車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

いつも乗っている愛車の臭いには気付かないものの、たまに乗る他人の車内臭に敏感になってしまうことは誰にでもあるのではないでしょうか。人間の臭覚には順応性があり、臭いに慣れてしまう特徴があります。

 

そのため、車を買取に出す際にも臭いのことを考えておらず、査定時に臭いで減点されてしまうという場合は少なくありません。少しでも高価買取をしてもらうために、車内の臭いに注意しましょう。車の消臭は原因によって対処法が変わります。主な原因と対処法を解説しますのでお試しください。

 

※目次※

1.消臭したい車のニオイの原因とは?

2.原因別のおすすめ車内消臭方法

3.掃除しても車の消臭ができない場合は業者を利用しよう

4.車の消臭剤や芳香剤には効果はある?

5.車の査定額を高くしたいなら消臭以外もチェックしておこう!

6.まとめ

 

■POINT

・車内臭の原因にはタバコ・ペット・飲食物・シート汚れなどさまざまであるため注意しよう

・ニオイの原因を見極めて消臭スプレー・専用洗浄剤・スチーム消臭剤など選択しよう

・きちんと消臭した後に買取に出した方が高額査定を期待できることを覚えておこう

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

消臭したい車のニオイの原因とは?

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

カー用品店などでさまざまな消臭グッズが販売されていることを考えると、多くの方が車内の臭いを気にしていることが分かるのではないでしょうか。車に乗る時間が多ければ多いほど、臭いが付いてしまう可能性が高くなります。

 

車内に臭いが付くのにはいくつかの原因がありますが、原因に合った消臭対策をしなければ改善されないことを覚えておきましょう。

 

喫煙をする方のタバコ臭

買取査定時に影響がある車内臭としてまず挙げられるのは、タバコの臭いです。タバコに含まれるニコチン・窒素化合物などが独特の臭いの原因と言われています。タバコを吸っている方にとっては気にならない臭いですが、吸わない人にとっては気になる臭いのひとつです。

 

中古車販売において消費者ニーズが狭まってしまうことになるため、タバコ臭は査定がマイナス要因となります。同時に、天井のヤニ汚れもチェックしてみましょう。

 

ペットを飼っている場合の動物臭

タバコ臭同様、ペットの臭いもいつも動物に接している方にとっては全く気にならない臭いですが、独特の臭いのひとつです。

 

ケージに入れずペットを乗せた場合、シートに毛や皮脂、唾液などが付着する可能性が大いにあります。場合によっては粗相や嘔吐をしてしまうこともあるでしょう。

 

また、ケージに入れてドライブを楽しんでいても、臭いがシートや天井などの布製品に付くことがあります。ペットを飼っていない人に、車内臭がするかどうかを尋ねてみましょう。

 

車内での飲食が原因の食べ物臭

ロングドライブやアウトドアを楽しむことが多い方の車に付くことが多い臭いは、食べ物臭です。エアコンをかけたまま車の窓を閉めた状態で、香り高い飲食物を食べることが多い方は注意しましょう。

 

さらに、知らないうちに食べこぼしをフロアマットなどに落としていることがあるかもしれません。その場合、ダニや菌が発生してしまい、臭いが染みつく原因となります。

 

シートに付いた汚れからくる臭い

 

仕事帰りなど汗をかいた状態で車に乗ることが多い場合には、汗がシートに染みついてしまっていることがあります。毎日の積み重ねで知らず知らずのうちに、じんわりと汗などの体臭が染み込んだシートも車内臭の原因です。

 

汗だけでなく、香水や化粧水などの強い香りも買取査定に影響する場合があります。シートの材質にもよりますので、吸収しやすい生地のシートかどうかを確認してみましょう。

 

フロアマットの汚れによる臭い

飲食物の他にも、フロアマットが汚れていないかどうかを確認することが大切です。雨の日など靴に付着した泥や水分が、フロアマットに染み込んで汚れてしまう場合があります。

 

フロアマットを水洗いした際には、急いでいたとしてもしっかり乾燥する前に車内に敷いてしまうことは避けましょう。雑菌が繁殖して生乾き臭がする可能性が高くなります。

 

エアコンが汚れることによるカビ臭

エアコンを入れた途端に、生乾き臭のような嫌な臭いがしたという経験をされたことがあるでしょうか。エアコンは使用後に結露が生じます。その際に発生した水分にホコリや汚れが付着してしまうと内部にカビが発生することがあり、そのカビが嫌な臭いの原因です。

 

また、エアコンを付けて窓を閉めたままタバコを吸うとエアコンフィルターに臭いが付いてしまう場合があります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

原因別のおすすめ車内消臭方法

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

車内臭の主な原因を把握できたなら、それぞれの原因に合わせて消臭方法を試してみましょう。自分が普段行っている車内での過ごし方などを振り返ることも大切です。こまめに車内を掃除することにより、臭いが強くなることを避けられます。

 

そこで、自分でできる消臭方法にはどのような手段があるのかをご紹介しますので、自分に合う方法をお試しください。

 

臭いの原因となるゴミやホコリを掃除機で取り除く

消臭方法のひとつは、車内のごみやほこりを掃除機で取り除くことです。知らないうちに、食べこぼしがフロアマットに落ちている場合があります。食べ物のカスだけでなく、髪の毛やペットの毛も同時に掃除機で取り除いておくことにより、菌やダニを増やすことを避けられるため効果的です。

 

可能であれば吸引力やアタッチメントなど、車内の掃除に適した掃除機を選ぶようにしましょう。シートの隙間など汚れが溜まりやすい箇所を中心に、念入りに掃除機をかけることが大切です。

 

水拭きや車内の換気も有効

車に乗る際には、冷房や暖房などエアコンをかけることが多いかと思います。早朝や夜遅くに通勤している方は、窓を開ける機会が少ないかもしれません。それでもできればこまめに窓を開けて、車内の換気をするようにしましょう。臭いの染みつきを防ぐことに効果的です。

 

湿気が多い時期などは、ダッシュボードやインパネ周りも汚れています。汚れが染みついたりカビやダニを防ぐために、時々水拭きをしてみましょう。水拭きをした後は、窓を一定時間開けてよく乾かすことが大切です。水拭きや換気は、手軽で効果的な消臭方法ですので気がついた時に試してみましょう。

 

ファブリックの臭いには消臭除菌スプレーや重曹スプレー

車内シートなどの素材は、ファブリックと呼ばれる布製品が多くあります。ファブリック製品の消臭には、車専用に開発された消臭除菌、または重曹スプレーが効果がありおすすめです。

 

シートやフロアマットに加え、ラゲッジスペースなどに使用できます。消臭スプレーは多種多様で、塩素やアルコール不使用のものもあるため用途に合わせて選びましょう。

 

重曹スプレーを使用する際には、レザーシートには使用しないよう注意が必要です。重曹を革製品に使用すると変色の原因となるためです。

 

しつこい臭いには専用の洗浄液の使用がおすすめ

手軽な消臭方法を試しても、なかなか取れないしつこい臭いが染み付いている場合があります。その場合は、カー用品店などで販売されている専用の洗浄液を使用してみましょう。ただし、専用の洗浄液は強力な場合が多いため、目立たない部分で試してから使用することが大切です。

 

大抵の場合、洗浄液を直接付けるのではなく、タオルや雑巾などに染み込ませてから拭くことが勧められています。洗浄液で拭き掃除をした際には、生乾きにならないように十分乾いたことを確認して終了することが重要です。

 

エアコンの臭いは専用スプレーがダメならフィルター交換

どうしてもエアコンの臭いが気になる場合には、手軽に使用できるスプレータイプの除菌消臭剤や洗浄剤がありますので試してみましょう。スプレーノズルを吹き出し口に差し込みひと吹きするだけという手軽さです。

 

エアコン臭の発生源と言われることが多い、エバポレーターの汚れを洗浄する専用洗浄剤もあります。

 

そして、エアコンフィルターも臭いの発生源となる代表的なパーツです。エアコンフィルターには花粉やホコリをシャットアウトする機能がありますが、汚れが溜まるとカビや菌が発生して臭いの原因となります。

 

新品フィルターに交換することは消臭に効果的です。その際は、車種により適合品番が異なるため、きちんと車両形式・年式を確認のうえ購入しましょう。

 

スチームタイプの消臭剤で車内全体を消臭

スチームタイプの消臭剤も、効果的な車内の消臭方法のひとつです。エアコンの力を利用して煙を散布するため、車内の隅々まで消臭剤が行き渡ります。使用法をきちんと確認のうえ実施し、終了後は十分換気を行いましょう。

 

医療機関などでも使用されている安定化二酸化塩素が原料ですが、体調によっては直後に乗車すると気分が悪くなる場合があります。出かける予定よりも余裕をみて行いましょう。一度実施すると消臭効果が長続きすることがメリットです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

掃除しても車の消臭ができない場合は業者を利用しよう

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

最近、数多くの車内用消臭剤が販売されています。大抵の場合、手軽に自分で利用できるものですので、ひととおり試してみることができるかもしれません。しかし、なかにはどんなに掃除しても消臭ができない場合があります。その場合は、専門知識を持っている業者に依頼することを検討してみましょう。

 

色々試してみてもダメな時は業者に依頼

消臭スプレーなどは手軽で便利ですが、効果持続期間がさほど長くありません。忙しい方は無理せずに業者に依頼してみましょう。車の専門業者は、車内臭の原因や根本的な解決法を把握していることが一般的です。

 

車内臭のもとになっている問題を見極め、根本的に解決できるよう丁寧にクリーニングしてくれます。業者によっては、除菌・消臭コートの施工もあるため確認してみましょう。

 

■ネクステージの光触媒消臭「ナノゾーンコート」

 

車内のクリーニングは車種によっても金額も変わる

車内クリーニングは、掃除機がけ、拭き掃除、除菌など、どんな種類を選ぶかで金額が異なります。掃除機がけのみの場合1,000円~1,300円、拭き掃除も含めた全体的な清掃は1,800円~2,500円ほどが相場です。

 

大抵の場合、車種やシート数別に金額設定されています。軽自動車やコンパクトカーの場合は約6,000円、セダンやクーペの場合は約7,000円、ミニバン(7人乗り)の場合は約8,000円、ワンボックスやRV車は約9,000円といった具合です。

 

除菌や抗菌も含めた丸ごと清掃は4~5万円と設定している場合もあります。あくまでも目安で業者により異なるため、その都度確認してみましょう。費用面のみならず、効果持続期間も確認することが大切です。

 

エアコンクリーニングの金額の相場

エアコンクリーニングを自分で徹底して行うのが難しいと感じる場合は、専門業者に依頼しましょう。多くのディーラーやカー用品店などで実施しています。金額は業者により異なりますが、エバポレーター洗浄によるエアコン消臭除菌は約4,000円ほどが相場です。作業時間は、何も問題が無ければ1時間ほどで終了します。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の消臭剤や芳香剤には効果はある?

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

カー用品店をはじめホームセンターやディスカウントストアなどにも、様々な種類の消臭剤や芳香剤が販売されています。車内の臭いを取るために、消臭剤や芳香剤は効果があるのでしょうか。それぞれ用途や特徴が異なるため注意しましょう。

 

臭いの根本的な原因を取り除けば効果はある

市販の消臭剤は、強い臭いを消すというよりも消臭効果を長続きさせることに役立ちます。そのため、掃除をしなかったりゴミや汚れが残っていたりする場合は、あまり効果を発揮できません。掃除機がけや水拭きなどを行い、臭いの根本的な原因を取り除いた後に使用するようにしましょう。

 

消臭芳香剤は置く場所によって種類を選択する

車内用消臭芳香剤には、固形タイプ、液体タイプ、ゲル状タイプ、エアコン取付タイプ、ディフューザータイプ、吊り下げタイプなど多くの種類があります。

 

ダッシュボードやシート下には、段差やカーブの運転時にもこぼれる心配がない固形タイプがおすすめです。

 

揮発性の高い液体タイプは香りだちがよく、デザイン性が高いというメリットがあります。最近はエアコン取付タイプが多くなっていますが、こぼれる心配がない場所にきちんと固定しましょう。ゲル状タイプは比較的持続力が長く、置き場所などの扱いやすさがメリットです。

 

エアコン取付タイプを選ぶ際には、ルーバー形状をきちんと確認のうえで購入する必要があります。希望用途や車内のインテリアに合わせてどこに置きたいかを決めたうえで、消臭芳香剤の種類を選択することが大切です。

 

車内用のディフューザーで芳香できる

ディフューザータイプの消臭芳香剤は、シガーソケットから電力を取って香りを車内に拡散させます。何度も使用できることがメリットです。ただし、ディフューザーやエッセンシャルオイルの価格が多少高価であることや、香りを染み込ませるパッド交換頻度が高いことはデメリットと言えます。

 

最近では、エアコン取付タイプのアロマディフューザーも主流になってきました。クリップ式のため取り外しが簡単で、その日の気分に合わせて好きなアロマの香りを選べます。

 

SUVやミニバンなど室内空間が広い車の場合は、縦置き型の高圧噴霧ノズル付ディフューザーが効果的です。カップホルダーなどに入れて使用できます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の査定額を高くしたいなら消臭以外もチェックしておこう!

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

車を手放す際には、車内の臭いに十分注意しましょう。きちんと消臭できている車は、管理が行き届いている車として査定評価が高くなる傾向にあります。他にも査定アップにつながるポイントをご紹介しますので、買取前にチェックしてみましょう。

 

純正オプションをきれいに保管しておく

愛車を好みのスタイルにカスタムすることも楽しみのひとつです。新車購入時にメーカーオプションを搭載している、購入後に社外品パーツに取り替えている方も多いのではないでしょうか。

 

中古車市場のニーズという観点からすると、メーカー純正品の方が好まれている傾向にあります。購入する人の好みがさまざまであることを踏まえ、査定時にも純正オプションの方が高評価される傾向です。

 

好きな社外品パーツに付け替える際には、純正オプションをきれいに保管しておきましょう。査定時に付け替える必要はありませんが、一緒に査定してもらうことができます。

 

日頃の清掃や整備・点検が重要

日頃からこまめに清掃しておくことできれいな状態に車を保つことができ、同時に車内の消臭にもつながります。清掃自体が査定額アップに直結しているわけではありませんが、査定士への印象が良くなり買取額が下がることを防げることを覚えておきましょう。

 

オイル交換など定期的な整備・点検を行うことも大切です。日頃の点検記録が分かる整備記録簿をきちんと保管しておくことは、愛車を大切に扱っていたアピールになります。定期的なメンテナンスは、査定額アップにつながる重要ポイントです。

 

適切な売却時期を把握する

中古車市場は、需要と供給のバランスにより価格が変動します。そのため、ニーズに合った適切な売却時期を見極めて買取に出すことは高価買取に有効です。事前にインターネットなどで手放したい車の相場販売価格を把握しておきましょう。

 

モデルチェンジや決算時期なども価格変動の時期です。こまめに中古車市場をチェックしておけば、適切な売却時期を見極めるのに役立ちます。

 

ネクステージの無料査定を受ける

中古車検索サイトでの販売価格には、販売店独自の手数料などが加算されているケースがあります。販売価格が査定額ではないことを覚えておきましょう。より具体的な概算査定額が知りたい場合は、ネクステージの無料査定をおすすめします。

 

ネクステージでは、お客様が愛着を込めて乗っていた車を愛情を持って査定&買取する「愛情査定」を行っています。圧倒的な販売力に自信があるため、ご満足いただける買取価格を提示できることが強みです。お電話やインターネットで気軽にお申込みください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まとめ

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

いつも乗っている車の臭いにはなかなか気づきにくいものですが、時には車内を清掃して気分を新たにしましょう。買取査定を依頼する際には、染みついた臭いの有無は評価を左右するポイントになります。臭いの原因を見極めて、原因に合った消臭方法を行うことが大切です。

 

できることを行ったのであれば、車の純粋な価値を査定してくれる販売店に買取を依頼しましょう。全国展開している大手の中古車販売店ネクステージには、確かな実績とお客様からの信頼があります。ご満足いただける買取を目指していますので、お気軽にご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の消臭は原因によって対処も変わる!買取に出す前に臭いを除去しよう!

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ