車を売却するときの流れと注意点を解説!トラブル対処とお得に売る方法とは?

クルマ売却ガイド

車を売却するときの流れと注意点を解説!トラブル対処とお得に売る方法とは?

車を売却しようと思っているけれど、いまいち手続きややり方がわからなくて不安だと感じている人もいるのではないでしょうか。確かに車の売却において、買取業者との間でトラブルになるケースもあります。

 

できるだけ高く買い取ってもらいたいと思う一方で、トラブルは避けたいもの。そこで今回は、不要なトラブルを回避してお得に車を売却するための注意点やポイントをご紹介します。

 

※目次※

1.トラブルに合わないために必要な車売却の手続きの流れ

2.車を売却するときの注意点と契約後のトラブルへの対処法

3.車を売却するときの保険手続き

4.車を売却するときには下取りよりも買取りのほうがお得な理由

5.車を少しでも高く売却するためのポイント

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・車を売却するときの基本的な流れや手続きとは。基本を押さえてトラブルを予防しよう!

・不要なトラブルを回避するポイントや対処法を知っておこう!

・車を少しでも高く、お得に売却するために押さえておきたいポイントを理解しておこう

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

トラブルに合わないために必要な車売却の手続きの流れ

 

車を売却での不要なトラブルを避けるためには、事前に基本的な手続きを理解しておくことが大切です。まずは車の売却に必要な手続きを確認していきましょう。

 

売却したい車の相場を調べる

車の買取価格は、車の使用状況や車種によって異なります。それぞれ違うとは言っても、おおよその相場を知らなければスムーズな価格交渉はできません。相場より極端に安い金額で契約してしまった、という事態を避けるためにも、売却予定の車の買取相場を調べておきましょう。

 

相場はインターネットの車の買取相場を検索できるサイトで簡単に調べられます。

 

必要な書類を準備する

スムーズな売却手続きができるように、必要な書類をそろえておきましょう。売却時に必要な書類は、以下の一覧を参考にしてください。用意するときの注意点や、万が一必要書類がない場合の対処法も合わせて記載しています。

自動車検査証

・現住所と氏名を確認しておく

・再発行する場合は登録をした陸運局で

自賠責保険証明書

・有効期限を確認

・保険会社に連絡することで再発行が可能

自動車納税証明書

・有効期限を確認

・管轄の都道府県税務署で再発行可能

印鑑登録証明書2通

・発行から1ヶ月以内のもの

・軽自動車の場合は1通でも可

リサイクル券

・自動車リサイクルシステムのホームページで「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで代用可能

上記の必要書類に加えて実印の用意と、買取額をどの口座に振り込んでもらうのかも決めておきます。軽自動車の場合は認印でも大丈夫です。

 

申し込み・査定依頼をする

車の売却を決めたら買取業者に見積もり査定を依頼しましょう。見積もりは業者に自宅まで来てもらう出張査定と、自分で車を買取店までもっていく方法があります。

 

直接買取店に持っていく方法は、自分のタイミングで査定に出せるというメリットがあります。しかし売却後は車が無い状態になりますので、買取店までの距離が遠く、帰宅の際の利便性が悪い場合は避けた方が良いでしょう。

 

契約・売却車両の引き渡しをする

査定額に納得できるようでしたら、買取契約を交わして車両を引き渡します。車に降ろし忘れの荷物がないかを確認しておきましょう。ドライブレコーダーやナビに個人情報が残っている場合は削除しておきます。

 

また売却後は車が手元にありませんので、新しい車に乗り換え予定であれば次の車が来るまでの移動手段を考えておく必要があります。

 

入金の確認をする

車の引き渡しが終わったら業者から入金されているか確認しましょう。買取金の支払いは即日現金で支払いをしてくれる業者もあるようですが、車両引き渡し後に指定した口座へ振り込まれるのが一般的です。業者によって振り込みまでの日数が違いますので、事前に確認しておきましょう。

 

車を売却するときの注意点と契約後のトラブルへの対処法

車の売却をおこなうときに業者とトラブルが起こる場合があります。不要なトラブルに巻き込まれないたの注意点を確認しておきましょう。万が一トラブルが起こった場合の対処法についてもご紹介します。

 

書類はしっかりと確認して準備する

必要な書類が揃っていなければ売却の手続きが進まないので、しっかりと確認して準備しておきましょう。特に車検証や自賠責保険の証明書は「当然車の中にあるもの」と思い込んでいるために、ぎりぎりまで確認しないという人も少なくありません。

 

仮に紛失した場合でも再発行はできますが、届くまでに日数がかかります。その分売却手続きが遅れることにもなりますし、売却予定日が変わることで査定額が下がることも考えられます。必要書類は事前に確認して準備しておくことが重要です。

 

契約後のキャンセルは避ける

契約後のキャンセルはトラブルの元になりますのでできるだけ避けましょう。契約後にキャンセルすると、多くの場合キャンセル料が発生します。

 

業者によってキャンセルできる期間を設けていることもありますが、その期間もさまざまです。契約前にキャンセル可能な日数やキャンセル料について確認しておくと万が一の場合も安心です。

 

またキャンセルとなる原因の多くは、家族への情報が共有されていないことにあります。キャンセルによるトラブルを避けるためにも、車の売却について家族と話し合い情報を共有しておきましょう。

 

車の売却後に起こるトラブルの例

車の売却後に査定額を減額されたというトラブルがあります。「実際よりも価値が低い車であった」「後になって修復歴が見つかった」といった理由で減額されるようです。

 

しかし、車を実際に確認してから契約をしているはずですから、契約後の減額には応じる必要がありません。売却後に減額されることのないように、売却額について販売店側ときちんと話し合い書面でやり取りしておきましょう。

 

初心者にありがちな車売却の失敗例

はじめての車売却でありがちな失敗のひとつに、相場よりも安く買取られるというケースがあります。買取業者は安く仕入れた車を高く売ることで利益を得ますので、できる限り安く買い取りたいと考えます。

 

必要以上に安く買い叩かれないためには、自分の車の相場を知っておくことが大切です。相場がわかっていれば、安い査定額を提示されても疑問を持つことができ、売却額で失敗することはありません。

 

車を売却するときの保険手続き

車を売却するときに忘れてはいけないのが保険の手続きです。車の保険は売却後自動的に解約されることはありませんので、自分で手続きを行う必要があります。自賠責保険や任意保険に必要な手続きについてまとめました。

 

売却すると自賠責保険は解約される?

自賠責保険は、事故を起こした加害者に賠償能力がなかった時に被害者を救済するための保険です。公道を走る車は自賠責保険の加入が義務づけられており、未加入の車は公道を走れず、車検も取れません。

 

車検の時に自賠責保険も更新をおこない、車検の有効期限と同じか車検よりも1ヶ月長い期限で設定していることがほとんどです。車を売却したとしても自賠責保険が自動的に解約されることはありません。

 

任意保険は自分で解約する

任意保険は加入義務がないものの、自賠責保険で賄いきれない多くの補償を得られるため、加入している人が大半です。任意保険も自動的には解約されないため、車を売却する際は自分で解約手続きをする必要があります。

 

解約を忘れると契約の満期まで保険料を払い続けることになってしまうので、忘れずに手続きしましょう。

 

自賠責保険は還付されるのか

自賠責保険の保険料は車検の期間に合わせて一括で支払っています。車検を取ってすぐに売却する場合は、支払った自賠責保険の保険料がほぼ使われないことになります。

 

このような場合、自賠責保険の保険料は保険の残り期間に応じて還付されます。自賠責保険の保険料還付手続きに必要なものは以下の通りです。

 

  • ・一時抹消登録証明書のコピーか登録事項等証明書
  • ・自賠責保険証の原本
  • ・所有者の印鑑か認印
  • ・還付金の振込先口座情報

 

全額ではありませんが、支払った保険料が戻ってきますので忘れずに手続きをおこないましょう。

 

車を売却するときの自賠責保険の名義変更

車を売却したときの自賠責保険の名義変更について説明します。業者に買取りを依頼した場合は業者側で手続きをおこなってくれます。必要書類を揃えた上で業者の指示に従い手続きをおこないましょう。自分で手続きをおこなう場合に必要なものは以下の通りです。

 

  • ・譲渡証明書
  • ・車検証
  • ・新所有者の委任状
  • ・旧所有者の委任状
  • ・新所有者の印鑑証明書
  • ・旧所有者の印鑑証明書
  • ・新使用者の車庫証明
  • ・申請書
  • ・手数料納付書
  • ・自動車税、自動車取得税申告書

 

それでは、ケース別に手続きの方法をみていきましょう。

 

1.買取りの場合

買取り店で売却する場合は、業者が手続きを代行してくれますのでほとんど手間はかかりません。業者に依頼するのであれば、還付手続きも業者側でおこなってくれますが、その場合の還付金は査定額に上乗せされる形で、実質先に受け取ったことになります。

 

2.乗り換えの場合

車を乗り換えるのであれば、新しい車でも自賠責保険に加入する必要があります。新車であればディーラーで手続きをおこなってくれますので、車両代金と合わせて支払いましょう。

 

中古車の場合は、自賠責保険の名義が販売店になっていることもあります。名義変更をおこなった上で、残り期間の保険料の支払いについて販売店に確認しましょう。

 

3.個人売買の場合

個人売買で車を売却するのであれば、手続きはすべて自分でおこなう必要があります。自賠責保険の期間が残っている場合は名義変更をおこないましょう。車検が切れている場合は、自賠責保険の解約申請をしてから売却します。

 

4.リース会社が名義人の場合

リース会社が名義人の場合は、自賠責保険料をリース会社で支払っていることもあるでしょう。その場合は、リース会社に名義変更したい旨を伝えることで、必要な手続きをおこなってくれます。

 

自動車保険の等級はどうなるのか

車を売却して乗り換えたり、任意保険が満期になるタイミングで保険会社を見直すという人も多いようです。補償内容や保険料を見直すことで、さらに安心したカーライフを送ることができます。

 

保険会社を変えたとしても、等級は引き継げます。ただし自動車保険の等級は、保険の満期を過ぎてから7日以内に手続きをおこなわなければ、これまでの等級は消滅します。自動車保険を見直すのであれば満期から7日以内に手続きを済ませましょう。

 

車を売却するときには下取りよりも買取りのほうがお得な理由

車を売却する方法には、ディラーで下取りに出す方法と買取業者に買取ってもらう方法があります。下取りと買取りでは査定額に大きな差が出ることがあり、一般的には買取の方がお得だといわれています。ここでは、その理由について見ていきましょう。

 

下取りと買取りの違いとは

下取りも買取りも同じように思えるかもしれませんが、両者には利益の出し方に大きな違いがあります。

 

買取りは、買い取った車を中古車として販売することや他の販路に流すことで利益を得ます。一方下取りは、新車を売るための値引き材料として使われます。利益は新車を売ることで得ているのです。

 

下取りを行うディーラーは新車を売りたい

ディーラーが買取業者と比べて下取りに力を入れない理由の一つに、ディーラーの目的が新車を売ることにあるということが挙げられます。買取った車を販売する買取業者は商品となる車の買取にも力を入れますが、ディーラー側は購入者が車を下取りに出さなくても問題ないのです。

 

購入者が買取店で売却したとしても、その多くは新車の頭金に当てられるわけですから、ディーラーが困ることはありません。下取りに力を入れる必要もないといえます。

 

下取りの場合、車の具体的な評価額がわかりにくい

買取であれば売却した代金を受け取ることができますが、下取りの場合は直接その代金を受け取ることはありません。新車の購入費用から下取りの金額を値引きするという形が一般的です。

 

新車購入時は、値引き交渉によって多くの値引きが適用されますので、値引き総額のうちいくらが下取り価格なのかがわかりにくいという問題があります。下取り価格については、明確に確認しておきたいところです。

 

車を少しでも高く売却するためのポイント


車を売却するときは、できる限り高い価格で買い取ってもらいたいものです。いくつかのポイントを押さえておくことで、査定額アップにつながるケースもありますのでチェックしておきましょう。

 

整備手帳を用意する

整備手帳は、その車がどのように整備や点検をおこなってきたのかを確認できる書類です。これまでしっかりメンテナンスをしてきたという人であれば、査定額アップのアピールポイントにもなります。

 

整備手帳がないことで査定額が下がる可能性もありますので、必ず用意しておきましょう。

 

車をきれいにしておく

車のボディや車内をきれいにしておきましょう。きれいな車の方が査定額も高くなる傾向があります。ただしお金をかけてまでおこなう必要はありません。

 

車の清掃やキズの修理にお金をかけたとしても、それ以上の費用が査定額に上乗せされることはないからです。査定額に反映するというよりも、査定の時によい印象を与えるために、できる範囲で車をきれいにしておくことをおすすめします。

 

純正品を用意しておく

一概には言えませんが、純正オプションの方が社外品よりも査定額が高くなる傾向があります。わざわざ購入する必要はありませんが、純正品があれば査定の時に用意しておくと良いでしょう。

 

スペアキーを用意しておく

車のスペアキーを用意しておきましょう。普段はあまり使うことがありませんが、スペアキーがないことでマイナス査定になる可能性もあります。

 

同様に車の取扱説明書も揃えておきましょう。どちらも、車を購入するときに無ければ困るものですから、査定額にも影響する場合があります。

 

車を売却するタイミングと税金の関係

自動車税は毎年4月1日の時点で登録済の車両に課される税金です。1年分を一括で支払いますが、年度途中で売却した場合、自賠責保険のような還付金はありません。

 

しかし買取業者で売却した場合は、差額分を査定額に上乗せしてくれることがほとんどです。見積もりを取ったときに確認しておきましょう。

 

車を高く売却できる時期はいつ?

車には高く買い取ってもらえる時期があります。就職や進学で新生活をはじめる人が多い1~3月、移動や転勤の多い9~10月です。この期間は中古車販売店でも車を揃えておきたい時期であり、中古車の需要が増えるため買取価格も高くなる傾向があります。

 

この時期に車を売却することで、高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

 

まとめ

車の売却は、そう何度もする経験ではないため、わからないことが多いものです。ただし、わからないままに業者任せで売却を進めると、思わぬトラブルに会う可能性があります。不要なトラブルを避けるためには、自分の車の相場や売却手続きの流れを知っておくことが大切です。

 

ネクステージでは中古車販売だけでなく。買取や車検もおこなっています。不安な点や相談したいことがあれば、ぜひネクステージにご来店ください。

無料の査定を申し込む