200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

車を購入する際、多くの方がローンを組みます。ローンを組む際には頭金を払うのが一般的とされていますが、頭金がなくても車を購入できるのでしょうか。また、頭金を払うとどんなメリットがあるのかも知りたいところです。

 

この記事では、200万のローンを組み車を購入すると仮定して、借入するタイミングや支払い方、ローンを組む際の流れなどをご紹介します。

 

※目次※

1.200万円の車のローンは頭金なしでも組めるの?

2.200万円の車のローンで頭金ありで借入するメリット

3.200万円の車のローンを頭金ありで借入するデメリット

4.頭金なしでも同じ!200万円の車のローンを組む時の流れ

5.頭金なしで車を買うなら中古車がおすすめ!

6.よくある質問

7.まとめ

 

■POINT

・200万円の車のローンは頭金なしでも組めるが、ローン審査の通りやすさなどに影響する

・頭金なしでも200万円の車をローン購入する場合の手順はほぼ同じ流れになっている

・頭金の用意を悩むなら、購入価格自体が低いネクステージの中古車も検討しよう!

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

200万円の車のローンは頭金なしでも組めるの?

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

現金一括払いの場合を除き、ローン購入などの選択をした場合に頭金を払うかに迷うことがあります。頭金を用意するにはある程度の現金を用意することから、できれば頭金なしで購入したいと考える方もいるのではないでしょうか。

 

まずは、200万円の車をローン購入する際に、頭金なしでも購入できるのかについてご紹介していきます。

 

頭金なしでも車は買える

頭金なしでも、車の購入は可能です。その場合、全額ローンで返済する「フルローン」という状態になります。頭金を用意しないということは、その分借りる金額が増えるので、返済期間や支払う利息といった負担が増えてしまいます。

 

頭金を支払えばローンで借りる金額を抑えることができるので、総合的な出費を考慮すると頭金を用意した方が良いケースが多い傾向にあります。また、一般的に車両価格の20~30%が頭金の金額となっており、200万で車を購入する場合は40~60万円が目安です。

 

頭金を支払うタイミング

最初に言ってしまうと、頭金を払うタイミングは特に決まっていません。ディーラーや販売店によってそれぞれのタイミングがありますから、確認しましょう。ここではそれを承知していただいた上で、大まかなタイミングを説明していきます。

 

実際は、自分の所に車が納車される前に、車購入の契約や登録手続きをする必要があります。その際に、必要書類を販売店側に手渡すのですが、この時にローンの頭金を払うケースが多いです。

 

頭金の支払い方法

車の頭金は、現金で支払うのが基本です。しかし、高額の頭金を用意するのが難しい人もいると思います。そういう場合は、現在所有している車を買取に出すのも一つの手です。下取りに出すより、高値がつく傾向にあるので、初期費用に充当することもできます。

 

ただし車の購入と買取は連動しているほうが不便でないので、十分に注意して買取、購入を行ってください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

200万円の車のローンで頭金ありで借入するメリット

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

200万円の車を購入する際に頭金を用意すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。頭金を用意するメリットは、大きく分けて3つあります。

 

そこで、ここでは頭金を用意するメリットを解説していきます。

 

月々の支払いが少なくなる

頭金なしで購入する場合は、フルローンを組むことになります。月々の支払額は、頭金ありで組んだ方が少なくなります。毎月、定期的に出ていく金額を抑えることができるため、生活費に支障をきたしません。

 

ちなみに、ローン返済は2年から3年を選ぶ人が多いです。毎月の支払額をぐっと小さくしたい人は、5年や10年で組む場合もあります。

 

利子による支払い料金が減る

頭金を入れれば、ローンを組む際の借入額が減るため利息が少なくなります。利息は、返済が続けば続くほど総合的な支出が増えるので、少ないに越したことはありません。

 

そのため、実質的な車の購入金額を抑えるためには、頭金を用意し借入額を減らすことがおすすめです。

 

ローンの審査が通過しやすくなる

ローンは、返済能力が認められないと組むことができませんし、自動車価格が高いほど組みにくくなります。

 

頭金を用意すれば、頭金を用意できるだけの経済力があるとみなされて、ローンが組みやすくなります。頭金を用意すれば、借入額が少なくなる点も考慮されて、ローンが組みやすくなるのです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

200万円の車のローンを頭金ありで借入するデメリット

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

車の購入に頭金を入れると様々なメリットが生まれるのですが、反対にデメリットと言えるものもあります。

 

そこで、200万円の車を購入する際に頭金を用意するデメリットに関してみていきましょう。

 

初期費用がかさむ、手元のお金が一気になくなる

車の頭金は、決して安い金額ではありません。まとまった金額を無理に用意する人もおり、手元のお金がなくなってしまうケースが見られます。

 

借入額を少なくしたい気持ちは分かりますが、無理のない頭金を用意しましょう。

 

他の支払いが遅れてしまう

毎月の支払いが車のローンだけという人は少ないと思います。家賃や食費、光熱費や携帯料金、子供の教育費など様々なお金が出ていくはずです。

 

頭金の用意で貯金や生活費に影響が出ると、車のローン以外の支払いが遅れてしまう可能性があるので支出のバランスを検討することがおすすめです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

頭金なしでも同じ!200万円の車のローンを組む時の流れ

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

200万円の車を購入する際に、どのような流れで頭金なしのローンを利用すれば良いのかが分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

頭金なしの場合も頭金ありの場合も基本的な流れは同じです。そこで、ローンを利用して車を購入する際の流れをご紹介していきます。

 

予算を決める

車のスペックが上がれば、値段も上がります。ガソリン代、税金、駐車場代、保険代など、その他の料金が想像以上にかかるため、無理のない範囲内で予算を決めてください。

 

車を選ぶ

予算が決まったら、カタログやホームページを覗いて見合った車を選びます。「安いけど車は悪い」ということを嫌って新車にこだわる人も多いですが、安くて質の良い中古車はたくさんあります。新車にこだわっている人は、中古車も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

車販売店に相談にいく

探している車のイメージが固まったら、販売店に相談してみましょう。必ずしも、カッチリ決める必要はありません。スタッフが様々な提案をしてくれるため、ざっくりした相談でも良車に出会える可能性はあります。めぼしい車が見つかったら、必ず試乗させてもらい、納車時期やサポート体制も聞きながら車選びをしてください。

 

見積もりを出してもらう

買ってもいいと思える車に出会えたら、見積もりを出してもらってください。この時に、値引き交渉をしてみるのもありです。値引きに対応してくれるケースもあります。ローンの支払い回数にも影響するので、まずは相談するのもありかもしれません。

 

契約する

見積もり結果に納得したら、ついに車の購入契約へ移ります。このタイミングでローンの本契約の手続きを行うのが一般的です。従って、頭金もここで支払います。

 

ローンの契約には、購入予定の車の見積書などを使用しますので、契約時は持参していきましょう。また、本審査の前には仮審査を行う方が多く、仮審査は契約前に行っておくことができます。職業や年収、取引状況などを元に申し込み内容などがチェックされ、それを通過することでようやく本審査に申し込めます。本審査では利率や借入金額などが決まります。

 

納車

おめでとうございます!ここまで来ればいよいよ納車です。安全運転で、素敵なカーライフを過ごしてください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

頭金なしで車を買うなら中古車がおすすめ!

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

今回は200万のローンを組むという仮定でご紹介しましたが、実際に200万円でローンを組んだ場合はどんな車を買えるのでしょうか。

 

新車の場合、軽自動車やコンパクトカーなどが購入できます。しかし、中古車の場合は選択肢が大きく広がります。中古車なら、憧れの車を運転することができるかもしれません。

 

200万円以下で買える中古車は種類が豊富にある

200万円で購入できる新車は主に、軽自動車やコンパクトカー、ミニバンなどです。近年は200万円でも購入できる車が増えていますが、大型車や上位グレードの車は購入できません。

 

一方、中古車ならさまざまな車が選択肢に入ります。SUVや上位グレードのミニバンなども検討可能です。また、中古車であれば、フォルクスワーゲンやBMWといった新車では手の届かない輸入車も購入できます。

 

ネクステージなら200万円以下の車が多い

「気になる車種はあるけど、近くの販売店に在庫がない」「中古車を見てみたいけど、品質が心配」といったお悩みをもつ方は、ぜひネクステージへお越しください。ネクステージはホームページなどで気になった車を最寄店舗へ取り寄せることが可能ですので、お気軽にスタッフまでご相談ください。

 

また、ネクステージでは2万台以上(2022年4月現在)の在庫を取り扱っていることから、200万円以下で購入できる車の選べる台数も多くなっています。理想に近い車を探す際は、ぜひネクステージをご活用ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

よくある質問

 

Q.車をローンで購入するときの頭金の目安は?

A.頭金は、車の購入額の20%~30%が目安です。購入額にもよりますが、車は頭金なしのフルローンで購入するケースも多くあります。頭金が多ければ借り入れ額が減り、返済負担は軽くなりますので、自身の経済状況にあわせて検討しましょう。

 

Q.頭金を多く支払ったほうが車のローン審査は通りやすい?

A.確かに、頭金を多く支払ったほうが借り入れ金額は減りますが、それだけが審査結果を左右するわけではありません。自身の年齢や年収、信用情報などに合ったローンを選ぶことが重要です。安価な中古車にするなど、購入額を抑えることも検討しましょう。

 

Q.車のローンで払う頭金と手付金の違いは?

A.頭金は、ローンの返済負担を減らしたり、審査に通りやすくしたりするために一定額支払うお金です。手付金は、支払い方法にかかわらず、契約時に購入の意思を示すために支払うものですが、ローンを組むときはそのまま頭金に充当されることもあります。

 

Q.車のローン金利の残債方式とアドオン方式の違いは?

A.ローンの金利表示における残債(実質年率)方式とは、毎月の借り入れ残高に応じて返済利息が決まる方式で、毎月返済額が変動します。アドオン方式は、借り入れ額に対して最初に返済利息が決まるため、毎月の返済額はずっと同じです。

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

まとめ

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

200万のローンを組み、頭金なしで車を購入することは可能です。頭金を払わずに車を購入することで、手持ちのお金を大きく失うことがないのがメリットとなっています。一方、頭金を払えば月々の支払いが少なくなり、借り入れた金額が少ないので利息などの負担も少なく、ローンの審査にも通りやすくなります。

 

頭金を払うタイミングはディーラーや販売店ごとに異なりますが、車の登録や契約などを行う際に払うのが一般的です。実際に購入する際は前もって確認しておくことをおすすめします。

200万円のローンで車を購入するなら、新車よりも選択肢が多いネクステージの中古車をご検討ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

■クルマ選びはネクステージで!ワンストップでいろいろなクルマを比較可能です!

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

 

PRお買い得!60万円以下の良質商品

200万円の車を購入するとき頭金はなしで良い?メリットや借入の流れを紹介

気になる車種をチェック
ページトップへ