車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

使用回数の多い車は汚れが溜まりやすいものです。自宅などのように頻繁に掃除するわけではなく、掃除をいざしようと思ってもなかなか掃除しにくい部分があります。お子様がいらっしゃるご家庭は特に汚れやすいでしょう。

 

車内クリーニングは業者に依頼することが可能です。手間は省けるものの、費用が気がかりだという人も多いのではないでしょうか。この記事では、車内クリーニングを業者に依頼した場合にかかる費用、メリット、査定への影響について解説していきますので参考にしてください。

 

※目次※

1.車内クリーニングは業者に依頼できる

2.車内クリーニングは査定に影響する

3.プロに車内クリーニングを頼む場合の業者別費用

4.プロに車内クリーニングを頼む場合の部位別費用

5.車内クリーニングを自分で行う際の清掃ポイント

6.車内クリーニング以外で買取価格を上げるコツ

7.高価買取が実現できるネクステージをご検討ください

8.まとめ

 

■POINT

・車内クリーニングは業者に依頼でき査定に影響する

・プロに車内クリーニングを頼む場合の業者別・部位別費用

・車内クリーニングを自分で行う際の清掃ポイント

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車内クリーニングは業者に依頼できる

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車内クリーニングは業者に依頼できます。依頼できる業者は「ガソリンスタンド」「カーショップ」「車用品の専門店」などです。業者により車内クリーニングの内容も違います。

 

ここでは、これらの業者の特徴について詳しく解説していきますので参考にしてください。

 

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは気軽に行ける業者のひとつです。しかし、車内清掃があるガソリンスタンドと、そのようなメニューがないガソリンスタンドもあるので事前に確認しておく必要があります。

 

短時間で済む簡易的な清掃である可能性がああるため、時間がない時などおすすめです。高圧高温機での清掃や、カビの除去・除菌、車内での喫煙があった場合は室内のヤニ除去などをしてもらえます。

 

カーショップ

次に、車を購入したディーラーやその整備工場、単独の整備工場です。洗浄時に汚水を吸う専用の掃除機を使用したり、専用洗剤を使用したりして、細部まで掃除しヤニやペット臭・ホコリを除去します。

 

専用掃除機は室内を丸洗いするようなイメージです。車内は布を使用した部分が多く、掃除機だけで清掃しきれません。専用掃除機を使用することで、短時間かつ美しくすることができます。

 

車用品の専門店

車用品などを扱う大手の専門店では、簡易的なものから本格的なものまクリーニングメニューを扱っています。簡易的なメニューとしては、20~30分と短時間で終了する車内の消臭です。

 

本格的に車内の清掃をしたい場合は、天井から床まで一気に掃除するなど、2日程度かかるものもあります。専用の機材を使用して掃除をするため、しっかりとした掃除が期待できるでしょう。

 

クリーニング専門店

車内クリーニングを専用としたショップもあります。専門のためメニューが細かく、清掃内容を細かく指定できることが特徴です。他の業者で落とせなかった汚れ・臭いをプロの技で徹底的に落としてくれます。

 

タバコ臭やペット臭、嘔吐物のような、臭いの元なる箇所への依頼も可能です。専門店だからこそできる技術や知識があり、短時間で済む内容から数日かかる内容までさまざまなメニューが揃っています。

 

プロに頼むメリットとは?

自分で車内の掃除をすることは可能です。しかし、プロに依頼すれば徹底的に掃除をしてくれるというメリットがあります。プロの技術であきらめていた臭い・汚れを取ってもらえる可能性があるため、悩みが解消できるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車内クリーニングは査定に影響する?

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車内を掃除してきれいになった車は、車の乗り換えで車を買取や下取りに出す時に価格に違いが出てくるのでしょうか。

 

ここでは、査定時に車内の掃除をしておいたほうが良いのか、評価に掃除は関係あるのかなどについて解説します。

 

洗車よりも車内クリーニングが重要

車の査定は、一般社団法人 日本自動車査定協会による「中古自動車査定基準」に基づいて査定されます。汚れに対する評価は主に内装が該当し、外装に関しては傷が凹みが中心です。そのため、査定前にボディーの洗車をしても査定の評価に影響はありません。

 

しかし、泥まみれのままよりは洗車をしたほうが大切にしてきたことをアピールできます。可能であれば簡単な洗車をしておきましょう。

 

内装に関しては汚れも査定の対象となるため、外装以上に気を遣う必要があります。その理由を次で見ていきましょう。

 

査定前に車内をクリーニングする理由

「中古自動車査定基準」には、内装に関する汚れや臭い以外に傷、ペットの毛、シール跡、ヤニの付着などの項目があります。これが車内クリーニングが重要である理由です。

 

販売前にクリーニングが必要だと判断された場合、この工程は「修理扱い」となります。この場合は10点の減点です。内装に関する項目は非常に細かく設けられているため、減点箇所が多いほど査定額は低くなりますが、きれいな状態を保たれているも場合は優良車として特別加点が付けられます。

 

手の施しようのないものであれば多少の諦めもつくこともありますが、できる限りきれいな状態で査定に挑むことが懸命です。ただし、業者にクリーニングを依頼した費用が査定額を超えるとは限りません。その点にだけ注意しましょう。

 

査定に影響する具体的な汚れ

査定に影響する具体的な汚れや減点数をいくつかご紹介します。「中古自動車査定基準」では内装の目立つ汚れは5点・カードサイズ未満の汚れ・シール跡・テープ跡・接着剤跡には10点減点です。

 

そして、異臭・タバコのヤニ・ペットの毛の付着などに対しては40点も減点となります。異臭には、タバコのヤニ・ペットの毛以外に芳香剤も対象となるため注意しましょう。

 

この他に、エアコンからのカビ臭、飲食物の臭いが車内に染み付いていた場合も減点の対象となる可能性があります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

プロに車内クリーニングを頼む場合業者別費用

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

個人では清掃が難しい。清掃する時間が作れないという場合、プロへの依頼を考える方もいるでしょう。その場合、業者ごとの費用差はどれほどでしょうか。

 

ここでは、業者別の費用相場や車のサイズによる違いなどを解説します。

 

業者別の費用相場一覧

車内の掃除は内容・業者によって変わってきます。ガソリンスタンド、カーショップ(ディーラーなど)、車用品専門店、クリーニング専門店の費用相場を一覧にしてご紹介します。

ガソリンスタンド

車内の掃除(窓ふき・掃除機)

1,200円~1,400円

車内すべての掃除

1万5,000円~3万円

車内の丸ごと掃除

3万円~6万円

カーショップ(ディーラーなど)

室内の掃除機がけ

2,100円~3,000円

車内の掃除

2万円~3万円

車用品専門店

車内の掃除機がけ

1,000円~1,300円

車内の掃除

1,700円~2,400円

車内丸ごと掃除

3万円~5万円

クリーニング専門店

車内の掃除

2,400円~3,800円

車内クリーニン(簡易)

2万円~3万円

車内クリーニング(上級)

4万円~6万円

車内クリーニング(最上級)

5万円~9万円

※slide →

さまざまなニーズに対応できるよう、一部を簡単に掃除するプランから車全体を掃除するプランまで、プランを豊富に用意している業者もあります。用途に合わせて選びましょう。

 

■ネクステージの光触媒ルームコーティング

 

車のサイズでも価格は違う

車のサイズでも掃除の価格相場は変わってきます。日産 デイズのような体積の小さいタイプは1万5,000円~2万円、軽自動車でもホンダ N-BOXのように背の高いものは1万8,000円~2万5,000円です。

 

トヨタ プリウスのようなセダンタイプは2万円~2万7,000円、ホンダ フリードなどの車高の高いタイプは2万5,000円~3万円となります。そして、トヨタ アルファードなどのミニバンは3万円~4万円です。

 

このように、車体サイズが大きくなるほど料金は高くなります。料金は店舗によっても異なるため、いつくかの店舗と比較することもおすすめです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

プロに車内クリーニングを頼む場合の部位別費用

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車内の汚れ方、または気になる部分は人それぞれです。車内全体ではなくある一部のみを掃除したい場合、料金はどのくらいになるのでしょうか。ここでは、部位別の費用について解説します。

 

シート系の洗浄

シート系の掃除には、シートやチャイルドシートの2種類があります。洗浄時に汚水を吸う専用の掃除機を使用するため、車内が水浸しに寝ることはありません。シートの掃除の費用は7,000円からが目安です。

 

チャイルドシートの掃除は、子供を安心して座らせられるように除菌消臭などの工夫がされます。費用は5,000円からが目安です。

 

ペットの抜け毛や室内消臭

犬や猫は換毛期があり、その時期は多くの毛が自然と抜けます。そのため、隙間などに毛が入り込んでしまうことも珍しくありません。

 

ペット対応のメニューには、シートを取り外して丸ごと洗う、エアコン内部の掃除をする、除菌・消臭を行うなどがあります。費用は3,000円からが目安です。

 

カーエアコン

エアコンに汚れが溜まると、臭いだけでなくカビ胞子や埃が車内に蔓延してしまいます。エアコンからの異臭の多くは「エバポレーター」が原因です。エアコンクリーニングでは、このエバポレーターを中心にファンの洗浄なども行います。費用は2万5,000からが目安です。

 

天井の汚れ

タバコの臭い・ヤニなどは、天井に汚れとして付着します。天井の掃除は個人でもできますが、車のサイズによってはつらい体勢を強いられ手間のかかる作業です。車内の臭い対策にもなるため、プロへの依頼を検討してみましょう。費用は8,000円からが目安です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車内クリーニングを自分で行う際の清掃ポイント

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車内清掃は個人で行うことも可能です。日頃から簡単な清掃を行うことで大きな汚れを防ぎ、大掛かりな清掃の必要がなくなります。

 

ここでは、車内の掃除を自分で行う際の清掃ポイントについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

用意するもの

清掃箇所によって揃える道具は異なりますが、自宅にあるもので車内清掃は可能です。オーソドックスな道具は以下となります。

 

・雑巾

・バケツ

・たわしや使用済み歯ブラシ

・粘着カーペットクリーナー

・つまようじや綿棒

・掃除機

・洗濯用洗剤

・霧吹き

・布団たたき

 

つまようじや綿棒は細かい部分や溝などの掃除に使用でき、たわしや歯ブラシも細かい部分の掃除に活躍します。

 

セルフクリーニングのポイント

先ほどご紹介した道具を使った、具体的な清掃方法を見ていきましょう。

 

まずはフロアマットを外して掃除します。叩いて砂・ホコリなどを落としてから、たわしやブラシを使って水洗いをしましょう。汚れがひどい場合は洗剤を使用し、洗い終わったら乾かしておきます。

 

布団たたきはシートのホコリ落としに利用します。この時、開けられるドアはすべて開けておきましょう。

 

次に、フロアとシートに掃除機をかけます。吸引力の高い掃除機、隙間ノズルの使用がおすすめです。掃除機では取りにくい部分は、歯ブラシや綿棒・ようじを使用して汚れをかきだしましょう。仕上げに粘着カーペットクリーナー(コロコロ)を使うとよりきれいになります。

 

最後に天井の清掃です。汚れがひどい場合は洗剤を水で薄めたものを霧吹きなどで吹きかけ、雑巾で汚れを拭き取ります。

 

なお、テープやステッカーなどの接着跡は査定で減点されやすい部分です。ステッカー剥がしなどを使って取り除きましょう。

 

嘔吐物やシートのクリーニングはセルフに不向き

吐しゃ物やシートに濡れ雑巾などを使った場合、しっかりと乾燥されないとカビや別の臭いの原因となります。このような汚れには、バキュームクリーナー・高圧洗浄機など専用の機材が必要となります。そのため、セルフクリーニングには向いていません。

 

ペットの粗相、飲食物の食べこぼしによるシミなども含め、シートのクリーニングはプロへ依頼しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車内クリーニング以外で買取価格を上げるコツ

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車内の掃除以外にも、買取価格を上げる方法はあります。より高く売却するためにも、コツをつかんでおきましょう。

 

ここでは、車内クリーニング以外で買取価格を上げるコツを解説しますので、買取に出す前の参考にしてください。

 

純正パーツは取っておこう

メーカーの純正オプションや装備は、査定の評価に影響します。カスタマイズをする際に取り外した部品、エンブレム、装備などがある場合は、元に戻すか査定時に準備しておきましょう。

 

また、取扱説明書やメンテナンス帳、保証書も準備しておきます。スペアキーなどの付属品も必要です。

 

下取りより中古車買取に出そう

少しでも査定額をあげたい場合は、下取りより中古車買取がおすすめです。買取は、査定基準に加え市場価値も価格に反映します。そのため、一般的に下取りに比べて査定額が高額です。

 

また、買取価格は業者により異なります。一社だけの見積もりではなく、数の業者で見積もりを出してもらいましょう。査定額を比較して、最も希望に近い業者を選ぶことをおすすめします。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

高価買取が実現できるネクステージをご検討ください!

ネクステージでは、買取をした車を自社で販売するため中間マージンがかかりません。そのため高額査定が可能で、中古車本来の価格を査定額に反映できます。成約後に査定時のミスで査定額に変更が見つかっても査定額の変更はありません。

 

公式サイトより無料査定をお申し込みいただけます。わずかな時間で概算査定額の提示が可能です。お気軽にご利用ください。

まとめ

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

車は外観の汚れに意識がいきやすくなりますが、車内の汚れも重要です。売却を考えている場合は、特に重要と言えるでしょう。日々の簡単な清掃は個人でも行えます。これにより、大掛かりな清掃を防ぐことができるでしょう。

 

しかし、染み付いてしまった汚れ・臭いなどは、プロへの依頼がおすすめです。クリーニング内容や予算に合わせて、最適な業者を見つけましょう。

 

車内清掃を終え売却する場合は、高価買取が望める買取業車がおすすめです。ネクステージでは、これまで多くの買取実績を残してきました。知識と経験が豊富なスタッフが、しっかりと査定いたします。査定の見積もりやご相談は、ぜひネクステージまでご連絡ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車内クリーニングを業者に頼むことは可能?プロ清掃のメリットや費用を解説

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ