売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

車の買い替え時に、今ある車を売却しようと考える人も多いでしょう。しかし売却後に車の故障が発覚したらどうなるかをご存知でしょうか。予備知識がないと、いざというときにスムーズに動けなかったり、思わぬ損をしたりする可能性もあるのです。

 

この記事では売却後のトラブルや対処法、トラブルを防ぐためのポイントについてお教えします。売却前後のトラブルを防いだ上で、問題が生じたときの対策について知っておけば売却後に悩まされることもないでしょう。

 

※目次※

1. 売却後の車が故障していたら起きるトラブル

2. 売却した車の故障に関するトラブルの対処法

3. 売却した車の故障に関するトラブルの予防法

4. そもそも故障車を売却しても問題ないのか

5. まとめ

 

■POINT

 

・売却後に故障が見つかった場合、減額請求のほかに売却金の返金請求をされるケースもある

・査定員の質が高い買取業者を選ぶことで、トラブルを未然に防ぐことができる

・車が故障していることがわかっていても、査定時に店舗側と故障情報を共有していれば売却してもOK

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

売却後の車が故障していたら起きるトラブル

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

車を売却するときは店舗の査定員が車の状態を確認します。状態によって査定額が決まり、その査定額に納得できるのであれば売却が成立するのです。しかし契約成立後に車の不備が見つかるとトラブルに発展してしまう恐れがあります。ここでは売却後に故障がわかったときに起こりうるトラブルについて解説します。

 

再査定(業者からの減額請求)

最初の査定で不備なしの状態で査定額がついた場合でも、後になって不備が見つかれば業者側から再査定の連絡が入ることがあります。

 

再査定は故障していることを考慮されるため、最初の査定額に比べ大幅に減額することがあります。故障の度合いによっては売却そのものができず、有料にて廃車処分となる恐れもあるのです。

 

最初の査定のときに査定員が見落としていたことを理由に交渉しても、故障は故障として扱われ、減額請求に応じなければならないケースも多くなっています。

 

返金請求

売却後に故障が見つかった場合、減額請求のほかに売却金の返金請求をされるケースもあります。事前に売却者から伝えた情報に重大な不備がある場合に、業者側が返金を要求することが多くあります。

 

車を売却するときは、売却者は車についての情報をすべて開示し、査定員に伝える必要があります。車の修復履歴や故障などの不利になる情報も隠さず伝えなければなりません。修復履歴は車の点検記録簿に記載されていますので、査定員に渡しておきましょう。それを元にした査定員からの質問にきちんと答えることでトラブルの可能性を下げられます。

 

ただ中には車の情報をすべて話したにもかかわらず、査定員が聞いていないと言って後日返金請求をしてくることもあります。こちらも減額請求同様、査定員の見落としによって発生する可能性が高いトラブルです。

 

売却した車の故障に関するトラブルの対処法

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

売った後になって減額請求や返金請求をされては売却者としても困ってしまいます。査定のときに車の情報をすべて開示したにも関わらずトラブルになってしまった場合は速やかに対処しましょう。3つの対処法をお教えしますので、状況に合った最適な手段を選んでください。

 

故障の責任が自分にあるかを再確認する

売却後のトラブルの中で最も多いのは、売った後になって故障が発覚するというパターンです。まずは、その故障が本当に自分に責任があるのかを考えてみましょう。車の購入後、無事故で点検もきちんとしているなら、他に原因があるのかもしれません。

 

例えば売却した車が元々中古車だった場合、購入前の所持者が事故を起こしている可能性があります。その車を購入するときに販売者から事故歴のことを聞かされていなければ、当然、現オーナーである自分は事故を起こした車であることを知るはずもないのです。

 

事故を起こしたことを知らずに売却し、その後以前の所有者が事故を起こしたことが発覚しても売却者が負う責任はそれほど大きくないでしょう。査定のときに見落とした査定員の責任の方が大きいと言えます。

 

専門家に相談する

査定員のミスにも関わらず減額・返金請求をされた場合は専門家に相談することもおすすめです。前述したケースのように、以前の所有者が起こした事故歴のことを購入時に聞いていなければ、売却者は当然知る由もありません。

 

事故の有無は査定のときに修復歴を確認し、車の状態をきちんと見た上で査定員が気付くべきことです。それを売却者の責任にしてくるのであれば、法律の専門家に相談して対処方法を仰ぎましょう。

 

個人で交渉すると店舗側に上手く丸め込まれ、泣き寝入りすることになるかもしれません。法の専門家の手を借りることで納得のいく結果を得られることもありますので、自分では手の打ちようがないと判断したらすぐに相談してみましょう。

 

契約解除を申し出る

個人で交渉しても上手くいかず、話がまとまらない場合は売買契約の解除という方法もあります。契約の解除をする場合は売却金の返金はもちろんのこと、キャンセル料も支払わなければならないので、最終手段として実行することをおすすめします。

 

契約解除にあたっては車の売却のときに店舗側から受け取る契約に関する書類を手元に用意してください。その中に記載されたキャンセルに関する規定と、キャンセルにかかる料金を確認します。契約書にかかれたキャンセル料以上の料金を取られないように気をつけましょう。

 

車の売買は高値での取引になることから購入者・売却者共によく考えてから契約に踏み切るものと考えられています。この理由から契約後、一定期間無条件で契約解除できるクーリングオフが適用されないので注意しましょう。

 

売却した車の故障に関するトラブルの予防法

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

売却後のトラブルは個人ではどうすることもできないケースも多くあります。専門家に頼る人もいますが、泣き寝入りしてしまうという人も少なくありません。契約後に後悔したくないなら、事前にトラブルを予防するしかありません。ここでは車の売却後のトラブルを予防する5つの方法を解説します。

 

査定士の質の高い買取業者を選ぶ

売却後のトラブルの多くが査定時の見落としによるものです。そのため査定員の質が高い買取業者を選ぶことで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

 

査定のときに修復履歴を見ているか、車をじっくり確認しているか、気になる点は売却者にきちんと質問しているかをチェックします。査定が早すぎると見落とす可能性が高まりますので、丁寧に査定をしてくれる業者を選びましょう。

 

車を出張査定してもらう

車の売買契約のときは担当者が付くことが多いですが、担当者の質を見極めるなら出張査定をしてもらうことがおすすめです。出張査定は自宅に直接来てもらえるので、実際にこの目で査定時の担当者の対応を見ておきましょう。

 

査定の丁寧さはもちろんですが、売却者ときちんとコミュニケーションを取ってくれるかどうかもチェックします。円滑なコミュニケーションが取れない担当者に任せると、売却後にトラブルが起こることがあるので注意しましょう。

 

契約書は詳細まで確認しておく

車の売買契約のときは契約書を交わすこととなりますので、契約書をもらったら詳細を確認しておきます。契約書に不利なことが書かれていても、確認していなかったせいでトラブルが起こる恐れがあるからです。

 

契約書は店舗で受け取った時点でしっかり見ておき、不明点があればその場で担当者に聞いておきましょう。契約に関する疑問点をなくし、すべて理解しておくことで後々のトラブルを予防できます。

 

瑕疵担保責任について担当者と話し合う

瑕疵担保責任とは、売却する車に欠陥や不具合があるのに申告しなかった場合に、売主が責任を問われるものです。契約書には基本的に瑕疵担保責任の項目がありますので、その項目について担当者ときちんと話しておきましょう。瑕疵担保責任についての詳しい説明や期間を聞くこともトラブル予防につながります。

 

この点を詳しく聞いていなかったことで売却後に責任を負わされることもあります。中には業者側による契約解除にまで発展し、キャンセル料や違約金を取られるケースもあるようです。契約前に瑕疵担保責任について詳しく聞いておき、詳細を理解しておきましょう。

 

故障部分が分かる場合は売却前に申告する

車の所有期間中に事故を起こしたことがある、または故障している部分がある場合は査定時にきちんと申告しておきましょう。査定額への影響を恐れて申告せずにいると、瑕疵担保責任を負うことになるかもしれません。

 

修復歴や故障は申告していなかったとしても後々ばれてしまいます。売却後にわかるとトラブルになり、減額・返金請求をされる恐れがあると覚えておいてください。自分で把握している不具合に関しては事前に申告することでトラブルを防げるでしょう。

 

そもそも故障車を売却しても問題ないのか

車が故障していることがわかっていても、査定時に店舗側と故障情報を共有していれば売却に問題はありません。また売却者が車を購入する前の事故歴について把握していなかった場合も大きく責任を問われる可能性は低いでしょう。

 

問題となるのは査定額が下がることを考慮して、故意に事故・故障情報を申告しないことです。査定員の見落としも問題ですが、売却者が責任を問われる可能性は十分にあります。車について気になる点は査定時に言っておきましょう。

 

まとめ

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

修復歴や故障がある車でも売却は可能です。売るときは質の高い査定をしてくれる買取業者を選び、査定時に故障や気になる点をきちんと伝えましょう。こうすることで売却後のトラブルを予防できるのです。

 

ネクステージでは「お客様ファースト宣言」をモットーに、お客様との密なコミュニケーション・質の高い査定・お客様が納得できる査定額の提示を行います。売却に関する疑問点にも丁寧にお答えしますので、納得した上で売却していただけます。

 

出張買取も行っていますので、車を売却したい方はぜひ一度ネクステージへお問い合わせください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

売却後の車に故障が見つかったらどうなる?トラブルに正しく対処する方法を紹介!

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ