未使用車とはどのような車? 新車・中古車との違いや探し方を解説[2019年06月30日] | クルマ購入ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

未使用車とはどのような車? 新車・中古車との違いや探し方を解説

クルマ購入ガイド

未使用車とはどのような車? 新車・中古車との違いや探し方を解説

中古車販売店などで、「未使用車」と記しのある車を見たことがあるかもしれません。中には、「未使用車とはどのような車を指すのかを具体的に知りたい」という方もいるのではないでしょうか。

 

未使用車とはといった言葉の定義を知ることで、未使用車も含めた幅広い選択肢の中からお気に入りの1台を検討できます。その際、メリットだけでなくデメリットまで知ることが大切です。そこでこの記事では、未使用車とはといった基本知識をはじめ新車および中古車との異なる点や探し方についてもご紹介します。

 

※目次※

1.未使用車は「新古車」とも呼ばれるお得品!

2.新車や未登録車との違い

3.未使用車として販売されている車の走行距離とは?

4.登録済み未使用車のメリット

5.登録済み未使用車のデメリット

6.登録済み未使用車と中古車は何が違う?

7.登録済み未使用車を購入するのに最適な時期は?

8.登録済み未使用車を探すならネクステージ!

9.まとめ

 

■POINT

 

・未使用車とは登録済みだけれど一般的な使用はしていない車のことで、新車のような状態の良さが魅力!

・使用用途で走行距離は異なる!それでも新車よりもお得な未使用車はお得品だからチェックするべき!

・未使用車を購入したいなら、中古車とも比較しやすく在庫が豊富にそろっているネクステージで探そう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

未使用車は「新古車」とも呼ばれるお得品!

未使用車とは、陸運局で登録は済ませているものの使っていない車のことです。届出はしているものの、一般消費者の手元に渡っていない状態の車を意味します。すでに陸運局で登録している状態ゆえ、販売する際には中古車として扱うことが新古車とも呼ぶ理由です。

 

登録済みであるためナンバープレートは付いているものの、あまり動かすことなく保管しているケースが多く、状態の良さは新車に見劣りしない程度と言えるでしょう。年式も当年もしくは1年落ちで、走行距離も100km未満とほとんど走っていないものが多い傾向です。

 

新車や未登録車との違い

新車や未登録車とは、登録(新規登録)が行われていない車のことです。公道を走行するには陸運局で登録の手続きをしなければならないため、新車や未登録車は公道を走れません。一方、登録は完了しているものの登録後に使用したことのない車を「登録済み未使用車」と呼びます。

 

つまり、新車や未登録車と登録済み未使用車の違いは、陸運局で登録しているかどうかと言えるでしょう。また、登録していない新車や未登録車にはナンバーが付いていませんが、登録済み未使用車にはナンバーが付いているのも見分け方のひとつです。登録済み未使用車は新車ではありませんが、実際には使用履歴がないのでコンディションが新車に近い車と言えます。

 

未使用車として販売されている車の走行距離とは?

漢字で見ると使用していないと書く未使用車ですが、全く使用していないという意味ではありません。どの程度使用していたかを判断する際に基準となるのが、走行距離の長さです。未使用車の主な使用用途として展示車や試乗車、代車と3つのパターンごとに走行距離が大きく異なってきます。

 

展示車の場合など敷地内の移動で走行させただけの場合、50km未満が一般的です。ただし、同じ未使用車であっても、試乗車の走行距離は1,000km~3,000kmと長くなります。また、ディーラーで代車として使用していた未使用車になると、5,000km~1万kmほど走行しているケースもあるでしょう。

 

登録済み未使用車のメリット

登録済み未使用車を選択するメリットは5つあります。新車と比較すると「車両代が安い」「税金の支払い額を節約できる」「すぐに乗り始めることが可能」「車の状態が良い」「新車の保証内容を継承できる」の5つです。これら5つのメリットについて、詳しく解説していきます。それぞれ事前に知っておくと役立つため、ぜひチェックしておきましょう。

 

新車と比べて車両代が安い

登録済み未使用車は、中古車に該当するので新車よりも車両代が安くなります。見た目上・実質上は新しい車であっても、一度購入履歴のある車となるため一般市場で販売する際には再販となり中古車扱いです。したがって、新車と同様のスペックであったとしても、安い車両代金で手に入ります。加えて、消費税分も節約できることがメリットです。

 

すでに重量税などの支払いが済んでいる

車の重量税は、「新規登録の時」と「車検の時」に支払います。登録済み未使用車は、一度新規登録をする時に重量税を支払っています。そのため、もし新規登録から3年以内であれば、次の所有者は重量税を支払う必要はありません。初期費用を抑えたいという方は、選択肢のひとつに入れてみましょう。

 

すぐに乗ることができる

登録済み未使用車は、購入から納車までの期間が短いという特徴があります。すぐに乗り換えしたい方には嬉しいポイントと言えるでしょう。登録済み未使用車であれば、現物販売であるため必要な手続きが完了すればすぐ納車となります。軽自動車を選んだ方は名義変更、普通車であれば車庫証明の発行が完了すれば自分の所有物です。

 

車の状態が良い

登録済み未使用車は登録のみが行われ、実際の走行には使用していません。ディーラーでの展示や試乗用として用いていた車が多く、走行距離が非常に短くなっています。

 

また、登録からあまり時間が経過してないこともあり、全体的に車の状態が良い場合がほとんどです。車のプロであるディーラーが丁寧に扱っているので、タイヤやエンジンオイル、ブレーキパットといった消耗品の状態も良好と言えるでしょう。

 

新車の保証内容を継承できる

登録済み未使用車は、保証継承の手続きを行えば新車の保証内容をそのまま適用できるのも大きなメリットです。保証継承は二次保証とも呼び、一定の基準を満たす車に対してメーカーが'保証を提供します。

 

保証継承を行うにはディーラーで車両の点検を受け、メーカーが定める基準に適合しなければなりません。登録済み未使用車はほぼ新車同様のコンディションなので、ほとんどの場合は問題なく保証継承できるでしょう。メーカー保証があれば、新車と同じように故障リスクに備えつつ、安心して車に乗ることが可能です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

登録済み未使用車のデメリット

費用を節約できたり、購入後にお出かけやドライブのためにすぐ乗ることができたりといったように、登録済み未使用車には魅力的な点がたくさんあります。そのため、新車ではなく登録済み未使用車に魅力を感じている方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、登録済み未使用車にはデメリットもあります。具体的にどのようなデメリットがあるのかチェックしてみましょう。

 

車種の選択肢が少ない

市場に流通している車全体から見てみると、登録済み未使用車の割合は少なめです。車種の選択肢自体も少なく、お気に入りの車種が見つかったとしても、色が好みに合わないこともあるでしょう。希望通りの登録済み未使用車を見つけることは、希少性から簡単とは言えません。中古車同様、多少の妥協は必要であることを覚悟しておきましょう。

 

メーカーオプションの追加ができない

登録済み未使用車を手に入れようと思った時に購入できるのは、現物のみです。したがって、メーカーオプションが追加できません。気になるオプションがある場合は、欲しいオプションが付いている登録済み未使用車を探す必要があります。その場合、事前に付属のオプションを確認してから、購入するようにしましょう。

 

次の車検までの期間が短い

登録済み未使用車は、新車として新規検査が完了しています。そのため、購入してから車検に出すまでの期間が通常の車よりも短くなるのが一般的です。

 

例えば、目星を付けている車の登録が3月に行われていて5月に購入した場合は、車検までの期間が2か月分短くなります。期間が短くなると、人によっては損をした気分になるかもしれません。また購入後に車検までの期間を勘違いして、車検切れを起こしてしまう方もいます。登録済み未使用車を購入する際は、車検の満了日を確認しておくと安心です。

 

傷や汚れがある場合がある

登録済み未使用車は、一般走行には使用していないものの、展示用や試乗用として使用履歴のある車を指します。したがって、細かい傷や汚れが付いている場合があり、注意が必要です。また、運搬中に付いた傷が原因で返品となった車も含むことから、購入前にきちんとチェックしましょう。

 

傷や汚れのリスクは回避できませんが、多少であれば気にしないという方にとっては新車より安く購入できるという大きなメリットがあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

登録済み未使用車と中古車は何が違う?

登録をすでに済ませていることから中古車の扱いとなる未使用車は、一般的な中古車とはさまざまな点で異なるのが特徴です。

 

同じ中古車の扱いであっても、まるで新車と言っても良いほど状態が良い未使用車は、まず販売価格が中古車と大きく違います。新車よりも安く購入できるのが魅力の未使用車ですが、中古車に比べると高いのが一般的です。

 

ただし、車検や部品交換までの期間に関しては中古車よりも長くなりやすい他、車を売却する際には中古車よりも高いリセールバリューを期待できるでしょう。

 

登録済み未使用車を購入するのに最適な時期は?

登録済み未使用車を探すのにおすすめの時期は、決算期翌月です。4月・10月を目安に車探しをしてみてください。ディーラーは決算期に、目標達成のため自社名義で届出を行います。そのため、決算月の翌月は登録済み未使用車の在庫が多くなる傾向にあるのです。

 

登録済み未使用車の取り扱いが増えたタイミングであれば、幅広い選択肢から条件に合う車を探せます。決算月翌月を狙って、車購入のスケジュールを立ててみましょう。

 

登録済み未使用車を探すならネクステージ!

未使用車の購入を考えているのであれば、まずはどのような選択肢があるのかを探してみることが大切です。ネクステージなら、中古車だけでなく未使用車の在庫もそろっています。公式サイトからは、未使用車を一覧で閲覧できる他、車種ごとに中古車と未使用車を比較するのも簡単です。

 

登録済み未使用車を探す方法

状態の良さとお得さが魅力の未使用車について、メリットだけでなくデメリットまで知った上で、実際に購入を検討する方もいるでしょう。その場合、主な未使用車の探し方としては「サイト検索」や「中古車販売業者へいく」といった方法があります。

 

手間や時間をかけずに、どのような未使用車があるかをチェックしたいのであれば、自宅でも簡単にできるサイト検索が便利です。中古車の販売・買取に対応しているネクステージのサイトからも、未使用車の在庫を気軽に検索できます。

 

サイトからの検索方法

ネクステージの公式サイトでは、キーワード部分に「未使用車」を入れるとすぐに検索結果を確認できるためおすすめです。キーワードの検索蘭に「未使用車」と打ち込むだけで、ネクステージで取り扱っている未使用車を一覧で確認できます。

 

全国に店舗を展開するネクステージでは、未使用車の在庫数も豊富にそろっているため、条件で絞り込むと良いでしょう。予算をはじめボディタイプやメーカー名、店舗などさまざまな条件を入れれば、より自身のニーズに合った検索結果につながります。

 

ネクステージなら未使用車と中古車の比較も簡単!

「この車種に乗りたい」とすでに決まっているのであれば、車種名で検索してみてください。ネクステージの公式サイトでは、車種名で検索することで、中古車はもちろん未使用車の在庫も簡単に確認できます。

 

そのため、同一車種における未使用車と中古車の比較が簡単にできるのがメリットです。中古車と未使用のどちらも取り扱いが多く、在庫数も豊富にそろっているネクステージなら、しっかりと比較をした上でお気に入りの1台を探せます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まとめ

未使用車とはどういった車のことを指すのかについて、中古車との違いやメリットやデメリットなどを知ることで、具体的にイメージしやすくなったのではないでしょうか。新車に近い状態の中古車をお得に購入したいのであれば、未使用車の購入を検討するのがおすすめです。

 

中古車の販売・買取を行うネクステージであれば、中古車とも比較しやすい他、未使用車の在庫も豊富にそろっています。お気に入りの1台に出会う可能性を高めるためにも、まずはネクステージのサイト検索で未使用車をチェックしてみてください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

気になる車種をチェックする