車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車を売却する際、多くの方が高額査定を望みます。しかし、ディーラーや買取専門店など、どこで売却するべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。高額査定を狙うためのコツを知りたい、と考えている方もいるでしょう。

 

そこでこの記事では、車の高額査定を狙うためのコツや基本知識を解説します。売却に使用する必要書類もご紹介するので、円滑に査定を進めるための参考にしてください。

 

※目次※

1.車の査定額は車両や時期などで変化する!

2.車の高額査定を狙うコツ【店舗選び】

3.車の高額査定を狙うコツ【売却時期】

4.車の高額査定を狙うコツ【車両の状態】

5.車の高額査定を狙うコツ【査定の心得】

6.車の高額査定を狙うときは必要書類も揃えておこう!

7.車の高額査定を狙うならネクステージを活用しよう!

8.まとめ

 

■POINT

・査定に関する基本情報を把握しよう。査定額に関わるポイントは車種やグレード・年式や状態・中古車市場状況など。

・高額査定を実現するには、売却する店舗選び・売却時期・車両の状態・査定の心得をを把握しよう。

・高額査定を狙うのであれば高い販売力を備えるネクステージがおすすめ。申し込みはWebサイトから簡単に行える。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の査定額は車両や時期などで変化する!

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車の査定額に影響を与える要素には、一般的項目・個別的項目・外的要因など複数あります。これらはどこで査定をしてもらう際でも、判断材料となる要素であるためチェックしておきましょう。把握しておけば、提示された査定額を自分でも理解でき、交渉時にも役立ちます。

 

車種やグレードなど

車種やグレードは、査定額に大きな影響を及ぼす要素です。一般的にグレードの高い車ほど、そうでない車に比べて査定額が大きくなります。また同じような種類の車でも、車種によって査定額が変わるでしょう。

 

そして「現行モデルかどうか」も査定額に響く重要なポイントです。少し前にフルモデルチェンジが行われていた場合、査定額が急激に下がる傾向にあります。近いうちにフルモデルチェンジされそうな車であれば、早めに動いたほうがよいでしょう。

 

年式や状態など

年式や車の状態も、査定額の決定に影響を及ぼします。年式が新しければ新しいほど査定額が高くなるのが一般的です。また走行距離も重要な要素で、長ければ長くなるほど査定額が低くなっていきます。

 

平均として「1年に1万kmの走行」が想定されており、それを超える車は査定額が低くなる傾向です。また事故歴や修復歴の有無も重要で、業者によっては売却を受け付けていないところもあるでしょう。

 

中古車市場状況など

査定に必要な情報は、車種やグレードのような一般的項目・年式や状態のような個別的項目などの車の情報だけではありません。これらの情報に加えて、中古車市場状況などの外的要因を考慮し算出されます。

 

中古車市場状況は、業者の決算期や車のフルモデルチェンジ発表などにより変動する傾向です。また、車の走行距離が大台になることも査定額に大きく影響します。査定に関わる要素を把握し、最も高額査定が望める中古車市場状況なのかを判断できるようになりましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うコツ【店舗選び】

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車の高額査定を狙うには、まず店舗選びが重要です。車の売却先にはディーラーと車買取専門店の2種類があります。どちらも売り渡すことに違いはありません。しかし、それぞれ売却の意味や特徴が異なります。ここでは、ディーラーと車買取専門店の特徴をご紹介しますので、売却先選びの参考にしてください。

 

ディーラーでの下取りの特徴

ディーラーでの下取りの特徴は、その店舗で新しく車を購入することを条件とした売却方法である点です。つまり、中古車を売却すると同時に車を買い替えることになります。

 

ディーラーでの下取りを選ぶメリットは、車の購入と売却手続きが一度で済むことです。車の最終的な購入金額は、差し引きした金額となりますので、自分が支払う金額が分かりやすいのは下取りならではの魅力でしょう。

 

しかし、下取り金額が相場よりも低くなるケースもあります。「車は高く売り安く買いたい」と考える方には、下取りはそれほど向いていません。

 

車買取専門店での買取の特徴

車買取専門店での買取の特徴は、車を同店で購入することが条件の下取りとは違い、購入しなくても売却できる点です。専門店で買い取ってもらう方法は、下取りよりも高額になる可能性が高く、少しでも高く売却したい方に向いています。

 

買取専門店のメリットは、高価買取が期待できるという点です。また査定結果が出たあとでも、交渉によりプラス査定が望めます。

 

一方で、買取専門店に依頼することのデメリットは、別途、車を購入するための手続きを同時進行する必要がある点です。また買取専門店は非常に店舗が多く、はじめて利用する場合には業者選びに時間がかかるという点もデメリットといえるでしょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うコツ【売却時期】

 車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車の高額査定を狙うには、店舗選びだけでなく売却時期も重要です。車は高く売れる時期があります。フルモデルチェンジ前や走行距離が大台になる前など、タイミングが重要です。ここでは、具体的な車の売却時期をご紹介します。高額査定を狙うのであれば、計画性も重要なのでぜひ参考にしてください。

 

車が高く売れる時期に売却する

ディーラー・買取専門店にかかわらず、車を高く売るには時期を選ぶことが大切です。業者の決算期は売上を増やしたいため、在庫を多く確保しようとします。このことから、中古車の売却は決算期よりも少し前の時期が狙い時です。

 

さらに、生活スタイルが変わりやすい春季も高価買取が期待できます。今すぐ売却する必要がなければ、高く売れそうな時期に見積もりを依頼してみましょう。

 

車のフルモデルチェンジ前に売却する

車は、一般的に最新モデルほど高い価値があるため値段が高くなり、販売から時間がたつほど需要と価値が下がります。フルモデルチェンジを発表すると、車の乗り換えを検討するユーザーも増えてくるため、売りたい車の車種がモデルチェンジする前に売却するとよいでしょう。

 

モデルチェンジの正確な時期を調べる方法は、専門家以外には難しいものです。しかし、メーカーが今まで新規モデルを発表した時期や周期などから予想することができます。特に、最新モデルの車を売却することを検討している場合には、フルモデルチェンジの前を狙って売却するのがおすすめです。

 

走行距離が大台になる前に売却する

走行距離が大台になる前に売却するのも重要になります。大台として知られているのは、3万km・5万km・7万km・10万kmという区切りです。

 

特に10万kmの大台に乗ってしまうと、車を修理する機会も増えるため、一気に価格が下落してしまいます。上記を目安にして、そこに到達する前に売却するよう心掛けましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うコツ【車両の状態】

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車外・車内共にきれいな状態に保たれているかなども車の査定に影響する項目です。高額査定を狙うのであれば、車両の状態にも注目して整えておく必要があります。また、純正オプションの充実度も車両の状態に関わる要素です。ここでは、高額査定に関わる車両の状態を高める方法をご紹介します。

 

可能なかぎり車を綺麗にしておく

見積もりの際に、車の中にゴミが散乱している・ボディの汚れが目立つなどがあると「普段からきれいに使っていない」という判断になりマイナス査定になる可能性があります。そのため、見積もり前は車をできるだけきれいな状態に整えておきましょう。

 

ただし、修理費用がかかるような傷やへこみはそのまま放置しても問題はありません。修理業者に依頼すると出費が増えるため、自分ができる範囲で車をきれいにしておくことが重要です。

 

車内のニオイを消しておく

車内で喫煙する、ペットを頻繁に乗せる場合は、車内のニオイにも気をつけましょう。タバコ臭や動物臭が苦手な人にとっては、ニオイは購買意欲を下げる要因にもなります。

 

特に、お金をかけて自分でクリーニングの手配をする必要はありませんが、見積もりの直前に対策するだけでなく、乗車するたびにニオイが残らないように気をつけておきましょう。シート用の消臭スプレーなどで車内のニオイを抑え、マイナス査定にならないように準備することをおすすめします。

 

純正オプションをそろえておく

純正オプションをそろえておくのも、査定額を上げる大きなポイントです。一部査定額が望める社外オプションもありますが、大抵の純正オプションは査定額アップが期待できます。

 

パーツの交換やカスタムをして純正パーツが残っている場合は、車と一緒に査定に出しましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うコツ【査定の心得】

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車を売るタイミング・車の状況は、査定額を上げるために重要な項目です。より高額査定を狙うのであれば、査定の心得を覚えておきましょう。

 

あらかじめ自分の車の情報を知っておくことは、スムーズに査定を進め、業者との信頼関係を強めます。ここでは、車を査定に出す際の心得を2つ紹介しますので参考にしてください。

 

自分の車の買取相場を知っておく

メーカーや車種を問わず、どの車にも買取を行うときの相場があります。年式やグレードなど、自分の車に近い条件で調べることができると安心ですが、もし詳細がわからなければ、おおよその価格でも問題はありません。

 

自分の車を売却する際の希望価格だけでなく、一般的な相場も知っておくことで、売却先を選ぶときの基準になります。また、見積もり後に価格交渉をするときにも役に立つでしょう。

 

修復歴は事前に伝える

修復歴は事前に伝えるようにしましょう。車の売買をする際、契約書には必ず「修復歴を伝えるように」との記載があります。これは、修復歴の有無が車の乗り心地に大きく影響するためです。

 

修復歴を隠して車を売却し、後に修復歴車であることが発覚した場合、賠償金を請求されるケースもあります。後のトラブルを避けるためにも、必ず修復歴を伝えましょう。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うときは必要書類も揃えておこう!

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

見積もりの時点では、すぐに書類は必要ありません。しかし、提示された査定金額が高額だった場合、その査定額が下がらないうちに売る必要があります。円滑に売却に進むためには、あらかじめ必要書類を把握し、できるだけ早く準備しておきましょう。

 

自動車検査証(車検証)

車検証は、車の運転中に携帯必須である書類です。車から持ち出すことが少ない書類ですが、万が一紛失した場合は早急に再発行の手続きをしておくことをおすすめします。

 

車検証の再発行は運輸支局で手続きを行い、即日発行となりますのですぐに当日から車に乗ることができます。もし時間に余裕がないという場合は、代行依頼も可能です。

 

自動車税納税証明書(納税証明書)

納税証明書は、自動車税を納付した際に受け取る書類です。通常は証明書があれば手続きができますが、税金を滞納している場合は売却することができません。最初に税事務所に問い合わせて未納がないかどうかを確認し、確実に納めた状態で手続きをするようにしましょう。

 

なお、納税証明書を紛失した場合は普通車は税事務所、軽自動車は市町村役所で証明書の再発行が可能です。

 

譲渡証明書

ディーラーや買取専門店に車を売るときには、車の持ち主(名義)は事業者名に変更します。このとき、売り手が名義変更に同意したことを証明するものが譲渡証明書です。ただし、軽自動車の売却では譲渡証明書は必要ありません。普通自動車の売却は、書類に押印する必要がありますので、実印も持っていきましょう。

 

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

自賠責保険は、全ての自動車に加入義務のある保険です。この自賠責保険の加入を証明する書類を、自動車損害保証責任保険証明書(自賠責保険証)といいます。車検証と一緒に保管しているケースが大半ですが、もし紛失してしまったときには、保険会社に連絡し再発行してもらいましょう。

 

また、期限が切れた保険証は無効になるため、書類を準備する際には有効期限もチェックしておくと安心です。

 

印鑑・印鑑証明書

普通車を売るときには、譲渡証明書に使う実印だけでなく、印鑑証明書も必要になります。軽自動車の場合は、この譲渡証明書は不要で、実印・印鑑証明書も必要ありません。

 

役所などで発行される印鑑証明書は、発行から3か月以内のものを提出する必要があります。コンビニエンスストアなどでも発行できますが、利用者証明用電子証明書として登録しているマイナンバーカードが必要です。役所で発行する場合は平日のみとなるため、日付を確認した上で手続きをしましょう。

 

委任状

委任状とは、車の名義変更などの手続きを業者に代行してもらうための書類です。譲渡証明書と同様ですが、軽自動車を売る場合は不要となります。この委任状は専門業者が用意していることが多いため、わざわざ用意する必要はありません。

 

住民票の写し

印鑑証明書に記載してある住所と他の書類の住所が同一でない場合は、住民票の写しを提出する必要があります。軽自動車の場合は、印鑑証明書が不要で住民票の写しも必要ありません。

 

また、複数回住所が変わっている場合は「転出証明」の提出が必要になることがあります。転勤などで引っ越しが多い場合は、住民票や転出証明が必要かどうかを最初に確認しておきまくとよいでしょう。

 

リサイクル券(預託証明書)

リサイクル券は、車を購入した際にリサイクル料金(預託料金)を納付したことを証明する書類です。車の売却時にリサイクル券を提出することで、購入時に納めたリサイクル料金が返金されます。

 

リサイクル券が用意できない場合は、業者にその旨を伝えましょう。納付したことが確認できれば、同様に返金対象になります。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うならネクステージを活用しよう!

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

ネクステージは全国に展開する販売店です。高い販売力を持っているため高額査定を狙えます。申し込みもWebサイトから簡単に申し込みできるため、まずは査定額だけでもチェックしたい方にもおすすめです。

 

全国の店舗でダイレクト販売するため高価買取が可能!

中古車のネクステージは買取も実施しています。全国にある店舗で商品化・ダイレクト販売を行うため、中間マージンが一切発生しません。それに加えて高い販売ノウハウを持っているため、高価買取ができる環境が整っています。

 

またネクステージは、顧客満足度3冠(スタッフ対応満足度第1位、査定価格満足度第1位、リピートしたい買取店第1位)受賞の実績もあります(2022年3月買取実績)。買取実績も公開していますので、公式サイトからご確認ください。

 

愛車の価値が分かる無料査定を試してみよう

ネクステージでは、無料査定を実施しており、Webサイト上から簡単に査定の申し込みが可能です。メーカー・車種・年式・走行距離などの基本情報を入力すれば、オペレーターより概算価格をお伝えします。

 

実際に査定を希望する場合は、買取査定担当が訪問・査定を行い正確な査定額をお伝えする流れです。煩わしい電話のやり取りや手間をかけずに高額査定を狙えるため、ぜひお気軽にご相談ください。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

まとめ

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

車の高額査定を狙うのであれば、売却先選び・売却時期・車両の状態などいくつかのコツを把握しておきましょう。事前に買取相場などを把握しておけば、自分の車の査定額が相場通りかを判別することもできます。

 

高額査定を狙うのであればネクステージがおすすめです。全国展開する販売店であり、高い販売力を持っているため高額査定が狙えます。Webサイトから簡単に申し込みができ、簡潔に査定に進むことが可能です。お気軽にご利用ください。

 

\30秒でカンタン査定依頼!/

今すぐ無料査定を受ける

車の高額査定を狙うコツを徹底解説!売却に使用する必要書類も確認しよう

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ