エコな車に買い替え!特徴や購入のメリットは?

クルマ買い替えガイド

エコな車に買い替え!特徴や購入のメリットは?

低燃費や減税が適用されるといった理由から、人気を集めているのがエコカーです。エコカーへの買い替えを検討している方の中には、エコカーのことをもっと詳しく知りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、エコカーの特徴やメリットについてご紹介します。購入するメリットや注意点を知ることで、満足いく買い替えが可能になります。さらに、買い替える際のポイントも解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

※目次※

1.エコカーの特徴とは?

2.エコカーを購入するメリット

3.エコカーへの買い替えのポイント

4.まとめ

 

■POINT

 

 

・エコカーの魅力は維持費が安いこと

・エコカーを購入する際は、減税の適用期間に注意しよう

・エコカーにはいろいろな車種があり特徴もさまざま。自分に合ったエコカーを選ぶことが大切

 

 

良質車、毎日続々入荷中!新着車両をいち早くチェック! >

 

エコカーの特徴とは?

「エコカー」とは低燃費でCO2(二酸化炭素)排出量の少ない車のことです。代表的なものとして、エンジンと電気モーターを切り替えて走るハイブリット車や軽油を燃料とするクリーンディーゼル車があります。

 

ただしエコカーという言葉自体に明確な定義はなく、エコカー減税の対象となっている車(国が定める燃費やCO2排出量の基準をクリアした車)を指すのが一般的です。燃費のよさやCO2削減に貢献していることが特徴で、環境にも優しい車といえます。

 

エコカーを購入するメリット

エコカーの購入を検討している方の中には、エコカーを選ぶメリットを知りたいという方も多いのではないでしょうか。メリットを知ることで、エコカーが自分にとって魅力的な車かどうか判断できます。ここでは、エコカー減税やグリーン化特例、燃料費におけるエコカーのメリットについて解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

エコカー減税やグリーン化特例がある

エコカーを購入するメリットのひとつが、自動車に関する税金の軽減や免税です。環境に優しいエコカーは、エコカー減税とグリーン化特例の対象になります。

 

エコカー減税とは、指定のCO2排出量と燃費基準をクリアした車に限り、自動車取得税と自動車重量税の2つが軽減されるものです。減税の割合は指定のCO2排出量と燃費基準の達成率によって変化します。達成率によっては、免税となる車種もあります。

 

グリーン化特例は、CO2排出量と燃費性能が優れた車の自動車税や軽自動車税を軽減する制度です。対象車を購入した場合、翌年分の自動車税が減税されます。ただし、年式が13年を超えるガソリン車やLPG車、年式が11年を超えるディーゼル車は重課税の対象です。年式によって税金が変わるので事前に確認しておきましょう。

 

(参考:『国土交通省 自動車関係税制について(エコカー減税、グリーン化特例 等) 』

 

中古車でも自動車取得税の軽減措置がある

中古車でも条件を満たしていれば減税の対象になります。中古車の減税には適用期間があるので、事前に確認しておきましょう。以下は自動車取得税と自動車重量税の減税適用期間です。

 

・自動車取得税

2019年4月1日から2019年9月30日までに購入した中古車

 

・自動車重量税

2019年5月1日から2021年4月30日までに新車新規登録を行った車

 

税制の変化によって、減税の基準や割合は変更になることもあります。新しい基準をクリアできない車種の場合、減税対象外となったり減額されたりすることがあるかもしれません。エコカーについてきちんと理解することが賢い中古車選びにつながります。

 

(参考:『ネクステージ エコカー減税は中古車でも適用される』

 

ガソリン代が安く済む

ガソリン代が安く済むのもエコカーのメリットです。エコカーは国が定めた燃費基準を満たしているため、燃費が優れています。

 

燃費のよさはガソリン代の節約につながるので、エコカーと他の車を比較すると毎月のガソリン代が半額以下になるケースもあるようです。車は一度購入したら数年間乗り続けるという方がほとんどでしょう。車の使用期間が長くなるほど、毎月のガソリン代による維持費の差は大きくなります。

 

エコカーの代表的なものにクリーンディーゼル車があります。クリーンディーゼル車は環境性能を高めたディーゼルエンジンを搭載しており、優れた燃費性と走行性が特徴です。一般的な車に比べて維持費を安く抑えられるため、エコカーとして高い人気を誇ります。低燃費が特徴のエコカーは、維持費を節約したいという方にもおすすめです。

 

エコカーへの買い替えのポイント

エコカーに買い替える際には知っておきたいポイントがあります。ポイントをおさえることで、お得で満足度の高い買い物ができます。

 

エコカーに買い替える際のポイントは「車を高く売ること」「購入時期を選ぶこと」「自分の使い方に合った車を選ぶこと」の3つです。それぞれについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

車を高く売って購入予算を確保する

エコカーに買い替えるときは、まず予算を確保しましょう。今の車が高く売れれば、エコカーを購入する際の資金になります。買取店での買取額のほうがディーラーでの下取り額よりも高値がつく傾向があるので、車を高く売りたいなら買取がおすすめです。

 

買取店の多くは中古車を販売しているため、中古車市場の相場を熟知しており、車の正確な市場価値が買取額に反映されます。さらに、下取りに比べて査定時のチェック項目が細かくプラス査定がつきやすいのも特徴です。純正オプションや社外パーツ、付属品の価値が買取額に含まれます。

 

また、できるだけキレイな状態で車を売却することも買取額アップのポイントです。洗車や車内の清掃を行ってから車を持ち込むだけでも好印象につながります。車を少しでも高く売るためには、買取店にキレイな状態で売却しましょう。

 

お得に購入する時期を選ぶ

エコカーをお得に購入するには、車が安くなる時期を選びましょう。車の価格は時期によって異なり、最も安くなりやすいのは決算期と重なる2月と3月です。買取店は決算前に少しでも多くの車を売りたいと考えます。そのため、車の値下げやセールを行う店舗が増えて、他の月に比べて安い価格でエコカーを購入できます。

 

そのほかの時期だと、9月も車の購入におすすめの時期です。9月は中間決算の時期にあたるため、決算期と同じ理由で値引きやセールが行われることが増えます。ただし、2月や3月に比べると値引きの額は若干下がるのが一般的です。1年間の中で車を最もお得に購入できる時期は2月や3月、その次に9月と覚えておくといいでしょう。

 

車の使い方に合わせたエコカーを選ぶ

エコカーは自分の使い方に合ったものを選びましょう。一口にエコカーといっても、特徴は車種によって異なります。たとえば、市街地での走行が多い方にはハイブリッド車をおすすめします。ハイブリット車の特徴は、交通状況にかかわらず燃費のよさを維持できることです。信号や渋滞で減速を頻繁に行う市街地での走行に適しています。

 

車を利用する機会が限られている方なら電気自動車がおすすめです。電気自動車はハイブリット車に比べて燃費性能が優れています。深夜電力を利用すれば、走行に必要な電気代がガソリン代の10分の1以下になることも珍しくありません。そのため、長距離運転をしない、自宅に車を置いている時間が長いという方にはピッタリでしょう。

 

反対に、長距離移動が多いという方にはディーゼル車が適しています。ディーゼル車の特徴は優れた燃費性能と力強い走行性能を併せ持っていることです。燃料代はガソリン代より安く馬力も十分なため、長距離運転をする方ほどメリットを感じられるでしょう。エコカーを購入する際は、ぜひ自分の使い方をイメージして選んでみてください。

 

まとめ

ここまでエコカーの特徴やメリット、購入する際の注意点についてまとめてきました。エコカーは低燃費な上、燃費性能に応じて減税が受けられるため、車の維持費を抑えたい方におすすめです。また、一口にエコカーといってもさまざまな車種があります。普段の使い方をイメージして、自分に合ったエコカーを選びましょう。

 

ネクステージでは約1万台の車を取り揃えており、豊富な選択肢から自分にピッタリのエコカーを見つけることが可能です。エコカーに関する疑問にも車のプロが丁寧答えてくれるので、安心してエコカーを購入できます。エコカー購入で悩んでいる方は、ぜひネクステージにご相談ください。

気になる車種をチェックする