車の買い方や購入時のポイントは?方法別のメリット・デメリットを解説!

クルマ購入ガイド

車の買い方や購入時のポイントは?方法別のメリット・デメリットを解説!

初めて車を購入しようとする方や車選びを慎重にしたい方の中には、いざ購入するとなると一体どういった流れになるのか気になる方も多いでしょう。また、少しでも安く購入する方法はないのか、どういう基準で車を選ぶのかなど疑問に思う点が多いのではないでしょうか。

 

事前に車の購入時のポイントを理解しておくことは、自分に合った車に出会うために重要です。この記事では車の買い方から購入方法のメリット・デメリットまで解説します。車の買い方に少しでも疑問がある、不安な点があるという方はぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1.車の買い方の流れ

2.車を購入する際のポイント

3.車の購入方法別のメリット・デメリット

4.支払い方法別のメリット・デメリット

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の購入に関する一連の流れを把握し、スムーズな購入を目指そう!

・車を購入する際に見落としがちな維持費についても確認は必須。維持費にかかる費用をシミュレーションしておくことが大切

・車の購入方法と支払い方法のメリット・デメリットを理解して、自分に合った方法を選択しよう

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の買い方の流れ

車を購入する際にまず知っておきたいことは、「車を買うときの流れ」です。車の買い方の一連の流れを把握しておくことで、どのような手順を踏むべきか、何を検討するべきかなどが明確になるでしょう。

 

ここでは車の条件を選択するところから納車手続きまで、一連の流れを解説します。事前にシミュレーションしながら理解しましょう。

 

1.購入したい車の条件を決める

購入する車の条件を決めるうえで重要なのが予算です。一概にはいえないものの、年収の半分以下がひとつの目安になるでしょう。逆算して購入できる車の価格帯を決定するのも手です。

 

予算とともに、「コスパ重視」「気に入った車に長く乗りたい」など、外せない条件をはっきりさせます。車種やボディタイプ、走行性能や燃費、ドライブ性能やデザイン性など、車に何を求めるかは十人十色です。決めかねたときは実際にお店に足を運んでイメージを膨らませてもよいでしょう。

 

2.購入方法や購入先を選ぶ

車の購入方法として、新車購入・中古車購入・カーリースが主な候補となるでしょう。カーリースは期間を決めてリース料を支払いながら乗る方法です。新車・中古車に関わらず対応している業社もあります。

 

新車購入であればカーディーラー、中古車購入であれば中古車販売店を購入先の候補にあげる方も多いのではないでしょうか。カーリースは大手自動車メーカーや、信販会社、ガソリンスタンドなど多くの業種が参入しています。

 

購入先は購入方法によって変わります。ライフスタイルに合った車の乗り方を決めて最適な購入先を選ぶことが大切です。

 

3.購入する車を契約する

購入したい車が決まったあとは、できれば試乗して乗り心地に問題がないかどうかのチェックをします。問題なければ見積もりを取って契約へと進みましょう。いよいよ車を購入します。

 

契約の際は、販売店から提示された金額や契約内容を慎重に確認しましょう。事前に知らされていないことが書かれていないか、疑問があれば契約の前に解決しておく必要があります。

 

契約のタイミングで、一括で払うかローンで払うかといった支払い方法を状況に応じて選択することになります。印鑑登録証明書、車庫証明書などの必要書類も事前に準備しておきましょう。

 

4.納車手続きを行う

契約が済んだあとは、納車手続きをします。納車は販売店に車を取りに行くか、指定した駐車場所まで納車してもらうかの2パターンがあります。ただし、一部販売店では店舗納車のみの場合もあるため確認が必要です。

 

いずれの場合も納車日時や納車場所は決めておきましょう。たとえば勤務先に依頼する場合は、住所や時間などの情報を販売店に伝えておく必要があります。

 

所定の場所までの納車を依頼した場合は料金が発生するため、納車料と自分で取りに行く手間を比べて総合的に判断しましょう。

 

車を購入する際のポイント

車を購入するにあたっておさえておくとよいポイントがあります。つい車の購入費用に目が行きがちですが、ほかにも目を配らせておくことで購入したあとの「思いがけない出費」を防げます。

 

ここでは、車の購入費だけでなく、維持費や万が一のときの保証や保険内容について詳しく解説します。車は購入だけではなく、そのあとの生活までトータルで考える必要があることを把握しておきましょう。

 

予算だけではなく、維持費も考える

車には維持費がかかります。具体的な費用はガソリン代、メンテナンス費用、税金や保険代などです。ローンで購入した場合にはローンの支払い、駐車場を借りた場合は駐車場代などもあり、「思った以上にお金がかかる」と感じる方もいるかもしれません。

 

購入前に維持費の計算ができていないと日常生活に支障が出るばかりか、最悪の場合は車の維持が難しくなります。手に入れた愛車を売却しなければならない事態は避けたいものです。車の購入予算だけでなく維持費についてもシミュレーションをして、日常生活を圧迫しないかどうか検討しておきましょう。

 

保証や保険の内容を確認する

車の購入後に受けられる保証の内容や、万が一の事故に備えて保険はどこまでカバーできるかなどを把握する必要があります。特に保険は契約した内容が事故の際に同乗者まで保険がおりるのか、対人や対物保証の保証額、上限額はいくらまでなのかなど詳しく知っておくことが大切です。

 

事故を起こしてしまった場合、車の修理代やケガの治療費など思わぬ出費が予想されます。リスク対策として、保証や保険の内容が不十分だと感じたときは予算の見直しや維持費の再シミュレーションをしましょう。

 

駐車できるスペースを確保する

納車の際には駐車スペースを確保しなければいけません。購入にあたっては多くの場合、車庫証明が必要です。事前にどこに駐車するか決めておきましょう。

 

自宅に駐車スペースがあればよいですが、用意ができないときは別に駐車場を借りなければいけません。その際は毎月の駐車場代がかかります。料金のリサーチや、利便性もチェックをして場所を決定します。運転に不安が少しでもある場合は、駐車場までの道路が運転しやすいかも考慮して決めるとよいでしょう。

 

車の購入方法別のメリット・デメリット

車の購入方法には新車購入・中古車購入・カーリースなどがありますが、それぞれの購入方法にメリットとデメリットがあります。

 

ここからは代表的な3つの購入方法のメリット・デメリットをご紹介します。それぞれのメリット・デメリットの理解を深めて、自分に合った購入方法を納得して決めましょう。

 

新車購入の場合

新車購入の場合、新車保証と自由度の高さが大きな魅力です。新車保障は販売店によって異なるものの、購入から3~5年、走行距離6万km以下の不具合であれば保証が受けられることが一般的です。また、「オプションやグレードなどを自由に決められる」「自分好みの車にカスタマイズできる」などをメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

保険や税金の面でも新車の場合は優遇があります。車が全損や半損しても高額の保証がつく新車特約や、エコカー減税を受けやすいことなどもメリットといえるでしょう。

 

新車のデメリットとして購入費用の高さがあげられます。購入にあたり大金が必要になるため、価格の高さから新車購入を断念するケースもあります。また、人気モデルは製造が追いつかず、契約から納車まで数か月かかる場合があることも敬遠材料のひとつです。

 

中古車購入の場合

中古車のメリットとして、契約後から納車までが早いことや価格の安さなどがあります。中古車の場合、希望の車が在庫にあれば、契約が済むと短期間で乗り始めることも可能です。購入費も新車と比べるとリーズナブルといえ、お得と感じる方も多いかもしれません。

 

新車であれば手が届かなかったような車種や希少モデルでも購入しやすくなります。選択の幅が広がることで、新しいカーライフの可能性も同時に広がるといえるでしょう。

 

デメリットは、車の状態の判別が難しいことや、長く乗り続けることが難しい場合があることなどがあげられます。

 

中古車の場合、車の状態を正確に把握することは素人では難しいといえるでしょう。また走行距離がある状態での購入となるため、新車と同様の期間を乗り続けることは難しいかもしれません。

 

カーリースの場合

カーリースの場合は初期費用の安さと乗り換えのしやすさ、手間がかかりにくいことなどが代表的なメリットといえます。

 

カーリースの契約には原則として頭金が必要ないため、新車や中古車と比べると初期費用を抑えることが可能です。メンテナンスや車検などの維持・管理費もリース料に含まれているため家計の管理がしやすいことも大きな魅力でしょう。

 

デメリットは走行距離やカスタマイズなどの面で車の利用に制約があることや、多くの場合、契約途中での解約が認められないことです。

 

カーリースは自分が車の所有者ではないため、傷や汚れ、走行距離、カスタマイズには一定の制約があることを理解しておく必要があります。また原則として途中の解約ができないことは、生活事情が変わった場合のことを考えると懸念材料といえるでしょう。

 

支払い方法別のメリット・デメリット

車の支払い方法は主に一括払い・ローン・残価設定ローンの3種類があります。それぞれメリット・デメリットがあるため、理解を深めて自分に合う支払い方法を見つけましょう。

 

ここでは支払い方法別にメリットとデメリットを詳しく解説します。メリットばかりを見てデメリットを理解せずに支払いをして「知らなかった……」とならないように、それぞれを理解して、最適な方法を選択しましょう。

 

一括払いの場合

一括払いのメリットは金利がかからないことです。金利が発生するローンや残価設定ローンと比べて、一括払いは毎月のローン支払いもなく生活費も圧迫されにくいといえるでしょう。

 

デメリットは契約時に一度に多額の資金を用意しておかなければならないことです。契約時に少なくとも数十万円、新車であれば数百万以上の大金を用意しなければ一括払いは成立しません。

 

一括払いは金利分の損失を防げますが、一気に資金がなくなることも考えられます。その場合は将来的なリスクに備えられないおそれもあるため、十分な検討をしましょう。

 

ローンの場合

ローンで支払うメリットは、毎月の支払いができるのであれば、契約時に必ずしも資金を用意しなくてもよいことです。毎月の支払いを抑えて車に乗れることもあり、多くの方が利用する支払い方法のひとつといえるでしょう。ローンにはディーラーローンや銀行系のローンなどがあります。

 

デメリットは契約時に審査があることと、金利によって最終的な支払い金額が高くなること、毎月の支払いがあることなどです。審査に通らなければローンの契約はできないため、その場合は別の方法を模索する必要があります。

 

残価設定ローン(残クレ)の場合

残価設定ローンとは契約時に3~5年後の車の残存価値を設定し、車の価格から残存価値を差し引いた金額を、残存価値を定めた年数までローンの返済をする支払い方法です。通常のローンよりも月額の支払い額を抑えられることなどがメリットです。

 

デメリットは契約期間の終了まで返済しても、車が自分の所有物にはならない点があげられます。このことは一般的なローンとの相違点といえるでしょう。

 

残価設定ローンの場合はあくまで残存価値を設定し、それ以外の金額をローンで支払う契約です。そのため契約期間の終了が完済ではなく、契約終了時には返却する、買い取る、乗り換えるなどの新たな選択が必要です。

 

まとめ

車を購入するときは、検討の過程でおさえておくべきポイントがあります。車に求める条件を明確にして自分に合った車種や最適な支払い方法、購入場所などを選ぶことが大切です。車には維持費がかかることも忘れないでおきましょう。保険や保証内容も慎重に決める必要があります。

 

車の買い方でお悩みの方は、お得に車を手に入れられる中古車はいかがでしょうか。ネクステージでは、2万台以上の中古車の中からお客様のニーズに合った車選びをサポートいたします。豊富な品ぞろえでお得に車を購入できる、ネクステージまでお気軽にご相談ください。

気になる車種をチェック