車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

車を売却する際、一度に複数の見積もりを比較できるのが一括査定です。「車を売るなら一括査定」というCMや広告もよく目にしますが、本当に高額査定が出るのか気になっている方も多いのではないでしょうか。一括査定について詳しく知ることで、より高値で満足いく車の売却ができます。

 

そこでこの記事では、一括査定のメリット・デメリットについて紹介します。高額査定を引き出すポイントについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

※目次※

1.車を売る際に一括査定を利用するメリット

2.車を売る時の一括査定は実はデメリットも多い!

3.車を売る場合には一括査定でなくても高額査定を引き出すことができる

4.車を売る前に知っておきたい豆知識

5.まとめ

 

■POINT

 

・一括査定では一度情報を入力するだけで、ネットから簡単に複数社の見積額が比較できる

・一括査定にはデメリットも多く、国民生活センター・消費者センターにトラブルとして報告されたケースもある

・車の高価買取を実現するためには、買取から販売まで一手に引き受ける大手の買取業者を選ぶのがおすすめ

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売る際に一括査定を利用するメリット

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

車の売却で一括査定の利用を検討しているなら、まずは具体的なメリットを確認しておきましょう。一括査定を利用するメリットは「複数社の見積もりができる」「手間がかからない」の2つです。それぞれ詳しく解説していきますので、一括査定が自分のニーズに合っているサービスなのかどうか判断する材料にしてください。

 

複数社で見積もりが行え、比較検討ができる

一括査定を利用する最大のメリットは、一度に複数社で見積もりができることです。いくつもの見積額を比較検討したうえで、高値で買い取ってくれる業者を選べます。最終的な買取額は実車査定を受けないと分からないものの、複数社の査定額の相場を知れるのは大きな魅力でしょう。

 

一括査定はなるべく高く売りたい消費者と、車を買い取る機会を多く持ちたい買取業者双方のニーズがマッチしたサービスといえます。

 

自分で足を運ばずに済むので手間がかからない

見積もりがインターネット上で完結することも一括査定のメリットです。一括査定を利用すれば、わざわざ店舗に足を運んだり、電話をしたりする必要がありません。

 

1度の情報入力で複数社の見積もりができる一括査定は、1社1社に見積もりをお願いする場合に比べ、時間や労力を大幅に削減できます。見積もりの手続きや比較に手間がかからないのは一括査定を利用する理由の一つとなりえるでしょう。

 

車を売る時の一括査定は実はデメリットも多い!

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

一括査定にはデメリットも多くあります。メリットのみならず、デメリットまでしっかり把握しておくことで、一括査定を利用すべきかどうかを適切に判断できるでしょう。ここでは、一括査定を利用するうえで想定される4つのデメリットについて解説していきます。万が一のトラブルを回避するためにも、事前に把握しておきましょう。

 

一斉に電話がかかってくる

一括査定を行うと、複数の買取業者から一斉に電話がかかってくることがあります。一括査定では、何社から見積もりをもらうか自分では設定できないサービスがほとんどです。そのため、短時間のうちに10社以上の買取業者から次々と電話がかかってくることも決して珍しくありません。

 

強引な営業電話を発端としたトラブルも起こっており、国民生活センターに相談が届いているケースもあります。一括査定申込後に買取業者から電話がかかってくる場合は、その旨がサイトに記載されていますので、事前によく確認しておきましょう。

 

一括査定でも査定額が変わらないケースが多い

一括査定では複数社の見積もりを比較できますが、査定額が変わらないケースも多々あります。中古車価格は市場によってある程度決まっており、買取価格もそれを反映するためです。

 

確かに、一括査定を利用することで少ない時間と労力で複数社の査定額を比較できます。一方で、どこも似たり寄ったりの査定額が出るので、結局なかなか買取業者が見つからないことは珍しくありません。

 

車を売却した後も営業の電話がかかってくるケースがある

一括査定を利用すると、車を売却した後も営業の電話がかかってくることがあります。一括査定を行う際は、個人情報の入力が必要です。一般的に名前、住所、電話番号を記入し申し込みます。入力した個人情報と車体情報をもとに買取業者から連絡がくるのが一括査定の基本的な仕組みです。

 

つまり、一括査定を利用することは、個人情報を複数の買取業者に渡すことにつながります。入力した個人情報は買取業者の顧客リストとして管理されるのが一般的なので、利用する際は注意しましょう。

 

強引な営業をしてくる業者も混じっている

一括査定に登録している買取業者の中には、強引な営業をしてくる業者が混じっていることもあります。一括査定では、どの買取業者に見積もりをお願いするか決められないことが一般的です。少数ではありますが、あまり好ましくない営業をしている業者も中にはあります。

 

一括査定を利用した方の中には、強引な買取をされたり、二重査定による減額をされたりした方もいるようです。トラブルに発展して国民生活センターに相談が寄せられているケースもあるので、事前にリスクをふまえた上でサービスを利用するようにしましょう。

 

車を売る場合には一括査定でなくても高額査定を引き出すことができる

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

一括査定の利用を検討している方は、少しでも高値で車を売りたいと考えていることでしょう。実は車を売る場合にいくつかのポイントをおさえることで、一括査定でなくても高額査定が期待できます。一括査定以外の方法で高価買取を実現するためのポイントを紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

 

下取りよりも買取のほうが高額査定

高額査定を目指すなら、下取りよりも買取を選びましょう。下取りのメリットは、スムーズに車を乗り換えられることです。売却手続きと購入手続きを同じ店舗でかつ同時進行で行えるため、負担が少なくて済みます。

 

しかし査定額に目を向けると、下取りより買取のほうが数十万円以上高く買い取ってもらえることがあります。一般的に買取は査定基準が細かいため、プラス査定につながりやすいのが特徴です。スムーズに乗り換えたいなら下取りは楽ですが、少しでも高値での査定を目指すのであれば、買取を検討しましょう。

 

買取業者は信頼のおける規模の大きい中古車買取業者

買取業者を選ぶ際は、規模の大きい中古車買取業者を選ぶと安心です。買取業者によっては買い取った中古車の車体やパーツを別の業者へ販売します。販売価格の相場は大体決まっているため、買取業者に入る中間マージンが買取額を左右する要素の一つになります。

 

規模の大きい中古車買取業者であれば、自社で買い取った車の販売ルートを独自で持っていることも多いため、中間マージンをカットできます。買取から販売までを一手に引き受ける大手の業者を選ぶことが高額査定を引き出すためのポイントです。

 

買取はオプションパーツが多くても値段が出る

買取は下取りに比べて査定基準が細かく、パーツごとの査定が可能です。下取りでは値段のつかない社外パーツであっても、価値に見合った価格で買い取ってくれます。ただし、あまりに大きな改造だと値が下がることがありますので注意しましょう。

 

また、オプションパーツは取り外して別売りすることもできます。どうしても下取りを希望する場合、パーツをのみ取り外して買取業者に買い取ってもらうことも一つの手段です。

 

査定前に買取相場はチェックしておく

車を売却する際は、査定前に買取相場をチェックしておことが大切です。自分の車の買取相場を事前に調べておくことで、査定額が適正かどうかの判断ができます。全く知識がないと、業者によっては足元を見られてしまうケースもあります。リスク管理の観点から、事前に知識を身につけておくことは重要です。

 

また、買取業者の多くでは査定額に納得いかない場合に交渉が可能です。交渉を行う際も、買取相場を引き合いに出せばスムーズな交渉ができます。自分の車の買取相場をチェックしておくことが高価買取につながるといえるでしょう。

 

車を売る前に知っておきたい豆知識

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

車を売る人の中には、どんな準備をしてどのタイミングで車を売ればいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。車を売る前に必要な知識を身につけておくことで、スムーズに準備できるのはもちろん、高価買取にもつながります。

 

ここでは、車を売る前に知っておきたい知識について解説します。円滑な取引を行うためにも、ぜひ確認しましょう。

 

査定前に車を掃除しておくと「大切にされていた車」と心証が良くなる

車はなるべくキレイな状態で査定に出しましょう。車を売る際に大切なのが査定スタッフとの関係です。スタッフに良い印象を与えられれば、良好な取引ができるのはもちろん、高値での買取にもつながります。

 

キレイに掃除された車は「大切にされていた車」という好印象を与えます。できる範囲で構いませんので、査定前には車を掃除するようにしましょう。

 

車の査定前に必要な書類

車を売却する際には、必要な書類があります。売りたいという意思があっても、書類が揃ってなければ手続きを進められません。車の査定前に用意する書類を以下の表にまとめています。必要な書類を事前に準備しておくことで、スムーズな取引ができるでしょう。

 

必要な書類一覧

普通車

  • ・自動車検査証(車検証)
  • ・自動車税納税証明書
  • ・自賠責保険証
  • ・印鑑証明書と実印(発行から3ヶ月以内)
  • ・リサイクル券
  • ・委任状(買取業者が用意)
  • ・譲渡証(買取業者が用意)

軽自動車

  • ・自動車検査証(車検証)
  • ・軽自動車税納税証明書
  • ・自賠責保険証
  • ・印鑑(認印でも可)
  • ・リサイクル券
  • ・自動車検査証記入申請書(買取業者が用意)
※slide →

 

決算期前が車売却時期におすすめ

車を売却するタイミングは決算期前の1~3月、8~9月がおすすめです。中古車販売店では、3月と9月に決算セールが行われるのが一般的です。決算期前は在庫準備のため、多くの買取業者が車の買取に力を入れます。そのため、他の時期に比べて高価買取が期待できます。

 

同じ年式やモデルの車でも売却時期によって査定額は異なります。少しでも高値での売却を考えるのであればタイミングを意識しましょう。

 

よくある質問

 

Q.車を売るときに一括査定を利用するメリットは?

A.いちどに様々な会社の見積もりができる点がメリットです。わざわざ自分で何度も複数店舗に足を運ばなくても良いため、時間や手間の節約にもなります。また、自分が売りたいと思っている車の相場を知ることもできるためとても便利です。

 

Q.一括査定を利用するデメリットはあるの?

A.まずは一括査定に出した複数店舗から、一斉に電話がかかってくる可能性が高いことです。買取業者からの強引な営業電話によるトラブルも多く起こっているため、不安な方は一括査定を行う前に電話がかかってくるのかどうかをサイト上でしっかりと確認しておきましょう。どうしても電話がかかってくるのが嫌だという場合は、一括査定を利用しないことをおすすめします。

 

Q.一括査定を行なっている複数の業者の価格には大きな差があるの?

A.一括査定を行う場合、複数社の見積もりを比較できますが、実は査定額がほとんど変わらないケースが多くあります。中古車の価格は、市場によってある程度決まっているためです。買取業者は価格相場を参考に買取価格を決めるため、あまり差が出ません。他の店舗に比べて高すぎる価格を提示している業者には注意しましょう。

 

Q.一括査定より中古車買取業者に出したほうが高く買い取ってくれる?

A.一括査定に登録してある業者の中には、あまり有名ではない店舗が含まれています。安心して車を買い取ってもらいたい方は、規模の大きい中古車買取業者を選ぶと安心です。自社で買い取った車の販売ルートを独自で持っていることが多いため、中間マージンをカットでき、高額での買取が可能となるためです。

 

まとめ

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

ここまで一括査定のメリットとデメリットについてまとめてきました。一括査定は手軽に複数社の見積もりが分かる便利なサービスですが、「大量の電話がかかってくる」、「査定額があまり変わらない」、「売却後も営業の電話がかかってくる」などのデメリットも多くあります。

 

また車の正確な査定額を知るためには、一括査定であれ個別査定であれ、実車を見てもらうことが必要です。あえて一括査定しなくても、最初から信頼のおける業者に査定を依頼するほうが、高値が出ることもあります。

 

ネクステージでは、お客様から買い取った車を全国に展開する自社店舗で販売しています。中間マージンが抑えられるため、場合によっては相場以上での高価買取も可能です。大手ならではの充実したサービスやサポートにも定評がありますので、まずは無料で査定依頼を出してみてください。

車を売る際は一括査定が便利!?一括査定のメリットデメリットとは?

無料の査定を申し込む
ページトップへ