車のローンの特徴やメリット・デメリットは?ローンの組み方も紹介します

クルマ購入ガイド

車のローンの特徴やメリット・デメリットは?ローンの組み方も紹介します

車の購入や買い替えを検討している方のなかには、「車を買いたいけれど、貯金もないし……」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。車の購入には専用のローンが利用できます。ローンを利用すれば分割で支払うことができるため、希望の車種に乗ることが叶う可能性が高まるでしょう。

 

そこでこの記事では、車のローンを利用する際の方法や注意点について詳しくご紹介します。ローンの種類やメリット・デメリットを理解して憧れの車を手に入れましょう。

 

※目次※

1.車のローンは車専用のローンサービス!

2.車を購入するならローンを利用したほうがいい?

3.車のローンの金利は2パターン

4.3種類ある車のローンの特性

5.車のローンを組む際の注意点

6.車のローンの審査基準は?

7.車のローンを組む際のポイント

8.お得に車を購入するならネクステージで!

9.まとめ

 

■POINT

 

 

・車のローンには「銀行ローン」「ディーラーローン」「自社ローン」などがあるが、それぞれメリット・デメリットがある

・車のローンを組む際には、金利と借入上限額などに注意すること

・車のローンは、返済期間や返済額ほかのローンのことも考えて組むことが大切

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンは車専用のローンサービス!

車のローンとは、自動車ディーラーや金融機関に車の購入代金を貸し付けてもらうサービスです。「マイカーローン」とも呼ばれます。現金一括で購入する方法もありますが、難しい場合はローンを利用する方が多いでしょう。お金を借りるため、年利数%の利息が発生します。毎月一定額を返済し、数年かけて購入代金を完済していく仕組みです。

 

車を購入するならローンを利用したほうがいい?

車を購入する際に、ローンを検討する方は多いと思います。ローンには、現金がなくても車が買えるといったメリットがある一方、返済するときに金利が加わるなどのデメリットもあります。両方を理解した上で、利用するかどうかを検討しましょう。

 

利用するメリット

車のローンを利用する最大のメリットは、手元に現金がなくても欲しい車が手に入る点です。中古車でも何十万円・何百万円・新車なら1千万円以上するものもあるため、車の購入にはまとまった資金が必要となります。

 

車を現金一括で買うには、かなりの資金が必要です。ローンを利用すれば、毎月決まった金額を支払うことで車を手に入れることができます。預貯金がある場合でも、万が一に備えて現金を手元においておきたいと考える方が多いでしょう。リスク回避という観点からも、ローンを利用することには意味があります。

 

車のローンのデメリット

車のローンを利用する際、「金利」が発生する点はデメリットといえるでしょう。後ほど詳しく説明しますが、車のローンの金利には「固定」と「変動」の2種類があります。

 

ローンを利用するには社会的な信用度も求められるため、年収やキャッシングの履歴、正社員かどうかなどがおもな審査基準です。条件によってはローン前の審査が通らず、断られる場合もあります。事故などで車を失った場合、タイミングによってはローンだけが残るかもしれません。そのまま支払い続けなければならないことも覚えておきましょう。

 

車のローンの金利は2パターン

ローンを利用する場合、必ず発生するのが金利です。車のローンの金利には、固定金利と変動金利の2パターンがあり、それぞれ金利が異なります。固定金利と変動金利の違いやメリット・デメリットを理解しておきましょう。

 

固定金利

固定金利では、契約時の金利が支払い期間中ずっと続きます。景気によって市場の金利が上昇した場合も影響を受けないため、金利は変わりません。毎月の返済額が一定で、返済総額も変わらないため家計管理がしやすい点もメリットです。ただし、日本のように超低金利が続いている場合、変動金利より固定金利のほうが高利率になる傾向にあります。

 

変動金利

変動金利では、市場金利の動きに合わせて利率が変わる点が特徴です。一般的には半年に一度、金利が見直されますが固定金利に比べて利率が低い点がメリットとなります。

 

急に市場金利が上昇した場合は利率が高くなることもあり、景気や市場に左右されやすいといえるでしょう。金利が見直されるたびに返済額や返済総額が変わるため、家計管理がしづらい点はデメリットです。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

3種類ある車のローンの特性

車のローンには「銀行ローン」「ディーラーローン」「自社ローン」などがあります。違いがよく分からないという方もいるのではないでしょうか。そこでここからは、それぞれの特徴や金利について紹介ます。それぞれのメリット・デメリットを知り、損のない方法を選びましょう。

 

銀行ローン

銀行ローンは、銀行が貸し付けを行うローンのことを指します。最大のメリットは金利が低いことです。2%台が相場で、ほとんどが4%弱にとどまっています。また、車の所有権が購入者にあるため、ローンの借り換えや車の買い替えがしやすい点がメリットです。

 

総量規制の例外になるため、年収の1/3以上の金額でも借りられます。また、住宅ローンを組んでいる金融機関を利用した場合は、特別に低い金利で車のローンを組めるケースもあるでしょう。ただし、ローンの審査が厳しく審査には1週間程度かかります。銀行ローンを利用する場合は、時間に余裕をもつ必要があります。

 

ディーラーローン

ディーラーローンは、車を購入したディーラーの間で契約可能なローンです。ディーラーと取引のある信販会社に毎月の返済をしていきます。一番のメリットは、ディーラーでそのまま手続きができるため契約がスムーズな点です。ローン審査も30分~1時間程度で完了します。

 

デメリットは、銀行ローンに比べると金利が高い点です。ほとんどが3%台からで高い場合は7%近いものもあります。ただし、最近では車種ごとの特別金利を設けている場合もあり、一概に高いともいい切れないため、ディラーに確認してみてから検討するとよいでしょう。

 

ディーラーが車の所有権を持っているため、返済途中に事故を起こした場合などは注意が必要です。一括返済を求められる可能性があることを覚えておきましょう。

 

自社ローン

自社ローンとは、中古車購入時に契約できる中古車販売店に返済を行っていくローンのことです。ほかの信販会社などを介さず、自社でローンを組むため「自社ローン」と呼ばれています。

 

ほかのローンと比較して審査が通りやすい点がメリットです。中古車販売店は貸金業者ではないため、法的に金利で利益を得ることが認められていません。そのため金利は0%です。

 

金利が0%といっても、車両価格に上乗せされることが多くあります。ほかにも保証金や保証人が必要であったり、1年や2年といった短期ローンしか組めなかったりとデメリットもある点には注意が必要です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車のローンを組む際の注意点

車のローンを組む際にはいくつかの注意点があります。とくに金利については、場合によっては数年間支払い続けることになるため、しっかり確認しましょう。安易に契約するのではなく見積もりを取り比較検討することも大切です。

 

金利の高さに気をつける

車のローンには「銀行ローン」「ディーラーローン」「自社ローン」などがありますが、いずれの場合も金利には注意が必要です。同じ車を買っても、選ぶローンによっては返済総額に大きな差が開く可能性もあります。ローンを検討する場合はとくに金利に注意し、返済総額がいくらになるかを計算して選びましょう。

 

万が一支払いが滞ると最悪の場合、業者に車を引き上げられてしまう可能性もあります。また、信用情報に傷がつき、後々ローンを組みたい場合に組めなくなることも考えられるでしょう。

 

借入上限額の確認をする

車のローンには、貸付可能な金額である「借入上限額」が設定されています。上限額が少ない場合は希望額を借りられず、欲しい車が購入できない可能性もあるでしょう。

 

信販会社は借りる人の返済能力を考慮して、上限額を設定する場合もあります。あとで「借りられなかった」という事態にならないためにも、見積もりの際には借入上限額についても確認するようにしましょう。

 

低金利のローンはほかの費用に気をつける

低金利をうたったローンのなかには、保証料や手数料を別途徴収するタイプのローンもあります。金利が低いからといって、別に費用がかかっては意味がありません。見積もりの際にしっかり確認しましょう。

 

低金利だからとすぐに契約せず、何社かに見積もりを取って比較検討することも大切です。金利もメリット・デメリットも会社によって異なります。その違いを理解した上で、納得したローンを選びましょう。

 

車のローンの審査基準は?

車のローンの審査基準にはいくつかの条件があります。たとえば、過去にローンの返済が滞っていたことがある方や、税金未払いの方、他社でのキャッシング回数が多い方は要注意です。

 

また、正社員以外の方や年収200万円以下の方、現在の仕事に就いて1年未満の方は審査に通りづらい傾向にあります。年収に占める返済額の割合が35%~40%と高すぎる場合も、返済能力に不安があると判断されてしまうでしょう。ただし、審査基準は借入先によっても異なってきます。厳しい会社もあればそうでない会社があることも理解しておきましょう。

 

車のローンを組む際のポイント

車のローンを組む際には、いくつかのポイントがあります。返済期間や毎月の返済額の決め方についてしっかり理解してローンを組む際には金額や期間を「何となく」で決めず、計画的に考えましょう。

 

返済期間は車の保有期間次第で決める

車のローンを完済する前に車を手放した場合、その時点で残っているローンを一括返済しなければなりません。一括返済を避けるためにも、返済期間は車の保有期間よりも短く設定しましょう。車の買い替えを考える人が多いのは、車検のタイミングではないでしょうか。その節目でローンを返済し終えるように設定するとよいでしょう。

 

毎月の返済額を基準に返済期間を決める

毎月の返済額を基準にローンの返済期間を決める方法もあります。たとえば毎月支払える額が3万円と決まっていても、返済期間を長くすればより高価な車を買うことも可能です。毎月の返済額は生活費との兼ね合いで決めます。ガソリン代や自動車保険料など車の維持費のことも考慮しながら、無理のない返済額にしましょう。

 

ほかのローンや出費のことも考えて組む

車のローン以外にも人生には大きな出費が必要なタイミングがあります。結婚や出産のほか、子どもの教育費がかかる時期にも波があるでしょう。住宅ローンを組むことなど、ほかのライフイベントについても考慮することが大切です。

 

無計画にローンを組むと返済が滞り、車を手放す事態にもなりかねません。未来の出費のことも考慮しつつ、無理なく支払える範囲内でローンを組みましょう。

 

お得に車を購入するならネクステージで!

安く車を購入したいならネクステージがおすすめです。ネクステージでは買取した中古車を自社で点検・整備して販売しています。余計な中間マージンがかからないため、より適正な価格での中古車購入が可能です。

 

お支払いに関しても、各種信販会社のローンやお支払いプランなどをご用意しています。ローンや費用の負担を減らしたいという方は、ぜひネクステージをご利用ください。

 

まとめ

車のローンには「銀行ローン」「ディーラーローン」「自社ローン」などがあり、金利や審査のスピーディさなどが異なります。ローンを組む際には毎月の返済額や返済期間などに注意し、無理のない返済プランを立てることも大切です。

 

中古車の買取から販売までを一括で行っている中古車・新車のネクステージは、買取時にはより高く、販売時にはよりお求めやすい価格で良質な中古車をご提供しています。各種ローンやお支払いプランも充実していますので、お気軽にご相談ください。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

 

気になる車種をチェック