中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

中古車を購入したらまず、名義変更をする必要があります。様々な手続きの中でも名義変更は手順や方法が分からず面倒だと思う方もいるのではないでしょうか。

 

名義変更の方法は2つで、自分でするか業者にお願いするかのどちらかです。自分ですると手間がかかりますが簡単で費用が安く済み、業者にお願いすると費用は高くなりますが手間が省けます。そこで、名義変更をする理由や様々な書類、費用などもご紹介するので参考にしてください。

 

※目次※

1.中古車購入時の名義変更ってなに?

2.中古車購入時の名義変更のやり方は2つある

3.購入する中古車によって名義変更方法は変わる

4.中古車購入時の名義変更方法【自分で行う場合】

5.中古車購入時の名義変更方法【業者に依頼する場合】

6.ネクステージなら中古車の品揃えも抜群!

7.まとめ

 

■POINT

・名義変更は様々なトラブルを避けるためにも大切な手続きで、自分で変更する方法と業者に頼んで変更をしてもらう方法の良いところや悪いところをご紹介します。

・普通車か軽自動車かによって、名義変更の方法が変わってくるのでどのように変わるのかご紹介します。

・自分で行う場合と業者にお願いする場合のやり方をご紹介します。必要な書類や金額がどのくらいかかるのかもご紹介します。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古車購入時の名義変更ってなに?

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

中古車を買った時に、なぜ変更しなくてはならないのか疑問に思う方もいるかもしれません。名義変更は単に所有者を変更するだけでなく、トラブルを避けることにも役立ちます。この項目では、名義変更とはどのようなものなのかやどういったトラブルが起こるのか、変更する理由、どのタイミングで変更を行えばいいのかをご紹介します。

 

名義を変更する理由

中古車を買った時に書類上の持ち主も自分へ変更しなくてはいけない理由は、自動車税や保険に関してのトラブルを避けるためです。毎年4月1日以降に自動車税の通知書が名義人へ送られますが、変更されていないことにより前の持ち主に送られてしまい、どちらが納税をするのかというトラブルに発展します。

 

保険に関しても、名義を変更しない状態のまま事故に遭ってしまうと適切な保証を受けることができなくなり、新たな保険加入もできません。それだけではなく、違反切符を切られた時や車を盗まれた時などに、前の持ち主が対応をしなくてはいけなくなるためトラブルの原因にもなります。こういったことを避けるためにも中古車を購入したらすぐに名義変更を行うことが大切です。

 

名義変更のタイミング

「道路運送車両法第13条」では購入か納車日から15日以内に手続きをすることが決まっています。そのため、変更は購入してすぐか納車されてすぐのタイミングに済ませてしまうことが望ましいです。

 

手続きを行う際は自動車の持ち主がいつ、誰に変わったかを証明するために『譲渡証明書』が必要になります。この書類が無いと諸々の手続きが出来なくなるので忘れずに用意しておかなくてはいけません。

 

決まった様式のものでしか提出ができないので、運輸支局で入手する、または国土交通省のホームページでダウンロードしておくといいでしょう。当日記入でも問題はありませんが、事前に記入を済ませておくとスムーズに進めることができます。

 

また、自分で手続きを進める場合は前の持ち主の委任状が必要です。業者にお願いする場合は自分の委任状を業者側に提出しましょう。

(参考:『国土交通省|移転登録』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古車購入時の名義変更のやり方は2つある

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

中古車購入時の手続きには様々なものがあり、時間や手間もかかるので業者にしてもらわなくてはいけないと思っている人もいるでしょう。しかし、名義変更はそれほど難しくないので自分で行うこともできます。この項目では、自分で行う方法と業者にお願いする方法の2通りをご紹介するので参考にしてください。

 

自分で手続きを行う

必要な書類を集めて提出するだけなので自分でも簡単にすることができます。業者に頼むと代行手数料が取られますが、自分で行うことで手数料がかからず比較的安くできるのが良いところでしょう。

 

しかし、個人で行う場合は手間と時間がかかるのが難点です。運輸支局や自動車検査登録事務所、警察署での手続きは平日のみなので、そのために休みを取らなくてはならない人も出てくるでしょう。また、軽自動車以外の車の場合『車庫証明書』の申請と受け取りで警察署に2度行かなくてはいけないのも手間と時間のかかる要因といえます。

 

記入ミスなどがあった時には足を運ぶ回数も増えてしまうこともあるので注意が必要です。また、前オーナーの書類の中には再発行や再取得が困難なものが含まれる場合もあるため、思わぬトラブルを回避するためには業者に依頼する方が得策です。

 

業者に依頼する

業者にお願いすることにより、書類を集める手間や様々な個所に行く時間を省くことができます。大半は業者対応になるので、必要な書類が揃ってなかった、記入ミスがあったといったトラブルもなくなる点も良いところです。

 

唯一の難点は代行手数料がかかることでしょう。代行をお願いする業者によって値段が異なりますが1万円から数万円が目安です。また、車のナンバーを変える場合は追加で料金が発生し金額が上がります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

購入する中古車によって名義変更方法は変わる

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

軽自動車か普通自動車のどちらを買ったかにより必要書類や手続きの手順に違いがあります。軽自動車と普通自動車では書類や印鑑の種類が変わるので、軽自動車の方が手続きが簡単になります。ここでは普通自動車と軽自動車の手続きの違いを紹介するので参考にしてください。

 

普通自動車の場合

普通自動車の名義変更は使用本拠地管轄の「運輸支局(陸運局)」で行います。手続きで必要な証明書や申請書は以下の通りです。

必要書類

金額

日数

自動車保管場所証明書

2,500円から3,000円程度

約1週間

印鑑証明書

300円程度

即日

手数料納付書

印紙代500円程度

申請書(OCR第1号様式)

 

※slide →

(2021年4月時点の情報です)

 

名義変更だけでなく新規購入時に必ず必要になる「自動車保管場所証明書」は、一般的に「車庫証明書」と呼ばれています。これは、自動車を保管する場所を管轄の警察署に届け出るもので、運輸支局で届け出ることはできません。名義変更を行う前に管轄の警察署で申請書をもらい、必要書類とともに提出・申請をします。

 

証明書が発行されるまでに1週間程度日数を要するため、まずは自動車保管場所証明書の入手から始めましょう。また、自動車保管場所証明は地域により金額がかわるため事前に確認しておきましょう。

 

印鑑証明書は市役所や区役所で入手できますが、マイナンバーカードをお持ちの場合コンビニでの発行も可能です。手数料納付書は運輸支局で無料配布がされています。

 

注意が必要なのが「申請書」です。この申請書は「OCR用紙」という光学的に文字を読み取る専用の用紙のため、家庭用プリンターでは対応できない場合があります。国土交通省のホームページよりダウンロードは可能ですが、運輸支局窓口で入手した方が無難でしょう。運輸支局では申請書のコピーが配布されていますが、このコピーは使用できませんのでご注意ください。

(参考:『国土交通省|全国運輸支局等のご案内』)

 

軽自動車の場合

軽自動車の手続きには普通自動車よりも手間が少なくなります。また、手続きは運輸支局ではなく「軽自動車検査協会」となり、本拠地管轄の事務所・支部・分室となるので注意しましょう。

必要書類

金額

日数

住民票の写し

(マイナンバー記載なし)

300円程度

どちらか1点

即日

印鑑証明書

申請書(軽第1様式)

 

即日

自動車保管証明書

(必要な場合)

500円程度

1週間程度

※slide →

(2021年4月時点の情報です)

 

軽自動車の変更手続きでは、住民票または印鑑証明書のどちらか1点を提出すればいいので、実印ではなく認印でも手続きが可能です。しかし、2020年12月に国土交通省から「押印を求める手続の見直し等のための国土交通省関係政令の一部を改正する政令」が発表されたため認印が不要になる見通しです。手続きに向かう前に確認しておくといいでしょう。

 

軽自動車の申請書も普通自動車と同じOCR用紙ですので、窓口での入手をおすすめします。なお、軽自動車の申請手数料は無料です。

(参考:『軽自動車検査協会|名義変更(売買・譲渡)』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古車購入時の名義変更方法【自分で行う場合】

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

自分で行う場合集める書類が多くなり手間がかかりますが、費用を安く済ませたいという方にはおすすめです。自分で手続きをする際には先ほど紹介した証明書の他に、必要になる書類がいくつかでてきます。スムーズに変更手続きを済ませるために必要書類や費用を確認しましょう。

 

必要書類やかかる費用

自分で用意する書類と費用は以下の通りです。印鑑は実印が必要となります。

 

・譲渡証明書(旧オーナー実印がされているもの):約500円

・印鑑証明書(旧オーナーのもの)

・車検証(原本)

・印鑑証明書(自分のもの)

・車庫証明書:約2,500円から3,000円

・手数料納付書:約500円

・申請書

 

軽自動車に必要な書類は以下の通りです。書類が少ない分費用も安くなります。

 

・申請依頼書(旧オーナーの認印が押されているもの)

・車検証(原本)

・申請依頼書(自分のもの認印が押されているもの)

・住民票(マイナンバーの記載がないもの):約300円

・自動車検査証記入申請書

・軽自動車申告書

・軽自動車税申告書(種別割、環境性能割)

 

どちらもナンバーを変えるのであれば1,500円程度費用がかかるので注意しておきましょう。普通のものであれば安いのですが、柄の付いた特別なものにすると金額は上がります。

 

手順

申請の手順の流れは以下の通りです。軽自動車は申請に行く場所が違うので、間違えないようにしておきましょう。15日以内に手続きを済ませなければならないので、書類の発行にかかる時間などをよく考えて行動しなくてはいけません。

 

1.必要な書類の準備

2.車に乗る時の地域の運輸支局に行く(軽自動車であれば軽自動車検査協会に行く)

3.手数料納付書、申請書を貰い記入し提出(ここで印紙代を購入)

4.新しい車検証がもらえる

5.新しい車検証が交付される

6.自動車税・自動車取得税の申告

 

車に乗る地域が変わり管轄に変更が出る場合、ナンバーの変更が必要になるため以下の手順も加わります。

 

・古いナンバープレートと新しい車検証を渡す

・新しいナンバープレート受取と封印を行ってもらう

 

個人で行う時の注意点

自分で手続きを行う時には、日程をよく確認しながら手順を進めていかなくてはいけません。陸運支局は窓口が多く迷ってしまうこともあるので、窓口で聞くと場所を教えてもらえます。名義変更の正式な名前は『移転登録』になるので注意しておきましょう。

 

ナンバープレートの変更が必要な場合、普通自動車には盗難防止の『封印』というキャップが付いているため自分で外すことができません。そのため、取り外しが必要な際は車を持ち込まなくてはならないのです。軽自動車には封印がないので、プレートと書類があれば自分で取り替えができます。

 

窓口は平日の決まった時間にしか開いてないので、仕事をしている人などは休みを取って受け付けにいかなくてはいけません。そのため、なかなか休めない人や時間がない人は、金額は上がりますが業者にお願いすることをおすすめします。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古車購入時の名義変更方法【業者に依頼する場合】

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

自分で変更手続きをする場合は、安く済みますが手間と時間がかかってしまうのが難点です。業者依頼は費用がかさむデメリットがありますが、どのようなメリットがあるのか気になる方もいるでしょう。この項目では、おすすめな人や流れについてご紹介していきます。

 

業者への依頼がおすすめな人

代行をお願いすることで書類を集めたり申請に行ったりする手間を省くことができます。平日に休みが取れず時間がない人や、手続きなどが苦手な人におすすめです。必要書類は業者が揃えて記入までしてくれるので、たくさんの書類を書く手間や書き漏れ、書き損じなどを防ぐこともできます。

 

ディーラーや自動車整備会社、行政書士事務所などでもしてくれるので確認してみるといいでしょう。

 

業者に依頼する時の手続きの流れ

最初に必要な書類を用意します。まずは自分の委任状が必要になるので、国土交通省のホームページからでダウンロードするか業者からもらい、記入と押印をしておきましょう。その他に車庫証明、印鑑証明も自分で準備します。

 

準備したものを業者に提出し、代行費用を払えば完了です。後の手続きは業者が全てしてくれるので、値段は高くなりますが時間と手間が省けます。代行費用はお願いする業者により異なるので最初に確認をしておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ネクステージなら中古車の品揃えも抜群!

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

ネクステージは在庫数が多く中古車の品揃えが豊富で、軽自動車から輸入車まで幅広く取り揃えています。ホームページでみた車が欲しいけど近くの店舗にないから諦める、ということもあるのではないでしょうか。全国どこの店舗の車でも近くの店舗に取り寄せができるので、気になる車があればご相談ください。中古車で人気の車種と相場を紹介しますので参考にしてください。

 

トヨタ ルーミー

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

軽自動車の中でも人気のある車種で、使い勝手や走りやすさを追求した車です。後ろの座席を畳むことでフルフラットになり、自転車や長いスキー板なども乗せることができます。インパネが水平基調になっていることやフロントガラスも広いことで車内がさらに広く感じられることも特徴でしょう。センターコンソールがないため運転席から後席への移動が楽です。中古車相場は89万9,000円から197万3,000円となっています。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『トヨタ ルーミーの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

日産 セレナ

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

セレナは5ナンバーサイズのミニバンです。エンジンの回転制御や車体の所々に防音対策がされていることにより、静粛性が高く走っていても車内が静かです。予防安全性能では2019年の自動車アセスメントで最高評価の『ASV++』を獲り、車線逸脱防止支援システムやインテリジェントエマージングブレーキなどを搭載した安全性に優れた車となっています。

 

中古車相場は32万8,000円から329万9,000円です。オプションやグレードにより価格が変わってきます。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『日産 セレナの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

ホンダ フリード

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

2008年に発売されたフリードは街中でも走りやすいコンパクトミニバンで、ホンダの低床、低重心の技術が使われています。さらに、燃料タンクが2列目の下にあることで運転席も広く2列目の足元も広くなっていることが特徴です。

 

コンパクトミニバンですが、最大で7人乗ることができるグレードや内装が上質なグレードなどもあります。中古車相場は24万9,000円から234万円です。ハイブリッド車とガソリン車、オプションなどでも価格が変わります。

(2021年4月時点での情報です)

(参考:『ホンダ フリードの中古車一覧|新車・中古車の【ネクステージ】』)

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

中古車購入後は保険や税金のトラブルなどを避けるため、買った日または納車日から15日以内には名義変更を必ず行いましょう。書類集めや陸運支局などに行くことができるのであれば、自分でも手続きをすることができ安くできます。

 

しかし、業者に頼むことで時間や手間を省くことができるので、時間がない人や手続きが苦手な人にはおすすめです。ネクステージには中古車売買に関する知識のあるスタッフが控えていますので、中古車購入に関する手続きの不安や疑問は気軽にご相談下さい。

※ネクステージグループでは中古車販売時、名義変更は当社にて実施しております。名義変更前の状態での車両引渡し(書類渡し)は行っておりませんのであらかじめご了承ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古車購入時の名義変更とは?方法や理由/必要書類/費用なども解説

気になる車種をチェック

 

ページトップへ