不動車でも高く買取ってくれるかもしれない!高価買取を目指すためのポイントを紹介

クルマ売却ガイド

不動車でも高く買取ってくれるかもしれない!高価買取を目指すためのポイントを紹介

エンジンの故障や、車検切れが理由で運転できない車を「不動車」といいます。動かせない状態でも、場合によっては買取依頼が可能です。しかし「本当に買い取ってもらえるのか」「どこに相談すればよいのかわからない」と、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、不動車に値段がつく理由や高価買取のコツを詳しく解説します。交渉から引き渡しまで、スムーズに進めるために役立つでしょう。不動車の買取でおすすめの方法についてもご紹介します。

 

※目次※

1.不動車は廃車にしなくても価値がある!

2.不動車で高価買取を狙うためのポイント

3.不動車の買取価格を左右する要素

4.不動車の買取をスムーズに進めていくためのコツ

5.不動車を長期間所有すると負担が大きい!

6.不動車の買取は中古車販売店がおすすめ

7.まとめ

 

■POINT

 

 

・不動車でも売却は可能!動かなくなった車は、廃車を決断する前に買取業者へ相談しよう

・パーツに価値がある車や、修理が可能な状態であれば高価買取につながる可能性もある。金銭的負担を減らすためには早めの売却がおすすめ

・中古車販売店に買い取ってもらうと、レッカー費用や廃車手続きの手間がかからないのもメリット。不動車の買取でお悩みの方はネクステージにお任せ!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

不動車は廃車にしなくても価値がある!

不動車とは、公道を走行できない車のことです。不動車となるには、故障や車検切れなどさまざまな要因があります。車本来の役割を果たせない状態ともいえるため、「買取ってもらえない」と考える方もいるでしょう。廃車にするケースも多く見られます。

 

しかし、車の状況や業者によっては値段をつけてもらえるかもしれません。一般の人にはわからない価値が隠れている可能性があるためです。買取可能な業者を根気よく探しましょう。

 

不動車で高価買取を狙うためのポイント

不動車の買取が可能な業者を探す際、「買取ってもらえるかどうか」を基準にするだけでは不十分といえます。車の状態や市場価値によっては、高価買取も期待できるからです。パーツの需要やコレクター需要など、複数の要素を把握しておきましょう。不動車の高価買取を狙うためのポイントを4つご紹介します。

 

パーツの需要をチェック

不動車に価値を見いだすために重要な要素が、車に組み込まれているパーツです。車本体のパーツだけではなく、ホイールやカーナビといった装備品にも値段がつく可能性があります。どのようなパーツにどのくらいの価値があるかチェックしてみましょう。

 

車が再起不能の状況であっても、パーツが問題なく再利用できるのであれば、高価買取の期待も高まります。動かないことを理由に査定額が低くなってしまった場合は、パーツに需要があることや正常に動かせることをアピールしてもよいでしょう。

 

コレクター需要を狙うこと

一般的に車は移動手段のひとつとして使われますが、なかにはコレクションとして楽しむユーザーも存在します。販売台数が少ない車種や、歴史に名を残すような希少モデルであれば、高い買取価格につながるでしょう。

 

コレクション目的であれば、「走行不可でも問題ない」とされる可能性が高まります。中古車市場での流通量の多さや、コレクターから需要があるかどうかチェックするのもおすすめです。走行性より外観のコンディションが重視されるケースも多いため、メンテナンスにも気を配りましょう。

 

修理すればすぐに乗れる車は問題ない

現在不動車として扱われる車でも、修理が簡単な場合や車検切れのみが理由の場合は買い取ってもらえるケースがほとんどです。売却後に業者が修理したり、車検を通して再登録したりといった作業を進めるため、問題なく売れると考えてよいでしょう。

 

ただし、大がかりな修理が必要な場合は、買取価格が大幅に下がる可能性もあります。修理して再販可能かどうかは業者によっても変わるので、まずは相談してみましょう。

 

海外需要が高いかどうかチェック

日本メーカーの車は海外でも人気を集めています。修理で走行可能な状態にできるのであれば、海外への販売を目的に買取ってもらえるかもしれません。車種によっては予想以上の高価買取が期待できます。

 

買取った車を輸出しているかどうかは業者によって異なるため、海外への販路をもつ業者を探すのがおすすめです。販路が豊富な業者なら、修理が困難な状態でも、パーツのコンディションがよければ買取ってもらえる可能性が高いといえるでしょう。

 

不動車の買取価格を左右する要素

不動車の売却を決める前に、「査定額がどのような要素で決まるのか」を把握しておくことが大切です。価格交渉の材料としても役立つため、ひとつでも多くアピールできるようポイントをおさえておきましょう。中古車市場での需要はもちろん、流通数や入手難易度も重要です。不動車の買取価格を左右する要素を3つご紹介します。

 

パーツが使えるかどうか

修理しても中古車としての価値が見込めない状態でも、パーツに値段がつくケースは多くあります。「車が再起不能で、パーツも使えるものがない」という状況の場合、あまり高額な査定額は期待できません。車としての価値が低く、パーツ単体での再販売も困難であるとみなされるためです。

 

何年もメンテナンスをせず放置し続けると、消耗部品はもちろん内装や車体も劣化します。現状で走行可能かどうかというよりも、清掃や修理によって車両やパーツが再利用できるかがポイントといえるでしょう。

 

現存している車の数

現在市場に出回っている台数が極端に少ない場合、不動車であっても高価買取につながる可能性があります。とくにコレクターが求めるようなモデルであれば、査定額は期待できるでしょう。

 

反対に、中古車市場で多く出回っている車は査定額も低くなる傾向にあります。流通量が多くても比較的新しい人気モデルの場合は、修理によって再販可能な状態ならそれなりに評価される可能性はあるでしょう。

 

パーツの入手難易度

問題なく稼働するコンディションのよいパーツは査定で評価されますが、入手難易度によって価値が変動します。たとえば、一般的に輸入する必要のある外車の中古パーツを確保すれば、輸入コストの削減が可能です。

 

人気車種であればパーツの在庫を多く抱える業者がほとんどといえますが、車種やグレードによっては在庫が不足するケースもあります。流通数が少なく、手に入れるまで時間とコストを費やすパーツは高価買取につながる可能性も高まるでしょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

不動車の買取をスムーズに進めていくためのコツ

業者へ不動車を売却する予定の方は、動かない理由を明確にしたうえで依頼できると安心です。査定内容をしっかりチェックしたうえで契約すると、売却後トラブルに発展するリスクも避けられます。キャンセルポリシーについてもしっかり確認しておきましょう。不動車をスムーズに買い取ってもらうためのコツを4つご紹介します。

 

故障している部位の把握

故障が原因で運転できない場合は、故障している部位を明確に把握しましょう。査定の際に業者もチェックしますが、依頼時に伝えられると確認しやすくなるためです。故障部位を探す手間が省け、契約までの時間短縮にもつながります。

 

故障部位が把握できない場合は、動かない旨だけを伝えて査定に出しても問題ありません。故障部位が多すぎる場合は、あらかじめメモに残しておくのもおすすめです。なるべく漏れのないようチェックを重ねておきましょう。

 

故障した原因をできるだけ把握

故障した部位が把握できた方は、根本的な原因を知ることも大切です。原因によっては、修理すれば復活できるかもしれません。事故や水害といった明確な原因がある場合は、細部まで伝えることで業者も状況を認識しやすくなります。

 

原因不明であれば、わからないことを正直に伝えましょう。虚偽の申告はトラブルにつながる恐れもあります。自分が把握している正確な情報を共有できるよう、意識することが大切です。

 

査定内容をチェック

不動車の査定が完了したあと、商談の際に査定内容をチェックします。細かい項目に分けられているため、ひとつずつ確認してプラス査定・マイナス査定の理由を明確にしていきましょう。査定額アップの交渉もこの段階で行います。

 

査定内容に不満や疑問がある場合は、契約前に解消しなければなりません。トラブルを避けるためにも、査定内容のチェックは重要なポイントといえます。

 

買取が決まった後にキャンセルをしないこと

不動車を買い取ってもらう際に重要なのは、きちんと売却の意思を固めてから契約することです。あいまいな気持ちのまま契約すると、「契約を取り消したい」という気持ちに駆られるかもしれません。契約後のキャンセルは、トラブルの原因になる可能性もあります。

 

万が一の事態を想定し、キャンセルポリシーを把握しておくと安心です。契約後いつまでであればキャンセルできるか、手数料は発生するかといった規定を確認しておきましょう。不明確な場合は業者に直接たずねるのもおすすめです。

 

不動車を長期間所有すると負担が大きい!

「不動車を長期にわたって所有している」という方は、早めに売却したほうが賢明といえます。車は所有しているだけで、自動車税をはじめとする維持費を支払う必要があるためです。

 

一時抹消登録済みで納税が不要な状況でも、駐車場を借りている方は駐車場代にも気を配りましょう。月額で見れば大したことはなくても、継続的な出費は家計を圧迫するリスクがあります。自宅保管でも不動車のためのスペースをわざわざ確保する必要があるため、金銭面以外でも負担は大きいといえるでしょう。

 

不動車の買取は中古車販売店がおすすめ

不動車を売る方法を検討している方は、中古車販売店への買取依頼がおすすめです。ディーラーへの依頼も可能ですが、かえって負担が増す可能性もあります。買取以外にも下取りや廃車といった選択肢があるため、車の状態に合わせて適切な方法を選びましょう。中古車販売店がおすすめできる理由を4つご紹介します。

 

ディーラーでは引き取ってくれないから

車を買い取ってもらう選択肢としてあげられるのは、買取業者への売却とディーラー下取りの2つです。不動車の場合はディーラーへ引き取ってもらうよう相談するのもひとつの方法ですが、依頼することで損をする恐れもあります。廃車手数料を求められる可能性があるためです。

 

一方、中古車販売店であれば需要に合わせて流通させることができるので、不動車でも引き取ってくれます。断られるケースもありますが、販路が豊富で販売力のある業者なら、高価買取も期待できるでしょう。

 

レッカー費用を負担してくれる

不動車の買取に強みをもつ業者は、移動に必要なレッカー費用を負担してくれることがあります。レッカー費用は数万円になる可能性もあるため、ユーザーにとって魅力的なメリットといえるでしょう。

 

ただし、レッカー費用が基本無料である業者でも、エリアによって手数料が発生する場合もあります。レッカー費用の節約を望む方は、業者に直接相談して費用の有無を確認しておくのがおすすめです。依頼の際には、不動車の保管場所も伝えましょう。

 

廃車手続きなど代行してくれる

「中古車として再販売できない」と判断された場合、廃車手続きを進めなければなりません。そのために必要な永久抹消登録は自分でもできますが、中古車販売店であれば手続きの代行依頼が可能です。手間のかかる廃車手続きを代行してもらったうえで、買取代金まで手にできます。

 

代行をお願いする際には手数料を求められるケースが多いため、あらかじめ確認しておきましょう。不動車に値段がつく場合は、手数料を差し引いた金額で契約を交わします。

 

買取・下取り・廃車の選択ができる

中古車販売店の多くは、買取以外にも下取り・廃車の選択ができます。「同じ店舗で新しい車を買いたい」といった場合でも、下取りを依頼することでスムーズに手続き可能です。目的に応じた手段を選びやすい点は、中古車販売店ならではのメリットといえるでしょう。

 

どの手段を選べばよいか悩んでいる方は、業者に直接相談してアドバイスを求めるのもおすすめです。信頼できる業者かどうか判断する機会にもなります。安心して任せられる売却先を見つけましょう。

 

まとめ

故障や車検切れによって公道を運転できなくなった車は「不動車」として扱われます。車として価値がない状態でも買取は可能なため、中古車販売店などの買取業者に査定を依頼してみましょう。中古車市場や海外での需要を適切に反映できる業者を選ぶことで、高価買取も狙えます。

 

「不動車を所有しているが、どのように手放せばよいかわからない……」とお悩みの方は、ネクステージにお任せください。動かない車の移動から処分の方法まで、豊富な知識をもった専門スタッフが不安を解消します。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

 

無料の査定を申し込む