車を高く売却するおすすめの方法を徹底解説!

クルマ売却ガイド

車を高く売却するおすすめの方法を徹底解説!

「走行距離が増えてしまった」、「もっと燃費の良い車に乗り換えたい」という理由で、愛車の売却を検討している方も多いでしょう。売却する際は、少しでも高く売れれば嬉しいものです。しかし、どうすれば車を高く売却できるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、車を高く売却するおすすめの方法をご紹介していきます。実践すれば、より高くなる可能性のある方法ばかりですので、ぜひチェックしてみてください。

 

※目次※

1.車を高く売却するおすすめの方法

2.車を売却するおすすめの時期

3.車を売却する際に必要な準備

4.車の売却に関するQ&A

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を高く売却するには、手間がかかっても下取りではなくて「買取」がおすすめ。買取の方が高く値が付く傾向にある

・車を高く売るには、おすすめの時期がある。車の状態、高値が付く月などを把握して、おすすめの時期を逃さないようにすることが重要

・車の買取価格は、買取店によって異なる。車の売却先を決める際は、高価買取で信頼のおけるネクステージがおすすめ

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を高く売却するおすすめの方法

車を少しでも高く売るためには、面倒でも手間をかけることが重要です。何も手間をかけないと、高く売れるチャンスを逃していることにもなります。車を少しでも高く売却できれば、新しい車を購入する際の資金を増やせとてもお得です。おすすめの方法をチェックして、より高く売れるように行動を起こしましょう。

 

下取りではなく買取にする

車をより一層高く売りたいのであれば、下取りはやめて「買取」にしましょう。下取りの場合、新しい車を購入するディーラーや販売店で、そのまま売却の手続きを行え、余分な手間が発生しないというメリットがあります。

 

しかし、売却額は下取りよりも買取の方が高い傾向にあります。買取の方が高くなる理由として、下取りを行うディーラーや販売店は、新車販売がメイン業務で買取は本業ではないためです。

 

買取業者の場合、買取をメイン業務として取り扱っており、独自の流通ルートを持っています。また、オプションパーツや後付けパーツを高く評価してくれることが多く、より高値になる傾向にあります。手間であっても、買取に出す方がおすすめです。

 

査定する前に洗車や掃除をする

実際に査定士に車を見てもらう際には、事前に掃除をしておきましょう。査定士は、車をどのくらい大切に乗っていたかもチェックします。きれいな車であれば、「愛情を持って整備もしっかり行っていた」という印象を持つでしょう。状態が良い車だと判断をすれば、より買取額が高くなる可能性があります。

 

車外、車内、エンジンルームの清掃をすれば十分でしょう。車外は、忘れがちなフェンダー内部やホイールの清掃もすると、より見栄えが良くなります。車内は、シートのゴミやほこりを取り、フロアマットも忘れずに掃除しましょう。

 

エンジンルームも拭き掃除できれいにしましょう。エンジンルームが汚いと、あまりボンネットを開けていないという印象を持たれてしまいます。ボンネットを開けていないということは、整備に関心がない、整備をしていない、という印象を持たれてしまいますので気を付けましょう。

 

事故歴を正直に伝える

事故を一度でも起こしたことがある場合は、査定士に正直に伝えてください。正直に自分から話をすることで、信頼のおけるユーザーであることをアピールできますし、後々トラブルになることを避ける意味でも非常に重要です。

 

査定士は、知識が豊富なプロです。事故歴を隠したところで、詳しく査定を行えば事故歴が判明してしまいます。事故歴を隠していた場合、信頼のおけないユーザーと捉えられ、査定がマイナスになってしまう恐れがあるのです。

 

仮に査定の際に隠し通せたとしても、必ずどこかの段階で事故歴が判明します。事故歴が判明した場合、買取額が大幅に減額されたり、全く受け取れなかったりする場合もあります。事故歴を隠すのはやめましょう。

 

高く売れる時期を選ぶ

最も高く売れる時期を選ぶことで、より高く売却できます。車の買取価格は、実は1年を通して一定というわけではありません。1年の内で最も買取価格が高くなるのは、「1月から3月」の間です。できるだけ、1月から3月の間に売却を行いましょう。

 

1月から3月は、4月からの新生活に向けて中古車を購入しようとする人が増加する時期です。言い換えれば、1年の内で最も「中古車の需要が高い」時期となります。需要が高くなれば、供給を増やすことが必要です。

 

極端なことを言えば、供給よりも需要が多くなっているような状態になるため、たくさんの車を買い取る必要があります。その結果、車の買取価格がアップします。4月になってしまうと、反動で中古車の需要が一気に減り、買取額も下がってしまうので注意しましょう。

 

価格交渉をする

何も言わないよりも、価格交渉を行った方がより高く売れる可能性が高まります。価格交渉を行うために、あらかじめ他の買取店で見積もり査定を受けておくことが重要です。

 

目当ての買取店にいきなり査定を依頼して見積もりをもらう場合、交渉を行って査定価格を高くするのは難しいかもしれません。査定の依頼を行う場合は、ほかの買取業者の査定見積もりを持参して査定を受けましょう。

 

査定終了後、他店よりも低い金額を提示された場合、実際に他店でもらった査定見積もり書を提示して、買取価格が高くならないかを交渉しましょう。もし高くならないようであれば、ほかの買取店でも同様に交渉を行い、高くなった買取店で買い取ってもらうようにしましょう。

 

車を売却するおすすめの時期

車を高く売るには暦としての時期も重要ですが、車の状態や取り巻く環境の変化によってもベストな時期があります。高く売れる時期を逃してから売ると、買取価格が全く変わることもあります。売却をするのに良い時期を把握しておくことで、売るタイミングを逃すこともありません。ベストな時期でお得に売却できるようにしましょう。

 

車検の前

車検期限が来る直前の時期だと、買取額が高くなる場合があります。車検の残りが少ないと「買取額が低くなってしまうのでは」と思われるかもしれません。実は、車検がたくさん残っているからといって査定額が高くなることはまずありません。

 

車検が残っている車を買い取った場合、「車検費用」や「整備費用」などの、販売店側の利益になるサービスを車に付けて販売することができません。その点、車検がない車を買い取れば、車検費用や整備費用などを付けて販売でき、販売店側の利益が増加します。

 

車検が切れる直前はピンチではなくチャンスです。車検が切れそうでも、不安に思わず買取査定に出しましょう。

 

走行距離が5万キロや10万キロを超える前

走行距離が5万キロ、もしくは10万キロを超えるよりも前のタイミングで売却を行いましょう。理由は、買取査定における走行距離は、5万キロと10万キロが減額の目安とされているためです。

 

買取において、年間の走行距離は1年1万キロという目安が一般的です。5万キロは、新車を購入してから5年で、2回目の車検時というタイミングと考えられます。10万キロは、およそ10年経過していると考えられ、車の寿命の定説とされてきた「10年10万キロ」となるため超えると減額となります。ですから、超えないように注意することが重要です。

 

車がモデルチェンジをする前

車はモデルチェンジをすると旧モデルの相場価格が下落するため、モデルチェンジする前に売却を行いましょう。

 

モデルチェンジが行われると、より高性能な技術と新しいデザインによって、新型に乗り換えようとする人が増加します。旧型よりも新型に人気が集中するので、旧型の買取価格は下落します。

 

また、多くの旧型が下取りに出されるため、旧型が中古車市場で供給過多となってしまい、買取価格が下がってしまいます。売却の検討をしている方はアンテナをしっかり張っておき、モデルチェンジの情報をいち早く掴めるようにしましょう。

 

決算月(3月・9月)

3月と9月の決算月は、車の査定額が上がる可能性の高い月です。3月・9月になるタイミングを狙って売却するのも得策です。

 

3月は新生活が始まる前で車の需要が上がるだけでなく、決算月であるため余計に高く売ることができます。決算時期になると、多くの車を売るために「決算セール」を行います。決算セールで価格を下げることで需要が高まり、供給を増やすために多くの車を買い取る結果、買取価格が上がります。

 

9月も決算月で同様の現象が起こるため、必然的に買取価格が上がることになります。

 

車を売却する際に必要な準備

車を売却することが決定したら、さまざまな準備をする必要があります。準備としては大きく分けて3段階あり、「必要書類の用意」、「査定を受けるための時間確保」、「売却先の決定」です。特に多忙な日々を送っている方だと、なかなか行動に移せないことも考えられます。必要な準備を把握しておき、効率的に準備を行えるようにしましょう。

 

必要書類を用意する

車を売却する前に、あらかじめ売却時に必要な書類を用意しておくと安心です。車の売却時にはさまざまな書類が必要になります。どれか一つでも欠けていると売却することができません。

 

車を売却する際に必要な書類は、下記の通りです。

  • ・車検証
  • ・自賠責保険証明書
  • ・リサイクル券
  • ・自動車税納税証明書
  • ・印鑑登録証明書(軽自動車は不要)
  • ・実印(軽自動車は認印可)

 

紛失した場合、書類を管理する団体や業者で再発行をする必要があります。再発行には手間や時間がかかるので、売却時に慌てないようにするためにも事前の確認と準備が必要です。

 

査定を受けるための時間を確保する

車を売却する際は、査定を受ける時間を確保しなければなりません。1時間ほどは時間を確保するようにしましょう。

 

査定時は車の近くにいることが望ましいため、査定士に任せて出かけることはできません。査定士が確認を取りたいことがあった際、すぐに確認を取れる場所に待機していないと査定がスムーズに進まないことがあります。

 

また、代理で人を立てるのは避けましょう。査定士が車について確認を取る際、代理の方だと質問に答えられない恐れがあります。査定がスムーズに終わるよう、しっかりと時間を確保することが必要です。

 

車の売却先を決める

車をどこに売却するのか入念に調査をして買取店を決定しましょう。車の買取価格はどこの店でも均一ではなく、買取店によって変わります。買取店の経営方法、流通経路、査定士の知識や技術などが異なるため、買取価格に違いが発生します。そのため、買取店を決める上では「信頼性」を重視しましょう。

 

信頼できる買取店をお探しの方は、ぜひ「ネクステージ」にご相談ください。ネクステージは、「愛情買取宣言」を提唱し、お客様が大切に乗ったお車に対し愛情を持って丁寧に査定いたします。また、全国100店舗以上で総在庫数1万2,000台の強い販売力があり、お客様に満足いただける買取価格を提示できることが強みです。

 

車の売却に関するQ&A

車の売却は、なにかと複雑なものが多いでしょう。車を高く売却する方法を把握するだけでも大変ですが、実際に車の売却を進めていこうとすると、ほかにも難しいことや分からないことに当たることがあります。ここでは、車の売却を進める上でよく発生する疑問点をご紹介しますので、悩んでいることをスッキリさせて売却を行いましょう。

 

ローンが終わっていなくても売却可能?

万が一まだローンが残っていても車の売却は可能です。ただし、車検証の「所有者」の欄が誰になっているかで、売却時の手続き方法が変わります。

 

所有者の欄が「本人」であった場合は、ローンが残っていてもそのまま売却できます。「家族名義」である場合も比較的簡単で、家族の同意を得て委任状を用意すれば売却可能です。ただし、利用中のローンによっては、ローン中の売却を禁止している可能性があるので、売却前に確認を取りましょう。

 

所有者の欄が「ディーラー」、「ローン会社」、「クレジット会社」の場合、そのまま売却することはできません。売却する場合は、所有権の解除を申請する必要があります。その際は、売却して得た金額でローンを完全返済しなければいけません。もし残債よりも売却金額が少ない場合でも、ローンを支払う義務は残ります。

 

ローン中の車を売却する場合は、残債と売却額をしっかりと確認して、計画的に車の売却を行うようにしましょう。

 

リサイクル料金は含まれる?

一般的には、売却金額の中にリサイクル料金も含まれます。そもそもリサイクル料金とは、車を購入した際に、車を廃車にしたときに発生する費用を「リサイクル料金」として前払いしたものです。そのため、車を手放した際には手元に戻ってくるのが一般的です。

 

どのように戻ってくるかは買取店によって異なります。車の査定額に含めている場合や、車の査定額と分けて表示する買取店もあります。査定見積もりに表示がなかった場合は、確認を取るようにしましょう。

 

査定にかかる時間はどれくらい?

ネットで買取査定を依頼した場合は、早ければ数分ほどで結果が来ることがあります。ただし、これはあくまでも参考価格となりますので注意しましょう。

 

実際に車を見て査定を行う場合買取店にもよりますが、10分から30分ほどの時間を要します。オプションパーツがたくさん付いていたり、ノーマルの状態と異なる点があったりすると、査定に時間がかかることも考えられます。

 

先にも解説しましたが、最低でも1時間ほどは時間の確保をしておくようにすると安心です。

 

リース車の売却は可能?

リース車の場合であっても売却することは可能です。しかし、正しい手続きを踏まないで売却した場合、法律違反となりますので注意してください。

 

リース車は、リース期間中の所有者は自分ではなく「リース会社」です。そのため、所有者を自分に変更せずに売却すると、他人の物を勝手に自分の物としてしまう「横領罪」に問われます。

 

所有者を自分にするためには、残ったローンと設定した残価分を全て返済し、買取を行う必要があります。買取後、所有者が自分になれば売却が可能です。ただし、会社によっては買取不可な場合もあるので、確認を行うようにしましょう。

 

まとめ

車は、下取りを行ったり売りたくなったらすぐに売ったりと、何も手間をかけずに売却すると損をしてしまう可能性があります。下取りではなく買取にシフトする、高く売れる時期まで待つ、ほかの買取店の見積もりを持って価格交渉を行うなど、一手間も二手間もかけることで、車を高く売却できる可能性が高まるでしょう。

 

買取店は、査定力に信頼をおけるネクステージをぜひご利用ください。高い販売力や知識、さらには「愛情買取宣言」でお客様の愛車を最大限に評価し、高価な買取を実現します。お車の買取は、ぜひネクステージにお任せください。

無料の査定を申し込む