車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

新しい車を購入することになったら、これまで乗っていた車はうまく処分したいと考える人は多いのではないでしょうか。できるだけ高く売却できるようにすれば、乗り換えの資金調達もできるでしょう。

 

そして車の乗り換えをするときに知っておきたいのは、売却のタイミングによって金額が変わるということです。たとえ同じ車であっても、より高く売却できる可能性があるのです。今回の記事では、車を売るのに適切なタイミングについて紹介していきます。

 

できるだけ高額で車を買い取ってもらう方法についても解説しますので、乗り換えを考えている人は是非チェックしてみてください。

 

※目次※

1.車を高く売却できるタイミング

2.車を乗り換える際の売却タイミング

3.タイミングを選ばずに車を高く売却する方法

4.車の売却が不利になるタイミング

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の売却は、高く買い取ってもらいやすいタイミングにすると良い

・車の乗り換えをするには車検のタイミングが向いている

・売却に出す時期以外にも査定額を上げるためのコツがあるので賢く利用する

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を高く売却できるタイミング

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

車種や状態、実際の市場によって具体的な金額は変わりますが、おおむね以下のタイミングが車の売却に有利になります。少しでも高く売れる時期を確認した上で、乗り換え予定の車の購入や保険なども切り替えられると良いでしょう。

 

1月から3月の期間

年度の切り替え時は、新しい生活にそなえて車を購入する人が多くなります。そのため、準備段階である1月から3月は、中古車の査定額が上がりやすいのです。中古車の市場価値が上がりますし、人気の車種はニーズも増すでしょう。業者にもよりますが、買い取りに関する様々なキャンペーンを実施するところも多くなる傾向があります。

 

9月から10月の期間

春先ほどではありませんが、9月から10月も、中古車ニーズがあがるシーズンです。一年の後半がスタートするタイミングのため、引っ越しや転勤など新しい生活をスタートさせる人が多いからです。業者によっては買い取りに力を入れるタイミングなので、査定額も上がりやすいですし、様々なキャンペーンも実施されます。

 

1月から2月の売却は自動車税の手間を省ける

車を売るとき、忘れてはいけないのは自動車税の納付についてです。その車を4月1日付で所有している人のところに自動車税の請求書が届くため、3月付近に車を売ると、持ち主の切り替えが間に合わないことがあるのです。

 

ただし、1月から2月にかけて車を買い取ってもらえば、この心配はありません。特別な事情がない限りは、所有者の切り替えが4月1日までには終わるため、納税や切り替えの手間を省くことができるのです。ちょっとしたひと手間ではありますが、少しでも楽をしたい人は1月から2月のタイミングもおすすめです。

 

車を乗り換える際の売却タイミング

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

車を売る人の多くは、売却後新しい車に乗り換えることでしょう。これまで乗っていた車を売って新しい車を購入することを「乗り換え」と言います。この「乗り換え」にも、よりオトクに進められるタイミングが存在するのです。代表的なタイミングとその理由について、詳しく解説していきます。

 

車検のタイミングが定番

車検は車を乗り換えるのにぴったりのタイミングです。車検時にはまとまった費用が必要になりますが、その後しばらく乗り続ける予定がなければ、わざわざメンテナンスに高額を費やす必要はないのです。

 

一番初めに来る車検タイミングは、購入から3年目です。多くのメーカーで一般保証が終わるところですが、機能面においてほとんど問題はないでしょう。よほど大きなトラブルでも起こしていない限り、まだまだ乗り続けられる状態のはずです。ただし、少しでも高く車を売却したいと思っている人は、3年目はとても重要なタイミングです。

 

新しい車がどんどん登場するため、3年目あたりを境目に、売却価値がぐっと下がる可能性があるからです。次に来る車検は5年目です。メーカーによってオプションで追加していた「特別保証」が切れるタイミングです。きちんとメンテナンスをすれば、機能面ではまだまだ乗り続けることができますが、費用がかさみやすくなっています。

 

現状維持のコストと買い替えのコストを天秤にかけて、場合によっては買い替えを検討するべきでしょう。

 

走行距離は査定に影響する

車の買い取り査定をする場合、走行距離は重要視されやすい点です。長い距離を走っている車ほど車体全体のダメージも大きいため、買い取り価格は安くなってしまいます。逆に言えば、走行距離が短い車ほど高く売却しやすいということです。

 

買い取り査定の場合、「1年間で10,000km」という目安があります。3年目であれば30,000km、5年目であれば50,000km。これを越える距離を走行している車は、買い取り価格が安くなりやすいとされています。

 

そして年数に関わらず、50,000km、80,000kmは査定額のボーダーになりやすい走行距離です。そして、100,000kmを目安として査定額はぐっと下がってしまいます。売却を考えている場合は、現時点での走行距離についても把握してタイミングを見定めましょう。

 

タイミングを選ばずに車を高く売却する方法

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

タイミング以外にも、車を少しでも高く売るコツがあります。車そのものが持つ価値を上げたり、売却前や業者とやり取りをしたりなど、工夫できるポイントはたくさんありますので、下記を参考にしてみてください。

 

たとえどんなに目安のタイミングがあったとしても、車の事情や私生活の変化など、どうしても理想のシーズンに売却できないことはあるはずです。そういった場合は、これから紹介するポイントをチェックして査定に出すことで、買い取り価格をぐっと引き上げられるかもしれません。

 

最初から人気の車種に乗る

新車を購入する時点で、次の車の買い替えを視野に入れていることはあるでしょう。その際には、初めから人気の高い車種を選んでおくことで売却時の査定額に期待を持てるでしょう。たとえ年数が経過して走行距離が長くなっていたとしても、やはり人気車種のニーズは高い傾向にあります。

 

中古車で、なおかつ少しでも安く購入したいと考える人が多いため、業者も高額で買い取ってくれることが多いのです。人気のメーカーや型、グレードなどをチェックした上で、数年度の売却タイミングでも市場価値が高い車種をセレクトしてみてください。特に人気のカラーや限定モデルなどは、売却金額も上がりやすいでしょう。

 

純正オプション付きなら先に伝える

純正オプションがついている車は、高く売却しやすいというメリットがあります。純正オプションとは、生産ラインの時点で追加できる「メーカーオプション」と、ディーラーで追加してもらえる「ディーラーオプション」の2つのオプションのことです。具体的な内容は車によって異なりますが、カーナビやサンルーフ、フロアマットやオーディオ機器、シートなど様々です。

 

こういった純正オプションは、査定時にプラス価値をつけてくれる場合が多いのです。後々追加できる「社外オプション」と比較しても、メーカーやディーラーのアイテムのため評価が高く、需要も多いのです。ですから、純正オプションの有無は査定前にしっかり伝えておくようにしてください。

 

ただし、すべての純正オプションが高額買い取りに繋がるというわけではありません。中にはあまり付加価値がないオプションパーツも存在しているため、売却目的でのオプションを追加する必要性はあまりないといえるでしょう。

 

内装にも気を配ると査定額アップ

車の内装によっても買い取りの査定額は変わります。シートにはへたりがなく、傷や汚れが少ないほど高く買い取ってもらいやすいでしょう。特に革シートを導入している人は、手入れに気を配っておくのが得策です。タバコやペットのにおいのない方が、中古車としての価値も上がりやすいでしょう。

 

また、天張りがキッチリしていてたるんでいない方が高評価になります。各種内装もあまり日焼けをしておらず、色褪せが少ないと高く売却しやすくなります。売却の予定がある人は、日ごろの扱いにも気をつけておくと良いでしょう。

 

細かいキズはできる範囲で修復しておく

細かいキズがある車は、査定額も低くなりやすいです。査定はマイナス方式が基本となっているため、ちょっとしたキズや凹みも査定額をどんどん下げていってしまうのです。たとえひとつひとつは細かいダメージであったとしても、量が増えるとどんどん売却価値が下がっていきます。

 

少しでも高く売却するためには、可能な限りダメージを修復しておくようにします。ただし、セルフ修理をしてかえってキズを目立たせてしまわないよう注意してください。

 

印象よくして営業マンとの交渉を有利に進める

車を売る際には、業者の営業マンと交渉することになるでしょう。できるだけ印象を良くして、査定を有利に進めてもらえるようにするのがおすすめです。営業マンは車について様々な質問をしてくるため、きちんと受け答えをしましょう。

 

たとえ同じ車を売却するとしても、持ち主が協力的である方が、査定をはじめとした様々な手続きがスムーズに進みやすいのです。また、交渉のコツも把握しておいてください。複数の業者に見積もりを出していることや、買い取りの希望価格を伝えてみましょう。

 

売却を考えているタイミングや理由も伝えて良いですし、大事に乗り続けていたことをアピールしてみるのも良いでしょう。営業マンが少しでも買い取り価格を上げてくれるよう工夫してみてください。

 

下取りよりも買取業者を利用した方が高く売れる

車を売るとき、しばしば悩んでしまうのが「下取り業者」と「買取業者」のどちらが良いのかということです。「下取り」とは、元々車を販売していたディーラーに引き取ってもらい、評価した価格を購入する車の本体代から引いてもらうことです。

 

「買取」は、ディーラー以外の業者で車を売却することです。下取りに比べ高く買い取ってくれるので、車の価値を最大限に活かしやすくおすすめの方法です。

 

車の売却が不利になるタイミング

ここまでは車の売却が有利になるタイミングについて解説しました。一方で、売却のタイミングによっては査定が不利になってしまうこともあります。少しでも高く売りたい人にとって、このタイミングはできるだけ回避したいものです。具体的な状況について解説していきます。

 

年式や走行距離が一定の目安を越えた

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

車の年式によっては査定額が低くなってしまう可能性があります。限定モデルでもない限り、古い年式の車ほど査定価格は下がります。10年以上前に販売されていた車種は、たとえ綺麗に乗っていたとしても査定時にマイナス評価に繋がってしまうこともあります。

 

また、走行距離が長くなるほど査定額は下がります。前述したように長距離を走っている車ほど劣化が激しく、車体の状態が良くないと判断されるからです。一般的には「1年間10,000km」という目安があり、かつ100,000kmをボーダーに査定額を下げている業者が多いのですが、中には50,000kmや80,000kmで査定額を落としているところもあります。

 

現在乗っている車種のモデルチェンジ

同じ車種でも、モデルチェンジがあると前のタイプは買い取り額が下がりやすい傾向にあります。一部の機能やトラブルを改良した「マイナーチェンジ」であれば、まだ売却もしやすいでしょう。大規模な変化があった「フルモデルチェンジ」となると、カラーやデザイン、機能などが大きく変わってしまうため、古いモデルの市場価値がぐっと低くなってしまいます。

 

加えて、新しいモデルが登場したことで新型に切り替える人が増え、「型落ち」の旧モデルが中古市場に多く流通することになります。需要と供給のバランスが崩れやすくなることからも、売却にはデメリットがあるというわけです。

 

まとめ

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

今回の記事では、車の売却タイミングやコツについて解説しました。これまで乗っていた車を少しでも高く買い取ってもらうためには、タイミングを見計らうのが重要です。それに加えて、少しでも高く買い取ってもらえるよう査定額を上げるコツを実践すると良いでしょう。

 

ただし、車の状態や市場の状況によって、買い取り額が大幅に下がってしまうこともあります。少しでもオトクに売却するためには、こまめに情報を集めたり、計画的に売却予定を立てたりすると良いでしょう。

 

ネクステージでは販売だけでなく、買取も積極的におこなっています。高価買取に自信がありますので、ぜひ一度ご相談ください。

車を売却する最善のタイミングは?高く売りたい人必見の知識を解説!

無料の査定を申し込む


 

 

ページトップへ