といえるでしょう。利用者の支払いが滞った場合は、名義人に返済義務が発生してしまうからです。名義を貸した人に迷惑がかからないよう、適切に支払いできるかどうかよく検討した上で依頼しましょう。

 

買取や下取りをうまく活用する

車の乗り換えを検討中でローン審査に通らないときは、買取や下取りをうまく利用しましょう。買取や下取りで購入代金を補填できれば、ローンで借りる金額を減らせます。買取や下取りだけで全額まかなうことは難しいですが、ローン総額を下げることができれば審査にも通りやすくなるでしょう。

 

車を売る場合は、買取業者によって売却価格が大きく変わることもあります。高価買取が可能な買取業者を選べば、ローン審査もぐっと楽になるでしょう。

 

車のローン通らないときに相談するなら

ローン審査に通らず困っているけれど、誰に相談すればよいのかわからない方もいるのではないでしょうか。車のローンに通らない原因もわからない場合は、誰かに相談することも選択肢のひとつです。ここでは車のローンに通らない場合は誰に相談するとよいのか、詳しく解説します。

 

マイカーローンの利用経験のある方

車のローンに通らない場合、マイカーローンの利用経験がある人に相談してみるのもおすすめです。マイカーローンの利用経験者であれば、審査条件や体験談・具体的な対策を聞けるでしょう。特に利害関係があるわけでもないため、気軽に相談できることもメリットです。

 

ただし、相談した人にマイカーローンの専門知識があるとは言い切れず、場合によっては間違った情報の可能性もあります。そのため、情報をうのみにせず、もらったアドバイスをもとに自分で判断することが大切です。

 

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーも、車のローンに通らないときに相談相手として向いています。ファイナンシャルプランナーは、マイカーに限らず、資金計画を立てる相談にのってくれます。そのため、マイカーを持つために何ができるか、自分の資産状況から現実的に考えてくれるでしょう。

 

ただし、ファイナンシャルプランナーに相談するには、相談料がかかります。1時間あたり5,000円~1万円程度が相場です。中には無料で相談できるファイナンシャルプランナーもいるため、そちらを利用するのもよいでしょう。

 

マイカーも含め、教育やマイホームなど資金計画について総合的に見直したい場合は、ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

 

車販売業者

車販売業者も、車のローンについて相談すると頼りになります。車を販売する専門家なので、車のローンや資金ついての知識が豊富です。何らかの解決策を見つけてくれる可能性があるでしょう。

 

車販売業者によっては、審査に通りやすいローン会社を知っていたり、ローンを利用せずに支払いできる方法があったりします。現在の自分の状況で、どのようにしたら車を手に入れられるか相談してみましょう。

 

車のローンに通らないなら安い中古車を見つけよう

車のローンに通らない場合は、安い中古車を見つけるのがおすすめです。安い中古車であれば、ローン総額が下がるため審査に通りやすくなります。金額によっては、ローンを組まずに一括で買えるかもしれません。

 

しかし、どのような販売店で探せばよいのか、わからない方もいるでしょう。ここでは、安い中古車を見つけるためのポイントについて解説します。

 

店舗の規模が大きく在庫豊富な販売店がよい

安い中古車を購入したい場合は、店舗の規模が大きく在庫が豊富な販売店を選ぶのがおすすめです。販売規模の大きい販売店であれば、予算や希望の条件に合った車を見つけやすくなります。

 

扱っている車の種類が少なければ、予算や車の状態・車種などの希望条件に合う中古車が見つからない場合もあるでしょう。中古車を安く買いたい場合は、店舗の規模が大きい販売店を利用しましょう。

 

クレジット決済できる販売店を選ぶ

ローンの審査に通らず中古車を安く購入したい場合は、クレジット決済ができる販売店を選びましょう。クレジット決済であれば、ローンのような厳しい審査は必要ありません。一括で払えなかったとしても、継続的に支払いができるようであれば、クレジットカードの分割で購入できます。

 

中にはクレジット決済ができない販売店もあるため、クレジット決済ができる販売店かどうか確認しておきましょう。

 

中古車販売店ならローンに頼らない方法で提案してくれる!

ローン審査に通らずに困っているなら、中古車販売店に相談してみましょう。中古車販売店には、新車のような高額商品を買い求めてくる方よりも、費用を抑えたいと思っている方が多く訪れます。また、ローンに通れば商品を購入してもらえるため、お客様の状況に合わせて改善できる点を教えてくれます。

 

また、予算や条件にぴったり合う車の用意ができる点も魅力です。ローンに通らないからとあきらめる必要はありません。ローンに頼らずに、クレジットカード払いで対応できる場合もあります。車が買えないかもしれないと不安になる前に、中古車販売店に足を運んでみましょう。

 

まとめ

この記事では、ローンに通らない理由とローンに通らない場合でも車を購入できる方法をお伝えしました。車のローン審査に通らない場合は、新車ではなく中古車の購入をすることで、審査ハードルを下げることが可能です。

 

費用を抑えたくて中古車の購入を検討しているのであれば、ネクステージにご相談ください。事故車や修復歴がある車はなく、安心して乗り続けられる車を取り扱っています。全国から在庫を取り寄せられるため、幅広いラインアップから予算に合った1台を見つけられるでしょう。

気になる車種をチェック