ボロボロの車は売ることができるの?1円でも高く買取ってもらう方法を紹介

クルマ売却ガイド

ボロボロの車は売ることができるの?1円でも高く買取ってもらう方法を紹介

廃車することも考えてしまうような見た目がボロボロな車や年式が古い車に対して、「売却は無理」と決めつけてしまう人もいるのではないでしょうか。売却対象になるとは考えにくい車でも、売り方によっては高値での売却も可能です。

 

そこでこの記事では、ボロボロの車が売れる理由や売る際の選択肢を踏まえ、1円でも高く買取してもらう方法を解説します。長年乗っていた愛車を納得できる方法で売却したいと考えている方は参考にしてみてください。

 

※目次※

1. ボロボロの車でも売ることは十分可能!

2. ボロボロの車が売れる理由

3. 意外にある!ボロボロの車を売る方法

4. ボロボロの車を1円でも高く売るためのノウハウ

5. 車買取を行う業者に関するチェックポイント

6.まとめ

 

■POINT

 

 

・ボロボロな車でも車自体や部品に価値があるものもある!廃車にする前に売却可能か確認しよう!

・売る場所選びは慎重に。販路が広い買取業者は高額買取が狙える

・売りたい車の相場を理解してから売却準備を始めることこそ、失敗しないコツ!

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

ボロボロの車でも売ることは十分可能!

外装のさびが目立っていたり内装の劣化が進んでいたりすると、売却するのを初めからあきらめてしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、どんなにボロボロでも年式が古くても、売却できる車もあります。

 

車を手放すにあたり、1円でもお金を得られたほうが有意義な手放し方になるでしょう。お金を得られる可能性を考えずに廃車処分を考える前に一度、本当に廃車以外に手立てはないのか確認しましょう。

 

ボロボロの車が売れる理由

ボロボロの車がなぜ売れるのか疑問に思う方もいるでしょう。車の知識がない方は「車が動かなくなった」「走行距離を長く走ったからもう寿命だろう」などの理由で車がもつ価値を決めつけてしまい、廃車の手続きをしてしまいがちです。ここからは、ボロボロの車が売れる理由にはどのようなものがあるのかについて、代表的なものを解説します。

 

パーツに価値があるため

どこから見てもボロボロで価値がないように見える車でも、使用しているパーツに価値がある場合もあることを知っておきましょう。

 

たとえば、ある部分だけが故障しており、修理をしたくても車の生産自体が終了していて部品が取り寄せできないという場合があります。こうした場合、たとえ動かなくとも同じ車種や年式の車を買取れば、特定の部品だけを取り出して修理が必要な車に活用できます。

 

10年落ちの車や不動車でもパーツに価値がある可能性があるため、事前に売却依頼をするのが賢い選択です。

 

海外への販売

日本と違って、海外は同じ車を長期間乗り続ける傾向があります。そのため、年式が古くても海外への販路がある業者ならば高値で買取ってもらえるケースも珍しくありません。「長く乗り続けられるか」「修理しやすいか」といった面でディーゼル車やカーオーディオにデジタルシステムを導入していない車のほうが、海外では人気なケースもあります。

 

年式が古いだけであれば、海外に販路がある(輸出している)業者へ査定依頼をするとよいでしょう。査定依頼することで、廃車にしていれば得られなかったお金を手にできる可能性も十分あります。

 

車自体に価値があること

年式が古くなっても車自体の人気が高ければ、高価買取できる可能性も十分あるでしょう。車の買取相場は年式や走行距離、モデルチェンジの有無、修復歴の有無などにより大きく変動します。車自体に人気があれば、思いのほか高く買取してもらえることもあるでしょう。

 

たとえば、小回りが利き燃費がよいダイハツのタントは維持費重視で車を選びたい人から高い支持を得ています。車高も高く乗り込みやすいため、子育て世帯にも人気です。年式が古いからお金にならないだろうと思わずに、まずは査定依頼をするとよいでしょう。

(参考: 『タント(ダイハツ)の中古車一覧』)

 

意外にある!ボロボロの車を売る方法

ボロボロの車を売ろうと決めたら、売却方法をどうするかを決める必要があります。代表的な売却方法は4つあり、それぞれ特徴が異なることをあらかじめ知ったうえで、どの方法にするのか決めましょう。ここからは、選択肢として挙げられる4つの売却方法について解説します。

 

下取り

「下取り」はディーラーが行っているもので、新車購入を前提としているのが特徴です。ボロボロの車でも引き取ってもらえるでしょう。下取りにより発生したお金は、新車購入時の価格から差し引いて還元される仕組みです。しかし、ボロボロの車の場合はリサイクル料の返金程度の価格になることも多いでしょう。

 

ディーラーの下取りよりも、ほかの選択肢のほうが車を高く評価してもらえる可能性があります。1円でも高く売りたいと考える人は下取り依頼だけでなく、ほかの方法でも査定依頼の申し込みをするのがおすすめです。

 

一括査定

ボロボロの車でも買取してもらいたいものの、どこの業者に頼めばよいかわからないという方もいるのではないでしょうか。一括査定を利用すると不動車や事故車でも買取を行っている業者がわかることもあります。一括査定は、Webページで必要な情報を入力すれば複数業者から電話やメールで連絡が来る仕組みです。

 

一括査定サイトと提携している業者の中には、不動車や事故車の買取を行う業者も存在します。しかし、電話やメールでの対応に追われる、電話だけでは信頼できる業者かわからない、といったこともあるでしょう。業者の見極めに不安がある方は全国ネットワークで販路の広く、買取実績も豊富で信頼できるネクステージの利用が安心です。

 

中古車販売店へ売却

新車販売に力を入れているディーラーは買取を行わないため、提示する査定額に物足りなさを感じる人も少なくありません。一方で中古車販売店への売却ならば、車の価値を可能な限り評価してもらえる特徴があります。

 

中古車販売店は、規模が大きくなればなるほどネットワークや販路も充実していると考えてよいでしょう。ネクステージも、日本全国にネットワークがあり広い販路をもつ中古車販売店のひとつです。在庫にすることを目的で買取を行うため、車の価値をしっかり評価します。ほかで査定額がつかないボロボロの車でも一度ネクステージにご相談ください。

 

オークション

1円でも高く売りたい場合はオークションも検討してもよいでしょう。オークションシステムを利用して個人で行ったり、代行会社に依頼したりすることで車を売却します。オークションサイトを使用する際に一定のシステム手数料は支払う必要がありますが、利益を見込みやすいことが特徴です。

 

車の知識が豊富な人にとっては、オークションでボロボロの車を売りに出すのは大きな負担ではありません。年式が古くても高く評価され、高値で落札できる可能性もある売却方法のひとつです。しかし、オークションにはリスクがつきものでもあります。買取手がつかないなどのリスクを踏まえた上で利用するとよいでしょう。

 

ボロボロの車を1円でも高く売るためのノウハウ

廃車寸前の車でも1円でも高く売るための可能性を高くするためには、ノウハウを知っておくと損をする不安を解消できるかもしれません。

 

さまざまな業者に査定依頼をする前に何を知っておくべきなのか、何ができるのかを確認しておきましょう。ここからは、具体的なノウハウを解説します。

 

どの程度価値が下がっている車か把握すること

まずは、自分の車の価値がどれくらい下がっているのかを把握しましょう。ボロボロの車であっても、車の状態がすべて査定に影響するわけではありません。車を売る手段によっては、ボロボロであることはさほど関係ないこともあります。

 

年式や走行距離など車の状態を自分で把握しておけば、価値の下がり具合も自分で把握しやすくなるでしょう。ボロボロな車であるという理由で、初めから車の状態を把握しようとしなければ業者に対してよさもアピールしにくくなります。

 

自分の車の相場を把握

売却しようと考えている車の相場価格を把握しましょう。新車・中古車それぞれの相場価格をチェックしておけば、適正な買取価格がイメージしやすくなります。人気車種なのか、中古車市場での需給の状況などによっても、買取価格は異なることも知っておきましょう。

 

生産終了しているものの中には、ボロボロでも希少性が生まれるケースがあります。買取業者に買取相場に達していない査定額を提示されたとしても、希少性がある車ならばボロボロでも交渉する余地はあるといえるでしょう。

 

定期的なメンテナンス

ボロボロの車でも、定期的なメンテナンスを行っていればそれが査定額に反映されることもあります。メンテナンスノートがあれば、買取時のプラス査定を期待しやすくなります。メンテナンスノートは、点検記録簿とメーカー保証書がついている書類です。

 

メンテナンスノートがあればメンテナンスしたという証拠になるため、車のアピールポイントになるでしょう。定期的にメンテナンスしていれば、外観や内装への劣化が進んでいても車の性能そのものは良好な状態と判断されることもあります。

 

純正パーツの保管

純正パーツがあるかないかで、査定額に大きな差が出ることもあります。特にマフラーやナビなど、車の一部を改造している場合は純正パーツの保管に努めましょう。

 

純正パーツの保管ができていれば、プラス査定につながるでしょう。なぜなら純正パーツは、購入後の買い足し、取り付けができないためです。1円でも高く買取してもらいたいと考える方は、買い取ってもらうまで純正パーツを処分せずに保管しておくとよいでしょう。

 

コレクターにアプローチ

ボロボロの車でも希少性が高い車は、一部のコレクターから一定の人気があります。最近はSNSなどを利用して情報を発信しているコレクターにも増えているため、以前に比べればアプローチもしやすくなりました。ボロボロの車でも魅力となる部分があるのならば、積極的にコレクターに情報を提供してアプローチしましょう。

 

生産が終了していたり、長年人気があったりする車種は、コレクターにとっても魅力的な車になりやすいことが特徴です。ただし、個人同士の取引の場合はトラブルが起こりやすいので注意しましょう。

 

車買取を行う業者に関するチェックポイント

車の買取を行う業者は数多く存在します。その中から査定依頼を申し込む業者を選ぶには、慎重にチェックするとよいでしょう。ボロボロの車であっても、業者に対して遠慮する必要はありません。ここからは、車の買取を行う業者を選ぶにはどのような点をチェックすればよいのかを解説します。

 

店舗数や取り扱い車種が多いかどうか

ボロボロの車は、よほどの人気車種でない限りは高い需要が見込めません。そのため、店舗数が充実していて取り扱い車種が多い業者を選ぶ必要があります。

 

大手買取業者は、中小規模の買取業者に比べると広いネットワークと販路をもっています。そのため、ボロボロの車でも買取してもらえる可能性が高いと考えてよいでしょう。買取業者によっては海外への販路を確保している場合もあります。

 

買取の段取りがスムーズかどうか

買取業者の段取りがスムーズかどうかもチェックポイントになるでしょう。査定依頼申し込みから入金までの期間が平均よりも時間がかかるとなれば、魅力的な業者でも候補から外したほうがよいかもしれません。

 

車の売却にかかる期間は平均3日~7日です。引き渡し、入金までを含めると1か月と思ってよいでしょう。それよりも遅い場合は、ほかの業者への依頼を考えるのがおすすめです。査定依頼を申し込んでも連絡が来ない場合は、スピーディーな取引が難しいと判断して問題ありません。

 

高い実績があるかどうか

買取業者の実績にも注目しましょう。買取実績が豊富にある業者は車の買取に関するさまざまな知識をもっているため、安心して買取を依頼できます。実績が十分にない業者の場合は知識が不十分のため、こちらの質問に対して適切な回答を得られない場合もあると考えましょう。

 

ボロボロな車であっても、大切に乗っていた車は信頼できる業者に買取を依頼したいと考える人は、実績重視で業者選びをするのがおすすめです。

 

まとめ

ボロボロな車でも、車種によっては人気があったり使用されているパーツ自体に価値があったりします。下取りや買取をしてもらえないだろうと決めつけずに、一度信頼できる業者に査定依頼をするとよいでしょう。

 

ネクステージは日本全国にネットワークがあり店舗数も豊富です。十分な車の買取実績があるのはもちろん幅広い販路も確立されているため、安心してボロボロな車でも査定依頼ができるでしょう。年式が古くなっている車で売却を考えている人は一度、ネクステージへご相談ください。

無料の査定を申し込む