車の運転の基本やコツは?運転前に予習をしておこう!

クルマ購入ガイド

車の運転の基本やコツは?運転前に予習をしておこう!

運転免許を取得して間もないと、まだまだ運転には不慣れでしょう。また、長期間運転をしていなかったために、苦手意識がある方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、車を運転する際の基本とコツについてご紹介します。車の運転が苦手な方が運転前に確認しておきたいポイントをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。コツやポイントをおさえながら練習を重ねていけば、運転が上達することが期待できます。

 

※目次※

1.車を運転する際の基本とコツ

2.車の運転が苦手な人向け!運転前に確認しておきたいポイント

3.車の運転が怖いと感じる人のための練習のポイント

4.運転しやすい車を探しているのならネクステージへ!

5.まとめ

 

■POINT

 

・運転前には、アクセルやブレーキの操作、交通ルール、シートポジションの位置といった項目を確認することが大切

・慌てることで事故を起こさないよう、目的地までのルートや所要時間をチェックして、早め早めの行動を

・運転に慣れないうちは、軽自動車やコンパクトカーのようなボディサイズが小さい車で練習しよう!

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車を運転する際の基本とコツ

車の運転に不慣れなうちや久しぶりに運転するときは、基本とコツを事前に確認しましょう。ここでは、運転に適した服装や姿勢、ブレーキやアクセルの操作方法について解説します。駐車や高速道路での運転の際に意識すべきポイントもチェックしましょう。

 

基本的なポイント

まずは運転に適した服装かどうか確認します。運転姿勢を安定させるには、滑りやすい素材の服は避けたほうが無難です。また、ヒールの高い靴は避け、かかとに重心を置きやすく滑りにくいスニーカーのような靴に履き替えましょう。

 

さらに、運転に適した姿勢をキープするために、腰や背中がフィットする位置にシートを合わせます。アクセルやブレーキをしっかりと踏み込めて、ハンドルの上部を握ったときに腕が窮屈でなく伸び切らないような位置がベストです。

 

ブレーキやアクセルを操作

ブレーキやアクセルは急に踏み込まないよう注意しましょう。急加速や急ブレーキは危険なだけでなく、運転手や同乗者に疲れを感じさせます。ブレーキは足の裏全体を使って踏むよう意識しましょう。

 

また、AT車の場合、クリープ現象を利用するのがおすすめです。ブレーキを離し、やや前に進み始めたタイミングでアクセルを徐々に踏み込めば、スムーズな発進ができます。

 

周囲をきちんと確認する

自動車教習所ではシートポジションを動かした後、必ずミラーの位置を確認するよう指示されたことを覚えている方も多いでしょう。ルームミラーやドアミラーは運転前に忘れずに調整しなければなりません。ルームミラーは頭をヘッドレストに付けた状態で、後ろの車が見えるようにしましょう。

 

左右のドアミラーは、ミラーに映る4分の1程度が車体になるよう調整します。車線変更や出発の際には周囲を確認しますが、斜め後ろはドアミラーを見るのに加えて、目視で補いましょう。車には運転席からは見えない死角があるので、死角がどこに生まれるかを認識して周囲に注意を配るようにしましょう。

 

駐車するときは丁寧に

「車の運転では駐車が一番苦手」という方は、最初はゆとりのある駐車スペースを選ぶようにして慣れていきましょう。広い駐車場だと目的地に近い場所を選びたくなるかもしれません。しかし、駐車に慣れないうちは後続車がいない環境で焦らず丁寧にハンドル操作をするのがおすすめです。

 

最近はバックモニターを装備している車が増えていますが、モニターで見える範囲は限られています。バックモニターに頼り過ぎず、目視やドアミラーで安全確認しながら駐車しましょう。

 

高速道路を運転するコツ

高速道路の出入り口にゲートがいくつかある場合、見えてきた時点で素早く通過するゲートを決めます。目当てのゲートに合わせて車線を変更し、ゲートを安全に通過できるようスピードを落しましょう。

 

高速道路へ合流するときは、ウインカーを出して進行方向を示しながら、周辺を走っている車を目視で確認します。合流するポイントを決めたら、流れに乗って加速しながら合流しましょう。走行中に車線変更する場合、早めにウインカーを出して斜め後ろを走行する車に注意しながら、スピードを落さず行うことが大切です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の運転が苦手な人向け!運転前に確認しておきたいポイント

久しぶりに車を運転する方は、運転が苦手だと感じているかもしれません。運転する前には、交通ルールや車の整備だけでなく、体調や時間、ルートの確認も必要です。ここでは、運転が苦手な方が運転前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

 

交通ルールの確認

運転前には、交通ルールをしっかりと確認する必要があります。特にペーパードライバーの方は、道路標識の意味をきちんと覚えていないケースがあるかもしれません。

 

道路標識の意味が分からなければ、一方通行や進入禁止のエリアに誤って進入したり、警戒標識の意味が分からず思わぬ事故を起こしてしまったりすることもあるでしょう。また、ルールを守らない運転をしていると、知らぬ間に違反行為を行って罰則を科される可能性もあります。

 

交通ルールや道路標識の記憶に自信がない方は、運転教本を見直したり、国土交通省のWebサイトにある道路標識一覧を確認したりしましょう。

 

車の整備の確認

車の状態について確認するのも重要です。整備不良が引き金となって事故を起こさないよう、運転前には車がしっかり整備されているかチェックしましょう。

 

車に乗る前には、ヘッドライトやウインカーが点灯するか、タイヤがすり減っていないか、パンクしそうな箇所がないかといった項目を確認します。車に乗ったら、エンジンに異音がないか、ブレーキがしっかりと効くかといった運転に関する不具合をチェックしましょう。

 

シートポジションの確認

家族と共同で使っている車だと、シートポジションやミラーの角度がずれているかもしれません。自分に適した状態に合わせてから運転しましょう。

 

シートポジションが極端に前だと、視界が十分に確保できず状況に合わせた判断が難しくなります。一方、遠過ぎる場合、ハンドルにしがみつく姿勢になったりアクセルやブレーキを十分に踏み込めなかったりして危険です。自分が最も運転しやすいポジションを見つけておくとよいでしょう。

 

中には記憶させたシートポジションにボタンひとつで調整できる車もあります。こうした機能も活用するとよいでしょう。

 

体調の確認

車の運転をする前には、体調を万全に整えましょう。睡眠不足で眠気が強かったり疲れがたまっていたりすると、運転中に正常な判断ができない恐れがあります。特に運転に不慣れなうちは、体調が優れないと感じたら運転を控えたほうが賢明です。

 

また、出発前にはトイレに忘れず行っておきましょう。渋滞に巻き込まれると自分のタイミングでトイレに寄れなくなります。運転中も適宜トイレ休憩を取ることを心掛けましょう。

 

時間の確認

ぎりぎりのスケジュールで急いで目的地へ向かおうとすると、焦るあまり、スピードを出し過ぎたり運転が大雑把になったりする恐れがあります。スピード違反で捕まるだけでなく、最悪の場合、事故につながるかもしれません。

 

到着時刻と所要時間から逆算して出発時刻を求めて、早めの行動を心掛けましょう。時間に余裕をもって出発すれば、渋滞などの想定外のことが起こったとしても慌てずに済みます。

 

ルートの確認

出発前には、目的地までのルートをチェックしましょう。道順が頭に入っていれば、前もって進行方向への車線変更などもできて安心です。

 

初めて行く場所など事前の確認だけで不安な場合は、カーナビやスマートフォンの地図アプリを使って、目的地を設定してから出発しましょう。カーナビが案内するルートを外れても、自動的にルートが再検索されるので安心です。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

車の運転が怖いと感じる人のための練習のポイント

運転免許を取りたての方やペーパードライバーの方は、運転するのが怖いと感じることが多いのではないでしょうか。そのような方は、いきなり遠くまでドライブするのではなく、近所を走る練習から始めるとよいでしょう。ここでは、練習に適した時間帯や道の選び方、運転しやすい車について解説します。

 

交通量が少ない時間帯に練習する

公道で練習するなら、早朝がおすすめです。他の車が認識しやすいようにヘッドライトは点けた状態で練習しましょう。

 

具体的には、午前5時30分から午前6時くらいが車も通行人も少ない時間帯です。車の交通量が少なければ、他の車に迷惑をかける恐れがあまりないため、安心して運転の練習ができます。歩行者や自転車も少ないので、事故のリスクも軽減できるでしょう。

 

自分が詳しく知っている道で練習する

まずは近所のよく知っている道を走ってみましょう。詳しく知っている道なら迷うことが少なく、走りやすいため安心です。また、頻繁に通っている道は、道路標識の位置や一方通行の道を覚えている場合が多いでしょう。道路標識の意味や交通ルールを確認しながら練習できます。

 

知っている道を走ることで運転に自信がついたら、練習するエリアを少しずつ広げていきましょう。

 

毎日短時間の練習をする

長い時間運転し続けるよりも、毎日少しずつ練習することを心掛けましょう。練習時間は1日10分程度で問題ありません。日を空けずに毎日練習したほうが早く上達します。

 

運転の練習に長い時間を割くのは難しくても、10分程度なら時間が取れるという方も多いでしょう。職場や学校へ向かう前に、運転の練習時間を確保することをおすすめします。

 

軽自動車やコンパクトカーなどのボディサイズが小さい車で練習する

運転に慣れないうちは、軽自動車やコンパクトカーといったボディサイズが小さい車で練習しましょう。いきなり大きい車を運転すると、車幅感覚がつかめず車をぶつけてしまう恐れがあります。

 

また、室内空間が広々としていて、視界の広い車もおすすめです。具体的には、乗り心地の良さで人気の「トヨタ・パッソ」や、ボンネットが短く視界が良好な「ダイハツ・タント」が挙げられます。

(参考: 『免許取りたてやペーパードライバーにおすすめしたい!運転が楽な車トップ5』)

 

運転しやすい車を探しているのならネクステージへ!

運転が苦手な方には軽自動車やコンパクトカーのような小さい車がおすすめですが、家族が大きい車しか所有しておらず、運転の練習がしにくいと感じている方もいるでしょう。また、運転の練習には中古車をおすすめします。中古車なら多少傷を付けてしまっても、新車に比べればショックが少なくて済むでしょう。

 

最近は、安全装備が充実している中古車も多く存在します。気軽に乗れる中古車の中から安全機能がしっかり備わっている車を厳選するのも、運転に慣れないドライバーにとっては重要といえるでしょう。

 

運転しやすい車を探しているなら、ぜひネクステージへご相談ください。ご要望をふまえた上で、さまざまな種類の中古車をご提案させていただきます。

 

まとめ

運転が苦手と感じている方は、運転前にアクセルやブレーキの操作や交通ルール、シートポジションを確認しましょう。目的地までのルートや時間を調べておけば、運転に不慣れでも焦らずに安全な運転ができます。また、毎日少しずつでも継続して練習することを心掛けるとよいでしょう。

 

運転に慣れないうちは、軽自動車やコンパクトカーといったボディサイズが小さい車に乗ることをおすすめします。在庫が豊富にそろっているネクステージで、自分にぴったりな1台を見つけましょう。

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

 

気になる車種をチェック