車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

車は乗り続けていると飽きてしまったり、ライフスタイルの変化に伴いニーズに合わなくなったりする場合があります。そのような場合に、売却や買い替えを検討する方は多いのではないでしょうか。

 

ローンで購入した車の買取依頼を検討する際に、注意すべきことがあります。それは、ローン残債があるかと、車の所有権が誰かということです。必要な手順を踏めばローン残債があっても買取は可能ですが、車の所有者名義により手順が異なります。役立つ情報を解説しますのでお役立てください。

 

※目次※

1.車の買取はローン残債があっても可能?

2.ローン残債がある車を買取に出す場合の方法

3.ローン残債がある車の所有権解除方法

4.買取される金額で違うローン中の残債処理

5.ローンの残債がある車をかしこく買取に出すポイント

6.ローン残債があるお車もネクステージにお任せください

7.まとめ

 

■POINT

・ローン残債がある車の買取は所有者名義を確認することがポイント

・ディーラー名義の車は買取金額からローン残債を完済し所有権解除を行おう

・ローン残債車の高価買取をめざすなら有利な時期や信頼できる買取業者を選ぼう

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の買取はローン残債があっても可能?

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

何らかの事情で車を売却したい場合、ローン残債があっても買取は可能なのでしょうか。結論から申し上げますと、買取は可能です。ただし、注意すべきポイントと必要手順があります。

 

下記項目以降詳しく解説しますので、いざとなった時に慌てずに済むよう、予備知識を蓄えておきましょう。

 

ローン残債があっても車の買取は可能

ローン残債がある車の買取を依頼する場合は、車の所有権が誰なのかを確かめなければなりません。所有者でなければ車を自由に扱えないと、法律で定められているためです。車の所有者が本人名義であれば、ローン残債があったとしても基本的に好きなタイミングで自由に買取に出すことができます。

 

車を担保にしているディーラーローンの場合は、所有者はディーラーまたは信販会社です。車の所有権は車検証に記載されています。車検証には「所有者欄」と「使用者欄」があり、使用者欄には自分の氏名と住所が記載されているはずです。

 

「所有者欄」に記載されている氏名が自分でない場合は、すぐに買取に出すことはできません。必要な手順を踏む必要があります。

(参考:『自動車検査・登録ガイド(検査登録の役割)|国土交通省』

 

買取する前に確認すべきこと

買取に出す前に行う必要な手順とは何でしょうか。まず、車の所有者、ローン残債額、売却したい車の買取相場を確認することです。

 

車の所有者について、利用している自動車ローンがディーラーローンの場合は、車検証の「所有者欄」にディーラーまたは信販会社名が記載されていることを確認します。銀行などの金融機関系ローンの場合は、自分名義になっていることが通常です。

 

ローン残債額については、ローン会社公式サイトのマイページや送付されてくる明細で確認できます。不明な場合は、直接ローン会社に問い合わせてみましょう。

 

買取に出したい車の相場価格を調べるには、ネクステージなどのネット無料査定を利用できます。中古車販売サイトの販売車体価格から大まかな諸経費を引いて、予想を立てることもできるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

ローン残債がある車を買取に出す場合の方法

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

確認事項についてはきちんとメモしておきましょう。車の所有者が誰であるかにより、次に踏む手順が異なります。所有者名義が本人のケース、親族のケース、ディーラーやローン会社のケースに分けて調べてみましょう。

 

車の名義が本人のケース

車検証の「所有者欄」に自分の氏名・住所が記載されているのであれば、基本的に自由に買取に出すことができます。銀行ローンを組んでいて残債が残っている場合も、自分に所有権があれば同様です。

 

ただし、銀行によっては返済中の車売却を制限している条項をマイカーローン規約に起債している場合があります。その場合は、たとえ所有者名義が自分だとしても、ローン完済までは買取に出すことはできません。事情がある場合は、銀行ローン窓口に相談してみましょう。

 

車の名義が親族のケース

車購入時に自身がまだ未成年だったり、事情がありローンを組めなかったりしたかもしれません。その場合の車所有者は、ローン契約者である親や配偶者といった親族になっていることが一般的です。

 

所有者が家族・親族のケースでは、買取に関して必ず所有者の同意が必要となります。家族や親族だからといって、勝手に売却することはできません。

 

同意を得られたら、委任状を作成します。委任状には、自分と所有者である家族・親族それぞれの実印押印が必要です。印鑑証明書や譲渡証明書も用意する必要があります。同意さえ得られれば、手続きは比較的簡単であるため心配ありません。

 

車の名義がディーラー・ローン会社のケース

車の所有者名義がディーラー・ローン会社のケースでは、まずローン残債を一括返済する必要があります。残価設定型ローンもディーラーローンの一種であり、所有権がディーラーまたは信販会社であるため同様です。

 

ローン完済後に初めて所有権解除を行えます。所有権解除手続き完了後、所有者が自分名義となったことを確認しましょう。

 

ローン完済となるとまとまった資金が必要と思いがちですが、買取額を利用して返済するという手順を踏めば負担の少ない売却が可能な場合もあります。この方法については、後述しますので参考にしてください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

ローン残債がある車の所有権解除方法

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

ローン残債がある車を買取に出す際には、まず自分に合った方法でローンを完済します。その後、所有権留保の解除手続きを申請することが必要です。この手続きは自身で行うこともできますが、買取店に依頼することもできます。

 

それぞれの方法について簡単に解説しますので、どちらか良い方を選びましょう。

 

所有権解除を自身で行う方法

ローン残債を繰上返済により清算したら、ローン会社より「完済証明書」が送付されます。通常1週間以内には自宅に届きますが、もししばらく待っても届かない場合は、ローン会社に問い合わせてみましょう。

 

「完済証明書」が手元に届いたら、車検証の「所有者欄」に記載されているディーラー・信販会社へ、所有権解除を行いたいことを連絡します。ローンを完済したとしても、自分から所有権解除の申請を依頼しなければ自動的に所有権は変わりません。

 

依頼が受け付けられると、しばらくして「所有権解除通知書」が送付されてきます。それとともに、車の名義変更に必要な委任状、印鑑証明書、譲渡証明書なども届くため確認しましょう。

 

それらの送付されてきた書類と自分の側で用意する車検証などの必要書類と合わせて、管轄の運輸支局で名義変更(移転登録)を行います。

 

所有権解除を車の買取店に依頼する方法

運輸支局での名義変更は、さほど難しいものではありません。しかし、運輸支局は平日のみ受付可となっているため、仕事などで時間を取ることが難しい場合があります。自分で行うのは不安だという方もおられるのではないでしょうか。その場合は、車の買取店に依頼できます。

 

まず、ローン残債がいくらかを調べましょう。買取店にローン残債について伝えます。その後売却したい車を査定してもらい、査定額からローンを完済する手続きを踏むという手順です。ローン返済サービスと一般に呼ばれています。

 

このサービスの利用により、買取店がローン会社への確認、所有権解除、名義変更手続きなど全て代行してくれるため、大変便利です。買取店ごとにどの範囲まで代行手続き可能かが異なることを念頭に置き、詳細な点まで確認しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

買取される金額で違うローン中の残債処理

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

ローン残債は、まとまった資金を用意しておけなくても買取される金額で返済することが可能です。ただし、売却する車の査定額次第でスムーズに返済できるかどうかが変わります。

 

ローン残債より買取額が高いケースと低いケースでは、売却手順が異なることを覚えておきましょう。それぞれのケースについて解説します。

 

ローン残債より買取額が高いケース

ローン残債より買取額が高いケースの場合は、問題なくローン残債を一括返済できます。例えば、ローン残債が100万円あり買取査定金額が120万円と見積もりされた場合は、120万円のうち100万円をローン残債に充当可能です。買取店が本人に代わって、ローン会社への一括返済手続きまで行ってくれる場合もあります。

 

ローン完済分を差し引いた残りの20万円は、現金が手元に残るため車買い替えの資金にするなど、このような場合は余った金額は自由に用いて構いません。しかし、別途で手数料が発生することもあるため事前に確認しましょう。

 

ローン残債より買取額が低いケース

ローン残債より買取額が低いケースの場合は、ローン残債から買取査定金額を差し引いた、足りない分をどのように返済するかを考えなければなりません。差額分を現金で支払う、または新たにローンを組み替えて借入金から支払うという方法があります。

 

また、車の乗り換えを検討しているのであれば、買い替える車のローンに上乗せしてローンを組むことも方法のひとつです。いずれかの方法で一旦自動車ローンを完済することにより、所有者名義を変更できます。

 

新たにローンを組む場合は、再度審査があることを覚えておくことが必要です。加えて、月々の返済額が家計を圧迫してしまうことがないように慎重に検討しましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

ローンの残債がある車をかしこく買取に出すポイント

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

車を買取に出す場合には、できるだけ高値で査定してもらいたいと思うのは自然なことではないでしょうか。ローン残債がある車は、なおさらそう言えます。買取査定金額により、ローン残債を完済できるかどうかに影響するからです。

 

どのような点に注意すれば、高額買取してもらえる可能性が高くなるのでしょうか。いくつかのポイントをご紹介します。

 

中古車の市場相場を把握する

買取に出す前に、売却したい車の中古車市場相場を把握しておきましょう。同じ車種、グレード、年式の車に、どれくらいの値が付いているのかを調べます。

 

中古車販売サイトで検索することができますが、その際は販売価格に店舗が定めた諸経費・手数料などが合算されている場合もありますので注意が必要です。ネクステージのネット無料査定では、簡単な情報を入力するだけで概算査定金額が分かります。時間や場所を問わず、調べられるので便利です。

 

買取に有利な時期に依頼する

中古車の買取には、買取価格が上がる有利な時期があります。それは、消費者のニーズに合わせて販売店が在庫をできるだけ多く確保したいと思う時期です。

 

例えば、一般に決算期の3月や9月、新生活準備期間と言われる1月~3月などは、中古車が売れると言われています。それに伴い中古車の買取が積極的に行われ、全体的に買取価格が上がる時期です。相場価格の調査とともに、有利な時期を見計らいましょう。

 

純正部品の準備と清掃をする

新車購入後、自分好みに車をカスタムしている人は多くおられます。純正パーツを外して、社外品を付けているかもしれません。中古車市場では、純正パーツ装備の方が幅広い層のニーズに応えるとして高値で買取される傾向にあります。

 

もし、純正パーツが手元にあり元に戻せるのであれば戻しましょう。戻せないとしても、純正パーツもセットで用意しておきます。メンテナンスノートも有利な査定のポイントです。

 

また、買取に出す前に車内外を清掃しましょう。車をきちんと管理しているという良い印象を、査定士に与えることができます。

 

高価買取のお店を見つける

買取に出す販売店の選択も大切です。中古車販売店は、それぞれ販路があります。さまざまな車種に関する知識や経験が豊富であればあるほど、車の純粋な価値を見極められることは想像できることです。そのような専門スタッフがいるような買取店を探しましょう。

 

全国に店舗を持っていたり、中間マージンが少なかったりするのであれば、高額査定が可能になります。公式サイトの会社情報などから、ある程度の会社の大きさや実績を調べることが可能です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

ローン残債があるお車もネクステージにお任せください

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

ネクステージでは、国産車・輸入車問わずさまざまなジャンルの車を取り扱っているため、車に関する知識や経験が豊富なスタッフが多数います。お客様の要望に合わせた車選びのお手伝いをする「お客様ファースト」が理念です。

 

ローン残債がある車の買取に関しても、親身になって対応しています。ほかにも、ネクステージで査定をするメリットをご紹介しますので、ぜひご検討ください。

 

安心の査定額保証

ネクステージは、全国160か所に店舗展開している大手の中古車販売店です。買取した車は自社で販売しており、圧倒的な再販力を持っています。そのため、店頭価格に近い高額査定を提示することが可能です。

 

ネットや電話で簡単無料査定を行い、概算査定金額をお伝えした後、専門スタッフが実際に車の隅々までチェックします。慎重に査定した後、正確な買取金額を提示するという手順です。万が一査定ミスがあった場合、契約後の査定額変更は絶対にありません。査定額保証があるため、安心してお申し込みください。

 

高価買取が実現できる理由

ネクステージが高価買取を実現できるのは、余計な中間マージンをカットしているためです。買取した車を自社店舗でダイレクト販売するため、業者オークションなどの手数料がかかりません。

 

買取した車の価値が下がる前に次のお客様に再販できるという圧倒的な販売力も、高額査定が可能な理由のひとつです。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まとめ

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

何らかの事情でローン残債がある車を買取に出したい場合、必要な手続きを踏むことにより可能です。車には所有権があり、所有者名義が誰であるかにより必要な手続きが異なることを覚えておきましょう。

 

自分で行うには不安だと感じる方は多いのではないでしょうか。ローン残債も含め、車の買取全般に関する些細なご質問にもお答えしています。車の買取へ疑問や心配ごとがあれば、ネクステージにお気軽にご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の買取はローン残債があっても可能?売却方法や所有権解除方法も解説!

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ