車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検にはさまざまな書類が必要になります。どのような書類を用意すればよいか分からず、困っている方もいるのではないでしょうか。車検の受け方や車の種類、個人の状況などによって用意する書類やアイテムが異なるので、事前に把握しておくと安心です。

 

本記事では、車検に必要な書類を状況別に詳しく解説します。車検の有効期限が迫っている方は、参考にしてください。

 

※目次※

1.車検は受け方や車のタイプで必要書類が変化する

2.車検の必要書類の種類

3.車検時は必要書類以外のアイテムも使用する可能性がある

4.よくある質問

5.手間の少ない車検ならネクステージにおまかせ!

6.まとめ

 

■POINT

・車検の受け方や車の種類によって必要書類が異なる。ユーザー車検は必要書類が多いので注意。

・車検を受けるときは9つの必要書類・準備物が必要。個人の事情や状況によっては必要なものがさらに増える可能性がある。

・手間と時間をかけずに車検を受けたいならネクステージがおすすめ。当日中の返却も可能。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

車検は受け方や車のタイプで必要書類が変化する

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検には、業者に依頼する方法と自分で行う方法の2種類が存在します。車検の受け方や車の種類によって必要書類が異なるので注意が必要です。ここでは、車検に必要な書類を業者に依頼する方法と自分で行う方法に分けて解説します。

 

ユーザー車検の場合

ユーザー車検とは、ディーラーなどの業者に依頼せずに、自分で運輸支局などに車を持ち込んで検査を受ける方法です。業者に依頼する場合よりも費用を安く抑えられますが、手間と時間がかかるデメリットがあります。また普通車と軽自動車で必要書類が若干異なるので注意が必要です。

普通車

軽自動車

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証明書

・自動車税納税証明書

・自動車検査票

・自動車重量税納付書

・継続検査申請書(専用3号様式)

・点検整備記録簿

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証明書

・軽自動車税(種別割)納税証明書

・軽自動車検査票

・自動車重量税納付書

・継続検査申請書(軽専用第2号様式)

・点検整備記録簿

※slide →

 

車検業者に依頼する場合

ディーラーや車検専門店などの業者は、曜日に関係なく依頼できるのがメリットです。ユーザー車検よりも費用は高額ですが、整備など車検以外の要望にも柔軟に対応してくれます。ネクステージで車検を受ける場合に必要な持ち物は以下のとおりです。

 

・車検証

・納税証明書

・自賠責保険証(保険期間内のもの)

・印鑑(車検証上の使用者のもの)

・アダプター(ホイールにロックナットを使用している場合)

・運転免許証(代車を利用する場合)

・自動車保険証券(代車を利用する場合)

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

車検の必要書類の種類

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検を受けるときは、9つの必要書類・準備物を用意しておく必要があります。ただし、車の種類や車検の受け方によって用意する物が異なる場合もあるので注意が必要です。

 

車検をスムーズに進めていくためにも、ここで必要な書類や準備しておくものを確認しておきましょう。

 

自動車検査証(車検証)

車検証は、自動車が保安基準に適合していることを証明する書類です。つまり、法律の基準を満たしており、公道を走っても問題がないと認められた証になります。

 

この車検証には、車のサイズ・重さ・所有者の名前や住所などが細かく記載されており車検では必須です。また、運転するときも常に携帯しなければなりません。道路運送車両法第66条および第109条‐9により、車検証を備え付けず運転した場合は、50万円以下の罰金に処されることがあります。

 

万が一車検証を紛失してしまっても、再発行が可能です。普通自動車は管轄の運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で手続きをしましょう。

 

自賠責保険証明書

自賠責保険は、車を購入した際に加入する強制保険です。車検時には自賠責保険料を支払っているかの確認が行われます。自賠責保険証明書は、しっかり保険料を支払っていることを証明するために必要です。万が一紛失した場合は、加入している保険会社の窓口で再発行の手続きを行いましょう。

 

車の保険には自賠責保険と任意保険の2種類がありますが、任意保険の提出は求められません。あくまでも車検で必要な保険は、自賠責のみと理解しておきましょう。

 

自動車税納税証明書(軽自動車税納税証明書)

自動車税納税証明書は、車を所有している人が支払う税金の証明書です。自動車税納税証明書は電子化が始まり、自動車税管理事務所や各都道府県の税事務所で管理されるようになったため、一定の条件を満たせば提出は不要になります。

 

省略できる条件は「自動車税を滞納していない」「自動車税を納付してから3週間以上経っている」ことです。ただし省略できないケースが多数あるので、国土交通省のホームページで確認しておきましょう。

 

軽自動車の場合は、軽自動車税納税証明書が必要になります。証明書の名称は異なりますが、内容は普通車と同じです。

 

自動車検査票

自動車検査票は自分でユーザー車検を行う場合のみ必要な書類です。自動車検査票とは、検査を受けた車が道路運送車両法の保安基準で問題がないかを記録した用紙になります。自動車検査票は、運輸支局の窓口で受け取るものなので自分で用意する必要はありません。しかし検査後に不合格が出た場合は、限定自動車検査証を窓口に提出する必要があります。

 

軽自動車の場合は、軽自動車検査票が必要です。受け取りや検査を行う場所は、軽自動車検査協会窓口になります。

 

自動車重量税納付書

自動車重量税納付書は、自動車重量税を支払ったことを証明する書類です。納付書は検査した日に運輸支局の窓口で用紙を受け取り、自分で車検証を見ながら記入します。加えて、自動車重量税の必要金額を購入し印紙に変えて納付書に貼り付けなければなりません。印紙の購入は現金のため、当日は重量税分の金額を持参しましょう。

 

自動車重量税の税額は、年式・車両重量・エコカー減税対象の有無で異なります。ほかにも、自家用と事業用の違いによって納付すべき税額に差が出るので注意が必要です。軽自動車は車両重量が軽いため、普通車よりも税額が安く設定されています。

 

継続検査申請書

継続検査申請書は、車検証を発行する際に使用する専用の用紙を差します。この専用用紙はOCR用紙(専用3号様式)と呼ばれ、車検の検査が終わった後に運輸支局のコンピューターで読み取るためのものです。

 

継続検査申請書は、当日運輸支局で受け取るか国土交通省のホームページからダウンロードして入手できます。ダウンロードして印刷する場合の用紙は指定があるので確認しておきましょう。

 

軽自動車のOCR用紙は、軽専用第2号様式や軽3号様式を使用します。軽自動車検査協会のホームページからダウンロードして入手できますが、家庭用のインクジェットプリンタでは印刷できません。そのため、軽自動車検査協会事務所もしくは支所の窓口で受け取る方が確実です。

 

定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿は、法定点検(12か月点検・24か月点検)の実施内容を時系列によって見比べることができる書類です。定期点検整備記録簿を見るだけで、消耗部品の交換などの整備状況を把握できます。

 

万が一紛失した場合は、新車で販売していた店舗に再発行を依頼しましょう。ただしデータが残っていない場合は、再発行できません。車検時まで書類は大切に保管しておきましょう。

 

ユーザー車検の場合は、定期点検整備記録簿を自分で作成する必要があります。用紙は整備振興会の窓口にて数百円程で購入できますが、無料でダウンロードすることも可能です。

 

委任状(必要な場合)

委任状を提出するケースはそうありませんが、一定の条件で必要となります。条件は「車検証の紛失・ナンバープレートの破損・改造によるサイズ・重量・用途の変更」です。上記に該当する場合は、所有している車の内容が証明できないため車検証の再発行をしなければなりません。この再発行の際に委任状の提出が必要です。

 

委任状は国土交通省のホームページからダウンロードできます。委任状にはいくつか種類があるので、項目をよく確認して選択しましょう。

 

再発行はナンバーを管轄する運輸支局で行えますが、ユーザー車検の場合は車検当日に行うことも可能です。再発行を依頼するのが軽自動車の場合、委任状の用紙は「申請依頼書」になります。申請依頼書は軽自動車検査協会窓口に提出しましょう。

 

印鑑(車検証の使用者名義)

車検を受ける人が個人の場合、認め印は必ずしも必要ではありませんが、準備しておくと安心です。以前までは認め印が必須でしたが、平成10年に国土交通省の通達により、車の所有者が個人で署名を自筆した場合は印鑑が不要となりました。そのため、他の必要書類に認め印を使用しない場合は署名のみで済みます。

 

しかし、場合によっては署名があらかじめワープロ打ちされているケースも少なくありません。自筆できない場合は、認め印が必要となるので準備しておくことが望ましいでしょう。

 

軽自動車は2021年1月4日より全ての手続きで印鑑が不要になったため、準備する必要はありません。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

車検時は必要書類以外のアイテムも使用する可能性がある

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

ただし、個人の事情や状況などによっては、車検の際に必要となるものがさらに増える可能性があります。車検の有効期間内にスムーズに車検が終わらせられるよう、あらかじめ準備すべきものを確認しておきましょう。

 

放置違反金を滞納している場合

放置駐車違反をして、放置違反金の納付を命ぜられたにもかかわらず滞納して督促を受けている場合は、車検を通すことができません。これを「車検拒否制度」といいます。車検業者は、ナンバー照会により車検拒否制度対象車かどうかの判断が可能です。

 

該当の車両は、放置違反金を納付しない限り車検の更新はもちろん、車検の有効期間満了日以降は車を運転することができません。そうならないために、放置違反金を間違いなく納付したことを証明できる書面の提示が必要になります。

 

タカタ製エアバッグのリコールがある場合

タカタ製のエアバッグの不具合が発生してからリコールで無償修理を実施しているものの、未だに改修が行われない車両が多数存在しています。実際に被害者が出ていることも踏まえ、国土交通省では未改修車に一刻も早い改修を促すため次の措置を講じました。

 

タカタ製エアバッグのリコール対象車のうち、特に危険性の高い車両に対して、未改修のままの車は車検を通さないこととするというものです。

 

該当する車両は、車検を受ける際にディーラー等で改修を行ったことを証明する「改善措置済証」が必要になります。「改善措置済証」がなく未改修車両のままだと、運輸支局等で車検の有効期間の更新が受けられません。

 

ロックナットを使用している場合

タイヤ・ホイールに盗難予防のロックナットを使用している場合は、車検の際に忘れずに専用のアダプターを持参しましょう。

 

セキュリティ性能を高めるため、ロックナットは専用のアダプターでなければ簡単に外せない特殊な形状をしています。整備業者だからといって、アダプターがなくても何とかなるというものではありません。整備の都合上タイヤを外す必要がある場合は、アダプターがないと作業が進められないため、必ず事前に準備しておきましょう。

 

発煙筒が古い・使用した場合

自動車は、万一の際に他車に危険を知らせるための非常信号用具を常備することを、道路運送車両法保安基準43条-2で定められています。特に高速道路で他の交通に対して効果的に警告できるのが発炎筒であり、多くの車両に備えられていることでしょう。

 

ただし、発炎筒には有効期限が設けられていることはあまり知られていないようです。発炎筒が適切に性能を発揮するための有効期限は4年と定められています。次回の車検までに有効期限が切れてしまう発炎筒は、新品のものに交換しなければなりません。また、発炎筒を使用したときも、すぐに補充しましょう。

よくある質問

 

Q.業者に車検を依頼したとき、終了までの期間は?

A.車検を申請してから車が戻ってくるまでの所要期間は、整備内容や依頼者の数によって異なります。一般的には2日~3日が目安ですが、繫忙期は3日以上要するかもしれません。早急な引き渡しを希望する方は、即日手続きが可能なサービスを探すとよいでしょう。ゆとりがある場合は、見積もりを比較しながら決めるのもおすすめです。

 

Q.車の知識がなくてもユーザー車検を選んで良い?

A.車の状態を見極める力や知識が乏しい場合、安易なユーザー車検はおすすめできません。チェックするポイントが分からず、整備も不十分なまま検査に進む可能性があるためです。手続きの手間が増えるだけでなく、出費も増幅する結果になりかねません。スピーディーかつ安心な車検を実現するためには、専門の業者に任せたほうがよいでしょう。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

手間の少ない車検ならネクステージにおまかせ!

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検を短時間で終わらせたい方に選ばれているのが、ネクステージの車検です。ネクステージでは、高品質かつスピーディーな車検を低価格で提供しています。

 

オイル交換や整備など、車検後のアフターフォローまでしっかり対応するため、初めての車検で不安を抱いている方も安心です。

 

Webから予約で最短1時間の車検

ネクステージの車検は、Webから24時間いつでも予約可能です。普段忙しい方も、空き時間を利用してスマホから簡単に予約できます。

 

車検に時間がかからないのもネクステージの特徴です。指定工場店舗なら最短1時間で車検が終わるので、当日は車検を受けた車でそのまま帰宅できます。1日車検に対応しているネクステージは、普段忙しくて時間が取れない方に最適です。

 

地域最安値に挑戦した多彩な割引

ネクステージでは他店の見積額から10%割り引くなど、地域最安値を目指す努力をしています。平日入庫割引や1か月前予約割引など、車検基本料金が最大12,000円引きになる多彩な割引を用意しており、低価格で車検を受けることが可能です。

 

ほかにもお得なサービスをたくさん用意しているので、詳しくはお近くの店舗までお問い合わせください。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

まとめ

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検時の必要書類は普通車と軽自動車で異なるため、間違えないように知識を深めておくと安心です。また、いずれの車検でも自分で行う場合は、必要書類が増えることを事前に確認しておきましょう。

 

車検には有効期限が設けられており、自分で行う時間がなかったといっても正当な理由にはなりません。時間や労力を削減するために専門業者がいるので、安全で簡単に行える方法を選ぶことが大切です。車検時の必要書類は車の種類や車検の受け方によって異なります。手間や時間をかけずに車検を完了したい方は、一度ネクステージまでお問い合わせください。

 

ネクステージの安心格安車検のご案内・無料見積り予約 >

 

■車検のことならネクステージで!無料見積もり実施中!

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

車検の必要書類は受け方で変わる!状況ごとの用意するアイテムをご紹介

簡単ネット予約はこちら!
ページトップへ