軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

「乗らなくなった軽自動車を廃車にしよう」と決めたら、所定の手続きが必要になります。軽自動車と普通自動車の廃車手続きが異なることを知らない方もいるのではないでしょうか。軽自動車の廃車手続きをする上で必要な書類や費用を知っていれば、廃車手続きをするときもスムーズです。

 

そこでこの記事では、軽自動車の廃車手続きで必要な書類と費用を解説します。廃車手続きと同時に覚えておきたい還付金についても紹介しますので、併せて確認しておきましょう。

 

※目次※

1. 軽自動車の抹消登録方法は2種類

2. 廃車手続きに必要な書類

3. 廃車手続き場所

4. 廃車手続きにかかる費用

5. 自動車重量税の還付金がもらえる

6. 廃車前に中古車買取か廃車買取の検討を!

7. 中古車買取なら高額査定で定評のネクステージへ

8. まとめ

 

■POINT

 

・軽自動車の廃車手続きは「自動車検査証返納届」と「解体返納」のいずれか。廃車にする以外選択肢はないのかじっくり検討しよう!還付金は普通自動車よりも少ない点に注意!

・廃車手続きに向けた準備は計画的に!不備があるとスムーズな手続きはできない

・使用できる可能性を車に感じたら、中古車買取業者で査定を受けよう!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

軽自動車の抹消登録方法は2種類

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

軽自動車の廃車手続きには、「自動車検査証返納届」と「解体返納」の2種類があります。車に乗らない期間が一時的か永久的かによって、選択すべき廃車手続きは違ってくるため注意が必要です。

 

自動車検査証返納届

事情により一時的に車を使用しないという方は、自動車検査証返納届の手続きをする必要があります。廃車手続きを進めるか決めかねているという方も、とりあえずはこちらの手続きをしておくとよいでしょう。普通自動車では「一時抹消登録」に値するのが、軽自動車の自動車検査証返納です。

 

手続きを済ませれば、車を使用できなくなりますが税金を無駄に払わなくて済みます。年に1度支払う必要がある軽自動車税も、その年の3月31日(土日祝日はその前日)までに手付きを完了していれば翌年度分を支払う必要はありません。車にかかる費用を最低限に抑えて、廃車にするかを考えたい方は自動車検査証返納届の手続きを進めましょう。

 

解体返納

この先、車を使用する予定がないという方は、廃車に向けた手続きとして解体返納を行います。普通自動車では、「永久抹消登録」に値する手続きです。

 

解体返納は、使用せず車を飾りたい場合にも適用できます。思い入れがある車やプレミアが付いている車など、所有者にとって特別な存在の車は解体返納により車としての諸費用をかけずに手元に置いておくことも可能です。

 

基本的には車を解体するので、気が変わって「やっぱり車を使用したい」と思ってもできません。車が再び使用できない状態になってしまう点は、解体返納の手続きをする前にきちんと理解しておく必要があります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続きに必要な書類

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

軽自動車の廃車手続きを進めるには、必要な書類を手元にそろえなければいけません。どの手続きを選択するかによって必要な書類も異なります。事前に準備するものもあるため確認が必要です。

 

自動車検査証返納届の場合

一時的に車の使用を停止する自動車検査証返納届の手続きには、事前に準備できるものも存在します。書類を準備し問題がければ、軽自動車検査証返納確認書を受け取ることが可能です。車を誰かに譲り渡すときなどに必要なため、大切に保管しましょう。

 

事前に準備ができるもの

・自動車検査証(コピー不可)

・使用者の印鑑(認印、使用者と所有者の名義が異なる場合は所有者も必要な場合あり)

・ナンバープレート2枚(車両の前後に付いているもの)

 

自動車検査証やナンバープレートは、万が一紛失してしまっても再発行できます。自動車検査証を再発行する場合には、必要書類をそろえて運輸支局まで足を運ばなければいけません。時間が確保できない場合は、委任状を書き手数料を支払えばディーラーや販売店が代行してくれます。

 

ナンバープレートを再発行する場合は、必要書類をそろえ軽自動車検査協会へ向かいましょう。必要な費用などは地域によって異なるため、事前に確認すると安心です。

 

必要な書類

  • ・軽自動車税種別割申告書
  • ・自動車検査証返納証明書交付申請書
  • ・自動車検査証返納届出書(コピー可)
  • ・理由書(紛失や盗難の場合)

 

自動車検査証返納届の申請手数料は、350円の料金が発生します。ナンバープレートを紛失している場合はこれ以外にもナンバープレートの再交付を受けなければならいため、約2,000円かかることを覚えておきましょう。

 

解体返納の場合

廃車にすると決めたら、解体返納の手続きを進めましょう。解体返納には、事前に準備できるものと提出先で記入するものがあります。

 

事前に準備できるもの

  • ・印鑑(使用者、所有者)
  • ・自動車検査証
  • ・ナンバープレート前後2枚
  • ・リサイクル券

 

リサイクル券を紛失した場合は代替えの書類で手続き可能です。自動車リサイクルシステムのWebサイトで自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトしましょう。

 

提出先で記入するもの

  • ・使用済自動車引取証明書
  • ・解体届出書
  • ・所有者の印鑑(個人は認印、法人は代表者印)
  • ・軽自動車税種別割申告書

 

車の所有者と使用者の名義がローン利用などにより異なる場合は、使用者の印鑑も必要です。解体返納の手続きに費用は発生しません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続き場所

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

軽自動車の廃車手続きを進めるには、管轄する軽自動車検査協会へ出向く必要があります。手続きができるのは平日のみのため、自身で行う場合は仕事を休む必要があるかもしれません。ディーラーや販売店などに代行してもらうのであれば、スケジュール調整をする必要はありませんが代行手数料がかかります。

 

手続きを進めるにあたり必要な書類に不備がなければ、出向く先は軽自動車検査協会だけです。ただし、必要書類の再発行が必要な場合は運輸支局や陸運局にも足を運ぶことになります。手続きがスムーズに進むように、再発行が必要な書類は早めに準備しておくとよいでしょう。

 

廃車手続きにかかる費用

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

車を廃車にするためにかかる費用は無料ではありません。「乗らないなら廃車にすればよいだろう」と安易な考えには要注意です。廃車手続きにかかる費用の内訳として、解体費、運搬費、リサイクル料があります。

 

解体費

依頼する解体業者にもよりますが、解体費の相場は1万円~2万円前後です。廃車予定の車を解体することで得られた鉄くずや部品などがお金になり、解体業者からお金を受け取れる場合もあります。廃車買取専門業者の場合、そうしたケースが多いようです。

 

運搬費

車を解体するには、解体現場となる工場まで車を移動する必要があります。自身で車を解体する現場まで運ぶことも可能です。他にも、レッカー車を使用して運んでもらうこともできます。工場までの距離はどれくらいなのか、どの業者に依頼するのかによって運搬費が異なることに注意しましょう。運搬費の相場は5,000円~1万円前後です。

 

リサイクル料

車を廃車にするにあたり、支払う必要がある費用としてリサイクル料があります。リサイクル料を支払うタイミングは、ほとんどの場合で「車を購入したとき」です。購入のタイミングでリサイクル料を支払っていれば、解体時に2重で支払う必要はありません。

 

リサイクル料の支払いは車使用者の義務となっています。そのため、リサイクル料を支払わずに廃車手続きを進めることはできません。軽自動車の場合、費用は7,000円~1万6,000円が相場です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

自動車重量税の還付金がもらえる

軽自動車を廃車にする場合、普通自動車を廃車にするときに比べると還付金が少ないと感じるかもしれません。理由は、軽自動車は自動車税種別割が普通自動車よりも優遇されているからです。軽自動車税種別割は年度途中に廃車にしても残りの期間の分は戻ってこないことを認識しておきましょう。

 

しかし、還付金が全くもらえないわけでもありません。1か月を上回る車検の残存期間が残っていて、解体返納手続きをしていれば自動車重量税の還付金が受け取れます。自賠責保険も同様です。

 

受け取れる還付金は手続きをきちんと済ませて受け取る必要があります。ただし「軽自動車でも普通自動車と同じ金額の還付金がもらえる」と思い違いをしないようにしましょう。

 

廃車前に中古車買取か廃車買取の検討を!

「この車まだ乗れるかも」と感じたら、中古車買取業者へ査定を依頼するのがおすすめです。年式が古くても、走行距離や人気車種など車の状態によっては中古車として買取してもらえる可能性もあります。「廃車にするのはもったいない」という気持ちがあれば、査定の申し込みをするのがおすすめです。

 

中古車として買取が難しくても、廃車買取業者へ廃車買取を依頼すれば受け付けてもらえることもあります。廃車買取は廃車にする前に流通が少ない部品などに対して買取価格を提示する仕組みです。具体的に廃車手続きを進める前に、中古車買取業者や廃車買取業者などに掛け合ってみると、納得できる形で愛車を手放せるでしょう。

 

中古車買取なら高額査定で定評のネクステージへ

中古車としての買取が期待できる場合は、ぜひネクステージをご利用ください。ネクステージが提供する査定サービスは、車が本来持つ価値を純粋に金額として評価します。そのため高額査定も期待できるでしょう。オークション転売を目的としていないのも他社にはない魅力です。自社の在庫を潤すのを目的として中古車の買取を行っています。

 

スピード性も重視しており、お客様がストレスなくサービスを利用できるような取り組みを実施しているのも特徴です。「忙しくて店舗に足を運べない」という方には、LINE査定を利用してみましょう。隙間時間に愛車の基本情報を入力するだけで、スピーディーな車査定が可能です。

 

電話での査定依頼や売却相談であれば、専用コールセンターを開設しておりますのでお気軽にご連絡ください。

 

まとめ

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

愛車の廃車手続きは「本当に使用できそうにないのか」を確認してから進めるとよいでしょう。少しでも使用できる可能性を感じたら中古車買取業者に相談するのがおすすめです。その上で、廃車にするしか選択肢が残されていないのであれば廃車手続きを進めましょう。

 

軽自動車の廃車手続きには、事前に準備できるものや記入が必要な書類があります。不備があれば再発行する手間も発生するため注意しましょう。また、廃車にするには費用がかかります。何にどれくらいの費用が必要なのか、相場を確認して用意しておきましょう。

 

ネクステージでは、お客様の車の可能性を見出す査定額の提示に取り組んでいます。廃車にする前に査定を受けようか迷ったら、一度ご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

軽自動車の廃車手続きに必要な書類と費用を解説!還付金についても

無料の査定を申し込む
ページトップへ