廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

廃車手続きはお金も掛かるし面倒だと思っている人も多いのではないでしょうか。廃車手続きは専門の業者に代行依頼すると、手間も掛からず費用もかなり節約できます。

 

仕事があり自分で廃車手続きを行うのが大変な方や少しでも安く廃車手続きをしたいという方は業者に依頼するのがおすすめです。そこでこの記事では、廃車手続きを業者に依頼することのメリットや注意点についてご紹介します。自分にあった手続きの種類や業者選びで少しでも時短かつ節約して廃車を行いましょう。

 

※目次※

1. 廃車手続きは代行しよう!

2. 廃車手続きを業者に依頼すると無料になる理由

3. 廃車手続きの種類とは

4. 廃車手続きを代行する際の注意点

5. まとめ

 

■POINT

 

・時間もお金も節約したいのであれば、廃車手続きは業者に代行依頼しよう!

・永久抹消登録の廃車手続きをすると還付金が受けられるが、業者とトラブルにならないように注意が必要!

・廃車を解体して再利用できるのは、都道府県から許可を受けている業者のみ!信頼できる業者選びでトラブル回避!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続きは代行しよう!

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

車を持っているけど今後は乗る予定がない、事故や劣化がひどく走行ができないため車を手放したいと思ったとき思い浮かべるのは廃車手続きでしょう。廃車の手続きは車の所有者である自分しか行えないと思いがちですが、業者に依頼することもできます。

 

自分で手続を行う場合は必要書類をすべて揃えなければいけません。手続きを行う陸運局は平日のみの業務に限り、お昼時間もしっかりと設けられているためお仕事をしている人が自分で手続きを行うことはとても大変です。そんなときは業者に代行してもらうことで、手間も費用も掛からずに廃車手続きを行えます。

 

廃車は業者に代行してもらうのがおすすめ

廃車の手続きを自分ですると収入印紙の購入や解体費用なども発生するため、時間もお金も掛かり効率的とはいえません。

 

廃車の手続きを業者に代行依頼することで、難しい書類の作成や手続きなどをサポートしてくれるため時間もお金も効率よくスムーズに行なえます。廃車を代行している業者にはいくつか種類があり、今の車を廃車にして新車や中古車の購入を検討しているのであればディーラーか中古車販売店がスムーズに手続きを行えるでしょう。

 

しかし、廃車の手続きの費用が有料となる業者もあれば無料で下取りをしてくれるなど車の状態、ディーラーや中古車販売店によって扱い方はさまざまです。少しでも費用を抑えたいのであれば、損をしないように契約をする前に料金について確認をしましょう。

 

車の購入を考えていない場合は行政書士に代行依頼することも可能です。廃車手続きは行政手続きのひとつのため、行政手続きに関するプロである行政書士なら安心してお願いすることができるでしょう。

 

しかし、手続きは行ってくれますが車の解体などは専門外です。行政書士に依頼する代行費用のほかに、解体費用など別途見積もっておく必要があります。

 

廃車手続きは廃車買取業者がおすすめ

廃車買取業者は廃車をメインに取り扱っている業者のため、効率よく廃車手続きを行える業者のひとつです。動かない車は価値がないと思いがちですが、廃車買取業者は買取った車の部品をリサイクルが可能なものとそうでないものに選別を行います。

 

選別を行った部品はリサイクルが可能なものはリサイクル部品として販売し、利益を出していることからディーラーなどよりも代行費用を安く提供できるのが廃車買取業者の最大の特徴でしょう。

 

さらに海外への販路がある業者であれば、状態のいい車は解体をせずに海外に輸出するケースもあるので業者を選ぶときのポイントです。海外への販路を持っている業者のほうが高く買取ってくれる場合もあるため、お金が掛かるとおもっていた廃車手続きから一変臨時収入が入る可能性もあるでしょう。

 

また廃車を取り扱っているだけに動かなくなった車を相手にすることが多くレッカー車を所有している業者も多いため、レッカー台を追加で徴収される心配もほとんどありません。手続きの煩わしさだけではなく、費用面でも最小限に抑えたいのであれば廃車買取業者がもっとも効率よく廃車手続きを依頼できる業者といっていいでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続きを業者に依頼すると無料になる理由

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

廃車になった車にはまだまだ価値があります。業者は廃車だと思われている車に残された価値を見つけ出し、そこから利益を生むプロです。少しでも多くの価値を見つけ出し、利益を出すことで廃車手続きの代行費用を無料で提供しています。

 

車をリサイクルできる

車には見た目通り鉄がたくさん使われています。見た目もボロボロで走行ができなくなり車として価値がなくなったとしても、金属としての価値はまだまだあります。素人目にはただの鉄に感じても、専門的な知識がある人からすると有効活用できる鉄資源の固まりです。

 

車を分解して、再利用できる資源をリサイクル部品として販売することで十分の利益となり、この利益があることで廃車手続きを無料で行えます。

 

パーツを中古品として販売できる

年式が古い車や見た目がボロボロの車でも、メンテナンスをしっかりしていたり廃車にする寸前にパーツを取り換えたりと内部をのぞいてみるとまだまだ使えるパーツが残されていることもあります。車としては再起不能となってしまっても専門知識を兼ね備えている業者であれば、まるで宝探しのように価値のあるパーツを見つけ出すことができるでしょう。

 

車としての価値はなくても、価値のあるパーツがたくさん残されているとかなりの利益となることもあります。専門的な知識をうまく活用し、価値を見いだすことが無料で廃車手続きを行うことができる理由のひとつです。

 

海外へ販売できる

日本メーカーの車は数年に一度メンテナンスが行われているため、年式が古いことや走行距離が長くても海外では需要があります。国内では修復歴があると中古車でも購入をためらってしまいがちです。しかし海外では走行不能でない限り日本車は壊れにくいと評判がよく再利用されています。

 

また、海外では車が壊れてしまったら部品は簡単に手に入りません。そのため日本で廃車になった車の部品を再利用されることも多くあります。いずれにしても海外で販売できる販路を持っている業者は日本では廃車となる価値がないと思われる車でも海外で販売することで利益を得ているため、廃車手続きを無料で行うことができるということです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続きの種類とは

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

廃車の手続きには「一時抹消登録」「永久抹消登録」の2種類あります。その大きな違いは、手続きの後に車が存在するのかしないのかです。車の状態やこれから車をどうしたいのか、それぞれの車に合った廃車の手続きがあります。ここでは、2種類の廃車手続きの特徴について見ていきましょう。

 

一時抹消登録

一時抹消登録は廃車の手続きの一種ですが、完全な廃車となるわけではありません。たとえば、中古車として再度販売されるまでの間や長期的に乗る予定はないが車は手元に残しておきたいときの税金や車検、保険の節約などに行われます。

 

注意しなければいけないのは、一時抹消登録を行うと私有地や私道で乗ることができますが公道で乗ることはできません。再び公道で乗るためには費用を出して手続きを行う必要があります。

 

また、一時抹消登録を行うと税金などを節約できますが4月をまたいで手続きを行うと税金の支払いが生じてしまうため、3月~4月に掛けて廃車手続きを行う際はできるだけ早目に手続きを進めなければいけません。

 

永久抹消登録

一般的に廃車と聞いてイメージするのが永久抹消登録です。事故による修復が不可能な状態や中古車として販売ができない車を解体して部品やパーツで価値を見いだすときに行われます。一時抹消登録は再度手続きを行えば公道を走らせることはできますが、永久抹消登録は完全に車そのものや登録がなくなるので公道を二度と走らせることはできません。

 

業者によっては、廃車予定の車を今度どのように扱う検討するため一時抹消登録を行うこともあります。「絶対に解体してほしい」という場合は、業者に永久抹消登録を行ってもらうようにはっきりと伝えましょう。

 

永久抹消を行うと還付金が出る

永久抹消登録の手続きが完了すると、自動車税や自動車重量税を還付金として受け取ることができます。全額ではなく残りの月数の合計金額となり、軽自動車は還付金の対象外です。また一時抹消登録では還付は行われないので還付金を受け取りたい場合は業者に永久抹消登録をしてもらうよう伝えましょう。

 

この還付金については誰が受け取るのかでトラブルとなる事例が多く、契約をするときに還付金の処遇はどのようになるのか確認し納得した上で契約に進むことをおすすめします。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続きを代行する際の注意点

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

廃車手続きを業者に代行依頼するときに気をつけなければいけないことがいくつかあります。契約内容をしっかりと確認しないことで思わぬ費用が発生してしまうケースや受けられる還付がなかったことになることもあるでしょう。廃車手続きを代行するときは、信頼できる業者かを確認してから依頼を行うことをおすすめします。

 

廃車手続きの種類に注意する

これまで解説したように廃車手続きには永久抹消登録と一時抹消登録の2種類存在します。廃車手続きの代行を依頼するときには、どちらの方法で手続きが行われるのか注意しなければいけません。

 

解体を希望しているのに一時抹消登録を行い登録だけが末梢となり車が存在する、車は残しておきたいのに永久抹消登録を行い車が解体されてなくなってしまったなど業者と認識の相違があると最悪の事態になりかねません。契約時には、どちらの廃車手続きが行われるかしっかり確認を行いましょう。

 

還付金を確認する

自分ですべて廃車手続きを行うのであれば心配する必要はありません。しかし、業者へ廃車手続きを依頼するのであれば還付金が発生するのか、受け取はどのように行われるについて確認が必要です。業者によっては買取価格に還付金が含まれているケースもあります。

 

還付金の取り扱いは業者がお客様へ説明責任はなく、返金方法はさまざまです。あとから気づいても、「買取価格に含まれていた」など納得のいかない答えが帰ってきても泣き寝入りするしかありません。永久抹消登録を依頼する際は還付金について、どのように返金が行われるのか確認を取りましょう。

 

認可を受けている業者か確認する

使用済の車を解体することや部品を取る行為は、解体業を行う者としての都道府県から許可を取らなくてはいけません。法律でも定められており、許可を受けている業者であればトラブルに巻き込まれることも少ないでしょう。

 

廃車買取業者が自社で工場を所有していれば別途解体費用などの発生を抑えられますが、許可を受けていない場合もまれにあります。自社で工場を持っているからといって安心はせずに、依頼する前には信頼できる業者かを確認してから依頼しましょう。

 

見積もり金額に注意する

看板やホームページ広告に廃車費用無料と謳っていても、見積もりを出してもらい本当に無料で行えるのか確認してから正式に依頼することが大切です。手数料などと題して費用が発生している可能性もあります。このときに還付金についても業者と確認しておくとよいでしょう。見積書に記載している場合もあれば、なにも記載がないこともあります。

 

また、車に買取価格が付くようであれば金額や項目までに目を通しておくことで損をすることや無駄な出費を防ぎましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

まとめ

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

廃車を検討しているのであれば、手続きを自分で行うと費用や時間を費やしてしまうため業者に依頼するのがおすすめです。事故をして修復が不可能な車であれば専門業者に依頼をしたほうが一番お得でしょう。

 

しかし、年式が古く走行距離も長いため廃車にしようと考えている車でも、実はまだまだ下取りができる価値のある車かもしれません。思わぬ高価買取で憧れていた車へ乗り換えられる可能性もあるでしょう。

 

ネクステージでは買取査定から中古車販売まで行っています。自分で廃車手続きを行う前にまずはネクステージにご相談ください。廃車後に中古車のご購入を検討しているのであれば、最後までしっかりとサポートさせていただきます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

廃車手続きは代行しよう!廃車手続きの流れと費用を解説!

無料の査定を申し込む
ページトップへ