リコール対象車は査定してもらえるの?買取金額への影響は?

クルマ売却ガイド

リコール対象車は査定してもらえるの?買取金額への影響は?

 

いままで普通に乗車していた車が……実は「リコール」の対象車だった!

これは車を購入した人であれば、誰でも当てはまる可能性があります。そのため、自分の車がいきなりリコール対象者であることを知らされることもあるということです。

もしも自分の車がリコール対象者であることを伝えられた場合、今後も乗車することに不安を覚えて、「すぐに買い取ってもらいたい」と考える人もいるのではないでしょうか。しかし、リコール対象者はそもそも査定してもらえるのか疑問ですよね。

そこで本記事では、リコール対象車は査定してもらえるのか、買取金額への影響はあるのかを説明していきます。

 

 

リコールとはなにかについて理解しよう

自動車に関するニュースで、「リコール」という言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか。

リコールとは「自動車メーカーの製造過程で発生した欠陥」を指しており、リコールの対象となった車は製造企業から無償で修理を受けることができます。

 

リコールってなに?

自動車におけるリコールとは、特定の車種が設計段階、または製造段階が原因で不具合が発発生したケースを指します。

不具合を発見した場合、自動車の製造企業は国土交通省にその旨を届け出て、対象となる車種を公表して、原則として無償で修理を受け付けます。この一連の流れをリコールと呼びます。

 

リコールに期限はあるの?

もしも購入した車がリコールの対象となった場合、購入したディーラーや販売店から通知が届きます。リコールの通知が届けばリコール対象車とみなされ、無償で修理を受けることができます。

 

リコールの無償修理には原則的に期限はありません。通知が届いてから1年後に修理の届け出をした場合でも無償で修理をしてもらうことができます。また、車検が切れている状態でも無償修理に応じてもらえます。

 

リコールは書面による通知の他に、国土交通省のホームページや、電話で「自動車不具合ホットライン」に問い合わせることでも確認が可能です。

 

 

自分の車がリコール対象車になったらやるべきこと

リコール通知が届いた場合、速やかに製造企業に届け出て無償修理を受けましょう。

リコール通知が届いたということは、対象の車が大なり小なりの欠陥を抱えているということです。詳しい欠陥の内容はリコール通知書に記載されていますが、万が一大きな欠陥であれば危険を伴うので、速やかに修理することをおすすめします。

 

リコールが発生すと、リコール対象車の車体番号が公表されます。リコール通知には車体番号が記載されており、リコール対象者の車体番号を証明することができれば、製造企業のどの店舗でもリコール修理を受け付けてくれます。購入した販売店(サブディーラー)に申し込んでもOKです。

 

中古車として購入した車でも、リコール対象の車種ならば無償修理を受け付けてもらえます。中古車の場合は購入した販売店に持ち込んでも、製造綺語のディーラーに持ち込んでもOKです。

 

リコール対象車は査定してもらえるのか?

 

自動車を売却する際は中古車買取業者に査定をしてもらい、売却価格が決まります。査定はその車種の年式が古いほど、走行距離が多いほど、査定価格が下がる傾向にあります。

修復歴があったり、過度に劣化していたりする場合は買取不可になる場合もあります。

ではリコールの対象となった車種はどうでしょうか?

結論を述べると、リコール対象車であっても中古買取りは可能で、リコールによる欠陥部分が査定に影響することはありません。

 

 

リコール対象車でも査定金額は下がらない!

 

基本的に特定の車種にリコールが起こると、その情報は持ち主だけでなく、一般的に広く情報が伝わります。そしてリコールが発生した場合、その車種は無償で修理してもらえるのでリコールが理由で査定額が下がることはありません。

 

ただし例外的な場合もなかにはあります。

 

例えば、中古車の査定金額は車種のニーズに大きく左右されます。基本的に人気の車種は中古車でも買い手がつきやすいため、高めの査定がつきます。そこでリコール問題がニーズに影響を与え、間接的に査定額を下げてしまうことが考えられます。

 

また、特定の自動車メーカーが立て続けにリコールを出してしまい、その製造企業の評判が下がってしまった場合はリコール対象車も含め、その自動車メーカーの車種の査定額が全体的に下がってしまうということも考えられます。

 

 

気づかぬ間にリコール対象車に!?リコール対象車の調べ方

 

リコール件数

リコールの件数は一昔前と比べて増加傾向にあります。その主な理由として、自動車の構造が複雑になって部品数が増加している、共有部品が増えているということが挙げられます。

リコール件数が増えたこともあり、リコールが原因で事故が起こった際の企業への罰則も厳しくなっています。

 

基本的にリコールの情報は国土交通省が管理しています。例えばその年に発生したリコール車の合計台数を知りたい場合は国土交通省のホームページで調べることができます。

国土交通省のホームページには数十年前から昨年の平成29年までの、年度別に発生したリコールの合計台数を掲載しています。

 

『自動車不具合情報ホットライン|自動車のリコール・不具合情報 - 国土交通省』

 

リコール対象車の調べ方

リコールになった車の保有者には書面による郵便通知でその旨が伝えられますが、見落とされている場合も考えられます。そのため、動車を保有している人は定期的に自身の保有する車種がリコール対象になっていないか自分から調べてみることをおすすめします。

上記で解説したようにリコールの無償修理には期限がないので、発見次第修理を申し込むことができます。

 

国土交通省のホームページのリコール情報ページには、製造企業と形式を入力してその車種にリコールがあるかどうかの検索ができますが、電話での問い合わせも受付けています。「自動車不具合ホットライン」を利用すれば自分の保有する車種にリコール歴があるかどうかの確認ができます。

電話番号は【0120-744−960】です。

 

以上のように国土交通省のホームページや電話を利用すればリコールの情報を細かく調べることが可能です。リコールの総合情報は国土交通省のホームページに掲載されていますが、各製造メーカーのホームページにも自社の車種のリコール情報が掲載されています。

 

リコール対象車を売却するときの注意点

 

リコール対象車を売却する際、リコール対象となった欠陥部分によって査定が下がることはありませんが、リコール内容と関係ない部分の不具合や欠陥は査定を下げる要因となります。

 

リコール内容と関係ない故障は査定額に関係する

リコールによる欠陥内容以外の部分が故障していた場合、その部分の修理はメーカーによる無償修理の対象外です。そのため買取業者が自腹で修理することになるので、査定額が下がる要因となります。

 

リコール対象車を修理に出さずにそのまま放置する

売却を考えている車がリコール対象者だった場合、時間的に余裕があればリコールによる無償修理を受けてから買取査定に出すことをおすすめします。

仮にリコールの修理をせずに査定に出した場合でも、買取業者は買い取った後に、無償で修理に出すことができるため、リコールによる欠陥が原因で査定が下がることはありません。

 

無料査定で自分の車の価値を知ろう!

 

現在の自分の車の価値が知りたい人は、買取業者の無料査定を利用するのがおすすめです。

自分の車の価値がいくらなのか、なぜその金額を丁寧に教えてくれます。なかには今後一気に価値が下がっていく可能性のある車や、人気の車を教えてくれる買取業者もいます。

また、リコール対象車であることもしっかりと伝えることで、納得のいく査定をしてくれるでしょう。お金はかからないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

自分の車がリコール対象車になった場合、リコールに関して知識がなければ焦ってしまいますよね。

「交通事故につながったらどうしよう……」と不安に感じて、すぐに売却を検討する人もいるでしょう。買取業者に査定してもらう場合、リコールの有無で査定額が変わることはありません。

もしも売却を検討しているのであれば、一度専門家に相談するのもいいのではないでしょうか。