車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

長期間車を保有していると、ドアやバンパーなどにへこみや傷がつく場合があります。きれいな状態を保つために板金塗装をする方がいますが、買取査定前に全塗装をしてもよいのだろうかと考える方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、全塗装した際の買取査定への影響についてご紹介します。一読すれば買取価格に影響が出る要因やプラス査定になる場合のケースなども分かるでしょう。全塗装と修復歴の違いについても解説していますので、全塗装を検討している方はこの記事を参考にしてください。

 

※目次※

1.車を全塗装した際の買取査定での影響

2.車を買取に出す予定なら全塗装は控えよう

3.全塗装した車が買取時にプラス査定となる場合

4.車を全塗装すると買取査定で修復歴とみなされる?

5.全塗装済みのお車もネクステージにお任せ!

6.まとめ

 

■POINT

・全塗装した車は需要が低い傾向にあるので買取価格が低く抑えられる傾向にある。高価買取を期待するならへこみや傷のある状態で査定を受けるのがおすすめ

・手入れの行き届いたクラシックカーやスポーツカーなら、全塗装をしていても高価買取を期待できる

・納得のいく査定額をお望みの方はネクステージがおすすめ。全国に店舗を持っており中間マージンがかからないの高価買取を期待できる

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車を全塗装した際の買取査定での影響

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

全塗装とは車体全体の塗装のやり直しをした車のことです。全塗装には元の車の塗装を剥がしてから塗り直す方法と塗装の上から新しい塗料を塗る2種類の方法があります。

 

全塗装には新車のようなボディを取り戻せるというメリットがありますが、買取査定に影響を与える可能性があるので十分な検討が必要でしょう。ここでは、買取査定に影響する3つの理由について見ていきましょう。

 

一般的に製造時の塗装技術より劣ってしまう

メーカーは塗装に関する高い技術や充実した設備を持っており、過酷な使用にも耐えられます。

 

整備工場の中には質の高い塗装を提供しているところもありますが、メーカーの塗装技術にはかないません。見た目には同じように見えても、年数の経過と共に質の違いが明らかになるでしょう。

 

車は紫外線、気温、湿度、雨風などの影響を常に受けています。全塗装した車は純正の車に比べると劣化が早いので、査定額が低く抑えられてしまうでしょう。

 

純正カラー以外だと不人気となることもある

シルバー、ブラック、ホワイトなど、各車種にはさまざまなカラーバリーエーションをそろえています。しかし、全塗装をする際に純正車にはないカラーに変えた車に関しては、万人受けがしにくいでしょう。状況によっては売れ残る恐れがあるため、買取業者は査定額を低く抑える傾向にあります。

 

純正カラーと同じ色に全塗装するという方法もありますが、メーカーの塗装とは質が異なるので見る角度によっては色合いに差が出てしまうでしょう。

 

レア車でも全塗装はあまり好まれない

入手の難しいレア車であれば、全塗装をしていても査定額に影響は出ないと考える方がいます。しかし、全塗装をしている車は基本的にはマイナスイメージのため、プラス査定は期待できません。

 

デザインにもこだわりのあるオンリーワンの車を購入したいというユーザーもいますが、一般的には全塗装のレア車は好まれません。事故を隠すために塗り替えたのではないか、特別な理由があるのではないかという疑念を持つ人も多く、購入を控える傾向にあります。

 

例外として、見えにくい箇所などの細部までこだわった塗装をしたレア車については、高額査定を期待できるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車を買取に出す予定なら全塗装は控えよう

車のへこみや傷を隠すために全塗装をする方がいます。しかし、売却目的のために全塗装を検討している方にはおすすめできません。

 

全塗装を控えたほうがよい理由のひとつは、査定額よりも修理費用が高くつく傾向にあるからです。全塗装をすれば見た目がきれいになり査定額のアップを期待できるでしょう。一方で塗装をすれば塗装代を負担しなければなりません。場合によっては全塗装した車の買取を断る業者もあるでしょう。

 

全塗装を控えたほうがよい別の理由は、多くの買取店は自社工場を持っていることです。塗装が剥げていたり劣化していたりしても、自社工場で安価で修理できます。へこみや傷のある車を売却予定の方は全塗装せずに査定を受けたほうがよいでしょう。

全塗装した車が買取時にプラス査定となる場合

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

一般的に全塗装した車の査定価格は、全塗装していない車よりも低く抑えられる傾向にあります。ただし、車のタイプによってはプラス査定になるケースもあるため、売却を検討している方は該当する車であるのかを確認するとよいでしょう。

 

ここでは、全塗装しても買取時にプラス査定になる可能性のある車をそれぞれ見ていきましょう。

 

クラシックカー

一般的に車の査定はグレード、走行距離、ボディカラー、年式などで査定額が決定します。この条件をクラッシックカーに当てはめた場合、年式は古く走行距離も多いので査定額は限りなくゼロに近いでしょう。

 

しかし、クラシックカーの場合には通常の査定基準とは異なり、希少性、歴史的な価値、レストアの状態、オーバーホールにかかる費用などを基準にして査定します。統一された細かな基準はないので、買取店や査定スタッフによって価値が変わることもあるでしょう。

 

クラシックカーの多くは経年劣化の影響を受けており、質の高い全塗装が施されていれば高い査定額を期待できます。

 

スポーツ・カスタムカー

スポーツカーの生産を続けているのは、国内のメーカーでもわずかです。優れた走行性能を備えているスポーツカーは希少性が高く、中古車でも高値で取引されています。

 

また、スポーツカーやカスタムカーを選ぶ方は実用性よりも趣味性を重視しており、絶版モデルでも高価買取が可能です。一般的に全塗装した車はマイナス査定になりやすい傾向にありますが、スポーツカーやカスタムカーについては魅力的に感じるユーザーもいると評価されることもあるでしょう。

 

定期的なメンテナンスがされていたり、美しいデザインに塗装されていたりすれば高い査定額も期待できます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車を全塗装すると買取査定で修復歴とみなされる?

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

全塗装した車の売却を検討している方の中には、修復歴車と見なされてしまうのではないかと心配されている方もいるのではないでしょうか。修復歴車として扱われると大幅な査定の減額もあるからです。

 

ここでは、修復歴車と全塗装した車の違いについてまとめました。修復歴車の定義や事故車との違いについても詳しく解説します。

 

全塗装を理由として修復歴車にはならない

全塗装をした車を査定に出しても修復歴車にはなりません。修復歴車とは骨格部位に手を加えている車のことです。骨格部分にダメージを受けていると安全面や走行面で影響が出る危険性が高いので、修復歴のある車は査定額が抑えられる傾向にあります。

 

基本的に全塗装は外装のみの変更です。骨格部分に手を加える可能性は低いので、修復歴車として扱われることはないでしょう。

 

ただし、全塗装をしており詳しい経緯が不明な場合は、取り扱いの悪さや過去における事故の可能性を疑われることがあります。全塗装をした場合には、経緯を説明しておくのがよいでしょう。

 

板金塗装では修復歴をなくすことはできない

修復歴のある車の売却を検討している方の中には、全塗装をすれば修復歴を消せるのではないかという方もいるのではないでしょうか。

 

基本的に全塗装をしても修復歴が消えることはありません。塗装は車の外装部分の修理ですが、修復歴のある車は骨格部分に修理が必要だからです。

 

全塗装をすれば骨格の修復を隠せるのではないかという方もいますが、査定士の目はごまかせません。査定の際にはシートを外して内部をチェックしたり、工具の使用痕を確認したりします。車の底部にあるシャーシは厳重なチェックをする査定士も多く、塗装をしてもすぐに違いが分かるでしょう。

 

修復歴の定義

修復歴のある車とは、交通事故や自然災害などが理由で骨格部分に欠陥がある、もしくは修理や交換をした車のことです。車の骨格には以下のパーツが含まれます。

 

・フレーム

・クロスメンバー

・インサイドパネル

・ピラー

・ダッシュパネル

・ルーフパネル

・フロア

・トランクフロア

 

国内で製造されているほとんどの車はモノコック構造です。車体の外板に圧力を持たせており、ボディ全体を使って強度を確保しています。モノコック構造の車は軽量で燃費性能がよいというメリットがありますが、強い衝撃を受けるとすぐに変形してしまうことが特徴です。

 

交換や修理などを行い変形した骨格部分を直すことも可能ですが、強度が落ちたり真っすぐに走れなくなったりするリスクが高まるため修復歴車となります。

 

事故歴との違い

修復歴に似た言葉として事故歴がありますが、事故を起こして修理が必要な車全般を指した呼称であることが一般的です。修復歴があるかどうかを区別した言葉ではないため、事故歴があっても軽微な故障であれば修復歴車ではない可能性があります。

 

側面から他の車に衝突されてドアが破損したとき、ドアの交換のみの場合は事故歴がつきますが、ドアの交換に加えて骨格部分であるピラーの修理をした場合には修復歴がつきます。事故などでバンパーやボンネット単体を交換した場合についても修復歴はつきません。

 

事故によって全塗装を必要とした場合にも、そのことを理由に修復歴はつきません。ただし、全塗装をした際に骨格部分のパーツの交換や修理をした場合には修復歴がつきます。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

全塗装済みのお車もネクステージにお任せ!

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

骨格部分に問題がなければ、全塗装した車でも買取は可能です。国内は数多くの買取専門店があるため、好きな店舗で自慢の愛車を売却できるでしょう。

 

買取専門店は全国にありますが、満足のいく買取査定を希望している方にはネクステージがおすすめです。ここでは、ネクステージがおすすめと言える理由を詳しく見ていきましょう。

 

高価買取を実現できる理由

ネクステージの特徴は適正査定です。一般的な買取専門店では買取をした後に他の店舗に販売しているため、買取価格を低く抑えている場合があります。

 

ネクステージでは全国にある自社の店舗で販売しているため、中間マージンがかかりません。純粋な相場価格で販売しているため、高価買取が可能です。

 

ネクステージは全国に160以上の店舗を持っています。買取した車を全ての店舗で販売しており、車の価格が落ちる前に新しいオーナーを見つけることが可能です。買取から販売までのスピードが早いため、店頭小売価格に近い価格での買取ができます。

 

顧客満足度アンケート3冠受賞

2021年1月1日~2021年4月1日の調査において、スタッフ対応満足度、査定価格満足度、リピートしたい買取店の3部門においてネクステージが1位を獲得しました。

 

例えば、平成29年式スズキアルトラパンXについて当社標準査定価格は80万円でしたが、91万円での買取をしております。ネクステージでは愛情価格として、他社よりも満足できる価格を提供できるのです。

 

ネクステージでは店舗での買取だけではなく、Webや電話での買取も受け付けております。Webによる買取なら、30秒で査定依頼ができるため、仕事や家事などで忙しい方でも気軽に査定の申し込みが可能です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まとめ

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

全塗装をした車は買取価格に影響します。一般的に整備工場での塗装はメーカーでの塗装よりも質が劣るため、塗装した部分の劣化が早いのが理由です。また、全塗装済みの車を避けるユーザーは多く、売れ残るリスクがあります。ボディにへこみや傷がある場合でも、全塗装をせずに買取査定を受けるほうがよいでしょう。

 

買取専門店は全国にありますが、価格にこだわるならネクステージがおすすめです。全国に160以上の店舗を持っており、お客様の愛車を自社の店舗で販売しています。中間マージンがかからないため、納得のいく価格での買取が可能です。全塗装した車の買取をお考えの方はネクステージにお問い合わせください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車を全塗装した際の買取査定での影響はある?修復歴との関係についても解説!

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ