自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

自動車が軽度または重度の破損をしてしまった場合、必ずしも見積もりを取る必要はあるのでしょうか。突然訪れる車の故障ですが、急いで修理に出すよりも見積もりを取った方が良いとされています。しかし見積もり依頼の方法やどこに見積もりを依頼するべきか悩む場合もあるでしょう。

 

そのため記事では見積もりを取る必要性の他に、費用や見積もりだけを依頼する方法、また見積もりを頼める民間工場や店舗について紹介します。

 

※目次※

1.自動車の修理見積もりを取る必要性

2.自動車の修理見積もりに費用はかかる?

3.見積もり費用は故障具合や掛かる時間が関係

4.修理見積もりだけの依頼はできる?

5.修理代が高い場合は中古車の買い替えがおすすめ

6.自動車の修理見積もりを依頼できる業者

7.中古車購入なら安心の修理保証があるネクステージへ

8.まとめ

 

■POINT

・自動車を修理に出す際見積もりが必要かどうか、また費用の傾向について知ることができます。

・見積もりを依頼際に発生する料金や見積もりだけを出してもらえるかどうか知ることができます。

・見積もりを頼めるディーラーや民間工場を知ることができるともに、修理に関して保証が手厚い販売店について知ることができます。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車の修理見積もりを取る必要性

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

車が事故や故障で破損した際は、まず修理を考えます。修理を行う前に見積もりの有無を問われた場合、見積もりを依頼した方がいいのでしょうか。故障や損傷に度合いによっては必要が無いと考えるかもしれません。

 

このように修理の依頼で迷わないためにも、見積もりの必要性について考えていきましょう。

 

修理を行うか手放すか検討できる

自動車が故障または破損した場合、修理費がいくらかかるのか心配になるでしょう。費用が安かった場合はそのまま修理に進めることができますが、問題となるのは費用が高額だった場合です。

 

修理は修復箇所によっては10万円以上かかることも少なくありません。また、エンジンごと交換するとなれば修理価格は100万円以上に膨れ上がります。その場合、車を直すよりも新たに購入した方がお得です。

 

このように、修理代金の目安を知るともに車両を手放すかどうかの判断もできるため、故障や破損の大小に関わらず見積もりは依頼することをおすすめします。

 

業者選びの検討材料になる

見積もりを出すことで修理にいくらかかるのかが分かります。修理費用は一律ではないため、安く済ませるためにはいくつかのサンプルが必要です。そのため多くの見積もりを取ることで業者選びの検討材料にしていきましょう。

 

しかし、料金だけで修理工場を決めると結果的に損をする可能性があるため危険です。選ぶ業者によっては車を直した後のアフターサービスに力を入れる店舗もあります。

 

そのため総合的なサービスを含めて考えた場合、費用は少し高くてもそちらに依頼した方が得になるケースもあるため、見積もりを依頼する工場は吟味して決めていきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車の修理見積もりに費用はかかる?

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

多くの修理店を比較したいと考える場合、見積もりに費用がかかるかも重要になります。特に明らかに費用がかさむだろうと予想される場合はなおさらです。

 

実際に修理見積もりを依頼する場合、見積もり費用がどのくらい必要となるのか確認しましょう。

 

無料で見積もりをする業者は多くない

自動車は精密機械のため部品の種類が多く複雑です。修理・交換箇所を正確に見極める必要があるため、修理内容によっては調べるだけでもある程度の時間を要することもあります。

 

このため無料で見積もりを取る修理業者は多くはありません。複雑な部位であればそれだけ手間も時間もかかります。明確な金額を提示するためにも必要な時間とも言えるため、無料でないことは仕方ありません。

 

しかし、中には無料で見積もりを取る業者もありますが、その場合は概算料金が提示される恐れがあるため注意が必要です。

 

一般的にディーラーでの修理料金は高めに設定され、民間工場では低めに設定されています。

 

ディーラーと民間整備工場で費用は違う?

ディーラーと民間工場ではかかる費用が異なります。大きな違いは使う部品が異なることや点検方法などです。

 

ディーラーでは新品かつ純正品の部品を使用しますが、民間工場では中古部品やリビルト品を使用します。また民間工場とディーラーでは故障・損失を重点的にチェックする場所や作業量が変わってくるため、こういった理由から修理は民間整備工場に比べて割高となっているのです。

 

修理見積もりの相場

修理費の相場は、一般的に修理費用が10万円以上である場合見積もり費用は「修理費用の10%」、10万円以上になると「修理費用の5%」かかると言われています。

 

しかし見積もりは民間工場や店によって変わるため、注意が必要です。選ぶ民間工場や店によっては一般的な相場を上回ることもあるため心配な場合は前もって相場を確認しておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

見積もり費用は故障具合や掛かる時間が関係

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

見積もりにかかる費用は故障や破損具合だけでなく、要する時間も関係しています。そのため、修理時間が長くなる破損・故障は見積もり費用は割高傾向です。反対に、一目で分かるような故障や破損は比較的安価で済む場合もあります。

 

ここではケースごとの見積もり費用を紹介しますので参考にしてください。

 

主に費用を請求されるケース(有料)

主に見積もり費用を請求されるケースは修理箇所の特定が難しい場合です。故障・損失を特定するために部品を分解する、機械などで修理箇所を点検するなど、特定に時間と手間がかかる場合は見積もりが有料となる傾向にあります。

 

見積もり期間中に民間工場などで部品代金が分からない場合は、金額を確定するため部品の値段が分かるまで見積もりは出せません。そのため見積書を出すまでに時間がかかります。

 

任意保険を適用した場合も同様です。この場合、民間工場は保険会社と相談しながら作業をするため見積もりを出すまでに時間がかかります。

 

他にも故障・損失した度合いによっても見積もり期間が異なるため、期間について前もって確認しておきましょう。

 

主に費用を請求されないケース(無料)

見積もりでは費用を請求されないケースも存在します。費用を請求されないケースはボディーのへこみや傷など、一見して故障個所が分かる場合です。また、その日の内に見積もりを出せる場合も民間工場や店舗によって無料となることが多くあります。

 

軽度な故障や損傷は交換パーツの見極めがしやすく、分解が必要にならないことが多いため作業量もわずかです。そのため見積もりにかかる時間は比較的短時間で済みます。

 

しかし一見して故障・損失が分かる場合でも民間工場や店舗次第では見積もり料金が発生するため、トラブルを避けるためにも最初に確認しておきます。

 

このように、手間や時間を必要としないものに関しては無料となるケースがあることを覚えておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

修理見積もりだけの依頼はできる?

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

見積もりは修理業者を比較する判断材料になるため、なるべく多くの民間工場や店舗で取っておきたいものです。しかし修理を依頼せずに見積もりだけを取ることは可能なのでしょうか。またその場合、見積もり費用はかかるのでしょうか。

 

ここからは見積もり依頼とトラブルを避けるための注意点について紹介していきます。

 

見積もりだけの依頼もできる

結論から言えば修理費の見積もりだけ依頼することは可能です。ただし、破損や故障個所が深刻な場合は見積もり費用がかかる恐れがあります。

反対に故障や損傷が軽度であれば見積もり価格は無料、または安く済むため積極的に見積もりを依頼しましょう。

 

多く見積もりを出すためには、近くの民間工場や修理を請け負う店舗を探さなければなりません。近くにそういった業者が居なければ、インターネットで見積もりを依頼します。

 

見積りのみ依頼したい場合の注意点

見積もりのみを依頼したい場合、トラブルを避けるためにもはじめに「見積もりだけ」ということを伝えておきましょう。これを伝えておくことで修理が開始されてしまうことを防げます。

 

また、費用によって検討したい、折り合いがつけば依頼したい考えがあることも伝えておきましょう。修理内容やその費用に対してしっかりと説明をしてもらえることが期待できるため納得して依頼できます。

 

任意保険を利用したい場合は注意が必要です。保険会社に見積書を提出する必要があるため、事前に「保険会社から見積もりを頼まれた」ということを伝えておきましょう。同時に見積もりだけの作成依頼ということも忘れずに伝えます。

 

民間工場や店舗は保険会社を交えながら総額を出す必要があるため、伝え忘れてしまうと見積もりを出し直すなどのトラブルにつながることがあるため注意が必要です。この場合再度見積もり費用がかかる恐れがあります。

 

スムーズにやり取りを行うためにもこれらのことに注意しておきましょう。

 

ネットでも手軽に見積もりが可能

面と向かってやり取りすることが苦手、また修理店に足を運ぶ時間を確保できない場合はインターネットを使って見積もりを依頼することができます。また近くに民間工場や店舗がない場合も有効です。

 

インターネット見積もりは手軽かつ簡単に行えます。しかし、同時に大まかな見積もりしか出せない欠点があるため注意が必要です。

 

修理予算の参考にするには使い勝手が良いため、インターネットを活用することで事前にどの位の修理費用が必要なのか予想を立てることができます。そのため民間工場や店舗で見積もりを頼む前に、参考としてチェックしておきましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

修理代が高い場合は中古車の買い替えがおすすめ

修理費用は高額になりやすいため、致命的な故障・損傷で修理費の負担が大きい場合は中古車への買い替えがおすすめです。しかし気にならない程度の故障や破損なら修理を検討します。

 

このように、費用によっては買い替えも視野に入れながら修理の見積もりを取るようにしましょう。

 

中古車販売店であれば、ダメージのある車でも「修復歴有り」や「事故車(事故の場合)」として断定せずに買取に出せるため、売却した金額を買い替えに充てることができます。また、修理代を浮かせることもできるため、修理費が高い場合は買い替えがおすすめです。

 

中古販売店によっては思ったよりも高い金額で買い取ってもらえることがあるので、さらにお得に感じるかもしれません。

 

近くに中古車販売店がない場合は、インターネットを活用します。店によってはwebで買取査定を行っているため、大まかな査定額を知ることができるため便利です。

自動車の修理見積もりを依頼できる業者

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

修理の見積もりは民間工場だけでなく、様々な業者に依頼することができます。ディーラーはもちろん、民間工場や保険会社が提携している整備工場など、修理してくれる工場や店は多々あるため選択肢も豊富です。

 

ここからは見積もりを依頼できる民間工場やディーラーなどの業者について紹介します。

 

各メーカーのディーラー

見積もりはディーラーに頼むことができます。信頼性が高く安心できる一方、他の手段と比較すると料金は割高です。しかし修理後のアフターサービスやリコール対応など、長期的に見ると料金に釣り合っていることが分かります。

 

また技術が高く設備も整っているため、予算に余裕がある場合はこちらに見積もりを頼みましょう。しかし作業が丁寧な分見積もりに時間がかかります。

 

対して修理費用を抑えたい場合は、民間工場や修理対応が可能な店などで自動車を直してもらう方が安く済むためそちらを検討しましょう。また見積もりを急ぐ場合も民間工場に頼みます。

 

修理が得意な民間工場

修理が得意な民間工場でも見積もりを出してもらうことができます。民間工場に依頼する利点はやはり安さでしょう。修理費用も中古部品やリビルト品を使って抑えてくれるため、予算が限られている場合は民間工場がおすすめです。

 

また、民間工場では比較的見積もりまでの時間が短い傾向あります。民間工場では故障・損傷の具合を中心にチェックしますが、ディーラーのチェックは故障・損傷個所だけでなく車全体に及ぶため時間が必要です。そのため見積もりを急ぐ場合は民間工場を検討しましょう。

 

修理対応ができるカー用品店

街中で見かけるカー用品店でも見積もりを依頼することができます。店舗によっては依頼を受け付けていないため、あらかじめ確認が必要です。見積もり価格は民間工場と同様で安い傾向にあります。

 

しかし、トランスミッションなどの難しい作業は受け付けてない店舗が多いため、故障・損傷具合によっては民間工場やディーラーを検討しましょう。

 

また、カー用品店では店で選んだ部品の接取り付けが可能です。自分で部品を選ぶことで品によっては修理費を安く抑えることができるため、スタッフと相談しながら部品を選んでいきましょう。気軽に修理を行いたい場合はこちらがおすすめです。

 

加入している保険の提携業者

任意保険に加入している場合、保険会社に相談することで提携業者が紹介されます。

 

提携業者を利用する最大の利点は保険の適用がスムーズに行えることでしょう。また、提携業者は保険会社の紹介のため安心して修理を依頼ことができます。

 

しかし欠点として保険を適用させてしまうことで等級が下がるため、修理費用が安い場合は結果的にマイナスになるため避けることをおすすめします。

 

注意点として一般的に契約時の時価額相当で設定されているので、車が古い場合は修理費用が僅かしか降りないこともあります。そのため修理を出す前には保険会社へ確認を取るようにしましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

中古車購入なら安心の修理保証があるネクステージへ

ネクステージでは全ての中古車に修理保証が付帯されています。1年間はバッテリーなどの消耗品やカーナビなどの付属品も保証対象です。そのため万が一でも安心です。他にもネクステージでは修復歴の無い車両のみを扱っているため、車の品質に自信があります。

 

また、エンジン、ブレーキなど高額な箇所の修理も無料で行う「サービスサポート(有料)」など、用途に合わせた保証をご用意しています。中古車をご検討の際はアフターサービスが万全なぜひネクステージをご利用ください。

まとめ

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

見積もりは車両を手放すかどうか検討するためにも大切な判断材料です。修理費用によっては新たに自動車の購入も視野に入れて見積もりを出し、修理ではなく購入を選ぶ場合はコストを抑えられる中古車を検討してはいかがでしょうか。

 

ネクステージでは修理に備えさまざまなサービスサポートをご用意しております。購入や保証などのご質問も承っておりますので、中古車をご検討の際はネクステージまでご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

自動車修理の見積もりを取る必要性は?費用や見積もりだけの依頼方法も解説!

気になる車種をチェックする

 

ページトップへ