マツダCX-3を買うか迷っている人へ|新型、価格、燃費、機能、サイズを紹介!

車種ガイド

マツダCX-3を買うか迷っている人へ|新型、価格、燃費、機能、サイズを紹介!

マツダCX-3はマイナーチェンジを行ったこともあり、人気の高い車種の一つです。そのため、マツダCX-3を購入したいと検討している人も少なくありません。しかし、新車だと高すぎて手が出ないと諦めてしまう人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、マツダCX-3の価格や燃費、機能やサイズについて紹介してきます。CX-3の魅力に加えて、「手が届かない」と諦めることなくCX-3をお得に購入する方法を解説していきますので、最後までご覧下さい。

 

■POINT

 

 

・マツダCX-3はマイナーチェンジでさらに魅力がアップした!

・マツダCX-3はハイクオリティな性能を持つ人気車!

・マツダCX-3をお得に購入したい場合は、中古車がおすすめ!

 

 

 

マツダ CX-3の中古車相場をチェックする! >

 

マツダCX-3とは

マツダが販売しているSUV車の中でも特に人気を誇るCX-3。「CX」とはクロスオーバーモデルという意味で、日本で販売されているCXシリーズは2019年の時点で「CX-3」「CX-5」「CX-8」の3種類があります。

 

マツダがこれまでに出したCXシリーズは全部で6種類。上記の3種以外では中国向けに販売している「CX-4」、北米向けに販売している「CX-8」、そして2011年に販売が終了した「CX-7」があります。

 

このCXシリーズの末尾に付けられている数字は「車のサイズ」を表しており、CX-3はシリーズの中で最もコンパクトなものということになります。日本の道路は北米などに比べて車幅の狭い場所が多いため、日本向けにコンパクトな車を販売しているということです。

 

CX-3は、マツダが2015年2月に「次の時代のスタンダードを創造する」をコンセプトに機動性を意識して製造した車種です。車高は1550mmに設定されており、立体駐車場にも対応できる実用性を持っていたり、さまざまなケースに合わせて向きを変更できるフレキシブルボードを採用することで便利さも兼ね備えていたりと、非常に魅力的な車になっています。

 

つまり、CX-3はボディサイズから性能までを追求し、スタイリッシュなデザインでまとめた魅力溢れる車となっています。

 

マツダCX-3がマイナーチェンジして新型へ

マツダCX-3は、2017年6月のマイナーチェンジによって新型CX-3に変わりました。このマイナーチェンジの特徴はガソリンエンジンが追加されたというところで、従来のディーゼルエンジンと合わせて2種類になりました。

 

マイナーチェンジをするまではディーゼル専用車として知られていましたが、他社のSUV車への人気が高まったため、マツダも対応してガソリンエンジン搭載モデルを追加したのではないかと言われています。

 

CX-3のガソリン車は、国産車で初めて「WLTCモード」の走行試験の認可を取得した車です。WLTCモードとは、「高速道路」「市街地」「郊外」と3つのモードで燃費を測定する方法のことで、従来のJC08モードに比べ、より実態に近い数値を出すことができるのが特徴です。

 

さらに、安全技術が飛躍的に進化したことで「サポカーS・ワイド」に該当する車としても認められました。サポカーS・ワイドとは、安全サポート車の中でも最高ランクに位置するレベルの安全技術を搭載した車の愛称で、経済産業省や国土交通省などが推進しているものです。

 

つまり、新型CX-3は、従来よりも安全技術が上がったことで、より安心で安全な車に進化したといえます。

 

マツダCX-3を買うべき理由となる機能

マツダCX-3の購入を検討している人に知っていただきたいのが、魅力的な4つの機能です。マイナーチェンジによって、各機能が各段に進化しており、どれも魅力のあるものばかりです。ここでは、「エンジン性能」「デザイン性」「安全性能」「操縦性能」を詳しく紹介していきます。

 

エンジン性能

新型CX-3のガソリンエンジンには、燃費性能の高さが特徴の「SKYACTIV-G2.0」が搭載されています。最大出力は110kW(150)/6,000rpm 、最大トルクは195N・m(19.9kgf・m)/2,800rpmで、マツダのコンセプトである「人馬一体」を体現している力強いエンジン性能が魅力的です。

 

また、「SKYACTIV-G2.0」には以下4つの新技術が備わっています。

 

  1. キャビティ付きピストン
  2. マルチホールインジェクター
  3. 排気ポート
  4. 冷却水制御バルブ
  5.  

これらの新技術により、燃料噴射を制御したり排気温度の向上を抑制したりすることができ、実用燃費を高めることができるようになりました。

 

つまり、CX-3のガソリン車のエンジン性能は、力強さと環境性能を兼ね備えているといえます。

 

一方、クリーンディーゼルには「SKYACTIV-D1.8」を搭載しています。最大出力は85kW(116)/4,000rpm 、最大トルクは270N・m(27.5kgf・m)/1,600~2,600rpmです。マイナーチェンジによって、ディーゼルエンジンも環境性能や走行性能が飛躍的に向上しています。

 

さらに、新技術として「DE精密過給制御」「ナチュラル・サウンド・スムーザー」「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」の3点が加わりました。新技術を搭載したことで、渋滞や高速道路などに適応した加速性能を向上させることに成功し、ノック音を抑制することによって静かな走行を可能にしました。

 

新型CX-3のエンジン性能はガソリンとディーゼルで違いますが、どちらも新技術を導入しているため、従来よりも環境性能や実用燃費に期待できるでしょう。

 

デザイン性

CX-3はモデルチェンジにより、エクステリアデザインも進化しています。フロントグリルやアルミホイールなど、どの角度から見ても上質に見えるデザインが特徴です。また、マシーングレープレミアムメタリックを採用したことで、光が当たる部分と当たらない部分で輝きの度合いが変わり、力強さと美しさを表現できるようになりました。

 

一方インテリアは、センターコンソールやインパネデコレーションを、鋭さを増すようなデザインに変更しました。さらに、マルチボックスや電動パーキングブレーキを採用することで、実用性も同時に高めています。

 

安全性能

CX-3の先進安全技術は、全グレードに標準装備されています。事故が起きた場合の安全装備ももちろん完備されていますが、そもそもマツダでは事故を未然に防ぐため、ドライバーの疲労を軽減したり誤操作を減らしたりする設計をしており、これも魅力の一つです。

 

例えば、ヘッズアップコックピットをフロントガラスの下部に設置したことによって、目線を大きく変えることなく走行速度や法定速度を確認できるようになっています。

 

また、目視では確認しにくいドアミラーの死角を取り除き、交差点での事故を未然に防げるマツダ独自の技術も特徴的です。新技術も魅力的で、アドバンスSCBSや360°ビュー・モニターが搭載されました。

 

アドバンスSCBSは、夜道や薄暗い道でも前方の歩行者や車を検知し、衝突の危険があるとブレーキを自動制御してくれます。そのため、前方が見えにくくても安心した走行をすることができます。

 

360°ビュー・モニターは、360°すべてをカメラでサポートするため、目視では確認できない角度でも危険を察知し警告をしてくれるという機能を持っています。また、アダプティブ・LEDヘッドライトと組み合わせることで、夜間に対向車を発見するとヘッドライトを自動で部分消灯してくれます。

 

CX-3の安全性能が向上したことで、より快適な走行が可能になったといえるでしょう。

 

操縦性能

操縦性能としては、18インチタイヤを採用したことや、サスペンションを改良したことが大きな変化です。これにより、デコボコな道でもなめらかな走行をすることが可能になりました。今まで、デコボコな道による揺れに悩まされていた人は、より快適さを実感することができるかもしれません。

 

また、G-ベクタリングコントロールを搭載したことで操作性能も向上しました。G-ベクタリングコントロールとは、ハンドル操作に合わせて駆動トルクを自動で変えるものです。駆動トルクが自動で切り替わることで、動きを制御してくれ、カーブの際に曲がりやすくなります。

 

モデルチェンジによって操縦性能が向上したことで、長距離の走行をする場合も疲労しづらくなるなど、ドライバーの負担軽減を期待できるでしょう。

 

マツダCX-3の燃費

CX-3の燃費はマイナーチェンジ後以下のようになっています。

 

・ガソリンエンジンの燃費

モードの種類

2WD

4WD

WLTCモード

16.0~16.2km/L

15.2km/L

市街地モード

12.4~12.9km/L

11.9~12.0km/L

郊外モード

16.7~16.9km/L

15.9km/L

高速道路モード

18.0~18.2km/L

17.0~17.2km/L

参考:MAZUDACX-3

 

・ディーゼルエンジン

モードの種類

2WD

4WD

WLTCモード

20.0~23.2km/L

19.0~21.2km/L

市街地モード

16.3~21.3km/L

19.1~21.6km/L

郊外モード

20.0~23.5km/L

19.1~21.6km/L

高速道路モード

22.2~24.4km/L

20.9~22.0km/L

参考:MAZUDACX-3

 

これらを見ると分かるように、WLTCモードで測定することで走る環境による燃費の違いを一目で確認することができます。ちなみに、上の表で示しているWLTCモードの数値は3つのモードを平均的に割った数値ですので、よくカタログに表記されている燃費だと考えて下さい。

 

実際に走る環境によって、燃費は大きく変わります。WLTCモードで燃費を確認することで、自分が頻繁に利用する環境に合わせて燃費を把握できるため、購入後の燃費への信頼度が飛躍的に向上するでしょう。

 

マツダCX-3の価格

マツダCX-3のグレードには、ガソリン車(20S)とディーゼル車(XD)の2種類がありますが、ガソリン車の方が少し安価になっています。また、同じグレードでも2WDと4WDでは価格が違っており、駆動方式も価格に影響することが分かります。グレードや駆動方式による各モデルの価格の違いを確認してみましょう。

 

グレード(AT/MT)

駆動方式

価格

XD

2WD

2,436,480円

4WD

2,662,480円

XD PROACTIVE

2WD

2,630,880円

4WD

2,856,880円

XD PROACTIVE S

パッケージ

2WD

2,728,080円

4WD

2,954,080円

XD Lパッケージ

2WD

3,062,080円

4WD

2,836,080円

XD Exclusive Mods

2WD

2,868,480円

4WD

3,094,480円

20S

2WD

2,127,600円

4WD

2,353,600円

20S PROACTIVE

 

2WD

2,332,800円

4WD

2,558,800円

20S PROACTIVE S

パッケージ

2WD

2,430,000円

4WD

2,656,000円

20S Lパッケージ

2WD

2,566,080円

4WD

2,792,080円

20S Exclusive Mods

2WD

2,598,480円

4WD

2,824,480円

参考:マツダ公式サイトCX-3

 

マツダCX-3のサイズ

 

項目

サイズ/人数

全長

4,275mm

全幅

1,765mm

全高

1,550mm

ホイールベース

2,570mm

タイヤサイズ

215/50R18

車両重量

1,230~1,370kg

乗車定員

5名

参考:MAZUDACX-3

 

CX-3には数種類のグレードがあり、更にガソリン車・ディーゼル車と別れていますが、車両重量以外のサイズはどれも同じです。先ほども紹介しましたが、大きなメリットは車高が「1,550mm」となっている点で、立体駐車場へも入れる作りになっています。

 

他社でもコンパクトSUV車は多く販売されていますが、室内空間を広げることを目的に車高を高くしているタイプも多く存在します。一方、CX-3はユーザーニーズに対応し実用性に特化しているため、小回りがしやすいサイズが特徴です。

 

最小回転半径が6mや6.5mと大きくなるほど小回りは難しくなりますが、CX-3の最小回転半径は5.3mです。最小回転半径5.3mは比較的小回りがしやすいタイプだといえます。

 

マツダCX-3を安く買うためにはどうすればいいの?

マツダCX-3をできるだけ安く買いたいのであれば、中古車で購入するのがおすすめです。たとえ低いグレードでも新車価格で購入するとなるとガソリン・ディーゼル共に200万円を超えてしまい、なかなか手が出ない人も多いかもしれません。

 

しかし、中古車で購入すると新車よりも安く購入することができ、場合によっては新車で低いグレードを購入するよりも中古車で上位グレードを購入する方が安くなるというケースもあります。

 

CX-3を中古で購入したいという人には、ネクステージがおすすめです。ネクステージは全国に店舗を展開しており、全国からさまざまな種類の車種が集まります。2019年3月の時点でマツダCX-3は40件以上も販売されています。

 

ただし、CX-3は人気車種であり、お求めになるお客様が全国に多数いらっしゃいます。CX-3を安く購入したいという人は、お早めにネクステージへご相談ください。

 

まとめ

マツダCX-3は、マイナーチェンジを行ったことでその魅力がさらにアップしました。「エンジン性能」「デザイン性」「安全性能」「操縦性能」すべてに優れており、変わらぬ人気を誇っています。

 

そんな魅力的な車であるCX-3を欲しいと思っている人は多くいると思いますが、高すぎるとなかなか手を出しづらいなんてことも。そんなときは、新車よりお得に手に入れることができる中古車を検討してみてください。

 

中古車販売のネクステージでは、たくさんのCX-3の在庫をご用意しています。新車は簡単には買えないけれど、CX-3を手に入れたいと考えている人は、ぜひネクステージへご相談ください。

よく読まれている記事