車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

車を買い替えるタイミングや基準は人それぞれです。また、お気に入りの車であれば、少しでも長く乗り続けたいと思うのではないでしょうか。そうはいっても、長く乗れば乗るほど故障する箇所も増えてきて、修理代が高額になってしまうことはよくあります。

 

そのような車を買い替える指標のひとつが走行距離です。さらに「10万km」を超えると査定額が下がるといった話を聞いたことがあるかもしれません。そこで本記事では、走行距離と買い替え時期のポイントについて詳しくご紹介します。

 

※目次※

1.車の年間走行距離の目安は用途により異なる

2.車の総走行距離メーターの見方

3.車の走行距離の測り方・リセットの方法

4.車が走ることができる走行距離はどれくらい?

5.10万kmが買い替えの目安になっている理由

6.中古車購入で走行距離を参考に選ぶ際のポイント

7.旧所有者の使い方・メンテナンス状況もチェックしよう

8.メンテナンスが必要な部品や時期とは?

9.ネクステージの中古車は高品質・万全の整備でお渡し!

10.まとめ

 

■POINT

 

・定期的なメンテナンスと部品の交換で、20万キロ以上の走行も可能!

・走行距離は買取価格だけでなく、購入金額にも影響することがほとんど!

・お得に買い替えるためにも、まずは中古車の専門家に相談してみよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の年間走行距離の目安は用途により異なる

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

車の年間走行距離は、普段の車の乗り方によって大きく異なってきます。例えば、近所への買い物がメインの人と、休日を利用して長距離のドライブを楽しむ人とでは走行距離に大きな差が出ます。まずはご自身や家族のライフスタイルを振り返り、車の用途を整理してみましょう。様々な用途を例に、走行距離の目安を解説します。

 

市内・近所の利用がメインの場合

居住している市内での買い物など、近所の移動をメインに車を利用している方の平均年間走行距離は約3,000kmです。「近所」の目安としては、距離にして250km~400kmほどの範囲で、1週間あたりの走行距離は約60km程度と考えます。

 

日常・ドライブなどがメインの場合

週に数回の買い物と週末のドライブなどで車を利用している方の年間走行距離は、5,000~10,000kmが目安となります。走行距離の範囲は以下のようにイメージしましょう。

 

近所での日常使い+月に1回程度の長距離ドライブをする場合

・1ヶ月あたりの走行距離が450km~550km:年間走行距離は5,000km~7,000km

・1ヶ月あたりの走行距離が850km~1,000km:年間走行距離は7,000km~10,000km

 

通勤・通学がメインの場合

毎日の通勤や通学で車を利用している方の年間走行距離は、10,000~1万5,000kmが平均的です。「車の年間走行距離の目安は1万km」と言われる理由は、通勤・通学に車を利用する人が多いためです。

 

毎日の利用に加えて、月に数回の長距離ドライブや年2回程度の旅行・帰省なども想定しておきましょう。1ヶ月に1,000km~1,250kmほど走った場合、年間走行距離は1万5,000km程度になります。

 

通勤・通学に加え週末ドライブも多い場合

通勤・通学など毎日のように車を利用し、さらに週末は欠かさずドライブをするという場合、年間走行距離は1万5,000km以上が目安となります。

 

週末のドライブをのぞいても、週5日・往復で70kmほど走行していれば、年間走行距離は1万5,000kmに到達します。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の総走行距離メーターの見方

車の走行距離は、車内に設置された計器をチェックすることで把握可能です。総走行距離を示す「オドメーター(ODOメーター)」は、運転席正面の「インストルメントパネル(インパネ)」に備わっています。

 

機械式(アナログ式)とデジタル式に分かれるオドメーターは、基本的には表示されている数値がそのまま総走行距離(km)をあらわします。ただし、故障などによりメーターを交換した場合は数値と実際の総走行距離が異なるケースがあるので要注意です。

車の走行距離の測り方・リセットの方法

区間走行距離を示す「トリップメーター(TRIP)」は、オドメーターと同じく運転席正面の「インストルメントパネル(インパネ)」に備わっています。

 

トリップメーターはいつでもリセット可能なため、様々な区間の走行距離を調べるのに役立ちます。例えば、自宅から通勤・通学先までの区間走行距離を調べる場合、出発前にトリップメーターをリセットすることで目的地までの走行距離が分かります。また、ガソリン満タン時にリセットすれば、次の給油時に区間走行距離から燃費具合を把握できます。

 

車に搭載されている「TRIPスイッチ(またはODO/TRIPスイッチ)」を操作することでトリップメーターをリセットできますが、そのスイッチがどこにあるかは車種によって異なるため事前に確認しておきましょう。

車が走ることができる走行距離はどれくらい?

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

車の寿命がどれくらいなのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。車の寿命を決定づけるひとつの要因となるのが、走行距離です。車は走行することで部品を消耗するため、走行距離が長ければ長いほど車に取り付けられた部品は摩耗・劣化を繰り返していきます。

 

そのため、走行距離の長い車と短い車を比べれば、走行距離の短い車の方がバッテリーやタイミングベルトといった主要部品の消耗・劣化は少ないでしょう。つまり、車は部品を交換していくことで、寿命を延ばしていくことができるということです。

 

日本では走行距離「10万km」を目安に買い替えが行われていますが、海外諸国では20万kmを超えた車も多く走っています。エンジンを含めメンテナンスをしっかりと行っていれば、20万km以上の走行も可能です。

10万kmが買い替えの目安になっている理由

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

走行距離「10万km」が買い替えの目安になっているのは、エンジンの耐久性の劣化や買取金額が大きく関係します。また、日本では車に性能のよさを求めるユーザーが増えているのも理由のひとつだといえるでしょう。10万kmが買い替えの目安になっている理由を詳しく解説します。

 

10万km走行はだいたい10年落ち

車の走行距離は、平均で年間1kmです。そのため10年車を使用すれば、単純計算すると走行距離は10万kmとなります。10万km走行したときには、年式が10年前の車となるとわかりやすいでしょう。新車のときに購入したと考えれば、年式は10年前のものとなります。

 

製造してから10年も経てば、エンジンを含めさまざまなパーツに経年劣化が目立ち始める時期です。エンジンの耐久性は、走行距離10万km~15万kmが限界ラインだと考えてよいでしょう。

 

メーカー保証期間は長くても10年以内

車を購入する際は、メーカー保証が付帯していることがほとんどです。メーカー保証の期間は長くても10年なので、メーカー保証が切れるタイミングで買い替えようと考えるユーザーもいます。

 

車が故障するなど万が一のことが起きたとき、メーカー保証が切れているとさまざまなリスクが生じやすいでしょう。できるだけ低いリスクで車を使用するには、メーカー保証が切れていない車に買い替えるのが得策です。

 

10万km超えは買取金額が下がる傾向

車の買い替えを決意し、業者へ査定を依頼すると予想していた以上に買取金額が低いと驚く方もいるかもしれません。走行距離が10万kmを超えた車は、外観や内装だけではなくさまざまなパーツが劣化していることがほとんどです。そのため、見た目だけでは気付かない部分で車に負担がかかっているでしょう。

 

10万kmも走行していれば、故障リスクが高くなります。また、年式が10年前のものとなれば性能も古くリセールバリューがないに等しい状態だといえるでしょう。このような理由から、買取価格が低くなりやすいといえます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

走行距離はトータルよりも使い方がポイント

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

新たに中古車の購入を考えているのであれば、走行距離も車選びの基準にしましょう。走行距離がどれくらいなのかによって、選択肢となる中古車の年式や状態は異なります。すべての車にあてはまるわけではありません。しかしおおよその走行距離と特徴を理解しておくことで、中古車選びをスムーズにできます。

 

3万km|新車のような車が狙える

走行距離3万km程度の中古車は、年式も新しく見た目もきれいな車が多いのが特徴です。見た目重視で中古車を選びたい方は、走行距離3万kmを目安にするとよいでしょう。車によっては、次回の車検までの期間が残っている可能性があります。

 

価格は走行距離が3万kmよりも多い中古車に比べると高くなるでしょう。しかし、「車の見た目や性能に古さを感じたくない」「維持費をできるだけ抑えたい」という方には走行距離3万kmがおすすめです。

 

5万km|上質で手頃な価格の車が狙える

「価格が少しでも手ごろであれば、機能は最新のものでなくてもよい」という方は、走行距離5万kmを目安にしましょう。走行距離5万kmの車は、品質が高いうえに価格も新車を買うよりも安いといえます。

 

新車を購入し2回目の車検のタイミングで車の買い替えを考える方も多いようです。そのため、走行距離5万km程度の中古車は車市場でも充実している傾向にあります。

 

10万km|安さ重視で選びたい人向け

「安く中古車を購入したい」と価格重視で車を選びたい方は、走行距離10万kmを目安にしましょう。年式は10年ほど前のものになるため、外観や内装を含め古さを感じる部分はあるかもしれません。しかし、車に大きな問題がなければ十分購入後も使用可能です。購入前は故障している部分がないか業者にしっかりチェックしてもらいましょう。

 

走行距離20万km以上で好調な場合もある

「走行距離10万kmを超えた車は乗らないほうがよいのでは」と考える方もいるかもしれません。この根拠はエンジン内部にある部品の耐用年数がおよそ10年であるからだと考えられます。しかしこの「10万km」という基準は定期的なメンテナンスを行わず、最低限の消耗品交換のみで走り続けた場合の数字です。

 

古くなった部品がしっかり交換されており、かつその部品の供給が続いているのであれば、走行距離20万kmの中古車だとしても十分に良い状態を維持できる可能性もあります。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

旧所有者の使い方・メンテナンス状況もチェックしよう

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

中古車を選ぶときは、走行距離ばかりにとらわれないようにしましょう。どのように前の所有者が車を使用していたのかを知ることが大切です。移動距離によってエンジンや消耗品の劣化状況は異なります。購入後に満足できる中古車を選ぶためにも、確認するとよいポイントを理解しておきましょう。

 

経過年数と走行距離から平均を導き出す

走行距離を経過年数で割ることで、年間走行距離がわかります。走行距離の目安は「1年あたり1万km」と言われているので、3~5年、10年単位の走行距離を計算してみましょう。元の持ち主がどのような用途で車を使用していたかも想像できますよ。

 

もし極端に走行距離が少ない場合は、車が放置されていた可能性も考えられます。基本的に、車を全く走らせない状態よりも定期的に使用する方が部品は長持ちします。放置されていた車の場合は中古購入後の故障リスクも高まるため注意しましょう。

 

短距離の移動が多い場合

街乗りメインであったり短距離移動がほとんどであったりすると、エンジンへの負担がかかりやすいといえます。十分にエンジンが暖められないままエンジンのオン・オフをしてしまうと、エンジンの消耗スピードが早まるためです。短距離移動が多い使い方をしていた車を選ぶ際は、エンジンの状態のチェックは欠かせません。

 

毎日10km~20kmを移動する場合

車を毎日10km~20km程度で使用していた場合、年間で考えると走行距離は5,000km~1万km程度になります。年間走行距離がこの範囲におさまっているのであれば、中古車としては一般的な数字です。少しでも購入価格を抑えたい場合、あえて年間走行距離が平均よりも多い車を選ぶのも良いでしょう。

 

遠出で利用することが多い場合

平日は車を使用せず、休日のみ使用していた車は走行距離が短いことが多いようです。走行距離だけ見れば状態はよさそうに見えるかもしれません。

 

しかし、アウトドアやレジャーメインで使用していた車は1回の長距離移動により部品が消耗していることがあります。タイヤのすり減りが著しかったりすることもあるでしょう。購入前に消耗品のチェックをしておくと安心です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

メンテナンスが必要な部品や時期とは?

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

中古車市場で10万kmが目安にされている理由は、主要部品の寿命に合わせた交換時期にあります。では、どのような部品を交換することになるのでしょうか。また、部品ごとに寿命はどれくらいなのか、10万kmを目安にして主に交換が必要になる部品についてご紹介します。

 

メンテナンス次第で寿命は延ばせる

中古車の購入を考える際は、総走行距離をメンテナンスの指標としてとらえましょう。メンテナンスをほどこすことで購入後も車を良い状態を維持できるだけでなく、部品の寿命が延び安全に、そして快適に運転できます。

 

走行距離10万kmの中古車を購入した場合は、消耗品の交換は適切なタイミングで行いましょう。特に、経年劣化しやすいエンジンオイルやバッテリーなどはメンテナンスを怠らないことが大切です。

 

バッテリー

バッテリーとは、車に必要な電気を貯めておくことができる装置のことです。バッテリーは2年~3年ごとに交換するのが一般的とされています。バッテリーの交換にかかる費用は工賃(2,000円程度)+本体料金です。

 

バッテリー本体の値段はピンキリで、安いものなら5,000円前後から購入できます。しかし、トラブルが発生した場合、純正品よりも修理代が高額になりがちです。また、バッテリーは使用頻度が少なければ少ないほど、寿命が短くなります。

 

タイミングベルト

タイミングベルトとは、エンジンの吸排気のタイミングをコントロールしている部品です。タイミングベルトに障害が起きると、車の故障や事故につながる可能性が高まります。そのため、自動車メーカーでは10万kmごとの交換が推奨されているケースがほとんどです。

 

タイミングベルトの交換にかかる費用は、ベルトの交換のみなら安ければ3万円前後から可能なこともありますが、周辺機器の交換まで必要な場合は10万円近い金額が必要になるときもあります。もし走行中にタイミングベルトが切れた場合は、ベルトの交換だけでなく、他の部品の修理も必要になるかもしれないので注意しましょう。

 

タイヤ

タイヤの寿命はさまざまな状況によって変化しますが、4年~5年の交換が推奨されています。安全面を考慮すると、タイヤを交換する目安はスリップサインです。スリップサインが出た状態のままで走行していると、整備不良として反則金9,000円と違反点数2点が加えられます。

 

タイヤの交換にかかる費用は、一概にいうことはできません。ただし、タイヤの交換はセーフティドライブにも大きく影響してきますので、少しでも異常が見つかったら交換しましょう。

 

エンジンオイル・フィルター

エンジンオイルのメンテナンスを怠ると、エンジンの故障リスクが高まります。エンジンが燃焼するとオイルの燃えカス(カーボン)が発生します。この燃えカスとオイルが混ざった燃料は「スラッジ(カーボンスラッジ)」と呼ばれるのですが、このスラッジが溜まるとエンジンの性能が低下するおそれがあります。エンジン内部にスラッジが溜まった状態を放置しておくと、エンジン内部に十分なオイルが回らなくなり、故障につながるだけでなく車両火災を起こす危険性もあるのです。

 

エンジンオイル・フィルターは、エンジンオイルの不純物を排出するための部品であり、「エレメント」とも呼ばれます。エンジンオイルを2回交換したらそのうち1回はフィルターも交換しましょう。

 

その他

その他にも、車には定期メンテナンスが必要な部品がいくつかあります。車検時に点検してもらえるものですが、自費での修理を減らすためにも中古車購入時に状態をチェックしておくのがおすすめです。特にチェックしておくべき消耗パーツには以下のものがあります。

 

・ブレーキオイル

・ブレーキパッド

・ラジエーター/クーラント液(冷却水)

・エアクリーナー

・ワイパー本体

・ワイパーブレードのゴム部分(年1回は交換が必要)

・スパークプラグ

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

ネクステージの中古車は高品質・万全の整備でお渡し!

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

一台ごとに特徴が違う中古車の購入は、「宝探し」のような側面がある一方、失敗するリスクもともないます。ネクステージでは、車の仕入れ時から中古車としての展示前、ご購入いただいたあとの納車前まで、徹底的な品質チェックを行っております。いつでも中古車に関する情報を仕入れてお待ちしているのでご安心ください。

 

また、いわゆる「事故車」と呼ばれる修復歴車、メーター改ざん車、水没車などは取り扱っていません。不透明な部分が多いことだからこそ、スタッフ一人ひとりがお客さまと寄りそうことを心掛けています。製品に関する質問はもちろん、買い替えのタイミングなどもお気軽にご相談ください。

まとめ

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

買い替えの時期として走行距離を基準にして考えるのであれば、10万kmを超えないようにしたほうがよいかもしれません。10年は車の主要部品の交換時期でもあり、不具合が起こりやすくなる時期だからです。

 

しかし、メンテナンスをしっかりとしていれば、大幅に買取価格が下がることはないでしょう。ネクステージでは、10万km以上走行している車でも高額な査定をしていますので、お気軽にご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車の年間走行距離の目安は?メーターの見方・測り方・中古車選びのポイント

気になる車種をチェックする
 

 

ページトップへ