オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

少し特殊な方法ですが、車を売買する際、代行業者に依頼して中古車関連業者だけが参加できるオートオークションを利用する、「オークション代行」というものがあります。このオークション代行の仕組みについて、聞いたことがあるけれど、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

オークション代行は、一般の人が参加できない限定的なルートのため、高値で取り引きされることもあるのが魅力といえるでしょう。しかし、素人が利用するのは危険な一面もあります。安易に利用して損をしないよう、この記事ではオークション代行のメリットやデメリットついてご紹介します。

 

※目次※

1. 中古車オークションで車が落札されるまでの流れと手順

2. オークション代行で車を売買するメリットとは?

3. オークション代行で車を売買するリスク

4. 車のオークション代行でトラブルを避けるにはどうすればいいの?

5. 中古車買取店で売却するのがおすすめ

6. まとめ

 

■POINT

 

・オークション代行には「価格が不確定」「取り引き現場を見られない」「落札者からのクレームが直にくる」……といったリスクがある

・開催日によって取り引きの成立が前後する。業者の選定から落札に至るまで、短くても2週間ほどの期間が必要

・買取店は取り引きの成立も早く、心配事も相談できるので安心感が高い!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

中古車オークションで車が落札されるまでの流れと手順

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

オークションがどのような流れで行われるのかを知らない人も多いことでしょう。ここでは業者の選定から落札まで、実際の流れを具体的に見ていきましょう。それぞれのポイントを踏まえて出品すればリスクを減らすことができます。

 

1.オークション代行業者を選定する

オークション代行ではそのリスクを考えると、業者との信頼関係が何より大切です。業者の規模や実績、保証や返品などの仕組みを確認しましょう。

 

規模が小さい、掲示されている情報量が少ないといった業者は、いくら条件が良くても避ける方が賢明です。

 

2.オークション代行業者とのすり合わせ及び代金支払い

代行業者が決まったら、最低落札額の設定や手数料などの支払いを行うことになります。最低落札額は業者と相談しながら決めても良いですが、それも自分が相場を把握したうえでのことです。余計なトラブルを避けるためにも、業者に任せきりにすることは避けましょう。

 

3.車の輸送とオークションデータベースへの登録

出品が決まった車は、開催日の前日までに会場へ輸送され、検査を経てデータベースに登録されます。業者は登録された時点から、インターネットを通じて出品車両を確認することもできます。

 

4.出品して直接入札、インターネット、衛星でオークションを実施する

オークションには実際に会場で車を見たうえでの直接入札に加えて、インターネットや衛星端末などを使い、離れた場所からも参加できます。実際に競りが始まれば、落札まで数秒というケースも珍しくなく、相場観のある業者でないととても参加できるものではありません。

 

5.落札された場合、落札手数料を支払う

落札された場合、落札時に追加で成約料を支払うことになります。このようにオークション代行業者は出品料と成約料を別々に請求するのが一般的です。

 

6.落札者に車・必要書類が輸送される

開催日から1週間前後で落札者宛てに車が輸送され、業者に車両代金が支払われます。また、代金の入金確認ができ次第、車検証や譲渡証明などの必要書類が落札者側に引き渡されます。

 

落札者は手に渡るまで現物をチェックしていませんので、取引が無事終わったとしても、一定期間内はクレームなどの連絡がくる可能性があることを踏まえておきましょう。

 

7.落札者側で必要な手続きを行う

書類の引き渡しが終わり、クレームなどがなければ、出品者としての役割は終了です。この後の名義変更などの手続きは、落札者側が行うことになります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

オークション代行で車を売買するメリットとは?

オークション代行を利用すれば、業者が仕入れに利用するオークションで車を売買することができます。代行業者には手数料や経費を支払うというシステムです。

 

中古車を売買する場合には、中古車販売業者を利用することもできますが、オークション代行という売買の形態もあります。そこでここでは、オークションのどんなメリット、魅力があるのでしょうか。

 

安く購入できる可能性がある

オークションは販売業者が仕入れに利用する場なので、販売店で売られるよりも安い価格で取り引きされることもすくなくありません。

 

もちろんオークションなので、開始価格から値段はせりあがっていき、一番高値を付けた人が落札することができます。価格は需要によって変動するため、低値になることもありますが、一方で高値になる場合も少なくありません。

 

豊富な車のラインナップがある

オークションの規模は会場によってさまざまです。一度に5,000台や1万台を扱う大手オークション会場もあります。

 

欲しい車種やモデル、色などが決まっている人にとっては、数多くの車が集まれば、それだけ欲しい車に出会える可能性も高まります。こだわりが強く、妥協したくないという人は選択肢の一つに挙げてもいいかもしれません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

オークション代行で車を売買するリスク

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

メリットがある一方で、オークション代行は、店舗を構える必要がない参入のしやすさも相まって、買取店と比べると実績の不確かな業者も多くいます。そのため業者とのやり取りや、落札者からのクレームなど、多方面のリスクが考えられます。まずは実際にどのようなリスクがあるのかを見ていきましょう。

 

手数料が必ずかかる

オークション代行で車を出品する場合には、落札されようがされまいが、手数料を支払わなければなりません。さらに、経費も自分持ちです。オークションへの参加料、車をオークション会場に運ぶ陸運費などが経費にあたります。

 

オークションでは自分で最低落札価格が決められます。納得の価格で売却できる反面、最低落札価格が高すぎてだれも落札しないということがあり得ます。高く売って得したいと思っていたのに、結局、手数料や経費で損をしてしまうという結果になることも少なくないのです。

 

トラブルが発生しやすい

車の売却が終われば、オークション代行業者の仕事は終わります。売却後、落札者からクレームが来たり、トラブルが発生したりしても、代行業者は何もしてくれないこともあります。

 

車の売買で生じるクレームに対応するには、車に関する幅広い知識や経験が必要です。そのためリスクを考えるのであれば、中古車の買取業者に売却することをおすすめします。

 

業者の言いなりになりやすい

出品者は会場には出入りすることができないため、いくらで出品・落札されたかは業者からの情報を頼りにするほかありません。つまり実際に見ていないので、万が一価格をごまかされても気付けないこともあり得ます。

 

ちなみに会場に出入りするには、古物商許可証や日本中古車自動車販売協会連合の加入、業者としての実績などが必要となるため、一般の人には出入りは難しいでしょう。

 

お店で購入するよりも高くなってしまうことも

車の価格は流動的です。年式やグレード、仕様や色など、条件が少し違うだけで価格にかなりの差が出るということも少なくありません。そしてその条件も、社会情勢や価値観の変化に伴い、すぐに変わります。

 

そのため、予算の範囲内で落札できたとしても、実際には販売店で買うよりも高くなってしまうこともあります。

 

車の安全性が担保されていない可能性がある

オークションに出品される車は、資格を持った検査員による検査を受けています。とはいえ、とにかく扱われる台数が多いオークションでは、検査に見落としがある場合も少なくありません。

 

そのため、オークション代行業者が自分の目でチェックすることは必須ですが、時間をかけて現車下見をしてくれるかどうかは、代行業者によります。信頼できる業者でなければ、後々トラブルが起きる可能性はあるので注意しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車のオークション代行でトラブルを避けるにはどうすればいいの?

上手にオークション代行を利用するためには、オークションで車を売買するということがどういうことなのか、しっかりと理解しておくことが必要です。自分が主体になって車を売買するという認識がないのであれば、オークション代行は利用しない方が良いでしょう。

 

事前に条件や予算を決めておく

オークション代行業者は自分の代わりにオークションでの取り引きをおこなってくれるので、自分の意思をしっかりと伝えておきましょう。

 

出品するにしても落札するにしても、希望の条件や予算をしっかりと決めておきます。もちろん、価格が相場とかけ離れ過ぎているのであれば、落札には至らないでしょう。オークションを利用する前に、車の相場などについてしっかりと調べておかなければなりません。

 

手数料も含めた金額で計算する

オークション代行を利用する場合、「安く買いたい」「高く売りたい」と考えている方も多いと思います。しかし、オークション代行を利用する場合には、手数料と経費がかかります。

 

落札される売買価格だけでなく、手数料や経費までを加えて損得を計算しておかなければなりません。また、落札されなかった場合にも手数料や経費がかかることを忘れないようにしましょう。

 

信頼できる業者から購入する

オークションにはメリットと同時にリスクもあるので、代行を利用するなら信頼できる業者を選びましょう。

 

会社の規模や実績がしっかりしている大手の代行業者が良いでしょう。万が一の保証や返品に対応してくれるところが安心です。

 

またオークションのやり方にも注目しましょう。きちんと現車下見をしてもらえるか、リアルタイムで情報を共有してくれるかなど、落札までのプロセスが明確でていねいかどうかも重要な指標になります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

中古車買い取り店で売却するのがおすすめ

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

ここまでオークション代行について詳しくみてきましたが、よほどのこだわりがない限り、中古車買取店での売却をおすすめします。ここからは、買取店での売却にどういったメリットがあるのかをみていきましょう。

 

相場を確認してから査定することで「価格の交渉」が可能

買取店で車を売る場合でも、複数店舗に見積もりを依頼したり、インターネットなどで相場を調べたりすることで、高額買取の交渉をすることができます。オークションと同価格とはいかないものの、リスクや手数料を考えると、総じてお得という場合もあります。

 

査定から売却までの期間が短い

買取店に車を売る場合、対応の早い業者だと査定から最短2~3日、平均でも1週間で車両代金が入金されます。一方オークション代行の場合は、開催日時や落札者に車が届くまでの期間も計算に入れなければいけません。毎週各地で開催されているとはいえ、入金までの期間は、2週間は見ておく必要があるでしょう。

 

即金が必要な場合もそうですが、取り引きが早く終わると気持ちも楽になります。

 

代車システムやローンなど、分からないことはプロに相談できる

オークションに出品すると、その時点で車は手元を離れるわけですから、代わりの車を用意しておく必要があります。新車などの場合、納車のタイミングが間に合わず困ることもあるでしょう。

 

買取店であれば、このような場合でも自分の車の引き渡し時に代車を依頼することができます。また、オークション代行業者は出品や落札のみが専門の場合が多いですが、買取店は中古車全般に対して知識を持っています。売却だけでなくローンなど、次の車の購入に関して相談できることも買取店を利用するメリットといえます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

よくある質問

 

Q オークション代行で車を売るリスクは?

A.中古車オークションに出品しても、必ず車が落札されるとは限りません。落札されなかった場合には、手数料や輸送費だけかかって損をしてしまいます。また、落札後のクレーム対応を自分でしなければならないのもデメリットです。不誠実な代行業者とのトラブルのリスクもあるため、オークション代行を利用する際は慎重に検討しましょう。

 

Q.オークション代行で車を売却するメリットは?

A.多くの買取業者は、買い取った車を中古車オークションに出品します。そのため、売主が中古車オークションに直接出品することで、業者に買取や下取りしてもらうよりも高く売れる可能性があるでしょう。しかし、落札されないリスクや各種手数料、取引の手間などを考えると、デメリットのほうが大きくなるケースも多くあります。

 

Q.オークションで車を売却する手順は?

A.まずは、オークション代行業者を選定しましょう。業者が決まったら、最低落札額の設定や手数料の支払いを済ませたあと、車を会場に輸送し、データベースに情報を登録します。オークションが始まり、無事落札されれば、代行業者に成約料を支払うのが一般的です。1週間程度で車が落札者のもとにわたり、出品者に代金が入金されます。

 

Q.車を高く売るにはどうすればよい?

A.中古車オークションはさまざまなリスクがあるため、一般人には利用が難しいのが実状です。安心して車を高く売りたいなら、中古車買取店での買取をおすすめします。上手く価格交渉すれば高額査定が期待できますし、オークション代行より手間もかかりません。信頼できる業者を選べば、分からないことは気軽に相談できるので安心です。

 

まとめ

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

車の購入・売却においてオークション代行業者を利用するメリットとデメリットを考えました。オークション代行は、一見すると魅力的な方法に見えますが、さまざまなリスクをはらんでいます。

 

車の購入や売却をお考えなら、ぜひネクステージをご利用ください。在庫が豊富なネクステージなら、予算内で質の良い車を一緒に探させていただきます。

 

また、売却の際にはスピード感をもって、ご満足いただける価格で買い取らせていただきます。ネクステージは、安心で納得のカーライフを全力でサポートします。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

オークション代行で車を売買するメリットデメリットとは?オークションは危険なの?

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ