車買取でスタッドレスタイヤはプラス査定になる?売却した方がいいのか

クルマ売却ガイド

車買取でスタッドレスタイヤはプラス査定になる?売却した方がいいのか

自動車を中古買取に出す場合、本体価格が高いスタッドレスタイヤを装着したほうが、査定は高くなると考える人も多いのではないでしょうか。「わざわざ外すくらいならそのまま出してしまおうかな」と考える気持ちもあると思いますが、そもそもスタッドレスタイヤは本当にプラス査定になるのでしょうか。そこでこの記事では、中古車買取の際にスタッドレスタイヤは査定に影響するのかについて解説します。

 

スタッドレスタイヤは買取査定に影響するか

結論から述べると、自動車の中古買取における査定で、スタッドレスタイヤは査定にほとんど影響がありません。つまり査定に出した自動車が夏用の通常タイヤでも、冬用のスタッドレスタイヤでも、査定額は変わらないと考えてOKです。

 

査定の基準で、タイヤの良し悪しは考慮されますが、タイヤの査定基準はスタッドレスかどうかではなく、タイヤの溝の深さが主な基準となります。タイヤは走行すればするほどすり減る、つまり消耗品と考えることができます。まだすり減りが少なく、溝が十分に残っているタイヤは中古査定でも高評価が期待できるでしょう。

 

スタッドレスタイヤは、夏用の通常タイヤよりも価格が高めです。しかし査定の際に真新しいスタッドレスタイヤを装着していたとしても、溝が多めに残っているタイヤ、という評価しか得られず、価格相応の高評価は期待できません。しかし雪の多い地域の場合、一部の買取業者はスタッドレスタイヤで、査定を重要視するケースもあります。

 

またスタッドレスタイヤ付きの社外ホイールを装着した状態で売却する際、その車両にもともと付いていた「純正ホイール」が無いと査定額が下がる場合があるので注意が必要です。

 

スタッドレスタイヤの相場、売却価格

多種多様な生活用品を買い取ってくれる、大型のリサイクルショップならば、タイヤの買取を取り扱う店舗も存在しますが、なかには相場が安く設定されています業者もいるので注意が必要です。

そのためスタッドレスタイヤをできるだけ高く売却したい場合は専門の買取業者に買い取ってもらうのが一番です。

 

タイヤは4つで1セットのため、4つまとめて売ることが推奨されます。もしも1個単位で売ってしまうと、買取価格は4個売りの際の単価より低くなるため注意が必要です。

 

また上記で解説したように、タイヤの中古買取で重要なのは溝の深さです。これはタイヤの専門業者に売却する際も同じため、新しいタイヤほど高い査定が期待できます。

 

製造年月も重要になります。タイヤは時間が経つとそれだけ劣化するため、たとえ未使用でも製造年月が古いと査定は下がります。

 

タイヤは以上のような要素で査定され、タイヤは一個、安くて1,000円、高ければ5,000円前後が査定相場です。もしも4個セットで売った場合は5,000〜20,000円程度になることが予想されます。

 

スタッドレスタイヤはどうするべきか【車買取】

ここまでの解説を踏まえ、売却したいスタッドレスタイヤがある場合は、どうすればいいのかを以下にまとめました。

 

スタッドレスタイヤだけ売却する

おすすめの方法の一つにタイヤの買取専門業者にスタッドレスタイヤを買い取ってもらうことが挙げられます。タイヤ買取の専門業者ならばタイヤの専門家なので、正しい査定を行い、適正価格で買い取ってくれるでしょう。多くの大手買取業者はネットでの申し込みが可能であり、出張買取にも対応しています。

 

新車用にもっておく

スタッドレスタイヤは購入する場合高価で、新品を4本セットで買う場合は6〜8万円前後になります。このため今まで使っていたスタッドレスタイヤも、溝が充分残っている場合は、いつか新車を購入したときのために、保管しておくのも一案です。

 

タイヤの保管のコツは、日陰で風通しがいい場所に平置きにしておく保管方法です。ホイールに装着されている場合は、平置きで重ねても問題ありません。

 

そのまま買取をしてもらう

買取価格を気にしない場合はスタッドレスタイヤを装着した状態でそのまま買取査定に出しても、問題はありません。この方法が最も手間いらずです。

 

タイヤは、かなり使い込んでいる状態で溝が浅い場合、タイヤ専門店でも査定は低いため、中古車買取で一緒に引き取ってもらうのが、賢い選択かもしれません。

 

スタッドレスタイヤの需要によって金額が変わることも!

スタッドレスタイヤはその地域の需要によって金額が変わることもあります。まったくスタッドレスタイヤを使用しない地域では需要が少ないため金額が低くなることもあります。

一方でスタッドレスタイヤを頻繁に使用する地域では、それだけ需要が高いので金額もあがります。

 

スタッドレスタイヤは売却時期によって値段が違うことも!

中古タイヤ、特に中古のスタッドレスタイヤ市場は、需要の高い市場です。このため価格の変動が激しく、需要が高い時期は買取価格も高くなり、需要が低い時期は、買取価格も低くなりがちな傾向があります。

 

スタッドレスタイヤは冬に需要が高くなるため、中古のスタッドレスタイヤも必然的に、冬場に買取価格が高くなる傾向があります。

 

もしも夏場に不要なスタッドレスタイヤが発生した場合、冬まで保管しておき、需要の高い時期に売却することをおすすめします。

 

スタッドレスタイヤだけを売却しようと考えている場合、時期を選んで売却するのも一つの方法です。

 

査定額にプラスの影響がある部品、パーツ

自動車は購入後にオプションパーツを取り付ける場合があります。後から取り付けたオプションパーツには、その後の買取査定で、高査定につながるものも少なくありません。

 

カーナビは高査定

中古査定でプラスになるオプションパーツの代表はカーナビです。

カーナビには自動車メーカーの純正品と社外品がありますが、カーナビの場合、純正でも、社外品でも中古査定の際はプラス査定が期待できます。

 

純正のエアロパーツ

エアロパーツはその自動車の走りを良くするために自動車の外部に取り付けるパーツです。

査定の際、メーカーの純正のエアロパーツの場合は、概ね査定にプラスになります。逆に社外品のエアロパーツにプラス査定は期待できません。

 

純正のオーディオ機器

運転中に音楽やラジオを聴くドライバーは多いため、自動車のオーディオ設備は重要視される傾向にあります。自動車のオーディオ機器は各自動車メーカーが純正品を提供しており、購入時のオプションで取り付けることができます。

純正のオーディオ機器が取り付けられている自動車は、査定でプラスが期待できます。逆に社外品は特にプラス査定にはならないため、取り外して別途で売却するか、自分で使い続ける、などの方法が無難です。

 

査定額にマイナスの影響がある部品、パーツ

エアロパーツ、オーディオ機器の社外品は特に査定にプラスにはなりません。カーナビは、純正でも社外品でもそれなりのプラス査定が期待できます。

社外品のエアロパーツやオーディオ機器の場合、プラス査定にならないだけで、マイナスに働くことは少ないため、過度な心配は無用です。

しかし自動車のパーツにはマイナス査定につながるものも存在します。

例えば手作りのパーツを取り付け、取り外しが困難な場合は、マイナス査定になる可能性があるので注意しましょう。

 

スペアタイヤと車載工具セットの有無

自動車によってはスペアタイヤと車載工具セット(タイヤを取り付ける工具)が搭載されています。昨今の軽自動車は搭載スペースの関係でスペアタイヤは無く、車載工具セットのみの仕様が多くなっています。

 

スペアタイヤと車載工具セットの搭載は義務ではありません。しかし本来、スペアタイヤと車載工具セットを搭載可能な仕様で、それが無い場合は、査定の際にマイナス査定の要因となるため注意が必要です。

 

無料査定で自分の車の価値を知ろう!

中古車買取は、査定までは無料で行ってくれる業者がほとんどです。インターネットの査定サイトでも、車種や年式などを入力すれば査定額の目安を知ることができます。

自分の自動車がどのくらいの査定がつくのか知りたい場合は無料査定を利用するのがおすすめです。

 

まとめ

スタッドレスタイヤの本体価格は、夏用のタイヤよりも高額ですが、買取査定の際は特にプラス査定が期待できません。そして中古査定の場合のタイヤは溝の深さが査定のポイントになります。

 

またタイヤ専門の買取業者にお願いすることで適正価格にて買い取ってくれるので、専門の買取業者を利用するのもおすすめです。

 

しかし車を売却する際になかなかスタッドレスタイヤだけ外して保管しておくことは手間もかかり、また車の買取を少し難しくするので、「タイヤはあまり査定金額に影響しない」と考えて買取業者渡すのもいいかもしれません。

ご自身にあった方法をぜひ選んでみてください。

 

 

■ご自宅まで、無料で出張査定も対応します。ネクステージの「クルマ愛情買取」