車を売る場合に即日現金受け取りは可能?高額査定を狙うための方法も解説!

クルマ売却ガイド

車を売る場合に即日現金受け取りは可能?高額査定を狙うための方法も解説!

車を売る場合に、即日現金受け取りをすることはできるのかという点に焦点を当てて解説を行っていきます。車を売る際は、できるだけすぐにお金が欲しいと考える人も少なくありません。実際に現金支払いに対応してくれる店舗はあるのかも含めて解説を進めていきます。高額査定を狙うための方法やポイントにも焦点を当てていきます。

 

※目次※

1.車を売る代金は即日現金で受け取れるのか

2.即日現金受け取りで車を売る際に注意したいこと

3.車を売るときに支払いを短期間に短縮するポイント

4.まとめ

 

■POINT

 

 

・車の売却代金は現金で受け取ることができることもある

・売却の際に注意しておきたいことを把握することが重要!

・少しでも買取価格を高くする方法を理解しておこう

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

車を売る代金は即日現金で受け取れるのか

まず、売却代金を即日現金で受け取ることができるのかという点について確認していきます。何らかの理由ですぐに手持ちの資金が欲しいというケースもあります。実際に、車を売った時にどういった形でお金を手に入れることができるのか把握しておくことが大切です。自身のニーズとはマッチしない可能性も含めて理解を深めておきましょう。

 

現金支払いに対応する業者はある

売却代金を現金で受け取ることができるかという点について、現金支払いに対応してくれる業者はあります。ただしこれは稀なケースであり、大手の買取業者ではほぼ銀行への振り込みとなります。車の売却や買取に関しては、100万円単位の大きな引き渡しになることが多く、なかなか現金で支払いに対応してくれる業者が少ないのが現状です。

 

それでも、現金での支払いに対応している業者が全くないわけではありません。大手ではなく、個人経営をしているような業者であればニーズにマッチすることがあります。どうしてもすぐに現金が欲しいという場合は、個人経営や小さな業者に交渉してみるのがおすすめです。

 

即日支払いを求めるなら必要書類を準備

現金で支払いをしてくれる業者は多くありませんが、それでも即日支払いを求めたいケースでは、事前に必要書類を準備しておくことがポイントです。現金での支払いに対応してくれる業者であっても、基本的には必要書類と車両の引き渡しを終えないと支払いを行ってくれません。

 

したがって、少しでも早くお金が欲しい場合は事前の準備が大切です。実際に車を売却する際には自動車検査証と自賠責保険の証書、リサイクル券と自動車納税証明書、印鑑証明、実印が必要となります。

 

銀行振り込みで良い場合は、通帳などの振り込み先の口座情報がわかるものを用意することも求められます。これらの書類を準備した上で買取査定を依頼すると、スムーズな支払いに対応してもらいやすくなります。

 

即日現金受け取りで車を売る際に注意したいこと

車を売ってすぐにお金が欲しいと考える場合、注意しておきたいポイントもあります。あまり焦って行動してしまうと、かえって損をしたような気分になってしまうでしょう。そうした事態を避けるためにも、あらかじめ注意ポイントを理解しておくことが重要です。

 

見積もりの金額をしっかりと確認する

まず、即日の受け取りの際に注意しておきたいポイントとして、見積もりの金額をしっかりと確認する点が挙げられます。大手の買取業者と比較して、小さい業者や個人経営の場合は、見積もり金額自体が低くなる傾向にあります。そもそも、高く買い取れるほどの資金的な余裕がないこともあります。

 

銀行振り込みや多少時期が遅れても良いというのであれば、大手に依頼した方が買取価格が高くなることもあります。小さな店舗であればあるほど、査定額が低くなって、納得のいく金額提示を受けられないこともあります。したがって、複数の店舗で比較することも重要です。その中から判断をするのが最良の取引となります。

 

売却を急ぐあまりに怪しい業者を利用しない

即日現金受け取りの際の注意点として、 売却を急ぐあまりに「怪しい業者を利用しない」点も挙げられます。個人経営や小さな業者の場合、中には怪しい業者もあると理解しておくことが賢明です。というのも、中には盗難車や盗難パーツを扱って事業展開しているような業者もあるのが実態です。

 

そうした業者と取引をしてしまうと、犯罪の一端を担っているような受け取られ方をされてしまう可能性もあります。また、そもそも実際に提示してきた見積もり金額と受け取った金額に相違があるというケースも少なくありません。しっかりと相手の話を聞きつつ、怪しい点がないかどうか判断する力も求められます。

 

車を売るときに支払いを短期間に短縮するポイント

実際に車を売ることになった場合に、少しでも支払い期間を短くするポイントについてご紹介していきます。現金の受け取りではなくても、少しでも早くお金が欲しいと考えている人は少なくありません。何度も何度も業者とやり取りすること自体も大変なことです。

 

事前にできることはやっておくことで、スムーズな取引につなげることができます。できるだけ早くお金を受け取ることができるようにするために、できることから少しずつ開始していくことが賢明です。

 

簡単な車のメンテナンスをしておく

まず、簡単な車のメンテナンスをしておくことがおすすめです。車の中を少しでもきれいにしておくことで、より高い査定額を提示してもらうことにもつながります。フロアマットなどは外に出して、掃除機をかけることもポイントです。

 

また、車体に細かい傷がついている場合は、市販の研磨剤などを利用して修理をすることでスムーズな交渉につながります。車内にこもったにおいについても除去するように心がけたいポイントです。

 

一通り掃除やメンテナンスを終えることができたら、最後に私物の置き忘れがないかどうか確認することです。そのまま引き渡しても良い状態にしておくことで、支払いも順調に進みます。

 

車の付属品をまとめておく

車の付属品をまとめておくことも、支払いを短期間にするためのポイントとして挙げられます。購入する際にはスペアキーを渡されることが一般的ですが、それを売るときに持っていくことで、少しでも買取金額をアップしてもらうことができます。

 

付属品もそうですが、説明書なども含めて購入した際に受け取ったものをそのまま引き渡すことができればベストです。なるべく購入した際と同様なセットをまとめておくことで、少しでも査定交渉を有利に進めることができます。車を売る際には何か渡すものがないかどうか確認した上で、業者との交渉に臨むことがポイントです。

 

自分の車の買取相場を調べておく

車の売却に際しては、買取相場を調べておくこともおすすめです。現在ではインターネット検索で、簡単に車の買取相場を調べることができます。あらかじめ買取相場を知った中で、希望価格を伝えることも悪くありません。希望通りの金額にならなくても、少しでも近い金額を提示してもらえることがあります。

 

まとめ

車を売る場合には現金での受け取りが簡単ではないことを理解しておく必要があります。現金受け取りが全くできないわけではありませんが、大手の場合は銀行振り込みが一般的です。また、少しでも高く買い取ってもらうためにできることをしておくことも大切です。愛車を手放す際も納得のいく形で手放せるように、少しずつ準備を進めておきたいところです。

 

事前の情報収集も含めて、知識をできるだけ豊富にしておくこともポイントです。そうすることで、業者の言いなりになることなく、対等な形で交渉を進めていきやすくなります。

 

中古車販売店のネクステージでは安全・安心の取引を目的として現金でのお渡しはしていません(金融機関への振込にて対応)が、現状をお聞きし、寄り添うお客様フォーストを理念にしています。まずはぜひご相談ください。

無料の査定を申し込む