失敗しない廃車買取業者の選び方!廃車前に中古車買取店での査定がおすすめ[2021年02月10日] | クルマ売却ガイド | 新車・中古車の【ネクステージ】

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

失敗しない廃車買取業者の選び方!廃車前に中古車買取店での査定がおすすめ

クルマ売却ガイド

失敗しない廃車買取業者の選び方!廃車前に中古車買取店での査定がおすすめ

車の処分を検討する際、「どうせならお得に処分したい」と考える方は多いのではないでしょうか。しかし、廃車や買取などの違いを理解せずに進めてしまうと、損する方法を選択する恐れがあります。

 

処分の方法や業者の選び方を心得ておけば、満足のいく形で車を手放せるでしょう。そこでこの記事では、車をできるだけお得に処分するための方法についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

※目次※

1. 廃車?買取?車を処分する3つの方法

2. 廃車買取業者はどうして値段の付かない車を買い取ってくれるの?

3. 車をできるだけお得に処分するための方法

4. ここに注意!廃車買取業者の選び方

5. まとめ

 

■POINT

 

・車の処分には「中古車買取店へ依頼する」「下取りに出す」「廃車買取業者へ依頼する」の3つの方法がある。お得に処分したければ中古車買取店がおすすめ

・廃車買取業者を選ぶ際は5つの注意点をチェックして、自分のニーズに合う業者を選ぼう

・廃車の前に、まずは高価買取が期待できるネクステージに査定を依頼しよう

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

廃車?買取?車を処分する3つの方法

車を手放すといえば「廃車」という言葉がすぐに思い浮かぶかもしれません。しかし、それ以外にも適切な選択肢は存在します。

 

車の状態や状況によってお得に処分できる方法は異なるので、それぞれの違いや特徴を知っておくとよいでしょう。ここでは3つの方法を紹介するので、ご自身にあった処分の仕方を選択してください。

 

中古車買取店へ依頼する

3つの選択肢の中で最も高い価格で買い取ってもらえる可能性があるのが、中古買取店です。中古車買取店で買取をしてもらえれば、その分の対価を得ることができます。業者の査定によって買取価格に差が生じるため、同じ状態の車でも数十万という違いが出ることがあるでしょう。

 

手続きを全て任せられ、手間が省けるのもポイントです。しかし、車の状態によっては値段が付かない場合もあることを理解しておきましょう。

 

下取りに出す

ディーラーの下取りに出すという方法もあります。ただし、そのディーラーで新車を購入することが前提です。下取り金額を次の車の購入金額から差し引く形になるため、下取りしたお金を新車の購入以外にあてることはできません。

 

また、同じ状態の車であれば、ディーラーの下取りよりも中古車買取店のほうが高い値段が付く傾向があります。下取りのメリットは、売却と購入を同じ店ででき、無駄な手間がかからないという点でしょう。

 

廃車買取業者へ依頼する

中古買取店で買取ができなかった場合は、廃車買取業者へ依頼しましょう。状態が悪い車であっても、廃車買取業者は基本的には無料で引き取ってくれます。場合によっては、廃車でも数千円~数万円の買取査定金額を付けてくれることがあるでしょう。

 

なお、廃車手続きは自分でもできますが、その場合は費用の支払いが生じる可能性があるため注意が必要です。書類の用意や車の解体手続きなどの手間もかかるため、あまりおすすめできる方法ではありません。

廃車買取業者はどうして値段の付かない車を買い取ってくれるの?

廃車買取業者が値段の付かない車を買い取る理由のひとつは、日本では廃車同然の古い車であっても、海外では需要があり、輸出で利益が出るためです。エンジンなどの状態が一定以上である必要がありますが、トヨタ車などの人気車種は海外でも需要が高くなっています。

 

また、不動車の場合にも、エンジンやドア、ハンドルなど、分解したパーツでの販売が可能です。パーツでの販売ができない車も、鉄やスクラップなどの資源として販売でき、利益が得られる仕組みとなっています。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車をできるだけお得に処分するための方法

車を処分することになった場合、どのような方法や手順で進めればよいのでしょうか。できるだけお得に車を処分するためには、知っておきたいポイントがあります。ここでは、車の処分を進める際の流れや留意点について解説します。

 

まずは車の相場を調べよう

まずは処分したい車の価格相場を知りましょう。車の種類や状態によって価格は変わるので、査定サイトなどを利用して現在の相場がいくらなのかを調べておきます。ネット上の査定フォームに必要情報を入力すると、簡単に買取相場を知ることができるでしょう。

 

あらかじめ相場を把握していれば、その後の業者選びの基準になります。損をしたり不安になったりしないために、このステップは欠かさないようにしましょう。

 

中古車買取店へ査定に出そう

中古車買取が最も高い値段が付く傾向があるため、まずは中古車買取店の査定に出します。一見古すぎて買い手が見つからないような車や破損している車でも、自己判断せずに査定を依頼してみるとよいでしょう。

 

中古車買取店で値段が付かない場合は、廃車買取業者へ依頼します。お得に処分するためには、この順番で進めることが大切です。

 

廃車にするなら業者選びが重要!

中古車買取店で値段が付かず、廃車にせざるを得ない状況であれば、自分に合った廃車買取業者を選ぶことが大切です

 

どんな車両でも0円以上で買取をしてくれる業者や、自社でリサイクル工場を保有して買取価格を高めている業者、当日に引き取ってくれる業者など、廃車買取業者によって特徴はさまざまで買取価格も異なります。

 

比較検討し、少しでも高く買い取ってくれる業者や、自分のニーズに合った業者を選びましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

ここに注意!廃車買取業者の選び方

廃車買取業者は数多く存在するため、どこに依頼すればよいか迷うこともあるかもしれません。納得のいく形で買い取りをしてもらえるよう、廃車買取業者はよく検討して選びましょう。

 

ここでは、業者選びでチェックしたいポイントを解説します。廃車の依頼をする際は参考にしてください。

 

還付金の説明があるか

車を廃車する際には、条件によって自動車税、自動車重量税、自賠責保険料の還付金が戻ってくることがあります。廃車買取業者を選ぶときには還付金について詳細な説明をしてくれる業者を選びましょう。

 

還付金については業者に説明義務が課されていないため、説明がない場合もあります。一般的には還付金は買取価格に上乗せされますが、知らないうちに損をすることがないよう、「どの税金や保険料の還付金がいくらあるのか」「それは見積もりに含んでいるのか」など詳しく説明してもらうようにしましょう。

 

自社のリサイクル工場があるか

自社のリサイクル工場を保有しているかどうかも、業者を選ぶ上で重要なポイントです。顧客から買い取った車を解体する際に、自社のリサイクル工場がなければ別の仲介業者に委託しなければなりません。

 

自社のリサイクル工場を保有している業者なら、余計な解体費用がかからず買取価格が上がる可能性が高いでしょう。お得に処分したければ、事前に確認することをおすすめします。

 

海外に販売経路があるか

海外の販売経路を持っている業者なら、車体やパーツを海外に広く販売できるため、買取価格が上がる傾向があるでしょう。日本では値段が付かなくても海外では売れる車種が存在するため、廃車買取業者は利益を出すことが可能です。

 

また、信頼のある日本製のパーツは中古であっても海外で売れることがあります。海外に販売経路を持つ業者とそうでない業者では買取価格に差が出るでしょう。

 

レッカーの無料サービスがあるか

レッカーの無料サービスの有無もチェックしましょう。業者に自走できない車を引き渡す際、レッカーを利用しなくてはなりません。

 

レッカー利用料がかかってしまうと買取価格から差し引かれてしまいますが、無料サービスがある業者なら安心して依頼できます。忘れずに事前に確認しておきましょう。

 

説明がしっかりしているか

料金などのトラブルを避けるために、還付金や見積金額の説明を丁寧にしてくれる業者を選びましょう。不明な点や不安に思うことがあれば積極的に質問し、それに対してはっきりと分かりやすく答えてくれる業者が理想です。

 

十分な説明がないまま進んでしまうと、事前の見積もり時と異なる買取金額が支払われるなど、トラブルになりかねません。このような結果を招かないために、コミュニケーションがしっかりとれる業者を探すようにしてください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まとめ

車の処分には、「中古車買取店へ依頼する」「下取りに出す」「廃車買取業者へ依頼する」という3つの方法があり、一番高く買い取ってくれる可能性があるのは中古車買取店です。

 

できるだけお得に処分したければ、まずは中古車買取店へ査定に出しましょう。ネクステージでは中間マージンを発生させずスピーディーに自社再販売するため、高い価格での買取が可能です。車の処分を検討される際は、ぜひネクステージにご相談ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

 

無料の査定を申し込む