車を売却するときに車庫証明はいる?車庫証明の必要性を学ぼう!

クルマ売却ガイド

車を売却するときに車庫証明はいる?車庫証明の必要性を学ぼう!

車を購入する際にはさまざまな書類が必要です。その中の一つが「車庫証明書」と呼ばれるもので、これは車を保管しておく場所があることを証明する大切な書類です。その車庫証明は車を売却するときにも必要なのかどうか、その必要性についてご紹介します。

 

※目次※

1. 車売却における車庫証明の必要性

2. 車の買い替えでの車庫証明の取り扱い方法

3. 売却後の車は車庫証明の抹消手続きが必要なのか

4. 車庫証明以外で車の売却に必要な書類

5. まとめ

 

■POINT

 

 

・車庫証明が必要かどうかはケースバイケース。しっかりと事前に確認しよう

・車庫証明を自分で取得するにはメリットとデメリットがあるので注意しよう

・車を売却するときにはさまざまな書類が必要なので早めに準備しておこう

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車売却における車庫証明の必要性

車を購入するときには、車庫証明を取得します。購入時に業者に代行してもらうこともできるため、どのようなものなのか実際はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

売却の際に必要なのかどうか、業者に売却するときや知り合いに譲るときなど売る相手によって必要性が変わるのかどうかをご説明します。

 

売却なら車庫証明はいらない

結論から言えば、車の売却であれば車庫証明は原則必要ありません。車庫証明は車を保管するスペースが、住居や駐車場にあるのかどうかを明らかにするためのものだからです。これから車を手放すということは、車庫は必要なくなります。

 

友人や知人への車の売却でも車庫証明は不要

友人や知人へ譲るときも車庫証明は必要ありません。届け出は、新たに車を手に入れた人が行うことになっています。この場合では、譲り受けた友人や知人に届け出てもらうことになります。

 

ただし、売る際に必要な書類は他に多くありますので、後述する書類をしっかりと確認して揃える必要があります。

 

車の買い替えでの車庫証明の取り扱い方法

車を手放すだけなら車庫証明は必要ありません。しかし売却した後、新たな車を購入して車庫証明が必要になった際はどのような手続きが必要になるのでしょうか。自分で届け出することのメリットとデメリット、自分で届け出る方法をご紹介します。

 

車の乗り換えには車庫証明の準備が必要

売却後新たに車を購入するのであれば、車庫証明を取らなければなりません。新たに登録する場所は、以前に登録した住居やパーキングの所在地で大丈夫です。

 

申請は自分で行うこともできますし、業者に代行してもらうこともできます。また、知り合いから譲ってもらったときは、自分で行うのが一般的です。車庫証明に関する手続きは新たな車を購入した人が行うことになっていますので、取り忘れることのないように注意しましょう。

 

車庫証明は自分で申請した方がお得?

車を購入する際には車庫証明を申請しなければなりません。業者に代行をお願いする方法と自分で申し出る方法があると先述しましたが、業者に代行してもらうと、1万円前後の代行手数料がかかります。

 

手数料をかけないために、自分で申請することも可能です。自分で申請する際には2,100円の申請手数料と、保管場所標章代500円を合わせた2,600円を支払うのみです。ただし、自分で申請するときに気をつけたいのは時間がかかるという点です。

 

申請するときには警察署に出向かなければなりません。警察署は平日しか受け付けをしていないので、平日に休みが取れない方には難しいでしょう。また、届け出から1週間程度で標章を受け取りに行くことになりますが、その際も同じく平日に警察署へ出向かなければいけないので注意してください。

 

車庫証明の申請方法

自分で車庫証明を取りたいという方のために、簡単に取得できる方法をご紹介します。

 

車庫証明を取るには、まず正式な書類を用意します。次に車のメーカーや住居の所在地、パーキングの所在地などとともに、停めておく場所の地図や配置図を書きましょう。地図を書くのが苦手な方は、インターネット上の地図を印刷し、該当する箇所のみ切り取って貼り付けても良いとされています。

 

自分の土地に停めるのか、月極パーキングなど他人の土地に停めるのかによって提出する様式が異なりますので注意してください。警察署に赴いてから内容に不備があると二度手間ですので、事前によく確認することをおすすめします。

 

すべてが揃ったら警察署に申請をしに行きましょう。申請を行う警察署は、車の保管場所を管轄している警察署です。住居を管轄している警察署ではありません。書いたものに不備があることも考えられますので、念のため認印を持っていきましょう。

 

車庫証明は申請後1週間程度で交付されます。車庫証明書・保管場所標章番号通知書・保管場所標章を届け出た警察署で受け取ってください。

 

売却後の車は車庫証明の抹消手続きが必要なのか

車を手放した後で気になることの一つが、今手元にある車庫証明をどうしたら良いのかということでしょう。しかし車庫証明に関しては、特に手続きは必要ありません。

 

車庫証明は車を手放せば意味を持たなくなります。名義の変更が行われた時点で、車庫証明を取らなければならない人は譲り受けた方に変更されます。新たに譲り受けた人が、住居や借りている駐車場で届け出をすることになるのです。

 

車を売却した際に特別に手続きを行わなくても、新たに手に入れた際には以前に持っていた車と同じ場所で届け出ることが可能です。

 

車庫証明以外で車の売却に必要な書類

車を手放すときにはさまざまな書類が必要です。車検証や自賠責保険証、自動車納税証明書です。中にはリサイクル券といった普段聞き慣れないようなものもあります。

 

業者に売却する際、知り合いに譲渡する際どちらの場合でも必要な書類についてご紹介します。用意するものがたくさんありますので、一つ一つ確認するようにしてください。

 

車検証

車検証の正式名称は「自動車検査証」です。車の所有者や使用者、車が保安基準に適合しているかどうかを証明してくれる大切な書類です。運転する際には運転免許証を持っていなければいけませんが、車検証もまた、常に携帯していなければいけないものと決められています。

 

車の保険に加入する際にも必要です。ダッシュボードにファイリングされて入っていることが多いため、一度確認してみましょう。

 

自賠責保険証明書

自動車賠償責任保険証明書、略して「自賠責保険証明書」です。これは持ち主が必ず加入しなければならない保険の証明書です。自賠責保険に加入していないと車検証の交付を受けることができません。

 

自賠責保険証明書も、車検証とともにファイリングされていることが多いです。ダッシュボードの中を確認してみてください。

 

自動車納税証明書

年に一回5月に納める自動車税ですが、その自動車税を納めたことを証明するものです。納税を済ませたら、車検証と一緒に置いておくことがおすすめです。以前は車検の際に納税証明書が必要だとされていましたが、現在では条件を満たして入れば不要な場合もあります。

 

このため納税証明書は必要ないと思い、破棄してしまったという方も多いようです。しかし売却の際には必要になります。紛失してしまったときには再発行してもらいましょう。

 

印鑑証明書・実印

名義変更を行う際には実印が必要です。その実印が、実際に登録されている印鑑かどうかを明らかにしてくれるのが「印鑑証明書」です。印鑑証明書は市町村役場、一部地域ではコンビニエンスストアでも発行できます。

 

また、場合によっては2通必要な場合もあります。手放すときには発行してもらっておくようにしましょう。なお、軽自動車の売却の際には不要です。

 

譲渡証明書

「譲渡証明書」は、車を譲ったということを証明するためのものです。様式はインターネットでダウンロードできます。譲渡する車の情報と旧所有者の住所や氏名を書き、実印を押します。その後、譲渡が行われた日付と新所有者の住所氏名を書き提出します。こちらも、軽自動車の売却の際には必要ありません。

 

リサイクル券

廃車にする際に必要なリサイクル料が、きちんと納められているかどうかを確認するためのものです。リサイクル料は購入する際に納めています。車検証と一緒にファイリングされていないかどうか確認してみてください。手放した際には、新たな所有者がリサイクル料を払うことになるので、旧所有者は売却先からリサイクル料を受け取ることができます。

 

リサイクル券を紛失した際には、自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトすることで補えます。「自動車リサイクルシステム」のホームページからダウンロードしましょう。

 

委任状

売却する車の名義変更のように、一連の申請を委任する旨を記載する「委任状」も必要です。書式はインターネットからダウンロードできます。委任する方の住所や氏名を書き、委任された方の情報も記入します。委任状には実印を押さなければいけません。委任状に不備があると手続きが滞ることになりますので、よく確認してから作成するようにしましょう。

 

住民票

「住民票」は、印鑑証明証があれば不要な場合が多いです。必要なのは、車検証に書いてある住所と印鑑証明の住所が異なる場合です。印鑑証明と住民票を用意することで、現在の住所と車検証に記載されている住所を紐づけることが可能になります。また結婚して名字が異なる際には戸籍謄本が必要です。市町村の窓口で発行してもらいましょう。

 

口座情報

車の買取は銀行振り込みが一般的です。業者に伝えた口座情報が間違っていると、銀行振り込みが正常に行われません。その分振り込みが遅れてしまうため、口座情報を伝える際には間違いがないかよく確認してから伝えるようにしましょう。

 

印鑑(軽自動車を売る場合)

軽自動車を売却する際には、印鑑証明や実印は必要ありません。その代わり認め印が必要です。普通車の名義変更の際に必要な実印及び印鑑証明ですが、軽自動車の場合は名義変更を行う機関が異なるため認印でも良いとされているためです。

 

まとめ

車の売却には必要なものが多くあります。車庫証明書もその中の一つですが、軽自動車の場合は不要な場合もあります。地域によって異なるため、事前にしっかり確認しましょう。そしていざ売却するというときのために、車検証や自賠責保険証は決まった場所に保管しておくのがおすすめです。

 

もし紛失してしまっているものがあれば、再発行しておきましょう。そのうえで売却の際にもう一つ大切なのが査定です。あなたの愛車の価値がどのくらいなのか、ネクステージにまずはご相談ください。

無料の査定を申し込む