車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

車のバッテリーは所有者の使い方によって寿命が変わってくるものです。車に乗る機会が少ない方や、ちょい乗りを中心とされている方もバッテリーの交換時期が早まる場合が考えられます。

 

そうでなくともバッテリーの寿命は必ず訪れるため、引き取りや処分方法について迷われている方もいるのではないでしょうか。ここでは交換のタイミングや処分などの手続きについて紹介しますので、参考にしてください。

 

この記事を読むと、バッテリー交換の目安や処分方法などの知識が深まります。

 

※目次※

1.車のバッテリーはどうやって処分するの?

2.車のバッテリーの引き取りはどこに依頼すればいい?

3.車のバッテリーを引き取りしてもらう時に注意すること

4.車のバッテリーを交換するタイミングの目安

5.車のバッテリー交換は余裕を持って行おう

6.まずはネクステージの無料査定を受けてみよう!

7.まとめ

 

■POINT

・車のバッテリーは住んでいる市区町村ではなく、車の購入元や販売店、業者へ処分の依頼しよう。

・バッテリー交換は一歩間違えると事故やトラブルを招きかねない。取り扱いには細心の注意を払おう。

・バッテリー交換が近づいてきたら顧客満足度3冠受賞の実績があるネクステージで無料査定をしよう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーはどうやって処分するの?

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

車のバッテリーを交換、もしくは処分を行う際は専門業者へ依頼する場合もあるでしょう。しかし自身で車のバッテリーを処分したい場合は、どのような手続きを取る必要があるのでしょうか。

 

ここでは処分の行う際の注意事項や、気をつけるべきポイントについて紹介しますので、参考にしてください。

 

処理が困難なゴミに区分される

車のバッテリーにトラブルがあると、エンジンが掛からなくなることはご存知である方も多いでしょう。それと同時にヘッドライトやパワーウィンドウ、エアコン等の電装部品にもバッテリーが搭載されているため、車を走らせる上では重要な役割を持っています。

 

バッテリーは「処理が困難なもの」として、一般的な家庭ゴミや不燃物のゴミとは異なる扱いとなり、お住まいの市区町村のごみ収集では対応できません。そのため、車の購入先や販売店などに問い合わせる必要があります。

 

廃バッテリーの処分は引き取りを頼むのが原則

廃バッテリーは市区町村で引き取りなどの対応は行っていません。そのため車の専門業者へお願いすることになりますが、対応可能な候補がいくつかあります。

 

1つ目は新しいバッテリーを購入することを前提として、販売店で下取りを行ってもらうことです。販売店次第では、バッテリーの交換作業をあわせて実施してくれる場合もあります。バッテリー交換に関して不安がある方、あまり車の知識がない方は利用してはいかがでしょうか。

 

2つ目は不用品回収業者へ依頼をすることです。仮に今回交換するバッテリー以外に廃バッテリーを抱えている場合は複数のバッテリーの処分をお願いすることもできます。不用品回収業者の多くは出張で行っているため、重いバッテリーを運ぶ必要はありません。

 

このようにバッテリーは車の専門業者へ処分の依頼をすることが一般的であるため、市区町村のごみ収集には出さないようにしましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼すればいい?

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

車のバッテリーの取り扱いについてお話ししましたが、引き取り先としてはどのような業者へお願いすると良いのでしょうか。一般的に購入時に販売店で交換してもらう方法や、専門業者へ買取を依頼する方法があります。

 

ここではバッテリーの引き取りに関して3つのポイントについて紹介しますので、参考にしてください。

 

各自治体に確認する

バッテリーは多くの自治体では引き取りを行っていません。お住まいの市区町村のホームページにて収集しない、またはできないものとして一覧が掲載されているため確認してみましょう。

 

万が一バッテリーを不法投棄した場合は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により、5年以下の懲役もしくは1,000万円の罰金が課せられます。そのため適切な場所へ依頼をし、引き取ってもらうことが大切です。

 

車関係の場合、バッテリー以外にガソリンやタイヤ、50ccを超えるオートバイの引き取りを行わないと明記している自治体もあります。バッテリー以外の部品に関しても処分を検討している場合は販売店などへ問い合わせてください。

 

バッテリー交換時にお店で処分

カー用品店や中古車販売店名などでバッテリーを購入した場合、廃バッテリーを引き取ってもらえるケースがあります。

 

業者によっては無料で引き取りを行う業者もありますし、処分代として代金を請求される場合もありますが、個別に処分をするよりは手間が省けるため効率が良いでしょう。もしお店で処分を検討される場合は、購入時に廃バッテリーがあることを伝えるようにしてください。

 

専門業者に依頼

専門業者の中には、電気自動車用バッテリーや自動車用バッテリーなどを専門に扱っている業者も存在します。

 

専門業者の多くはバッテリーを廃棄物ではなく資源と考えており、それぞれの品目に合わせた買取価格を決めているため、依頼する側としても安心できる要素です。

 

さらに、専門業者は廃バッテリーを鉛やプラスチックにリサイクルをして使うやり方も持っています。単に廃棄するのはもったいないと考えている方は、専門業者へ依頼することも検討してはいかがでしょうか。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーを引き取りしてもらう時に注意すること

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

ここまで車のバッテリーの引き取り方法や依頼先についてお話ししましたが、引き取り時に自身が気をつけなければならないポイントもいくつかあります。

 

使用方法を誤ると事故やトラブルを起こしてしまう可能性もありますので、以下から注意すべき点を把握しておきましょう。

 

傾けでの液漏れ

バッテリーを持ち運ぶ際などは、傾けで液漏れを起こすことがあります。また経年劣化によって電解槽の蓋が外れやすくなり、液漏れが発生してしまうこともありますので持ち運ぶ際には注意が必要です。

 

車のバッテリー液は希硫酸でできており強い酸性の液体であるため、人の体につくと炎症や火傷などの害を及ぼします。万が一触ってしまった場合はすぐに水で洗い流すことのほか、医師の指示に従う必要があるため、取り扱いには十分に気をつけることが大切です。

 

このような被害を起こさないためにも、自身でバッテリーの交換は行わずネクステージをはじめとした販売店や専門業者へ依頼することも選択肢の一つとして考えてはいかがでしょうか。

 

引火爆発の予防

バッテリーの交換など作業を行う際には正しい手順で行う必要があり、交換時に手順やルールを守らないことによって引火爆発を引き起こす可能性が高くなります。

 

さらにバッテリー液が不足している場合や接続端子の接触不良、充電時、静電気などを正しく取り扱わないと引火爆発の起因となるため細心の注意が必要です。

 

そのため、バッテリー交換を行う際には取扱説明書やバッテリー上面に記載されてある注意事項をよく読んだ上で作業を進めてください。少しでも不安がある方は自身の安全を考え、中古車販売店や専門業者へ依頼した方が得策だと言えるでしょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーを交換するタイミングの目安

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

バッテリーは車の所有者の使い方や状況によって交換のタイミングが変わってきます。交換のタイミングを知っておくことによって、事前にトラブルを避けることができるほか余計な出費を抑えることも可能です。

 

ここではガソリン車とハイブリッド車に分けて、バッテリー交換のタイミングについて紹介しますので交換時期の判断材料にしてください。

 

ガソリン車の場合

一般的にバッテリーの保証期間は2~3年であるため、この期間を交換時期の目安としていることが多くあります。ただし必ずしもこの期間で使用できなくなるというわけではなく、2~5年程度でバッテリー交換を行うこともあるため、一概に時期を決めることはできません。

 

さらに車のタイプによってバッテリーを使う頻度も変わってきます。バッテリー切れを起こすと様々な箇所に症状が現れるので、気付く方が多いのではないでしょうか。

 

主な症状は後ほど説明しますが、車からのサインをもとに交換を見定めることや、バッテリー外箱の保証期間をもとに交換時期の目安を決めておくことなど、覚えておくと良いでしょう。

 

ハイブリッド車の場合

ハイブリッド車の交換時期は5年もしくは10万kmを目安としていることが多くあります。ハイブリッド車はエンジン車とは異なり、2種類のバッテリーを使用していることはご存知でしょうか。

 

基本システムの起動や、車を駐車する際のバックアップメモリーとして「補機用バッテリー」を採用しています。補機用バッテリーは鉛蓄電池を使用しており、使用頻度に応じて劣化が進んでいくため交換が必要です。

 

3年もしくは走行距離6万kmの早い方を保証期間としているメーカーもあるため、この期間を目安として交換の時期を考えると良いでしょう。

 

もう一つのバッテリーである「モーター用バッテリー」は、ハイブリッド車のみに搭載され、モーターへの電力を供給するバッテリーです。モーターバッテリーの特徴としてはコンピューターで制御されていることや大容量、リチウムイオン電池やニッケル水素電池で作られています。

 

補機用モーターと比べて長期間使用することが可能なようです。しかし車種やそのほかの条件によって異なることも考えられるため、補機用バッテリーと併せてメーカーへ交換時期を確認するようにしてください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリー交換は余裕を持って行おう

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

何かトラブルが起きてからバッテリー交換を行うより、余裕を持って行う方が不測の事態を回避でき自分のためにもなります。

 

またバッテリーの劣化を見極めるポイントを把握しておくことによって、余計な手間がかかることもないためおすすめです。ここでは車のバッテリー交換を余裕を持って行うコツについて確認していきましょう。

 

バッテリーの劣化を見分けるポイント

バッテリーの劣化を見分けるポイントとしてまず挙げられるのは、エンジンのかかり具合です。寿命の問題がないバッテリーはセルを回すとすぐにエンジンがかかりますが、劣化している場合はセルを回しても中々エンジンがかかりません。

 

他にはヘッドライトの明るさから確認することも可能です。運転時にヘッドライトが明るい場合でも停止中にライトが暗くなる場合は寿命が近づいているサインだと言えます。

 

またバッテリーランプが点灯した場合はバッテリー上がりを知らせる警告ですので、この場合はすぐに停車をし業者へ連絡してください。

 

交換前に車を乗り換えるのもおすすめ!

車のバッテリーの金額は車種によっても異なりますが、5,000円~4万円の範囲で購入が可能です。さらに専門店へ依頼をするとなると工賃もかかりますので、状況によっては大きな費用となることが予想されます。

 

バッテリーを交換するとなると、それまで長い期間乗っていたことも考えられるため、新しい車に乗り換えるという選択肢も出てくるのではないでしょうか。

 

中にはバッテリー切れの車は売れないのではないか、と心配に思う方も中にはいらっしゃるでしょう。しかし、バッテリー切れを起こした車でも修復が可能なことや、車のパーツとして販売する方法もあるため、気にする必要はありません。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まずはネクステージの無料査定を受けてみよう!

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

ネクステージはインターネット上で30秒で簡単無料査定を受けることができます。万が一査定ミスがあった場合でも、契約後に査定額の変更を行うことはありません。今回のようにバッテリーの交換時期が近づいている車でも査定を受けることができます。

 

ここではネクステージの無料査定について紹介していきますので、以下からご覧ください。

 

顧客満足度3冠受賞

ネクステージは車買取店10社を対象とした調査により「スタッフ対応満足度」「査定価格満足度」「リピートしたい買取店」の顧客満足度を3冠受賞しています。いつでも車の価格を適正に提示することや全国のネクステージで商品化を行うため、中間マージンは一切ありません。

 

さらに安心して査定を受けられるよう、スタッフが持つ豊富な知識をはじめとしたサービスにもご満足いただけるよう、日々取り組んでいます。

 

30秒で申し込める無料査定

ネクステージの無料査定はインターネットから気軽に申し込むことが可能です。申し込み内容は車の情報やお客様の簡単な情報を入力するだけで構いません。

 

申し込み後はオペレーターから概算査定金額を連絡し、査定担当者が実際に車を見て買取金額をご相談する流れとなっています。申し込みと同時に買取実績も併せて確認することが可能です。

 

インターネットからは24時間受け付けておりますので、お気軽にお申し込みください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

まとめ

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

バッテリー交換は自分でも行うことができますが、専門的な知識を持たずに行うと事故やトラブルを起こしてしまうことも考えられます。その反面で車のバッテリーの交換時期を見極めることやバッテリーの処分に対して不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

 

ネクステージはバッテリー交換前の車の査定を行うことが可能です。バッテリー交換の費用を考慮し、この機会に車の乗り換えを検討している方はネクステージへぜひお問い合わせください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

車のバッテリーの引き取りはどこに依頼する?処分方法や交換するタイミング

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ